忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
徳川家康誕生の地・岡崎です。

徳川家康は岡崎城で生まれました。
その後、駿河(静岡)の大名・今川義元の人質となり
岡崎城は今川家の属城となりました
桶狭間の合戦で今川義元が織田信長に討たれると、
徳川家康は岡崎城を取り戻し、今川家から離れて
織田信長と手を組みました。


DSC_0684.JPG

岡崎城にある徳川家康の銅像です。
豊臣秀吉の時代が終わり、徳川の時代に移り変わる
頃の姿ですね。
この岡崎城は、徳川家康とともに歴史の舞台によく
登場しました。
長篠の合戦、本能寺の変、小牧・長久手の合戦と…

ただ、徳川家康がここを居城とした時期は短く、
江戸時代には譜代大名がこの地を治めました。



0b16340f.jpeg

地元の子供たちが野外学習で訪れていました
世界や全国各地を学ぶことも、地元の歴史を学ぶことも
大切ですよね!


DSC_0716.jpg

岡崎城内の展示室には、家紋入りの旧岡崎城の瓦が
ありました。
これが葵の紋の原型でしょうか



6d58007a.jpeg


実生の木が大木となり、石垣を押しのけています
城主を失ってからの長い時を感じますね!



DSC_0724.JPG

城内は生き物にとって住みやすい環境となっていました


DSC_0710.JPG

岡崎城は矢作川の中流にあります


DSC_0711.jpg


矢作川は帆掛け舟で物資の運搬をした交通の要だった時期も
あります
三河湾で作られた塩を、伊那谷を通り塩尻まで運んだそうです。


DSC_0643.JPG

岡崎市内には徳川家康の産士神・六所神社があります。
産士神(うぶすなかみ)は生まれた土地を守護する神様
です
ここは松平氏(徳川氏)の発祥の地・松平郷(豊田市)の
六所神社より、祭神勧請を受けて創建した由緒のある
神社です。
徳川家康の故郷を守る神様として、幕府の厚い庇護を
受けたそうです。


DSC_0650.JPG

岡崎を舞台にした朝のテレビ小説「純情きらり」で
六所神社は「小日光」という名前の神社で登場しました。
主人公の桜子(宮崎あおい)が幼少のころに徳治郎の
家に行く場面や、キヨシとの決闘、女学生の桜子が
達彦から楽譜を渡されるときにも登場していました。

宮崎あおいさんは「純情きらり」での演技が評価され
大河ドラマの主人公・篤姫に抜擢されました。
「純情きらり」の後で徳川家の危機を救うために
尽力する篤姫を演じるのも何かの御縁ですね♪

人と人との結びつきには本当に不思議な「縁」が
あるのでしょうね。
ちょっとした関わりが後に大きな関わりにつながって
いくという事は私たちの身の回りにもあるように思います。

私たちも、些細な縁や小さな縁を大切にして、一生懸命
誠実に向き合って、未来の可能性を広げていきたい
ものですね



DSC_0644.JPG

 宮司がお祓いをすませて拝殿から出てきました
白い衣装に朱色の拝殿がとても鮮やかです。
下界とは違う神聖な雰囲気が漂っていますね


DSC_0673.jpg

お勤めが終わると野外学習の子供たちの応対です。
六所神社の云われを説明していました。
子供たちも熱心に話を聞いていました!
幼いうちに地元の事を知ると、社会に出て生まれた土地を
離れても、故郷を大切に思えるでしょうね

 

220d42c1.jpeg

現在の本殿・幣殿・拝殿は、3代将軍家光の命を受けて
改築されたものです
これらは国指定の重要文化財となっています。




DSC_0651.JPG

六所神社の参道には松の並木が続いています。



DSC_0660.JPG

参道沿いにあった屋敷の蔵です。
古い建物で白壁が落ちてしまっていますが参道の歴史を
感じます。



ab67e81d.jpeg

マンホールには岡崎の特徴がデザインされていました
お城と桜と花火が有名です
8月2日には花火大会が開催されました
私も毎年行っています


DSC_0657.JPG


六所神社の大鳥居横には、高宮神社と六所神社を
合祀したことを記す記念碑があります。
この石碑の礎石は、源義経が浄瑠璃姫の形見の麝香を
埋めたとされる麝香塚に使われていた石だそうです。

浄瑠璃姫は源義経との別れの悲しみから命を絶って
しまいました
後にこの地を訪れた源義経が浄瑠璃姫を偲び、塚を
建てたそうです。


次は、浄瑠璃姫と徳川家康も関係する鳳来寺山へ
行ってみます


※源義経と浄瑠璃姫のお話はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/141/
 

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
長篠城の攻防です。

長篠の合戦といえば、織田・徳川連合軍 対 武田軍
の合戦です


DSC_0811.JPG

武田騎馬隊を迎え撃つ織田・徳川方鉄砲隊
この戦で武田方は、総崩れとなり甲州・甲斐まで
攻め入った織田・徳川軍によって武田氏は滅んで
しまいました


DSC_0806.JPG

織田・徳川軍の取った戦術は、武田軍の騎馬隊を
阻止するための土塁に馬防柵と鉄砲の弾込めによる
ロスタイムをなくす《三段撃ち手法》でした
この戦により全国に鉄砲の威力が示されました。
そして、多くの大名が鉄砲を求めるようになりました。


DSC_0813.JPG

武器が勝因だといわれていますが、実際には、土塁と
馬防柵によって進路を阻止されたうえに、火縄銃が発砲した
大轟音に騎馬隊の馬が驚いて大混乱に陥ったことが武田軍の
敗戦の主因だそうです


img-729123349-0001.jpg

映画「もののけ姫」の中で、自然の化身であるデイタラボッチが
自然を壊した人間に対して怒りを表した場面です。
自然の力の前では人間は無力であることを示していました。



b5c240d3.jpg

武器によって自然を征服しようとしたエボシも、自然の力に敗れ、
大事にしていた武器製造所を失いました。
そのことにより、自分にとっては「そこにいる人たち」が一番大切
だと気付いたのでしょう。

武器は万能なように思われますが、実際に勝敗を決めるのは
まず天候などの自然、そしていかに人心を掌握し家臣の士気を
鼓舞させられるか、最後に武器などの道具であると思います。



b7eb7cda.jpg

徳川家康は、長篠の合戦の前に武田信玄が率いる
武田軍と静岡・三方ヶ原で戦っています

武田軍相手では多勢に無勢でした。
しかし、徳川家康は負け戦になることが分かっていても、
人心を掌握するために籠城することなく戦に向かっていった
そうです。
やはり結果は惨敗で、九死に一生を得て浜松城に逃げ帰り
ましたが、負けると分かっていても相手に向かっていく姿勢を
見せたため家臣の心はひとつとなり、よりいっそう家康の
ためにつくし、支える存続となったのでしょう

徳川家康は、この戦を後の教訓とするために自画像を
書かせたそうです。
戦に負けた苦悩の顔ですね



85f6cadd.JPG

甲斐の武田軍は信州から天竜川沿いに南下して遠州に入り
徳川家康を倒して京都に向かうはずでした
ところが、武田信玄の病気により急きょ甲斐へ戻ることに
なりました。


DSC_0795.JPG

武田信玄は帰路の途中、伊那谷で亡くなりました。
武田方は、敵にそのことを覚られないように「影武者」を
立てたという話もあります。
黒沢明監督の映画「影武者」が有名ですね。
歴史に「もし」という言葉は無いでしょうが、もし武田信玄が
病で亡くならなければ、徳川時代は来なかったかもしれませんね。



b1fc9180.JPG

この武田家のお家騒動の間に事件が起こりました。
三河衆の奥平貞能・信昌親子が武田氏から離反し、
飯田街道の要所・長篠城を攻略されて徳川方に付いて
しまったのです。

※この奥平氏の子孫が、後に中津藩の当主となり幕末の
家臣には福沢諭吉がいました。


DSC_0817.jpg

再び甲斐を出陣した武田勝頼率いる武田軍は、まず裏切った
奥平貞能・信昌親子の居城・長篠城を攻めました
落城間近となるところまで追い詰められ、岡崎に控える
織田・徳川方援軍派遣を求める使者を送ることになりました。



DSC_0823.jpg

岡崎への使者に立ったのが鳥居強右惠衛門でした。
彼は敵陣を掻い潜り見事、岡崎にたどり着き使命を果たしました。
さっそく長篠城援軍が向うことを知らせようと戻りましたが
途中で武田軍に捕らえられてしまいました


DSC_0834.jpg

囚われの身となった鳥居強右惠衛門に武田方は、
岡崎から援軍は来ないから開門するように」と
味方に言うように強要しました。
しかし、彼は味方に向かって
もうすぐ岡崎から援軍が来る 暫くの辛抱!
と大声で伝え皆を奮起させました

そのため、味方の目の前ではりつけにされてしまいましたが、
長篠城は落城することを免れました。
武田軍は長篠城と織田・徳川軍を相手に二手に分かれて
戦に挑み大敗を喫してしまいました。

人の心は力で威圧的に抑え込もうとしても上手くは
いかないものですよね。
窮地に追い込まれると、反発する力が生まれ、
逆に力を発揮することもあります

力のあるといわれた武田軍よりも、「必ず援軍に行く
と行った織田・徳川軍への信頼心が人の心を動かし
みなをまとめるという結果に結びついたのだと
思います。



DSC_0770.JPG

長篠の合戦の地・設楽原では7月に決戦場まつり
行われています。
暑い中、重装備の鉄砲隊は大変そうですが、
見応えがありそうですね!


b9b9107c.JPG

長篠の合戦の手柄により徳川家康の長女・亀姫は
奥平信昌の妻となり、4男1女に恵まれました。
信昌の子供たちはいずれも家康の子孫として厚遇
され、分家を「徳川家御連枝」として興す事も許されました。
そして、本家は江戸時代中期に中津藩に移封して
明治時代を迎えました。


DSC_0790.JPG

中津の菩提寺・自性寺の墓所に入る門の鬼瓦です。
奥平家の家紋も入っています。
中津藩への移封に合わせて菩提寺も移転しました。



DSCN1126.jpg

奥平氏は今川義元、徳川家康武田信玄…属する
ところを変えてきました。
武田信玄の死後は、息子・武田勝頼が大将の器
ではないと見抜き、再度徳川方に帰属しました。

そのために武田方の人質であった奥平貞能の
二男は殺害されてしまいました。
明治になってそれを知った福沢諭吉は、二男の
ために供養をしたそうです。



次は、鳥居強右衛門が助けを求めに行った徳川家の
故郷・岡崎城に行ってみます

拍手

今回のいい寺は・・・
名古屋・中村区で生まれた二人の武将です。

DSC_0606.jpg

岐阜県東部から尾張名古屋を流れる庄内川です。
庄内川の水は堀川を通って名古屋城のお堀へと
流れています。
この川の下流・現在の名古屋市中村区から2人の
戦国武将が誕生しています


DSC_0539.jpg

その1人が皆さんご存知の豊臣秀吉です。
この誕生の地には、明治になって豊国神社が建立
されました。
江戸時代から明治に時代が変わって豊臣秀吉の
名誉が回復した証ですね

通りの名前には、太閤通り、千成通り、本陣通り、豊国通りが
あり、近隣の校名も豊臣小学校、千成小学校、本陣小学校、
豊国中学校、黄金中学校・・・とあります。
中村区は、豊臣秀吉の街という感じですね。


DSC_0536.jpg

豊国神社は中村公園内にあります。
誕生地には豊臣秀吉の兜をイメージした記念碑もあります。
この小川を見て
「この地から一つの時代が始まった」という雰囲気を感じました。

そしてこの地からもう1人の戦国武将加藤清正』が生まれました。


DSC_0525.jpg

中村公園に隣接する寺院・妙行寺には、昭和35年、350年忌の
際に建立した加藤清正像があります。
加藤清正のトレードマークである長烏帽子型の尖った兜を
被っています。
南無妙法蓮華経」と自筆で書いた数百枚の紙を張り合わせて
兜の下地に使用したそうです。
兜の前飾りの円形の中にも自筆の「南無法蓮華経」の題目が
記してあります。
加藤清正は熱心な日蓮宗の信者でした。


DSC_0532.jpg

加藤清正の像がある日蓮宗・妙行寺です。

加藤清正は徳川家康の命に従って、諸大名と共に
名古屋城築城に携わりました。
築城の折に出た余材と普請小屋(施行事務所)を
貰い受けました。
そして、自身の誕生の地に先祖と両親の菩提を弔う為に
このお寺を建立したそうです。

この地に建立したのは、親への感謝の気持ちでしょうか…
戦の日々の中、遠く肥後・熊本の大名となっても故郷への
想いは変わらなかったのでしょう。


DSC_0529.jpg

堂内には、肥後・熊本にある加藤家の菩提寺である本妙寺
第三世日遥上人が彫刻した加藤清正の木像が祀られて
います。

本妙寺・第三世日遥上人は、加藤清正が朝鮮出兵の折に
捕虜として日本に連れてこられました
後に加藤清正の人格に惚れて帰国せずに出家した方です。


DSC_0559.jpg

こちらは名古屋城を背にした加藤清正の像です
名古屋は尾張三英傑の街ですが、加藤清正の像は
1番目立つ場所にあります

※本像は、名古屋城築城にあたり、多大な貢献があった
  加藤清正公の業績を顕彰し、カゴメ株式会社創業80周年
  記念として、同社が製造しこれを名古屋市に寄贈したものです。

加藤清正豊臣秀吉の家臣であり、親戚でしたが、石田三成との
確執から東軍・徳川方につき勝利に貢献しました

しかし、豊臣家に対する加藤清正の想いは並大抵のものではなく、
豊臣家を一大名として存続するようにと奔走しました
そして、豊臣秀頼徳川家康を二条城で会見させて和睦を図りました。

ところが、加藤清正は二条城での会見から肥後・熊本に帰る船中
発病し亡くなってしまいました
徳川方の陰謀説もありますが・・・
その後、豊臣家は色々と因縁をつけられて、加藤清正の没後
わずか4年で滅んでしまいました。


※因縁をつけられた話はこちら↓
いい寺【方広寺・いいがかりをつけられた鐘楼】
e-tera.net/Entry/80/


加藤清正は世情を読んで徳川の天下になると確信した中で
豊臣家の存続を考えたのでしょう。

名古屋城の加藤清正像は太平の世を願う姿にも見えますね♪


拍手

今回のいい寺は・・・
名古屋東照宮です☆

那古野神社の隣に東照宮があります。
東照宮には徳川家康東照大権現となって祀られています。

1番有名なのは日光東照宮ですね。
織田信長の墓所と同様に、全国のゆかりの地に東照宮があります。

DSC_0076.JPG

東照宮の鳥居を潜ってまっすぐ行くと那古野神社の鳥居
から外に出ます。
元々那古野神社と東照宮は名古屋城内にありました
尾張藩祖・徳川義直父・家康の三回忌の大祭を行った
翌年に城内の那古野神社の隣に東照宮を勧請して社を
建立したそうです。
明治になってから尾張徳川家の旧藩校(明倫堂)跡地である
現在の場所に那古野神社と一緒に移転しました。
現在も織田家に関係する那古野神社と徳川家の東照宮が
並んで祀られているので歴史の流れを感じますね。



DSC_0053.JPG

賽銭箱の紋はです
江戸徳川本家尾張紀州水戸と徳川家は分かれました。
同じ葵の紋を使用していますが、各家々で葵の紋のデザインが
微妙に異なるそうです。

本家の葵の葉は3枚とも表ですが、御三家の紋は1~3枚の
葉がにしてあります。
尾張藩は1枚だけ裏になっています。
江戸本家の次の地位という事ですが、残念ながら尾張藩から
将軍は出ませんでしたね。


DSC_0056.JPG

本殿は戦災で焼失してしまいましたが、戦後尾張徳川家の
菩提寺にあった尾張藩祖の妻・椿姫の霊廟を移築して現在の
社殿としています。
歴史を感じる重厚な造りの建物でした。



DSC_0057.JPG

建物の中は厳かな雰囲気で静かに拝みたくなる感じでした。
徳川家康の命日にここで行われる祭祀が「名古屋祭り」の
ルーツだそうです。
名古屋祭りでは織田信長豊臣秀吉徳川家康の三英傑が
市内を練り歩きます。

江戸時代の当時から神輿山車を中心に7千人にも及ぶ人々が
参加したと伝えられています。
昔から名古屋は賑やかなのが好きな地域だったのでしょうかね



DSC_0063.JPG

東照宮と那古野神社の間に福神社があります。
小さな神社です。


DSC_0062.JPG

敷地が狭いので受け所も無人でシンプルでした。



DSC_0079.JPG

賽銭箱には「福神社」と記されていました。
これを見たら無条件に立ち止まって拝みたくなりますね



DSC_0072.JPG

ここには他にお稲荷さんと金山神社がありました。
熱田神宮みたいに混んでいないので正月のお参りには
穴場かもしれませんね。
帰りに手洗い場の後ろを見たら迫力のある龍の蛇口に驚きました。


DSC_0085.JPG

前から見ると恐ろしい姿ですね
邪気を追い払うにはこのぐらいの姿がちょうどいいのかな・・・


拍手

今回のいい寺は・・・
名古屋城からスタートです


DSC_0037.JPG

名古屋城
の北西角にある清洲櫓です。
清洲越しで解体した清洲城小天守を移築したものと
言われています。




DSC_0033.JPG

名古屋城は那古野城と言われ織田家の居城でした
織田信長清洲城に本拠を移したので廃城となり
その後に清洲越しで徳川家康が現在の場所に移して
名古屋城となりました。

現在天守閣の金シャチは名古屋市のシンボルですね。
愛・地球博の際には記念に屋根から降ろされ市内を
練りまわり城内で展示されました。
特別に触ることができましたが、その時の待ち時間は
3時間でした。



DSC_0039.JPG

街を歩くとマンホールにもシャチが描かれているのを発見
丸八は名古屋市のマークです。
丸八とは昔名古屋に八つの豪族がいた事から付いたそうです。
八は末広がりですしね♪


pteam_12_7b14f040_s.jpg

名古屋のサッカーチームは「名古屋グランパスエイト」
日本語で「名古屋鯱八」です
チーム発足時の名古屋市長が命名したそうです





DSC_0040.JPG

名古屋城の南に那古野神社があります。
初詣に行きました
創建は醍醐天皇の時代ですから今から千年以上前です。
元々は天王社で戦国時代に一度焼失したそうです。
その後織田信長の父、信秀によって再建され名古屋城内三之丸の
一角に東照宮と並び鎮座したため、三之丸天王社と呼ばれ
名古屋城の総鎮守そして城下名古屋の氏神とされてきました。




DSC_0044.JPG

明治に現在地に移されて名称も那古野神社に変わりました。




DSC_0051.JPG

織田家の居城の那古野が名称になったので紋も織田木瓜です。
紋を見るだけでも織田家との繋がりを感じます。



DSC_0047.JPG

社の隣でお守りを授かりました。
今年も1年無事に過ごせますように




DSC_0070.JPG

川柳の提灯が飾ってありました。



DSC_0068.JPG

『おでんとは 心の底も 暖める』

今年は穏やかな年になるといいですね♪

拍手

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]