忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
戦争体験を聞いた私たちにできることです♪


DSC_1333.JPG

元小学校教諭で春日井市にお住まいの
郷土史家の先生を訪ねてみました



DSC_0943.jpg

伊藤先生は、郷土史を勉強し地域の子供達
教えたり、一緒に文化財を見て学ぶという
活動をされています



DSC_0988.jpg

お話を伺うなかで、終戦記念日の話になり
伊藤先生の戦争体験を聞くことができました。

満20歳で徴兵され、ハイラル部隊へ送られた
そうです
ハイラルとは朝青龍の出身地・モンゴル
あります。

冬季はマイナス30度以下になるところです



919e6d3b.JPG

まず初めに受けた訓練は、片手を水に浸け
マイナス10度の戸外に出し、手が変色し、
壊死する直前に少し暖かいところへ入れて、
反対の手でこすって血流を促すことでした
失敗すれば指が腐ったり、手が折れるそうです



708c0318.jpg

各地で敗戦が続くにつれて、魚雷や爆撃を
受けて海の藻屑となった人もたくさんいました

伊藤先生は、釜山に転属した際にボロ漁船
用意されたそうです
朝鮮海峡には米軍の潜水艦の姿が見えたので
全員死を覚悟し、個人が特定できるものを
身につけて博多港を目指しました。



DSC_0294.jpg

ところが無事に日本へ上陸することができたそうです
ボロ船は米軍にとっては漂流する笹舟にしか
見えなかったのかもしれないとおっしゃって
いましたが、私は想像しただけで身震いして
しまいます

戦地で与えられた武器は、鍛冶屋が作った
帯剣と、竹やりと一人一発の手榴弾
たったそれだけで米軍の戦車に向かっていった
そうです

多くの戦友が亡くなり、残った私らが
「あの戦争」を伝えなければと思ったそうです。



97d72759.jpg

子供達は
戦争で大人たちはなぜ人殺しをするのか
と質問します



DSC_0976.jpg

伊藤先生は
「戦場では先に相手を撃たなければ、自分が
撃たれる。
相手を殺すこと以外何も考える余裕がない。
だから絶対に、戦争を起さない政治や心構えが
必要です
。」
と答えるそうです



DSC_0985.jpg

被爆した人空襲の被害にあった人だけではなく
戦地へと駆り出された人たちの苦しみ、そして
残された人の悲しみも忘れてはなりませんね



DSC_0960.jpg

ヒロシマの人は8月6日を、
ナガサキの人は8月9日を、
迎えることが嫌だと話していました。
思いだしたくもない過去を私たちに語ってくれる方がいる。

私たちが伝え残していかなければいけないと
強く、強く思います。





※いい寺.netではより時間をかけた記事を書いて
いきたいと思いますので2日置き更新とさせて頂きます

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
お地蔵様の役目です♪


2da99e53.JPG

尾張地方キリシタンの歴史は古く、長崎
殉教した26聖人のうち5名が尾張出身と
知り驚きました

当時、カトリックの布教の中心地は畿内で、
東海地方のキリシタンは京都や大阪
出向いたそうです

そして、密かに守られた信仰は寛文年間
(1661年~)に起きた「濃尾崩れ(弾圧)」に
よって絶えてしまいました



47a0f6f9.JPG

濃尾崩れ」の30年前に一宮で尾張藩による
初めての弾圧が行われました
一宮から犬山にかけて布教活動に奔走して
いた4名のキリシタンが捕まり、火あぶりの刑
に処せられたそうです



3349325b.JPG

その後、4人が処刑された場所に村人によって
地蔵菩薩が祀られました
火あぶりの刑で亡くなった方を慰めるために
水をかけて礼拝したそうです



DSC_0007.JPG

地蔵菩薩の光背には
為 二世安楽 也」と彫ってありました

二世安楽とは
現世の幸せと来世の往生を願う」という意味です



4daac195.jpg

大阪・四天王寺の亀井堂でも戒名を書いた塔婆に
水をかけて、亡き人の安楽往生を願っていました
この世の垢を流すのでしょうね



DSC_1305.JPG

「水に流す」
お互いに水に流すことができれば・・・と思う
ことってありますよね。

そうすれば、皆が幸せになれるのに!

でも、なかなか簡単にできない・・・

そんなときでも地蔵菩薩が現われて助けてくれます。



DSC_1480.jpg

手を合わすと心が穏やかになるのは何でだろう

地蔵菩薩は全国で祀られていますよね
私たちの悩みの数だけ、この世に現れるの
でしょうか??



DSC_1475.JPG

私たちに悩みがあるから、地蔵菩薩は私たちの
身近なところにいてくれるのでしょう



DSC_0011.JPG

一宮の地蔵菩薩は近くの寺院に移され、4人の
亡くなった方の為に行われた水かけは、
水をかければ全ての願いが叶う」と伝わるように
なりました。



6760f7d4.JPG

今は、住宅街の一角となった場所に他の石仏と
一緒に祀られています

みなさん、それぞれの想いを込めてお参りするように、
そして、地蔵菩薩に聞いてもらえるように、隠れキリシタン
の歴史を記すものは何もありませんでした。



DSC_0226.jpg

辻で優しく見守るお地蔵様

「願いを込めて水かけをする」

もちろん、こうなりたい、こうしたい・・・
と自身の努力信念を持ち続けることが大切。

そして、雑念を水に流すことによって意識を高め、
結果に結びついていくのだと思います

お地蔵様は心のサポーターなのかもしれませんね!



お釈迦さまと塔婆の話はコチラ↓
  「大阪 四天王寺(1)」
  e-tera.net/Entry/118/

拍手

今回のいい寺は・・・
恵心庵「垣根のない御堂」です♪



0ac4f99e.jpg

愛知県扶桑町、名古屋市から車で北に
一時間ほど行った場所に「恵心庵」という
小さな御堂があります



d5c215c3.JPG

先日、遠藤周作の「沈黙」を片手に五島列島
殉教の丘のある長崎を訪れました

キリスト教の弾圧があったのは、九州だけ
ではなく、この尾張地方でもあったと知り
驚きました


1943039f.JPG

江戸時代に、この地方でも多くのキリシタン
捕らえられ、そして処刑されました

この場所に埋葬された人々の霊を弔うために
恵心という尼僧の方が日々お勤めをしたそうです

そして、恵心さんが住んだ草庵が「恵心庵」と
なりました



121157d2.JPG

キリシタンとして村民が捕らえられた事件は
江戸時代に禁教令が出されてから半世紀
も経ってからのことでした

事件の後、地元の人がお地蔵さんを恵心庵
祀ったそうです

舟形の光背部分には
「有縁無縁三界萬霊等」と彫られていました



391035bd.JPG


仏教、キリスト教に関係なく、冥福を祈りました

ご法度とはいえ、何十人もの仲間を失った
村人も深い悲しみを味わったのでしょう



e46226c2.jpg

その後、荒廃した草庵は建替えられて、
現在の御堂になりました
建て替えられた時に西国三十三観音霊場の
観音菩薩が祀られたそうです。

明治になって中央に弘法大師を祀り、現在は
「弘法堂」となっています。



DSC_1353.JPG

江戸時代に全国の街道が整備され、伊勢参り
西国三十三観音霊場巡り四国遍路が盛んに
行われました

御堂は村人が祈りを捧げる場所から、人々の癒しの
場所
へと時代とともに変わっていったのでしょうか。


c3742d91.jpg

近年、境内付近の畑でキリシタンの遺骨が
見つかりました
悲しい姿で埋まっていたそうです

歴史を再認識する出来事ですね。



e967096f.jpg

今も多くのキリシタンがこの地に眠っています

毎年お盆の頃に御堂を管理している禅宗の
和尚さんが法要を行っています

そして弘法大師の信者さんや、キリスト教徒
人々がお参りに訪れるそうです

宗教って、根本は「みな平和に暮らしましょう」という
ことだと思っています


違いを認め、他人を尊重することができれば
争いはなくなると思います。


私も、宗教の垣根のない「恵心庵」で手を合わせ、
平和を想い・・・帰路につきました
 




※五島列島
 「楠原教会・人が人を裁くということ」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/309/

 「外海からの移民」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/310/
 

拍手

今回のいい寺は・・・
鳳来寺山東照宮です。


DSC_0966.JPG

鳳来寺山は修験道の道場として、峯薬師を祀る
信仰の山として多くの参詣者が訪れました
昔は、麓の門前町も賑わったのでしょう。
今は、鳳来寺山パークウェイが通り、門前町から
石段を上らずに簡単にお参り出来る身近な行楽地
となっています

 

DSC_0970.jpg

種田山頭火の旅日記で鳳来寺山を訪れたときの一文です。
一苦労して鳳来寺山を登った方が、自然に触れることが
出来、この山の本来の姿が見えてきますね
便利な世の中になっても、何か失ったものがあるような
気がします。


DSC_0971.JPG

石段を上ってお参りする方に楽しんでもらおうと、
参道には色々なモニュメントがありました。
徳川家康コノハズクを表現した斬新なデザインの
石像がありました
ともに鳳来寺山を代表する存在ですね。


DSC_0872.JPG

鳳来寺山には、日光、久能山と並ぶ東照宮があります。
東照宮縁起には「家康公の父君広忠公が、良い世継ぎを
得たいと思われ、北の方(於大の方)とともに鳳来寺に
参篭し、祈願したところ、その効あって家康が授かった

と記されています



DSC_0890.JPG

3代将軍・徳川家光が日光東照宮を訪れた際に、
東照宮縁起を目にし感銘を受け、鳳来寺山東照宮
の建立を発願したそうです。

4代将軍・徳川家綱の時代に完成してから、明治になって
神仏分離令が出るまで、神仏一体制のもとに祭事
その他一切を鳳来寺が行っていました。


DSC_0895.JPG

鳳来寺は寺領を没収されて衰退しているのに対して
東照宮は今でも極彩色の鮮やかな社で、管理が
行き届いています。
東照宮と鳳来寺が分かれてから辿った道は対照的ですね。


DSC_0889.JPG

社の周囲には、立派な灯篭が並んでいました。
大名が参詣の記念に奉納した灯篭です。
信州・善光寺や京都・北野天満宮でもそうでしたが
昔は灯篭を記念に奉納する習わしがあったのですね。


DSC_0885.JPG

拝殿前の狛犬の横に丸い石が置いてありました。
戦場に向かう兵隊さんが、お守りにするために削った
狛犬だそうです。
徳川家康の長篠の合戦の勝利にあやかりたい気持ち
からだったのでしょうか。
家族が無事に帰る事を願って削ったのかもしれませんね


DSC_0949.JPG

鳳来寺山の参道の傍らに阻師堂址の石碑がありました。
元々は利修仙人が鳳来寺を開き、峯薬師を中心に栄えた
山です。
世の中の流れが変わって、鳳来寺山は本来の姿とは違う
ものになってしましましたね。


DSC_0952.JPG

崩れかけた石垣が、なんとか踏ん張っているようです。
外れてしまった石垣は、元には戻りません
世の中の変化に流されないで残ることは大変な
ことですね。


e08ba752.jpeg

鳳来寺の宿坊です。
だいぶ傷んでいて今は使用していないようです。
昔は幕府の庇護を受けて立派な伽藍と塔頭寺院が
あったそうです。
多くの信者が訪れて宿坊に泊まり、早朝のお勤めに
参加したのでしょうね。
鳳来寺山の昔の賑わいを見てみたいですね



DSC_0964.jpg

眼下に鳳来寺山の門前町が見えます。
門前の人々は、山々に囲まれたなかで、鳳来寺山を
信仰して、参詣者を迎えるという昔ながらの生活を
しています。
しかし、開発により車で境内まで行けるようになり、
人の流れが変わってしまいました。
そこで新たな取り組みも行っています。
みなさんの努力によって門前町に活気が出れば
良いですね!


次は、山に囲まれた中で徳川時代に天領として栄え、今でも
伝統を守り活気のある町大分県日田市に行ってみます♪






 

拍手

今回のいい寺は・・・
奥三河にある鳳来寺山です♪


飯田街道、三州街道、塩街道と呼ばれる愛知県三河
長野県伊那谷を結ぶ道があります。

戦国時代に甲斐・武田氏が天下を取るために通った道
です
この街道沿いの長篠城をめぐって織田・徳川軍武田軍
が戦った長篠の合戦の地として有名です。

DSC_0863.JPG

この長篠城の近くに鳳来寺山があります。
山水画のような風景のなかで1300年前に利修仙人が
修行していました。


f63a3e09.jpg

利修仙人は奥三河の山深いこの場所で山々を駆け巡り、
修験道の道場としました。
大自然の中、自らの心身を限界まで追い込み、この体験の中で
教えを得ていくのが修験道です。
利修仙人は修験道を行うなかで、鳳来寺を開き、自ら彫った
薬師如来を祀りました


e5ec4aae.JPG

鳳来寺山信仰の山としても多くの人々が訪れて
います
漂泊の俳人・種田山頭火もこの地を訪れ詠んでいます。
鳳来寺山の参道や山々に御仏の存在を感じたのでしょう。



DSC_0979.jpg

奥三河の山々に生息するコノハズクです。
頭に耳のような羽があるフクロウ科の鳥で「ブッポウソウ」と
鳴きます。
鳳来寺山のいたる所にコノハズクのキャラクターグッズがありました。
鳴き声の「ブッポウソウ」が「佛、法、僧」と聞こえることから
鳳来寺山にふさわしい鳥(マスコット)となったのでしょう♪
今では愛知県の鳥となっています。

NHKのみんなの歌で「鳳来寺山のブッポソウ」という歌が
ありました。
村人は“ブッポウソウ”という名前の鳥が「ブッポウソウ」と
鳴いているのだと勘違いしていました。
しかし、実際にそう鳴いていたのはコノハズクでした!
コノハズクは、鳴き声の正体をブッポソウと間違われた
ことが面白くなくて、鳳来寺山から逃げてしまいました

そこで、子供たちとブッポウソウがコノハズクに帰ってくる
ように語りかけました。
夜になるとコノハズクが戻ってきたという内容です。

実際に鳳来寺山の開発の中で、コノハズクの姿が
消えたという時期もあったそうです


DSC_0974.JPG

鳳来寺山の門前町を過ぎ、いよいよ参道の石段を
登る入口に蔦とコケに覆われた石仏がみえました。
両手で桃の形の宝珠を抱えた仏様が、山中に入る
私達が無事に登っていけるようにと見守っている
ようでした♪


3c234967.JPG

鳳来寺へ登る1425段の石段です
鳳来寺の本尊・鳳来寺山峯薬師は、昔から子授け
薬師如来として有名でした
この道を登って、源義経と恋をした浄瑠璃姫の両親や
徳川家康の母・於代の方が子授かりの祈願に
訪れたそうです


c66b87f8.JPG

鳳来寺の本堂です。
薬師如来が祀られています。
徳川家康の生母が薬師如来に参詣して、徳川家康
授かったという伝説から、鳳来寺山東照宮が創建され、
鳳来寺も幕府の手厚い庇護を受けて栄えたそうです。
明治になって廃仏稀釈によって鳳来寺と東照宮は
離れてしまいました
そして鳳来寺の寺領は没収されてしまったそうです。



DSC_0919.JPG

本堂の周りに鏡が付いた「鏡絵馬」が沢山奉納して
ありました。
薬師如来に祈願する際は鏡を奉納する習わしがあるそうです。
皆さんの願い事をに映して、叶えてくれるそうです
鏡からはみ出すほど欲張って願いを書くと、叶わない
ということでしょうか!!



DSC_0921.JPG

さらに石段が続いています
本堂の裏には、弘法大師堂、開山堂があります。



DSC_0933.JPG

開山・利修仙人を祀るお堂です。
瓦には葵の紋が入り、徳川幕府の庇護を受けた
面影がありますが、屋根一面に生えた草が明治
以降の衰退を如実に表していますね


DSC_0943.JPG

石仏の観音様は、風雨にさらされながらも私達を
迎えてくれます。
右手で拝み、左手に蓮の花を持っています。
キレイな蓮の花も時間が経てば枯れていきます。
徳川家という大きな支えによって栄えたお寺も、その
支えを失った事により衰退し、自然に朽ちる道を
辿るのでしょうか・・・


f47751c3.jpg

私は、《朽ちる》とは、自然に還ることだと思います。
大木が倒れて朽ちた上に新しい芽が吹き、その木から
養分を頂いて育つ

鳳来寺も同じように建物が朽ちてしまっても、そこで終わり
ではないでしょう。
この姿を見た人の中から信仰の新しい芽が出たら良いですね

 

DSC_0955.JPG

鳳来寺山は東海自然歩道に含まれていて、ハイキングの
方がよく訪れるそうです
信仰から行楽に形が変わっても、ここを訪れる人の心
は、この自然の中で澄みわたるでしょう


次は鳳来寺山・東照宮に行ってみます





 


拍手

 1  2  3  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]