忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
南禅寺 金地院②です☆

東照宮からの続きです♪


6c4e87fa.jpg

東照宮から下ると崇伝和尚を祀る開山堂があります。
徳川家の知恵袋として仕えた立場から、東照宮より低い場所で
西から方丈(本堂)前の庭園を眺める場所に建物があります。
境内の庭園を一周しながら金地院の歴史を伝えていますね☆


eb15c676.jpg

開山堂から眺めた景色です
方丈から伸びる石畳が景色のポイントですねっ
今は樹木が生い茂っていますが、創建当時は方丈まで
見渡せたでしょうね♪


73809df0.jpg

37歳で南禅寺の住職となって金地院を再建しました。
木像の顔も若いですね。
若く見えますが、幕府と宗教界に影響を与えたそうです!


f5016f64.jpg

方丈から眺めた開山堂です
創建当時は左の奥に東照宮も見えたそうです☆
400年の間に樹木が伸びて今は屋根も見えません。


2ff59d46.jpg

方丈前の庭園を正面から見た風景です
崇伝和尚が三代徳川家光のために小堀遠州に頼んで作庭した
庭で「鶴亀の庭」といいます。
名前の通り左の石組が亀で右の石組みが鶴を表します。
そして真ん中が神仙蓬莱を表します。
小堀遠州茶人作庭家としても有名で多くの名園が残っています♪



0fccd957jpeg
この石組みは鶴島といい細長い石が鶴の首を表しています。
造園当時は胴体部分の石組の上に樹木はなかったそうです。
実生の木が伸びて現在のように胴体部分が樹木に覆われています。
時間とともに庭も変化していくのですね


d9d5933ejpeg

こちらはを表しています。

7a944095.jpg

方丈は伏見桃山城の一部を徳川家光より賜り移築したものです。
正面の扉は観音開きとなっていますね。



54a596af.jpg

正面の本尊から眺めた庭です。
神仙蓬莱が真ん中に見えます
抽象的な石組みで表しますから、後は私たちがイメージして
色々と考えるようになっているんですね
大徳寺の黄梅院もそうでしたね。
本尊を背にして景色を眺めるのが1番の絶景ポイントです


6cd018d2.jpg


神仙蓬莱は蓬莱の峰や仙人の住む理想郷を表しています
燈篭は直ぐに分かりますね。
雑多に並べているようで、それぞれの石には意味があるそうです。
後ろのサツキが雲で雲海を表しています
雨が降って川が渓谷を通って玉砂利の海に流れるように見えます。
そして、徳川家康が祀られている東照宮は雲の上ですね
庭園を巡って方丈でゆっくりを眺めていますと作庭の意味が
みえてきます
サツキの花が咲くころにも来たいですね


7765d026.jpg

帰りにもう一度、東照宮の門から中を見ました
今見ると境内の鳥居に違和感はありませんね。
の中に鳥居・・・「」の漢字になります。
ここからお参りするときは「道」が「開」かれますようにと願うのが
いいかもしれませんね♪

次は成人式に行われる三十三間堂の「通し矢」を見に行って来ます♪


拍手

PR
今回のいい寺は・・・
南禅寺 金地院です☆


8886e043.jpg

金地院
には立派な門があります
塔頭寺院にしては、重厚な造りをしていますね。


fa2f0c30.jpg

石柱には東照宮・金地院と彫ってあります。
この門は東照宮の門で境内には東照宮大権現・徳川家康
祀られています。
門の両側には、神を警護する随神が安置されています。
東照宮の字の横に小さな文字で「けあげ大津行電車近道」と
彫ってありますね
京阪電車の大津行きは地下鉄化して今は市営地下鉄東西線の
蹴上が最寄の駅です


b75ce89c.jpg

蹴上駅から琵琶湖疏水の下を潜る道が
南禅寺・金地院への近道です♪


026e553f.jpg

このお寺は今から600年前・足利時代に創建したそうです。
このお寺を一躍歴史の舞台に登場させたのは、以心崇伝和尚でした。

73809df0.jpg

通称金地院崇伝と呼ばれて徳川三代の知恵袋として仕えました。
外交に手腕を発揮し公家との調整役をした他、武家諸法度
草案や寺院諸法度を作り色々と活躍した和尚さんです。
京都五山の上という格式がある南禅寺の住職になった時は
まだ37歳だったそうです。
南禅寺の住職として荒廃した伽藍の復興もしました。


5c6ef5a6.jpg

境内に入りまず庭園を散策します
庭園には唐門をくぐって入ります。
この門は通称明智門と呼ばれ光秀が母の供養のために
大徳寺に寄進したものです。
明治になってこちらに移されたそうです。
江戸時代だったら明智門徳川家とゆかりのあるお寺に
移るだなんて事は無かったでしょうね・・・


0f5b2b7f.jpg

金地院の境内ですが、鳥居は東照宮が神様である事を
感じさせますねー





56c5bc0b.jpg

正面には東照宮の拝殿が見えます
崇伝和尚徳川家康の遺言により建立しました。
本殿には遺髪と念持仏が祀られています


38583d25.jpg

建物は拝殿・石の間・本殿からなり権現造り様式というそうです。


f8a8103b.jpg

日光東照宮のような派手さは無いですが、アクセントとなる
彫り物はキレイですね


3d8f88a0.jpg

拝殿天井には狩野探幽の筆による鳴龍が描かれています。
飾られている三十六歌仙の額は土佐光起の筆で、
歌は青蓮院宮尊純法親王の御筆跡、新しい額は画家黒田夕氏
模写だそうです。


c45b63e2.jpg

日光東照宮は江戸時代まで薬師如来を本地仏として祀り
神仏習合の形をとっていました。
金地院の拝殿の入口にみえるこの優しい顔の仏様は、
薬師如来
日光菩薩月光菩薩でしょうね。
明治になってから神仏分離により、日光は神社の東照宮・
二荒山神社
寺院の輪王寺の二社一寺の形式に分立
しましたが、金地院は昔のままの形でのこりましたね。


6b9c3e6b.jpg


東照宮から石段を下ると金地院の伽藍が見えて来ます。
次は伽藍庭園の散策です

拍手

今回のいい寺は・・・
京都の正月風景を見に行ってきました


450352e2.jpg

年末年始は寒波がやってきましたね。
名古屋は伊吹おろしが吹きます
関が原は雪でした


a8eeeba2.jpg   

琵琶湖の対岸の比良山も雪化粧をしていました
京都には琵琶湖を通った寒波が比叡山を越えて来ますね。
昨年、比叡山の修行僧・星野圓道さんが千日回峰行「堂入り」
達成したニュースがありました
お堂にこもり九日間不眠不休で食事も取らずに十万遍の不動真言
唱える荒行だそうです。
大変な修行ですね



18430f6f.jpg

京都市内から見た比叡山です。
こちらから見ると琵琶湖から比叡山を越えて下る比叡おろし
まだ吹いていないみたいですね。


9542ca5c.jpg

どこでも正月はまず神社へお参りですね
冬は朱塗りの建物が映えます。
神社では、お守り・破魔矢・御札と授かる物が色々あります。
また正月三が日以外にも初がつく初恵比寿・初午などが
ありますからそちらも楽しみですね♪


26675c88.jpg

和菓子屋さんのショーウィンドウにも鏡餅が飾ってありました。
丸餅が重なって上に(だいだい)と昆布
家が代々()円満(丸餅)で喜び(昆布)ますように」という
願いを表すそうです


a771dc6c.jpg

市内で鏡餅しめ縄はよく見かけましたが、門松は無かったです。
ここは大徳寺の山門です。
大徳寺の住職だった一休さん
門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
と詠いましたから、門には何も飾らないのでしょうか。


e4a65a4f.jpg

玄関のしめ縄飾りです。
大徳寺ご用達の料亭一久のしめ縄飾りは立派でした


4a5ee303.jpg

ご近所さんが普段お参りする神仏にも有志で鏡餅をお供えして
ありました。
正月は感謝する気持ちよりもお願い事をしたくなりますが、
やっぱり賽銭を投げてお願いするだけでなく神仏へのお供えも
必要ですね



fb452d82.jpg

町屋には花餅の飾りもありました。




836e1595.jpg

河原町の街路灯には国旗・松・花餅が飾ってありました
正月気分を盛り上げますね。


51fd87fe.jpg

やっとみつけた小さな門松です。
この小ささが名古屋と京都の違いでしょうか。



a977e92a.jpg

正月三が日でも繁華街は人通りが多かったです。

明日は今回の旅の目的地南禅寺金地院・東照宮に行ってきます♪

拍手

≪  1  2  3  4  5
HOME
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]