忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都 相国寺の法堂と開山堂です♪

臨済宗・相国寺は室町幕府3代将軍足利義満
発願して建立した寺院です。

門外(境内の外)塔頭には金閣寺銀閣寺
あります

DSC_0265.jpg

欧州でルネサンスが開花した頃・・・
日本では鎌倉時代にもたらされた臨済宗の禅文化が、
室町時代の京都でその魅力を大きく開花されました。

その文化の中心地が北山文化の金閣寺
東山文化の銀閣寺でした。

現在の京の文化の基礎を造った時代ですね。



DSCN1331.jpg

境内は京都御所の北にあります。
正面の参道の両側は、同志社のキャンパスとなっています。
御所(神道)同志社(基督教)相国寺(仏教)が隣接しています。
エルサレムでユダヤ教、キリスト教、イスラム教が隣接しているのと
なんだか似ているような気がします。


DSCN1329.jpg

境内の景観図です。
金閣寺銀閣寺を末寺に持つ本山寺院ですから、立派な伽藍が
あるかと思ったら・・・
樹木が生茂った、寂しい感じの境内に驚いてしまいました
伽藍は創建当時より、火災や戦火にあって、再建と消失を
繰り返したそうです。

DSC_0281.jpg

法堂無畏堂』です。
無畏堂は何事にもおそれる事なく仏法を伝える
という意味があります。
応仁の乱で燃えた後1605年に再建された
禅宗最古・最大の法堂』です。
徳川家康の命により豊臣秀頼が米1万5千石を
寄進しての再建です。
創建以来、5度目の再建だったそうです。

1788年天明の大火による消失を逃れた唯一の建物です★


今回は京の冬のたびで法堂内を案内してもらう事が出きました♪

床には瓦が敷詰められてとってもひんやりとした空気が漂っています。
修行や説法をする場所だからでしょうか。


DSCN2535.jpg

須弥檀(本尊や諸仏を祀る場所)には開祖『夢窓疎石』
木像が祀られていました。(図説の人です)


普段は本尊の「お釈迦様・阿難尊者・迦葉尊者」が祀られて
いますが、九州で開催中の『京都五山 禅の文化展』へ
出張中だとの事

56f420f5.jpg

私は東京で開催された際にお目にかかりましたが、
足利義満600年忌を記念しての開催です★


0dd68893.jpg
(資料からの写真)

天井には直径9mの円の中に描かれたがこちらを
睨みつけています。
今は消えかかっていて見難いのですが、当時龍の周りに
雲が描かれていたそうです。
年月が経つと極彩色も水墨画も消えてしまうのが残念です。

そして、の下で手をパンと叩くと、龍が鳴いたような音
する事から、『鳴き龍』と呼ばれているそうです。

試しに私も叩いてみました
パンと1回手を叩くと「コロコロ」という音が響きます
屋根が少しだけ丸くなっているからとてもよく響くそうです



DSC_0258.JPG

こちらは開山堂(開山塔)から見える庭園です
枯山水庭園山水庭園が一緒になった珍しいお庭です。
※通常は、前方は枯山水で後方が山水庭園になっているという
  パターンが多いそうです。


DSC_0262.jpg

元々は上賀茂から御所(天皇のいた所)へと、この庭を通り
流れていたそうです
しかし、昭和15年頃に水が枯れてしまい『山水+枯山水庭園』に
なったそうです。

手前は白砂+石=枯山水
奥は水の流れ+築山=山水庭

もちろん開山堂には夢想疎石と出家後の義満像が祀られています。



DSC_0266.jpg

さてこの室町時代に造られたお庭から鐘楼を眺める事が
出来ます
今日の日本の伝統文化を代表する能・狂言・茶の湯・生け花
などの多くは、室町時代に形を整えて基盤を確立していきました。

相国寺の僧侶は、室町文化の担い手として、
金閣寺・銀閣寺造営の中心的な役割を果たしました。

在籍した僧侶が中国文化を伝えて義満がそれを取り入れ
そして文化が花開きました
当時の僧侶は今でいう外交官みたいな役割もしたそうです。

次は水上勉の小説の舞台となった「雁の寺」を訪れます

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
真言宗泉涌寺派の総本山御寺(みてら)泉涌寺です♪

前回の七福神巡り泉涌寺の塔頭寺院を巡る行事です☆


DSC_0988.JPG

ここは、弘法大師がこの地に庵を結んで法輪寺と名付けたのが
始まりです。
後に月輪大師が大伽藍を営み、境内の一角から清水が涌き出た
事によりお寺の名前が泉涌寺となりました。


DSC_0980.JPG

泉涌寺では、四条天皇の御遺言により月輪大師の御廟の近くに
御陵を築いてから、歴代天皇の山稜がこの地に営まれるように
なりました。
皇室の御香華院(菩提所)として篤い信仰を集めているので
御寺(みてら)』と呼称されているそうです
格式がある御寺を中心に七福神巡りが出来て一層のご利益が
ありますねっ♪


DSC_0961.JPG

右手前が仏殿で、奥が舎利殿です。
舎利殿は御所の清涼殿を移築したもので、牙舎利(お釈迦様の歯)
を安置しています。
仏殿には運慶作と伝えられている本尊の釈迦、弥陀、弥勒
三尊仏が安置されています☆
過去(弥陀)、現在(釈迦)、未来(弥勒)の三世に渡って人類の
安泰と幸福を守る仏様です
今がよければいい』という考えはダメですよ、先祖(過去)も、
私達(現在)も、次の世代(未来)も幸せでありますようにと
願いなさい、と教えてくれているような気がします


DSC_0972.JPG

舎利殿の後ろに御座所、霊明殿、本坊があります。
霊明殿には天智天皇から昭和天皇に至る歴代天皇の尊牌(位牌)
安置されています。

御座所は天皇皇后が来寺した際に休息所として使用するそうです。
平成に入ってからは即位報告(1990年)、在位10年の報告(1999年)、
平安建都1200年記念(1994年)などの際に今上天皇が泉涌寺を
訪れています。

明治初期の廃仏毀釈で神と仏の間に大きな垣根が出来てしまい
ましたが、歴史を学ぶとそんな垣根はなくなっていきますね



DSC_0962.JPG

境内に華塚がありました。
泉涌寺の長老(管主)は、華道月輪未生流の家元も務めています。
月輪未生流は開山月輪大師の名前を頂いていますね。

華道は元々本尊に供える華の活け方からきています。
池坊家元も京都・六角堂の住職で、本尊に供える華の活け方が
もととなっているそうです


DSC_0020.JPG

DSC_0017.JPG

泉涌寺の長老は、本年の真言宗各山の代表として
真言宗長者・大阿に就いたそうです。
京都駅のホテルには、天皇陛下御在位20年・
泉涌寺上村長老御修法大阿を祝して、華道月輪未生流の
生け花が飾ってありました
新年を迎えるのに相応しい生け花ですね



拍手

今回のいい寺は・・・・
京都・泉涌寺七福神巡り』です♪

福緑寿、弁財天、布袋、毘沙門天、恵比寿、大黒天、寿老人
七福神は、
日本、中国、インドの神仏で構成されています。
人々に幸運をもたらす神仏です。


DSC_0799.JPG

泉涌寺と塔頭寺院をまわる七福神巡りは毎年1月成人の日に
行われます



DSC_0804.JPG

 最初に訪れたのは即成院です☆
最初にを頂きます。

ここは源平・屋島の戦で敵方・平家の掲げた扇の的を見事に
射抜いて源氏を勝利に導いた那須与一の菩提所です。



DSC_0824.JPG

那須与一のお墓です
願いが的へ」の提灯と旗がありました
ここでは、絵馬の代わりにに願いを書いて納めるようです。



DSC_0814.JPG

七ヶ所のお寺を巡りながら各地で笹に付ける守りを購入します♪



DSC_0816.JPG

このように付けていきます。
那須与一の菩提寺なので扇の的に矢を射る与一の絵馬と
願いが的に』の的の飾りを付けました


DSC_0812.JPG

この日は雪がちらつく寒い日でした
焚き火は嬉しいですね~



DSC_0841.JPG

DSC_0985.JPG

嬉しい接待♪小豆粥は体が温まります
お漬物も甘茶もとってもおいしかったです


DSC_0820.JPG

〈福禄寿〉
道教の神様
幸福、封禄、長寿の3つの願いを表しています。
 





DSC_0829.JPG

〈弁財天〉
二ヶ寺目・戒光院は、弁財天です 七福神唯一の女神ですね
ここは運慶、堪慶親子作の丈六10m)の本尊・釈迦如来で有名です

弁財天は元々インドの古代神話に登場するインダス川の神様です。
日本では池や川など水のある所に祀られます
水の流れは音楽などに結びつきますよね♪
弁財天は琵琶を奏でる姿をしています
芸能の神様としても信仰されています


DSC_0886.JPG

〈恵比寿〉
唯一日本の神様
いつもニコニコえびす顔をしています


DSC_0934.JPG

〈布袋〉
中国のお坊さん。
寺を持たずに行脚していたそうです。


DSC_0992.JPG

〈毘沙門天〉
鎧兜を付けた武将の姿をしています。
邪気を追い払います!



si1715.unryuin..jpg

〈大黒天〉
仏教の守護神で厨房の神様でもあります
ここの大黒さんは健脚で「走り大黒」と呼ばれています。



DSC_0005.JPG

〈寿老人〉
酒を好み赤い顔をした長寿の神さまです
手には、長寿のシンボルである不老長寿の桃を持っています
実際に昔は、桃葉は浴用に、白桃花は利尿瀉下(排泄)薬に、
桃の種子は
婦人病に用いられたそうです



DSC_0859.JPG

〈愛染明王〉番外
人間の煩悩と愛欲の本能を絶たずに向上心に変えてくれる仏様



DSC_0982.JPG

〈楊貴妃観音〉番外
とてもキレイなお顔でしたー
玄宗皇帝が亡き楊貴妃を偲んで造らせたと伝えられる美しい木像です。
美人祈願のご利益があると言われています


DSC_0002.JPG

最後に訪れたお寺からのステキな眺めです
それぞれに違う風景の寺院を一堂に巡るのも楽しいですね
普段、拝観出来ない寺院の堂内にも入れてよかったです。


DSC_0026.JPG

笹の飾りはこんな感じになりました。
欲張って沢山つけてしまいましたが・・・ご利益を期待します


DSC_0865.JPG

センリョウにも赤と黄色があるのですね♪


DSC_0003.JPG

南天の実がとても鮮やかでした


今度は泉涌寺をお参りしてみます

拍手

今回のいい寺は・・・
今宮神社です☆

大徳寺境内の参堂を西に抜けていくと今宮神社の門前に出ます。


DSC_0514.JPG

今宮神社は平安時代より疫病や災厄が発生した折に
疫病を祓う御霊会が行われ、疫病退散の神として信仰を
集めてきました。

現在は、4月の第二日曜日に「やすらい(安居)祭」が催されて
います。

これは、春の花粉が飛散する頃に、疫神も飛び交って疫病
広がるため、それを鎮める鎮花祭御霊会が一緒になった
お祭りだそうです。

春は、疫病よりもスギ花粉の方が飛散しますよね・・・

祇園社(現在の八坂神社)でも疫病を祓う祇園御霊会
行われました。
これが現在『祇園祭』となっています



DSC_0516.JPG

山門の両側に大きな破魔矢が飾ってありました
破魔矢は魔よけの意味があるそうです!

新年を迎えてこの1年魔がささないようにお参りをしなさい☆
という事ですねっ



DSC_0498.JPG

三十三間堂にも破魔矢がありました

魔がさすのは、心が不安定な時ですよね・・・
日常生活の中でも、心が乱れる時があります。
そんな時に心を静める力を破魔矢に託すのでしょう


DSCN2534.JPG

先日、マリナーズイチロー特集番組がありました
シーズン中のコンディションを保つ難しさについて話を
していました。

広い大陸を移動しながら、時差もある中で試合を行い、
常にハイレベルなプレーを求められるプレッシャーは
相当なものでしょう

試合前後には肉体的・精神的ケアを丹念に行うそうです。
足裏マッサージ器が手放せないそうです
イチローが宿泊先で入念に足裏マッサージを行っていました。
これでクールダウンして、翌日は時間をかけて試合の準備を
行うそうです。

この繰り返しにより平常心を保てるという意味では、
足裏マッサージ器が破魔矢の役割をしていますね

そして、野球道具を大切にする姿勢も精神的安定
つながっているのでしょう


DSC_0409.JPG

江戸時代に行われた『通し矢』の競技では24時間持続する体力と、
平常心を保つ精神力を兼ね備えなければできませんね。
そのために行う鍛錬と道具を大切にする姿勢は、イチローの考え
共通するところがあると思いました


DSC_0526.JPG

今宮神社の本殿前にも破魔矢が飾ってあります
これは「病魔」を射抜くという意味でしょうね。
本殿に向かって左側に悪疫病災を祓う神を祀る疫神社(えきじんじゃ)
もあります。
「無病息災、良縁吉日、子授け安産・・・諸願成就」


DSC_0524.JPG

阿保賢(あほかし)さん」の前には人だかりが出来ていました。
座布団の上にみえるのが「阿保賢さん」です。

手のひらで3回叩いて持ち上げると大変重くなり、
次いで願いを込めて3回なでて持ち上げ、
軽くなれば願いが叶うという不思議な石です。

お参りしても何も語らない神様の代わりに、「阿保賢さん」は
重さで返事をしているみたいですね

※各地には「おもかるさん」と呼ばれて祀られている石もあります。


DSC_0537.JPG

DSC_0533.JPG

今宮神社といえば門前の「あぶり餅」が有名ですね
風情のある建物で、のんびりとお茶を飲みながら
あぶり餅」を食べる事ができます

扇風機で風を起こして火力を強め、餅に焦げ目を付けてから
白味噌仕立てのタレをかけて出来上がりです♪


次は泉涌寺七福神巡りに行きますっ


拍手

今回のいい寺は・・・
冬の大徳寺 高桐院です♪

923d1d7f.jpg

紅葉の時期にも訪れましたが、1年を通して賑わう大徳寺
この時期は静寂な空気に包まれています。


fa541549.jpg

秋に訪れた黄梅院は紅葉の葉っぱが落ちてに日が差し、
春に向けて栄養補給をしているみたいですね♪
この時期は、建物の輪郭がはっきりと見えますね


f5e0e24f.jpg

高桐院も同様に、飾りのない本来の姿を見せています。
これから1年四季折々の風景を楽しませてくれる事でしょう♪


db7db508.jpg

新緑紅葉の楽しみはありませんが、かわりにやわらかい
日差しが穏やかな雰囲気を醸し出してくれます


073946c7.jpg

華やかなとは変わり、静寂なを感じる本堂前の庭です。
誰もいない本堂を独占した気分で眺める事が出来ました


b9f038ea.jpg

本堂前の中心から庭を眺めると、真ん中には『欠け燈篭』が
見えます。
しばらく向き合って、静かに過ごしました。
心が落ち着きますね

これは千利休より細川忠興に遺品として渡った『欠け燈篭』の
片方です。


a1f28c3e.jpg

冬の庭を引き立てるのはセンリョウやマンリョウの赤い実ですね
冬は赤が特に映えますね


754162d8.jpg

本堂の裏の書院・意北軒(いほくけん)です。
千利休の邸宅を移築したといわれています。
土にイカ墨を練りこんで煤けた壁にしたてて、その壁に雨漏りの
にじみ
や、板張りの痕を見せて侘びた風にしてあります。
中の灯りも淡い感じです。
ただ古くなった建物とは雰囲気が違いますね。

千利休の美は欠け燈篭やこの書院のように完成されたものや、
華やかなものより朽ちたものや、足りないものの中にありますね。

これが侘び寂びの世界なのでしょう


26ab4246.jpg

千利休が燈篭を欠いたのは、所望した派手好きな豊臣秀吉
茶の湯の本質を示す意味をあったのかもしれませんね。


c1d1e595.jpg

三斎好みの茶室・松向軒の床柱には、青竹の花入れに椿
枝垂れ梅が飾られていました。
この茶室も色々と趣向を凝らしてあるようですが、また次の
機会にゆっくりと拝見したいと思います。


a52b93f1.jpg

大徳寺の参道を西に抜けて今宮神社へ向います

拍手

≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]