忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・
大徳寺山内・龍源院です♪
 

 5ff3f825.jpeg
 
方丈(本堂)の襖には優しい眼をして
躍動感のある竜が描かれています
 

 99a044bd.jpeg
 
龍の姿に恐ろしさを感じることもありますが・・・
龍神として崇めたり
中国皇帝のシンボルとなったり
自然現象を龍にたとえたり
西洋ではドラゴンとなったり
龍は空想上の生き物なので世界各地で色々な話や姿と
なりますね
 

 a10dacf6.jpeg
 
この竜は方丈正面右側の襖から始まり・・・
仏の世界から現れたように描かれています
 
正面の本尊さんの前には龍源院歴代の和尚さんの
頂相(姿)が飾ってありました。
 

 7bc0dfdc.jpeg
 
正面左側の内陣には龍源寺の開基・能登の畠山義元、
豊後の大友義長、周防の大内義興の位牌が祀られています。
この各地に勢力をもった領主が意を同じくして創建して
東渓禅師を迎えたそうです。
 
『一大名で創建する力があっても功績を分かち合う』
 
東渓禅師は、この様に導いた和尚だったのでしょう。
 

 672d7a68.jpeg
 
竜源院には趣向を異にした庭が四方にあります
方丈前は鶴島、亀島、蓬莱山を配した「一枝坦」
 

 17b3f9d8.jpeg
 
方丈裏には仏界の須弥山を表す石組を中心に
杉苔で大海原を表した庭があります。
 
ここに龍が棲み「龍吟庭」というのでしょうね。
禅宗の庭は、造りはシンプルですが大きな世界を想像させますね
 

 c99880ff.jpeg
 
ここには、豊臣秀吉と徳川家康が対局したといわれる
碁盤があります。
大きな時代を築いた二人ですね!
 
 
ed8bb9b4.jpeg
 
余分な物を排除した造りの禅宗寺院
 
私たちはいろんなことを想像できますね
 
龍源院は、大徳寺山内で常時拝観ができる
数少ない寺院の一つです。

私はシンプルなお庭がスキです
みなさんもぜひ行かれてみてくださいね~

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
大徳寺の正月風景です♪

 
大徳寺は、千利休、一休和尚、豊臣秀吉、
戦国大名と多くの歴史上の人物と深い関係が
あります。
 
そして、千利休が豊臣秀吉を激怒させた三門の
木像事件など歴史に残る建物も沢山あります。

28520a53.jpeg
 
千利休の茶の湯を今に伝える三千家
表千家の門です。
この門を潜るお弟子さんは、家元の建物や庭の
ありようを見学して、自身の生活空間に取り入れて
いくなかで洗練を心がけるそうです。
  
 
a6733ce1.jpeg
 
歴史と深い関係のある大徳寺!
多くの戦国大名は、ここで禅宗の教義や
茶の湯の文化にふれたのでしょう

「質素で枯淡」
絢爛豪華な桃山文化と対照的な禅の世界は
武士の本質的なところと合致したのかなーなんて
想像してしまいますね~


78e0a16b.jpeg
 
松並木が続く参道をテクテク
修行する場なので桜は植えないそうです
豊臣秀吉が帰依した醍醐寺とは対照的ですね
桜の季節が待ち遠しいです


7902e4c0.jpeg

春と秋の特別拝観で賑わう黄梅院。
私も大好きなお庭のキレイな塔頭寺院です。
 

 
b15aeb67.jpeg
 
境内を散策していると山内の和尚さんが
集まってきました
 
 
823008a0.jpg

仏殿で法要があるようです
静かな境内に鐘の音とお経の声が響き
観光客や参拝者が集まってきました
外から皆さん手を合わせて一緒に拝んでいましたよ。
 

e4fe5e78.jpeg
  
キリスト教のミサのように、信者が堂内にはいって
参加する事もなく、和尚さんが本尊釈迦如来に
お経を唱えるだけでした。

バチカン市国で参加したクリスマスミサは、
ローマ教皇から直接言葉を頂け、また参列者が
一緒になって祈りをささげるなど、堂内の人の心が
ひとつになったように感じられ、温かい気持ちに
なりました。

言葉がわからなくても、家族や友達や大切な人達を
思い、そして世界が平和になりますように・・・
と祈りをささげることができました。
 
日本のお寺でも、歴史に触れるだけでなく
何か私たちに問いかけるものがあれば
境内でもっと深く味わう事が出来るのにと
感じました。


4796d0ee.JPG
 
日本の宗教を身近に感じることってほとんど無い
ように感じます。
京都を訪れるのも「日常と違う景色を眺めてみたい」
という気持ちから。


14c0165e.jpg
 
昔の人は生活の中にもっと宗教が根付いて
いたと思います。

自然に左右される生活の中で、天災や飢饉や
疫病がおこり、仏や神の力にすがる事も多かった
でしょう。

そういった信仰や行事を通して、人々の絆が
保たれていたのだと思います。

現代では科学や技術の進歩によって色々なことに
対応ができるようになったことが、宗教を身近に
感じなくなった理由でしょうか・・・


でも、お参りするのには意味があるのだよ
仏の教えは簡単に言ったらこんなことなんだよ
私たちの生活に取り入れたらこんなことが
あるんだよ

と、分かり易く教えてくれる和尚さんがいたら
いいのにな~なんて思うことがあります。

そうしたら、お寺もただの観光地というだけで
なく、身近なものになるような気がします

拍手

今回のいい寺は・・・・・
正月の京都です

6903d297.jpg

真っ赤に色づいてキラキラした紅葉の季節が
終り、冬の嵯峨野は静まり返っていました
春までは、静かに時が過ぎていくのでしょう


 3234542f.jpg
 
小倉山の麓、二尊院の山門の正月飾りです。         
由緒ある寺院には、立派な門松が飾られている
かと思ったら・・・
とってもシンプルな飾りでした。
お正月はにはお寺よりも神社を訪れる人が
多いですよね!
私も地元、熱田神宮に初詣に行ってきましたよ


9d8e3f6f.jpg

常寂光寺の山門です。
ここも静寂に包まれていました
紅葉の季節にも人の気配を感じないなかで
拝観できたら・・・・・
なんて、贅沢な事を考えてしまいました
観光地になる前は、静かな山里だった
のでしょうね        

 
 8b584a24.JPG
 
嵯峨野の竹林を通る道です。
青々とした孟宗竹
この風景は四季を通して変わりませんね
竹林の癒し効果って高いですよね
夏に訪れると清々しいですよ~


 20b7e1d6.JPG
 
竹林の先には野宮神社があります
昔、伊勢神宮に奉仕する内親王(皇女)は
潔斎(心身を清める)のために皇居内の初斎院
で一年間、野宮神社で三年間過ごしました。
 
この潔斎が済んで、はじめて伊勢神宮に
向かわれたそうです。
どの道を歩むにしても楽な道はありませんね!
 
※潔斎は、仏教でいう精進と同じです。
精進料理のように潔斎中は食事にも
制限があったそうです


ac12bace.jpg
 
野宮神社の境内には受験生や
観光客がたくさん
 
受験や恋愛にご利益があるそうです
神社は「みそぎ」「はらい」を行うのが本来の姿
ですが、今は単純に「ご利益」を願う場になっていますね。
 
人生の道を開くにあたって、自分の力を信じるために
神社で心を清めて、迷いを払うのが「ご利益」の意味
だそうです
 
私は「自分の力を発揮できますように!」と
神様にお願いしたいです~


138ab70f.JPG
 
嵐山の表通りに出る前に、茶処 指月庵があります。
ここでは自服(自分で点てる)で抹茶を飲めるそうです。

でもうまく点てられるかちょっと心配ですね


ab0367f1.jpg
 
京都は茶道でも有名ですね!
 
上京区小川通りにある表千家の表門です。
江戸時代後半に紀州家から拝領した門です。
立派な門で門松が似合いそうですが、小さく根松が
飾ってありました
 
この門は家元の住まいらしく、武家風のいかつさを
和らげて格式張らずに、穏やかな風景になるように
心がけているそうです。
 
そこで門松でなく根松が飾ってあるのでしょうか?


 c52bc316.jpg
 
表千家の隣には、裏千家の家元宅があります。
表千家の武家屋敷の門とは対照的に
茅葺きの屋根で柔らかな雰囲気がでています。
 
特に青竹の樋が良いですね。
自然な感じがします
 
そして、裏千家の門飾りも根松でした
 
根松には「根付く」の意味があるそうです。
松竹梅の中でめでたい松に根がついて良い事が
続きますようにという事で、根松を正月に飾るそうです。
 
家元では、時代が変わっても、茶の湯の文化が
日本に「根付く」ようにと言う事でしょうね!
 
 
「道を開き、歩む先で根付くように」

  
次は禅寺の正月を見に大徳寺に
いってみます

拍手

今年もたくさんの方にいい寺.netを読んで頂き
ありがとうございました


fd464c24.JPG

自然豊かで魅力いっぱいの大分県では
心が癒されました


ff341737.jpeg

私の大好きな町
大分県日田では小鹿田焼の里を訪ねました



c61a914a.JPG

京都はどの季節に訪れても素晴らしい感動を
くれます


DSC_0442.JPG

山口県萩市歴史ロマンを感じる旅ができました


cafa5f31.jpeg

色々な発見と出会いの旅ができました

来年もよろしくお願い致します



拍手

今回のいい寺は・・・
相国寺塔頭・瑞春院①です★


8adcca84jpeg

雁の寺』で有名なこのお寺ですが、今日は雁ではなく
ステキなお庭からご紹介したいと思います


a03cff85jpeg

33個の石が並んでいるそうです。
普段はもっとくすんだ色だそうですが、みぞれの降る寒い日
でしたので、庭石がちょうど濡れて鮮やかな朱色になったそうです。

お庭に出て散策することができます

DSC_0191.JPG

雲泉庭」とその向こうにある書院の『雲泉軒』です★
池に浮かんだように見えますね。


8cb75178jpeg

お庭には石や砂を使った「枯山水」、滝などを作った「山水庭」など
色々な種類がありますが、こちらのお庭は『池泉鑑賞式庭園
だそうです。
池の周りを鑑賞しながら楽しむという事でしょうか。
池泉回遊式庭園と似ているようですが・・・

ではその名前の通り鑑賞してみましょうか♪


DSC_0196.JPG

滝は中国の廬山の雪どけ水が溶けて流れてくるという
イメージを表しているそうです


DSC_0193.JPG

橋を渡った池の向こうには待合が見えます


DSC_0200.JPG

待合の手前には関守石が置かれています。
粗い縄で結ばれたこの小さな石が、これより先へは行かないでね
と教えてくれる道しるべです


DSC_0201.JPG

待合の軒下はなんとすずめの形をしていました

DSC_0214.JPG

そしてお隣には茶人で作庭家としても有名な小堀遠州
手法を取り入れて作ったという『水琴窟』がしつらえてあります。

地面から突き出した2本の竹に耳を付けると・・・
地下でキレイな音が響いてるのが聴こえます
ピアノの様でもあり、琴の音色のようにも

京都一の水琴窟と言われるだけあって、地下深くに置かれた
甕の壁は苔むしているようだと聞きました。
古い甕は苔むしたり、しっけでいい音がするそうです。
新しい甕では音が乾いた音しか出ないのでしょうか・・・


DSC_0211.JPG

表千家の不審庵を模して作られたという茶室
久昌庵』という書は千宗左の直筆だそうです。


DSC_0241.JPG

茶室に入る前には蹲で手口を清めます
色々な形のつくばいがありますよね♪

では池に浮かんだ書院『雲泉軒』へ上がってみます

DSC_0227.JPG

立ったままでは見えませんが・・・
火灯窓の前に座る事によってこんなにステキな景色を見る事が
できました
千年ものの柚木灯篭と、遠くに見える檜の木立が一体となって
1枚の絵を観ているような気分になりました。
手前の檜も遠くの檜も天に向かってすっと伸びていました


DSC_0226.JPG

昔瑞春院に寄宿していた鈴木松年の秀作『古松』です。
大正7年に亡くなった彼は天竜寺法堂天井画なども手がけています。
思い出のつまったお寺へ思いを込めて描かれたのでしょうか。

DSC_0230.JPG

直径50cm・重さ7kgの大きなお茶碗です★
水琴窟の奏でる音色に魅せられ、その音色をイメージし
作られたそうです。

なんと、日本一の伊羅保釉大茶碗
現在も瑞春院で催されるお茶席で使用されているそうです


DSC_0234.JPG

床の間の掛け軸には、ドクロを杖につけて歩く和尚さん。
一休さんでしょうか・・・

正月の京都の町に出て、杖の頭にドクロをしつらえ、
「ご用心、ご用心」と叫びながら練り歩き、町民に
嫌がられた話がありますね。

一休さんの歌には
門松は冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし
もあります。
この掛け軸は達筆で所々しか読めませんが、一休さんの
歌が書いてあるのでしょうか。


私達は正月になると「明けましておめでとうございます」と挨拶を
しますが、よく考えると、正月を迎える度に歳をとって人生の
終わりに近づいている
のです。

「ちょうど、門松は冥土へ行く途中の一里塚みたいなものですよ。
 浮かれてばかりいないで時を大切にしなさいよ。」

とこの掛け軸は私達に問いかけているのかもしれませんね★

次回は瑞春院(2)雁の寺編です♪♪
















拍手

≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]