忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
大飯町岡田の「若州一滴文庫」です♪



6ed1a017.jpg

雪晴れの若狭・大飯町(現おおい町)
水上勉の生まれ故郷・岡田へ向かって竹林の小道を
歩いて行きました



40f0956c.JPG

若州一滴文庫」は作家・水上勉が地元の児童に
自身の蔵書を解放し、本に触れてもらうために
造られた施設です



56c111fe.jpg

貧しい生活のなかで家には電灯が無く、本が
読めなかった水上勉は京都での寺暮らしから
離れて、好きな文学の道に入り、人生の夢
拾ったそうです



DSC_0023.JPG

その恩返しにと子供たちへ蔵書を解放して、本から
何かを拾って人生を切り開いて欲しいと考え、この
思いが子供たちに届くことを願いました



4566d370.JPG

ここには、昔を偲ぶ茅葺き屋根の古民家があり



6adac6c5.JPG

暖を取る懐かしいダルマストーブが活躍して
いました



421fdcee.JPG

温かいそばを頂いてから施設内を散策しました



DSC_0059.jpg

先日訪れた飛騨高山では、雪深い町に住む方々の
御苦労を目にしましたが・・・

冬の厳しい自然も雪晴れの日には、静かな時を
過ごせますね



de4f6b83.JPG

本館には水上作品にゆかりの深い作家の絵画作品
ギャラリー
や約2万冊の蔵書、若狭出身の禅僧
顕彰する資料が展示してありました。

若州竹人形ギャラリーには、水上作品の登場人物が
竹人形となり本から飛び出し、文学作品が立体的に
感じられます




ebabcb72.jpg

水上勉が心打たれた大飯町大島出身の禅僧・
儀山善来

大島は井戸水だけが頼りの枯れた土地でした

和尚は岡山の修行道場で
一滴の水も粗末にしないで活かすように」と
弟子達を指導しました

その教えは脈々と流れ大河となって、作家・夏目漱石
禅学者・鈴木大拙へと伝わり、「曹源の一滴水」として
今に受け継がれています。

これが「若州一滴文庫」とついた名称のいわれです



DSC_0050.jpg

竹の紙に書かれた言葉が飾ってありました

水上勉は晩年「竹泥山人」と号し、地元の赤土を
掘って茶碗などの作品を焼き、竹紙をすいて絵を
描く活動をしていました

大飯町・佐分利出身の渡邉 淳(すなお)は水上勉の
「わが山河」の装丁を手がけたのを手始めに、以降
水上勉著作の70冊に及ぶ装丁を担当しました。

水上勉の著作の挿絵を描き、若狭「一滴文庫」の
創設に参加し、館内には竹紙に描かれた「昨秋」
「ランプの詩」と素晴らしい作品があります。



ffcb1c26.jpg

若狭の自然が、自然のぬくもりを感じさせる陶器と
なり、竹の和紙は独特のあたたかみを感じさせる絵
となりました。

水上勉は、故郷の自然に生かされていることを
肌で感じていたのでしょう。



e79397ee.JPG

水上勉は一滴文庫の開設に自ら汗を流し整備に
あたったそうです

文学にとっての一滴の水

一冊、一冊の本を活かすために、子供たちへの
夢を託してのことだと思います



29fbe9cf.jpg

トンネルの向こうに光が見えてきました

自分にとっての「一滴の水

見つかるかしら!

拍手

PR
今回のいい町は・・・
1月16日 仏法はじめです♪


1月16日から、お墓参り仏事が行われます。

DSC_0347.jpg

夏には海水浴場として賑わう若狭湾の高浜町

06fcb286.jpg

この町を通る若狭海道から山に入った場所に
車持(くるまもち)地区があります。

連なる山々の裏側が、作家・水上勉の生まれ故郷
本郷村岡田です

6b6f9a5e.JPG

日本海に近い雪深い寒村
この車持にある無住寺院・正法寺を訪ねてみました

d348fbb7.JPG

ここは長い間住職の代わりに村人が協力して守って
きたお寺です

明治時代の一時期、水上勉の著作した「破鞋(はあい)
の主人公・雪門玄松和尚が滞在したこともあります

9954e4b7.JPG

雪門玄松和尚は、哲学者・西田幾多郎の指導をし
禅学者・鈴木大拙が禅を学ぶきっかけとなった和尚です

雪門玄松和尚の存在を知った水上勉はその足跡を
調べる中で、廃仏毀釈の嵐が吹く受難の時代に
近代宗教界の礎を築いた和尚で
この若狭地方の出身者が多いことも学びました

そのことがきっかけで「五番街夕霧楼」「雁の寺」
「白蛇抄」と宗教界の暗い部分を描いた作品から
離れ、宗教を正面からとらえるようになったそうです

DSC_0387.JPG

厳しい環境のなかで出家した和尚
苦難を乗り越えて布教をする和尚

京都などの観光寺院とは違う姿が地方にはありました。

92c4c0f4.jpg

仏法はじめの朝、参詣者が転ばないようにと
当番の檀家さんが除雪をされていました

DSC_0401.jpg

雪に覆われていたお地蔵様は顔を出し

d51e6974.JPG

大晦日から閉ざされていた御堂も掃除をして
ほこりを払います

d3321128.JPG

この一年のご加護を願い毘沙門天に灯を点けて
お香を焚きます

「今日から寺の一年が始まります」
おばあさんの話を聞き、本堂に上がりました。

DSC_0410.JPG

今日は、高浜の本寺から和尚さんが来て歳の初め
先祖供養を行うそうです

DSC_0411.jpg

法要が終われば、持ち寄った手作りの食事を囲んで
宴が始まります
ここには雪門玄松和尚の存在を知る方は誰も
いませんでした。

臨済宗・国泰寺派の管長を務め、西田幾多郎、
鈴木大拙に禅の指導を行い、山岡鉄舟の葬儀の
導師を務めた和尚も時が経つ中で人々の記憶から
忘れ去られてしまったのでしょうか・・・

7b0805ed.JPG

しかし、忘れられても、住職がいなくても・・・

村人の信仰は受け継がれていく、そんな村でした。

拍手

今回のいい寺は・・・・
京都府・舞鶴市・安岡です♪
 
金閣炎上」の主人公、林養賢が暮らした
舞鶴市安岡を訪ねてみました
 
 
 DSC_0309.jpg
 
早朝の西舞鶴駅から見た景色です
暗いうちから通勤通学の乗客が構内で
暖をとっていましたよ~
 
 6daa3729.jpg
 
林養賢が通った旧制・東舞鶴中学は        
東舞鶴駅と松尾寺駅の間にありました
車窓から眺めた風景の左側に現在の
東舞鶴高校があります
 

DSC_0256.jpg
 
安岡を訪ねた時は、ちょうど雪でした
 さむーい
63be6d8b.jpg
 
集落の入口に祀られた石のお地蔵さま
 
雪に埋もれないように小さな御堂に
納められています
 
この御堂は山手に在る林家の菩提寺      
少林寺へ登る入口にもなっています。
 

DSC_0259.jpg
 
この菩提寺で林養賢の父は仏門に入りました
今は空寺で廃墟となっているそうです
 
ここまで来たので訪ねてみたかったのですが、
「参道は雪深くてとても行けません」
と止められてしまいました
 
父の実家に下宿した林養賢のもとへ、母は日傘を
さして一日がかりで歩いて往復したそうです
         
半島の先端にある西徳寺に入寺した父・・・
そこに25歳で嫁いだ母

寒村の小さなお寺で苦労が多かったので、
母は「息子を金閣寺」という思いを
募らせていったのでしょう。        
 

 81f397f5.JPG
 
林養賢は、中学生の時に父を喪い、西徳寺から
母と一緒に出ていきます

その後たどった道に、悲しい結末が
待っているだなんて思いもせずに
 
 
 DSC_0427.JPG
 
黄金に輝き私たちを魅了する金閣
 
この輝きが心を惑わしたのでしょうか
 
 
金閣炎の悲劇の後、母子は父の眠る西徳寺
一緒に眠ることも叶いませんでした   
 
西徳寺を出て行かなければ、父と一緒に
眠ることができたでしょう・・・


53d01485.jpg
 
今、林養賢と母は父の実家の墓所
眠っています

 
 DSC_0278.JPG
 
林養賢は収監された後に病気となり、刑期を終えて
すぐ亡くなってしまいました
 
僧籍から離れて付けられた戒名です。
下の3文字で林養賢と分かりました
 
 

DSC_0275.JPG
 
母の墓です
 
息子に面会を拒絶され、失意の中で
命を絶った母・・・

どなたが戒名を付けたのでしょうか
 
「闇夜を照らすお月様のように、一人きりになった
息子養賢を慈悲の明りで包んで下さい」  
と願っているような気がしました
 
「慈照」といえば、銀閣寺の正式名は
東山慈照寺」です
 
銀閣寺慈照寺)は金閣寺と対照的に、輝きよりも
心が落ち着く静寂な場所のような気がします
 
母親にそのような場所で眠って下さい
という意味も含まれているのでしょうね。
 
 
DSC_0286.jpg
 
金閣炎上の事件は真夏の暑い季節でした
 
でも、放火犯・林養賢を知るには真冬の若狭
イメージにぴったりだと思いました
 
人間の心のように燃える暑さの京都       
生活の苦しみを感じた寒い若狭



bba49c97.jpeg

大変な環境や状況の中で頑張っている人って
たくさんいるんだよ
、と教えてくれた人がいました。

どんな境遇に生まれても、又、恵まれた境遇で
あっても、その人の努力によってどんな人生にも
舵取りをしていけると思います

心の中にある優しさや強さを引き出して、
前向きに生きていくことが大切だと感じました

 
 
次は、活気あふれる冬の錦市場をブラブラ
しまーす

拍手

今回のいい寺は・・・・
若狭のJR小浜線沿線です♪
 
 
 DSC_0305.JPG
 
真冬の日本海は北風と海岸を洗う波の音で
一層の寂しさを感じます
 
水上勉の故郷を通る小浜線は、敦賀から
東舞鶴までの単線です
 
 
 DSC_0126.jpg
 
車窓から見える、静まり返った三方五湖
雪に覆われた集落は寂しそうです><
 
 
 DSC_0127.jpg
 
夏の若狭は海がキレイなので、沢山の海水浴客で
賑わいます
 
近海で獲れた魚も美味しいので、私も魚を食べに
小浜まで行きますよ~
 
冬の若狭は静かですね
 
 
 DSC_0122.jpg
 
大鳥羽駅のホームには、「共命(ぐみょう)の鳥」が
描いてありました。
体は一羽の鳥で、人間の頭を二つ持つ古くインドに
伝わる架空の鳥です
 
この鳥には悲しい話があります・・・
 
沢山の美しい共命の鳥が生息している中で
ひときわ美しい共命の鳥がおりました
 
それぞれに美しいのですが「自分こそが美しい
との思いから喧嘩となり、あるとき一方が
相手を殺してしまえば、自分が最も美しい
共命の鳥になれる」と考えてしまいます
 
そして、言葉巧みに毒を盛り殺害してしまいました
「これで邪魔ものはいなくなった
これで私が一番綺麗な共命の鳥よ
と喜んでいるのも束の間・・・
 
相手に盛った毒はやがて体全体を廻り毒を盛った
当の本人も悶え苦しみ命を落としてしまいました
 
己の欲から、一つの命のつながりで生きている事を
忘れてしまった共命の鳥
 

c83ff7ba.jpg
 
人だってひとりじゃ生きられないですよね!
二人の人間が、ひとつの命をこの世に送りだす
のだから、当たり前なのかもしれませんね

人を蹴落としてでも自分が優位に立とうとする
のってなんだか寂しい気がします

困ったとき、その状況を変えるのって、自分ひとりの
力でも、お金でもなくって、結局は人と人との信頼
以外にないんじゃないかなーって思ったりします。

嫌なことや悲しいことがあったときには誰かに話を
聞いてもらいたいし、幸せは誰かと分かち合いたい
ですしね

日常当たり前に使っているものだって、多くの人の
苦労があって出来上がったのかもしれないし!
そんな事を思いました

 
 DSC_0114.JPG
 
水上勉が京都へ旅立った若狭本郷駅
 
鶴舞、福知山、京都とつながる線路です。
 
遠くには若狭富士と呼ばれる青葉山が見えます
麓には西国三十三観音の松尾寺や中山寺があり、
若狭の霊峰として人々の信仰の場となっています

 
 DSC_0287.jpg
 
松尾寺の玄関、小浜線松尾寺駅です
この駅のある安岡が「金閣炎上」の主人公・林養賢
父の故郷です。
林養賢は、ここから舞鶴の旧制・中学へ通っていました
 
水上勉も幼い頃、母に連れられて汽車に乗り、
松尾寺にお参りしたそうです
水上勉が林養賢と会った場所も松尾寺でした。

「はなれ瞽女おりん」「若狭」「釈迦浜心中」と
この小浜線沿線が水上文学のヒントとなったのでしょうね。

そして今、この安岡の集落に林養賢母子が
眠っています
 
次は、安岡の集落を訪ねてみます

拍手

今回のいい寺は・・・
水上勉の生まれ故郷です♪


 e90b2f17.JPG
 
水上勉が口減らしの為京都に向かう時、汽車に
乗った若狭本郷駅です
大阪「花と緑の博覧会」で出展された「風車の駅」
が移築されて駅舎となっています
かわいい駅舎ですね~~


a9b7009c.jpg
 
本郷村岡田の田園風景です
 
二月の大雪の日に水上勉は菩提寺の和尚と
父に連れられて京都に向かいました
 
駅まで母も見送りについて行ったそうです。
 
「故郷を離れ、母と離れる寂しさ・・・
見送った後、村に戻る母親の悲しみを
思い、「これ以上悲しめてはいけない」と
水上勉は決心をしたそうです



fa66ca2d.jpg
 
集落の手前に石のお地蔵さんが祀られていました
息子の無事を願って一心に手を合わせる母親の
姿を想像しちゃいます
 
貧困のなかで一匹のサバを兄弟5人で食べた
思い出の中で
「母親は一口も食にしなかった」と水上勉は
回想しています。


4699f7b1.jpg
 
雪深い集落 日本海から吹きすさぶ風
水上勉の家には電気も通らず、苦しくて貧しい
生活だったそうです
 
今回、雪の合間の晴れた日に訪れたので
空気が清々しく長閑な集落に見えました


ab2e5f24.jpg
 
農家の軒先に干し柿が
渋柿も冷たい空気のなかで成熟してあまーくて
美味しい干し柿になります


DSC_0015.JPG
 
雪が凍って滑らないように
腰の曲がったお婆さんが雪かきをしていました
 
雪国は雪かきや雪下しと大変ですね!



69cee891.JPG
 
菩提寺・西安寺は集落の奥にあります。
ここの和尚さんの紹介で相国寺京都の寺へ
弟子入りすることになりました


DSC_0030.jpg
 
人の気配を感じないひっそりとした境内
雨戸が閉まったままの庫裡・・・
今は空寺となって近くの寺が管理しているそうです。
 
華やかな京都の観光寺院とは違い
地方の末寺は小さな寺が多いそうです。
 



dd128bff.jpg
 
小さなお寺のある小さな集落。
 
昔は生活が苦しくて次男三男は町へ奉公に出たり
職人に弟子入りしたり、寺の小僧になったりして
家計を助けたそうです


5b0fcebf.JPG
 
集落を歩いていると各家に米蔵があることに
気がつきました
大事なお米を納める蔵
蔵のある風景ってなんかいいですね
 
水上勉が描いた昔の故郷とはすっかり
様変わりして、立派な屋敷が軒を連ねていました。
 

DSC_0039.jpg
 
除雪車が出動していました。
水上勉の母が歩いて岡田に帰った時代は
春の雪解けを待ちわびていたでしょうね~
 


5b7a5346.jpg
 
レトロな感じのホーローの看板を見つけました
集落が変化するなかで残った昔懐かしい物
 

 DSC_0040.jpg
 
こんな看板もありました。
田舎の手作りの食品ですね
丁寧に造られたお母さんの味・・・
そんなイメージをしてしまいました


 DSC_0025.JPG
 
水上勉は故郷をテーマにした作品や随筆も
多くあります
作品の舞台となった場所を訪れると
作者の気持ちと一緒になれたり
新しい発見があったり
観光地とは違う味わいがあります♪
 
西安寺の石塔がこの集落の変化を
いつも見てきたのでしょう
水上勉が旅立つ姿も!!

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]