忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
イタリア《革の学校サンタクローチェ教会》です♪


教会は地域のコミュニティの中心的役割を担っています
今、この世界で生きている人々を如何に正しく導くか・・・
宗教の本来の意味は、この部分にあるのでしょうね!



c2a824e6jpeg

イタリア・フィレンツェ中心部から少し南東、アルノ川に近い
サンタクローチェ教会》は、13世紀にフランチェスコ派の
修道士が建てた教会です

昔から教会で使う本・物入れ・靴・袋物など色々な革製品
作っていました。
この修道士達は革工芸の専門家集団として、かなり知られた
存在で、技術も一流だったそうです


ba1b3d3bjpeg

サンタクローチェ教会を訪れると、奥には昔の修道院から
技術と伝統を受け継いだ工房《革の学校》があります。
ここは観光客が自由に見学できる工房と売店になっています



94f9e009jpeg

《革の学校》が出来たきっかけは・・・
第二次世界大戦後、戦争によって残された戦争孤児たち
でした。

教会の中にある工房《革の学校》とは、実はこの戦争孤児
たちに技術を身につけさせ、そして世の中で独り立ちできる
ようにと、戦後間もなく開設された施設でした。



30b43aafjpeg

経営にあたったのは神父さんの他、一般から募集した
革職人たちが先生となって働いていました。
マエストロ》と呼ばれるような優秀な人材ばかりだった
そうです。



b7c19767jpeg

戦後、《少年の町》というものが作られました。
少年たちに一つの自治区を与え、彼ら自身でそこを治めて
いくということにより、健全な社会生活のルールを身に付け
させるといった趣旨のものです。

混乱した戦後社会の中で行き場を無くしたり、非行に
走る戦争孤児たちを救い、健全な成長を助けるための
場として評価され、たくさんの子供が参加しました。

しかし、将来本当の社会の中でどうやって自立させる
べきかという大きな問題が発生しました。



98c83d61jpeg

そこで、修道院が持っている革工芸の技術をもとに、
徒弟学校を作り、子供達に革職人の技術を身につけ
させ、自立させようとしました。

一人前になるのには、4~5年かかりましたが、結果は
大成功でした。

フィレンツェにある有名な革製品会社・グッチ
フェラガモなども、卒業生を採用してくれるようになりました。

中には自分で店を開き、今では立派な経営者になっている
卒業生もいるそうです。



a0fe0d4fjpeg

80年代になると、イタリアでは、手工芸に従事する
職人の世界を大きく変えるような出来事が起こりました。

法律が変わり、若者をほとんど無給に近い形で働かせ、
その代わりに仕事を覚えさせるということが出来なく
なりました。

見習いに給料を払わなければならないのは、採算に
合わないと、徒弟をとる工場が急激に減っていきました。
また一方で、この時代になると、イタリア経済の急激な
発展とともに若者の職人離れが目立ってきます。
技術の継承が難しくまりました。


319196e2jpeg

革の学校》も、経営は教会の手を離れ、徒弟養成工房
から、授業料を取って革工芸全般を教える私立の
革細工技術者養成学校になりました。

地元のイタリア人はほとんどいなくなり、世界中から
生徒が集まってくるようになりました

先生たち、つまり『マエストロ』たちは、毎日せっせと
仕事に励み、作ったものは売店で売る。
バッグ類と革製の箱が主たる製品であり、その製作を
手伝ったり見習ったりするのが授業です。


d60ed3b8jpeg

学校には『マエストロ』=先生がいました。
デザイナーも兼ねているので、型紙も自分で起すそうです。
しかし、デザインのことばかりを考えるのではなく、
部品となる革の性質を知り尽くしていなければ、
いざ組立というときにうまくいかないそうです。
ハンドバッグ一つでも、何十という革や金具の部品を
寄せ集めて作らなければならないからです



85bd829fjpeg

自分たちは職人だから何かを創造する、ひとつの物を
作り上げていくという過程に満足感があるのだ。

だそうです。
決して同じ仕事の繰り返しではないそうです。



3cebbdddjpeg

機械は作業を助けてくれるけれど、機械を全面的に取り入れて
いるような工場は、例えば財布を作るにしてもある人は裁断、
ある人はポケットばかりを担当することになります。
そこで働く若者は、仕事全体を習わないことになります。



6542b78ejpeg

革の質を見分けるのも革職人の大切な仕事です
最近は革製造の技術が進み、良いものと悪いものとの
見分けがとても難しくなったそうです。

革の良し悪しを判断するには、見て、手で触れてみて、
経験で判断する・・・方法はこれしかないでしょうね。


『仕事を覚えるのは難しいよ。
パッシオーネ、つまり熱心にやることが必要なんだ。
熱心に、熱心に、熱心に。』




次はイタリアの職人街を散策したいと思います

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
フィレンツェでの食事です♪


文化の都フィレンツェの黄金時代を築いたのはメディチ家です★

メディチ家は銀行業で財をなして、ヨーロッパでも有数の大富豪と
なりました

歴代当主の中で特にロレンツォ(1194~1492年)は優れた
政治・外交能力を持っていたので、フィレンツェ共和国は繁栄を
極めました

また、ミケランジェロなどの芸術家を保護して、彼のもとで
フィレンツェの文化は最盛期を迎えました


78564d49.jpg

イタリアらしい鮮やかな色合いのサラダです
そしてバルサミコ酢オリーブオイルは自分の好みでかけるそうです。


34efa74e.jpg

こちらのバルサミコ酢ロレンツァ デ メディチ」と書かれています

フィレンツェルネサンス期におけるメディチ家最盛時の当主
ロレンツォ・デ・メディチ』と一文字違いですが、末裔の方でしょうか。
それとも関係はないのでしょうか・・・

それでも、ミケランジェロ広場での絶景を再び思い出させてくれる
名前のバルサミコ酢でした

efcfbd26.jpg

こちらはチーズの効いたリゾットです♪
イタリア4日目にして初めてのお米に少し日本が恋しくなりました

a695d3df.jpg

トスカーナ地方の温かな雰囲気のレストランでした♪
田舎に来ると人の温かさを感じます


bddb3587jpeg

ホテルのロビーです。
歴史と文化の街フィレンツェらしく、落ち着いた雰囲気に加え
さりげなく飾られた絵画が、訪れる人を温かく迎えてくれます。

今回のレストランは・・・
イタリア(フィレンツェ)サンタマリアノヴェッラ駅近くにある
ホテル アルバーニ フィレンツェ』です★★

お部屋もキレイにまとまっていてオススメです♪


ミケランジェロ広場からの絶景はこちら↓
e-tera.net/Entry/69/

拍手

今回のいい寺は・・・
イエスへの母の愛です★


イタリアのフィレンツェは京都と比べられる芸術の都ですね。
イタリア・ルネッサンスを代表する芸術家ミケランジェロ
故郷です♪



15f9e224jpeg

フィレンツェにある『ミケランジェロ広場』は小高い丘の
上にあります。
フィレンツェの街を一望できます



ef9cc85ejpeg

ドゥオモジョットの鐘楼も見えます♪



cff719b8jpeg

その名前の通り『ダヴィデ像』のレプリカがあり・・・




b79051a3jpeg

フィレンツェの旧市街を取り囲む城壁を設計したのも
ミケランジェロなのです。




38b44f1fjpeg

とてもキレイな夕焼けを見ることが出来ました




c7689382jpeg

さて景色を堪能した後に見つけた丘の上の
小さな教会に入ってみました

サン・ミニアート教会の手前にある
サン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会です。

ミケランジェロが「美しい田舎娘」と呼んだそうです!




21616fddjpeg

クリスマスにはイエスが誕生した場面を表す人形
プレゼビオ』が飾られます
ベツレヘムで誕生したイエス・キリスト聖母マリア・・・
そして、その姿を見に来た羊飼いと羊の場面です。


5ffe66b4jpeg

十字架に掛けられたイエスは、3日目に復活して
キリスト』となりました。

遠藤周作の『イエスの生涯』の説明では、
アユマタヤのヨセフが遺体を引取り布に包んで岩の墓に
埋葬したそうです
翌日の安息日が過ぎた後に、マグダラのマリア
ヤコブの母マリアサロメが香料をイエスに塗ろうと訪れました。
墓の石のフタが開いており中にはイエスの姿がありませんでした。

近くにいた少年に尋ねたところ、
イエスは復活してここには居ません」と答えたそうです。

これが、イエスの歴史的事実として述べられています。

上の写真は『ピエタ』といいます。
ピエタは、亡くなって十字架から降ろされたイエスを抱く
聖母マリアの像や絵の事を示します。

この教会のピエタでは、イエスを膝にのせて悲しみの中で
手を合わせる聖母マリアと、その周りでイエスと聖母マリアを
支えるマグダラのマリアとヤコブの母マリアとサロメが
表されています。

前回の涅槃絵でも表していましたが、子供が亡くなる時の
母親の悲しみはとても深いですね。


7729ed8djpeg

バチカンのサンピエトロ大聖堂にあるミケランジェロ
有名なピエタです。
サンピエトロ大聖堂のピエタは、キリストを抱かかえた
聖母マリアの像です。

人間の罪を一身に受けて十字架に掛けられたイエス
やさしく抱かかえている姿に純粋な母の愛を感じました


36e59876.jpg

今回初めてイタリアの教会を訪れました

地元の方がキャンドルに火を灯していました
教会を訪れ祈りを捧げるのは日常生活の中にあるようでした。

今回涅槃絵とピエタを見て、別れの悲しみの中で残された者の
心が見えた気がしました。

そして私が感じたのは家族を大切にしようという事です。
自分をしてくれる人がいる事はとても幸せですよね♪

お釈迦様にしても、イエス・キリストにしても単なる死ではなかった
からこそ、教えが今に伝わっているのでしょう!

拍手

≪  1  2  3  4  5  6
HOME
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]