忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
半夏生の寺・両足院です♪

 

 4b91b2c1.jpeg

ある夏の日に半夏生(はんげしょう)の咲く寺
建仁寺・両足院へ行ってきました

 


 

 

半夏生は、暦日の一つ
節分、彼岸、入梅、土用と同じ
季節の変わり目を示す言葉です

夏至から数えて11日目が半夏生です

 


 

 12b0accc.jpeg

この日は、農家にとって大事な日

この日までに農作業を終えて休息します

天からは、毒気が降るといわれ井戸に蓋をして
この日に採った野菜は口にしません

 



 

 

両足院に生息する半夏生はドクダミ科の多年草

名称の由来は、半夏生の季節に花を咲かせる
ところから付きました。

 

 

 

 43aac053.jpeg

葉の一部を残して白く変化するところから
「半化粧」とも

 

 

 

 51b09b75.jpeg

中庭の井戸は蓋がしてありました

ここで汲んだ水でお茶を点てて
仏さまにお供えします

 

 

 

 d2882a96.jpeg

この時期は離れの茶室で半夏生の茂る
中庭を見ながら
抹茶を点てていただけます

 

 

 

 9e0fb1af.jpeg

両足院の半夏生

夏の陽射しの眩しい中、素朴な姿がすがすがしく
心に涼風を運んでくれました

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
寺町通りの地蔵盆です♪


5832b96e.jpg

お地蔵さんには困った人を救う話や身代わりになる話
など昔話がたくさんあります
どれも、お地蔵さんの温もりを感じさせる
ストーリーばかりですね



6e700b59.JPG

8月23日は京都の町々で地蔵盆が行われていました。
この百万遍の大数珠を使って、皆がになって無病息災
祈願して回すのです



7b0282d6.JPG

普段、通りの御堂で私たちを見守るお地蔵さん
今日は場所を変えてお礼に沢山のお供えをします

そして、お地蔵さんの前で
なむあみだーぶ♪
なむあみだーぶ♪



DSC_0531.JPG

むかし法然上人の恩を知る寺知恩寺)
第八世空圓上人が念仏を百万遍唱えて
悪疫を防ぐ祈願をしました

その伝えから数珠の珠を数えながら皆で足して
百万遍念仏を唱えれるようにと百万遍の大数珠
あるそうです

どうしてこんなに大きな数珠を使うのだろうと
考えてみました・・・

答えは、自分だけではなく、みんなの願いが叶います
ように
という思いが込められているからかな



1a75e697.JPG

百万遍大数珠回しの後は流しそうめんで腹ごしらえ



3e1d94cb.JPG

大人も子どももおおはしゃぎ



2f69b333.JPG

見ているだけじゃなくて参加しなくちゃ!と
お誘いを受けて私も飛び入り参加しちゃいました



DSC_0640.JPG

子どもの成長をみんなで確かめ合うことが
できるし、お年寄りの昔ばなしを聞く絶好の
チャンスですね



b3dfa9b8.JPG

ヒット!と思いきやスイカが無い!!!



cba79acc.JPG

この町のムードメーカー京野菜を扱う八百廣
ご主人がスイカをこっそりキープ

大人も子どもも大爆笑

もちろんスイカ割りの後は八百廣さんのあま~い
スイカを頂きましたよ



05db0bbf.JPG

地蔵盆はとってもアナログな温かい遊びでした。



0b083604.JPG

人と人が触れ合う遊び




DSC_0634.JPG

この町を見守るお地蔵さんは普段はこの行願寺
預かってもらっているそうです
お地蔵さんのおかげで語り合う機会ができるこの行事

京都の町を歩くとこの日ばかりはどこの通りでも
見かけることができました

夏の風物詩がずっと残っていきますように

親の温もり、地域の方の温かい眼差しを感じた
子どもたちは大人になって、この町から旅立ったと
しても、思い出はずっと心に刻まれていることでしょう!

拍手

今回のいい寺は・・・
「清水寺」 後編です。

1ae00f60.jpg
清水寺のお隣には縁結びの神様がいる「地主神社」があります。

石から石へ目をつぶってたどりつく事が出来たら恋が成就すると
言われています

ちなみに私は脇にあるお守り売り場に行き着いてしまい
あえなく終了となりました(涙)

清水寺には願をかける場所がたくさんあります。

b9624af8.jpg

因幡の白うさぎを助けた神社の神さま大国主命です。
心優しい神さまのご利益が、私にも授かりますように・・・


32d8698e.jpg
清水寺に戻り、朱塗りが鮮やかな阿弥陀堂です。


04dbd12b.jpg

室内の色彩も鮮やかです
中央には大きな阿弥陀さま


82bcea0a.jpg

奥の院」に来ました。
本尊は秘仏ですが、誰でも触れられる場所に
こんなありがたそうな名前の観音様がみえました。

作者は各地の国宝や仏像などを直しておられた方です。
仏様が高い所にいて、人間を見下ろしているというのは、
本来の
仏教の教えではないと気づき、仏様も人間と
同じ高さにいて、しかも手を伸ばせば触れる事ができる
仏様をと、「ふれ愛観音」が生まれたそうです。

とてもやさしそうな顔をしていますね。


975b8283.jpg
ぬれて観音」です。
湧き出た金色水をかける事でおのれの煩悩を
洗い流す事が出来ると言われています。
願掛けしたものもここで洗い流すのかな


e438f230.jpg
音羽の滝清めの水」が「音羽山 清水寺」の由来です。
お寺の名前は「
○○山△△寺」となっていて○○の部分と△△の部分を合わせて意味をなしているのですね!

c887c676.jpg
帰りの階段も急ですね~
清水の舞台がどれほど高いか分かりますね~!

DSCN1335.jpg
帰り道にお茶を買うために寺町通りに立ち寄りました。

DSCN1333.jpg

寺町とは秀吉が寺を集めて作った町だそうです。
明治になって
廃仏毀釈でお寺が取り壊されました。
寺の跡地に店を建てると商売が繁盛するという事で商店街が形成されたそうです。
三十三観音霊場巡りの「朱印帳」などを売るお店もあります。


京都駅の伊勢丹でもお菓子を買って帰りました♪

26040975.jpg

京都北山 マールブランシュ」というお店の
抹茶小豆のフィナンシェです。
しっとりしていてたまりません!

8b14a16f.jpg

お濃茶ラングドシャです。

甘いだけでなくほろ苦いお茶の味もしっかりしていておすすめです♪


※「京都北山 マールブランシュ」のHPはこちら↓
  www.malebranche.co.jp/


拍手

今回のいい寺は・・・
京都の「清水寺」①です☆

「南禅寺」の次に訪れたのは
清水の舞台で有名な「清水寺」です。
西国三十三観音霊場の第十六番札所です。
三年坂はなかなか勾配がキツイのですが、
お店がたくさんあり見るだけでワクワクしちゃいます♪

3509d6c4.jpg
山門に到着~朱塗りの仁王門は鮮やかですね!



9a68428a.jpg
門前の商店街 皆さん暑い中登ってきます。

残念ながらお見せ出来る写真が無いのですが・・・
仁王門をくぐり正面にあるのが「随求堂(ずいぐどう)」。
随求堂では胎内くぐりが出来ます。
全ての願いを叶えてくれるという大随求菩薩が祀られています。
その菩薩の胎内にみたてた真っ暗な空間を大数珠を頼りに巡り、
途中大きな石があり回しながら拝むと願い事を叶えてくれそうです
暗いところでも目が慣れてくるというけど・・・
本当に真っ暗でした!!
 
5de55c7f.jpg

出世できますように、お願いしまーす



abe0b092.jpg
清水の舞台からみる景色はすがすがしい~

1a763a9d.jpg
舞台はかなりせり出していますね~
でも舞台ですから、景色を見るためではありませんよ~
景色ばかりに気をとられてしまいましたが、本堂の中の
ご本尊に向かって
舞楽を奉納するのだそうです。
山々が紅葉すれば、壮大なバックスクリーンとなり
素晴らしいでしょうね!!

6e9f17ae.jpg

本堂で手を合わせて、ご利益がありますように・・・


9355a427.jpg
本ご尊は千手観音ですが、33年に1度しか公開されない
秘仏であるとの事!
次は2033年・・・その時観音様を見ることができたら
ご縁があったということでしょうね!
それだけ貴重なものなんですね~
秘仏と言われると・・・見たい!と思ってしまいますよね~
手前に見えるのは本尊ではなく、「お前立ち様
(秘仏のかわりに人々が拝むための像)です。

83ce110a.jpg

ご本尊前の香炉にはお寺の名前が書かれています。
獅子が香炉の上にも下にもいて珍しいですね~


9c4fa484.jpg
眼下に見えるのは「音羽の滝」です。

境内にはまだまだ沢山のお堂があります。

拍手

今回のいい寺は・・・
「南禅寺」②です☆

67141f98.jpg
南禅寺の境内を散策すると水路閣があります。
100年以上経った今でも使われているそうです。
昔の建築物は丈夫ですね~




8150b3ff.jpg
ちょっと一服
お茶室からは見事なが見られます!

3a6a7609.jpg 
マイナスイオンをいっぱい浴びて・・・疲れた心も癒されますね~

caae6f63.jpg
お目当ての・・・きなこ味のらくがんの中にあんこが入っていて
程よい甘さでした~

私の住む愛知県は、普段から抹茶を飲む習慣があり、
私もおばあちゃんの家に行くと当たり前のように抹茶が
出てきていましたよー
もちろんかしこまって飲んでいたわけではありませんよ!
戸棚に抹茶茶碗が無造作に置かれていたくらいですから!!

すぐ近くに抹茶生産量日本一の西尾市があり、
私は小さな頃からおいしい抹茶に慣れ親しんできました。

西尾の友達はなんと学校行事で茶摘があるそうで、
手首が腱鞘炎になっていました
・・・茶摘ってそんなにハードなの!?と思った覚えがあります


南禅寺とバス停の間にある湯豆腐のお店「奥丹」です。
cc01ad9d.jpg
門構えからして歴史を感じますね~
将軍家光の頃より350年以上も続く老舗のお豆腐屋さんです



e7d7a5f5.jpg
是非庭席で食べて頂きたい!
運が良ければすぐに庭席をゲットできますが、
私は30分程待ちました
・・・待ってでも庭席で食べる価値はあると思いますよ~
真夏を除いて天気のいい日には最高の席ですね

0b6ea0bb.jpg 
胡麻豆腐、天ぷら、とろろ汁、ご飯に漬物、あつあつの湯豆腐
木の芽味噌に山椒を加えた味噌で食べる田楽はおいしー!!

奥丹で庭席が空くのを待っている間に南禅寺のしおりを読んでいたら、山門の中にいたのは観音様ではなく、「宝冠釈迦如来」だという事がわかりました


なぜお釈迦様が観音様みたいな姿をしていたのかな??

さてお腹がいっぱいになったので午後の観光に出発です
















拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]