忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
東福寺の境内です♪

京都・東福寺の境内を散策してみました

d321b535.jpg

通天橋から見た臥雲橋です。
秋の連休だったので人がいっぱい!


紅葉もいいけど、私はやっぱりシンプルなお庭が
スキです


4a677858.jpg

今日紹介するのはまず東福寺の開山堂の前庭です。
白砂が敷き詰められて今年流行のチェック柄みたい
ですね



7b47fdbc.jpg

紅葉の季節ですがやっぱり緑豊かな庭ってなんだか
癒されますね(´艸`)
温かい感じがします



次は方丈の四方を囲む庭園です

8c15693d.jpg

一番中心となる南庭(前庭)に配置された石は縦に
置かれたものと横に置かれたものがありますね。
作庭家・重森三玲はこの石を探すのにとても苦労した
そうです
に置かれた石はとても珍しいですね



d4ae8f9d.jpg

西庭は立体的に刈り込みがされたお庭です
このさつきが季節ごとに雰囲気を変えて楽しませて
くれるそうですよ


ab6da972.jpeg

東庭は7つの石で北斗七星が表現されています
東司(トイレ)の柱石の余材を利用したものだそうですよ。



c5925eaf.jpg

北庭は杉苔と石で市松模様を描いた庭です
勅使門から続く敷石をリサイクルしたものです。
とても斬新な感じがしますね!!

この方丈庭園は、近代の禅宗庭園として世界各地に
紹介されていて、「ZENスタイル」として海外でも
評価が高いそうです


DSC_0142.jpg

NYを訪れたとき、海外でZENが浸透していることを
強く感じましたよ



お次は龍吟庵です。
こちらも重森三玲の作です

f79b0087.jpg

枯山水のお庭はシーンとしていて心を落ち着かせて
くれます



31294a7b.jpg

西庭が海から顔を出して黒雲に乗って天に昇る
姿を表しているそうです
そうやって見るとお庭って面白いですね!!

黒砂の雲って珍しいですね~



0a9b2647.jpg

東庭ピンク色の砂が敷き詰められていて、驚き
ました
なんだかかわいいですね



次のお庭は即宗院です。


8cd8e6ae.jpg

島津家の菩提寺だったこの即宗院のお庭を篤姫
散策
そんなお話もあるそうです


1f36c647.jpg

小さな公園のようなお庭で、東福寺の他の塔頭寺院とは
違ってゆっくりと散策できます


さて、最後は芬陀院(雪舟寺)です。

19873861.jpg

丸窓越しに見る東庭の光景は雑誌などで見られた
方も多いかと思います
しばしこの障子の前でぼーっと座り込んでしまいました



d5b2f6ad.jpg

南庭には亀と折り鶴を表した石組みがあります。
縁側に腰かけてこんな風におしゃべりしながら
お庭を眺めるのも京都散策の楽しみですよね!!



廃物もムダにしないという禅宗の精神を持った作庭家・
重森三玲(みれい)はボランティアで東福寺の庭造りを
引き受けました

「江戸中期以降の庭園は芸術性が落ちている。
 そして、現在は将来に誇れるような庭が造られて
 いない。」と痛感したそうです。

全国の庭園を調査し、元々画家を目指していた芸術家
としての発想で、東福寺の庭づくりに取り組みました。

フランスの画家ミレーに憧れていたそうですよ。



a7c5a0ff.jpeg

参道に落書きがされていました。
街並み、文化遺産を大切にしなければ、将来に遺して
いけないと思います。

フィレンツェの大聖堂に落書きをした人もいましたね
保存し、遺していこうと努力している人たちがいる事を
忘れてはいけませんね!!


※イタリア・フィレンツェのサンタクローチェ教会はコチラ↓
 
  e-tera.net/Entry/115/




次は東福寺の開山・聖一国師のお弟子さんのお寺に
行ってみます。

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
京都・東福寺です♪

久しぶりの京都記事ですが・・・
これから紅葉が始まり、京都に観光で行かれる
方も多いと思います

shoichi.jpg

東福寺の開山・聖一国師です。
聖一国師は、現在の静岡市葵区栃沢で平家の落武者
の子として生まれました
に渡って禅宗の教えを学んで帰国し、最初は福岡
付近で布教活動をして、福岡市内の承天寺を開いて
住職になりました。



0c929de8.jpeg

当時、疫病が流行り聖一国師施餓鬼棚に乗せて
町衆が担いで町内をまわり、国師が水を撒いて疫病
退散の祈願をしました




hakata03.jpg

その功徳によって疫病が退散したことから博多
祇園山笠が始まったそうです


その名声が都まで届き摂政・九条道家の耳に入り
道家は京都・九条に東福寺を創建し、聖一国師を
迎え入れました。

奈良にある最大の寺院・東大寺や、繁栄した
興福寺のように。。。と願い「」と「」の字を
取って、「東福寺」と寺号をつけました。

※道家は天皇家の外戚として鎌倉幕府の将軍の父
 として関白まで上り詰めた権力者です。




聖一国師がから日本に伝えたもので有名なものが
3つあります。


DSC_0367.jpg

まずはお茶



260.jpg

それから博多人形


DSC_0596-1.jpg

そばとうどん

昔は留学僧が文化の伝承者でした



ed9e4c7c.jpeg

東福寺と聞いてまず思い浮かべるのが紅葉ですね

燃えるように真っ赤な境内を見に行きませんか
この境内の楓も聖一国師から持ち帰ったものです。



33cdb3fa.jpeg

開山堂の瓦屋根の上にさらに杮葺きの二階が見えます。
面白い作りの建物ですね~~


97665e7b.jpeg

屋根のてっぺんには宝珠の飾りが。
炎のような飾りにはどんな意味があるのかな


ba709386.jpeg

この立派な山門は、日本最古の山門で屋根が
二層になっています。
軒が外に張り出しているので、外側にも支柱が
ありました


de2ec921.jpeg

仏堂の前には聖一国師の生まれ故郷・静岡市
栃沢のお茶の苗が植えられていました



0aafa276.jpeg

仏堂の隣には禅堂があります。
修行僧は主にこちらで修行をします。




23405819.jpeg

東司(とうす)はトイレの事です
東にあるのが「東司」、西にあるのは「西浄」と
いいます。



80c76078.jpeg

何があるのか、狭い隙間から一生懸命
中をのぞいている人がたくさんいました


7bfe890c.jpeg

お金を投げ入れる人がいっぱいいるみたいです

ここトイレですよね・・・

40cc0927.jpeg

東福寺で1番の紅葉スポットといえばこの通天橋
ですね

もうすぐ紅葉の時期です!
みなさんももみじ狩りにいかれますか~~~


今年も京都に行きたいと思っているのですが
どこかオススメがあったら教えてください



《記事中のそばのお店》
奈良・浄瑠璃寺門前の「吉祥庵」はコチラ↓
そばもくずきりも絶品ですっ
e-tera.net/Entry/144/

拍手

今年最後のいい寺は清水寺です☆


727affc3.jpg
清水寺秋の夜間拝観の写真です。

9f2168ad.jpg
境内にはすごい数の人・人・人!


ffce0f16.jpg
三重塔のバックに青いビームが!!

738fbac6.jpg
こんなところから出ていたのですね~


5924fd8b.jpg
本堂内の本尊様にお参りと思いきや・・・
みなさん夜景を撮るのに必死です~

8d3eacf8.jpg
奥の院から見る清水の舞台は言葉も出ないほどの美しさ


11ea896d.jpg
清水の舞台を真下から見るとこんな感じです。


2d5e41df.jpg
音羽山も燃えてますね~


5932a7b2.jpg
池に映る三重の塔もキレイでした。



186605cc.jpg
仁王門と京都の街並みです


ff4bf9a2.jpg
仁王門越しに見る街並みはキラキラしていました


c1fae44d.jpg
今年の漢字は「」でした。
たくさんの偽装が出てきましたね。
焦って結果を求めようとするから偽るのでしょうか。
これだけたくさんあると、どこに本物があるのかわかりませんね…

自分で見分けるなんてなかなかできません。
でも、ゆっくり歩めば本物が見えてくる事もあります。

反対に駆け足で行くと、大切なものを失うこともありますよね。

自分に合ったペースで歩む事が出来たらどんなに素晴らしいでしょう。

お寺で時間を過ごすと自然に疲れが取れて、自分自身と向き合う事が
できますね。
そこから偽りのない自分を見つける事が出来たら自然にアクセルと
ブレーキを踏む事ができるのではないでしょうか。

来年は自分らしい一年にしたいと思います☆


             ☆special thanks:che min☆

拍手

今回のいい寺は京都の風景です☆


cc9fcef0jpeg
京都のお寺の見事なのは、周囲の自然と一体になることですね。
借景の美ともいます。
自前の庭が箱庭でも周りの自然を取り込むことによって奥行きの
ある広い庭
に見えます。
これには周囲との調和が無いと成り立ちません。
一ヶ所でも景観を壊すものが建てば全てが台無しになります。
ですから景観を保存することは大変な事なのですね。
永観堂の多宝塔から市内を眺めますと全体が境内のように見えます。


6e99a06ejpeg
東山の紅葉が名残惜しいですね
来年も訪れたいです♪


bc2f05f2.JPG
ここは琵琶湖疏水記念館前の噴水です。
この疎水が市内で使用する上水道となります。
京都市内には加茂川と桂川という代表的な川が流れていますが、
飲料水は琵琶湖の水に頼っているのですね。

df48c494.JPG
夕方の川辺の雰囲気も好きです。
もう少し景色を見ていたいなと思うなかで日が沈んでしまいます
こんな感じで今年も終わりそうですね。

56601f05jpeg
来年は永観堂から眺めた西の山・嵯峨野嵐山を巡ってみたいです。

2d60f399jpeg

570a27d4.jpg

c253c4a3.jpg

b6c565d2.jpg

9bb78124.jpg

まだまだ訪れたいお寺はたくさんあります。
皆さんの「いい寺」がありましたら教えてください♪
来年もたくさんの出会いを期待しています。



186605cc.jpg
今年も残すところあとわずかですね。
次回今年最後のいい寺は「清水寺 ライトアップ」です

拍手

今回のいい寺は・・・
浄土宗西山派 禅林寺永観堂です☆


3bc64552.jpg

東山の寺院は西日が当ると紅葉が輝いて見えます
錦秋という言葉が当てはまりますね。
南禅寺の山門を横切って永観堂に向かいました


be63bb62.jpg

南禅寺より北に上っていくと禅林寺永観堂があります。
途中にも紅葉した木々がありますね。


db18f3c8.jpg

南禅寺と永観堂の間に東山高校があります
東山高校の前身は知恩院の勧学院だそうです。



58dd5439.jpg

紅葉のお寺と呼ばれる永観堂の境内に入りました。
永観堂は通称で、元々は真言宗のお寺でした。
真言宗の時に禅林寺七世の住持が浄土信仰
素晴らしさに目覚めて浄土宗に衣替えしました。
毎日念仏を唱えたそうです。
これが、浄土宗西山派禅林寺の始まりです。
その時の住持永観(ようかん)律師の名前から永観堂
呼ばれるようになったそうです。


af596cff.jpg

禅林寺の本尊は見返り阿弥陀如来です。
御霊を西方浄土へ導くときに、後を付いてくるかと
振り返るお姿の阿弥陀如来です。


3deae3eb.jpg

境内の紅葉は半分散っていましたが、苔の上に敷かれた
景色もいいですね。
銀杏の黄色ステキ


e4a52bd9.jpg

東山の斜面に段々とお堂が点在していて最後に
本尊の見返り阿弥陀如来を拝めるようになっていました



5dfa4513jpeg

一番高いところに多宝塔があります。
昭和3年建てられた新しい建物ですが、今では
永観堂のシンボル的存在ですね。


2f5269f1.jpg

多宝塔までの階段の途中に石碑がありました。
派祖西山国師霊廟
御霊所 多宝塔
この多宝塔がお墓なのですね。




101b86fc.jpg

多宝塔から西の方向に嵯峨野の山々が見渡せます。
ここには見返り阿弥陀如来と並ぶ有名な国宝
山越え阿弥陀如来絵図」があります。
西山の彼方(再訪浄土)から阿弥陀如来が私達を
迎えにくるそうです。
この多宝塔が阿弥陀如来への目印でしょうか
南禅寺の山門とはまた違った景色が一望できます。



6360be63.jpg

多宝塔の前に「日想観」の立て札がありました。
西の日の暮れるのを見て念じるのが信仰の第一歩
みたいです


74e78229.jpg

かわいいおじぞうさんを見つけました。
境内を散策しながら智恵を授かりますように

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
HOME
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]