忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
水上勉の世界です♪


DSC_0302.JPG

日本海に面した若狭地方
波の荒い暗い海と、雪深い山のイメージですね

この若狭の本郷村岡田というところが水上勉
故郷です。


DSC_0255.jpg

水上勉の父親は暇な田舎大工

母親は生計を立てる為に小作の手伝いをしながら
5人兄弟を育てたそうです

水上勉は次男で家計を助けるために相国寺瑞春院
小僧に出されます。


143de1ce.jpg

わずか9歳で仏門に入った水上勉・・・
裕福な生活をする寺の人々の中で、多くの矛盾を
感じたのでしょう。

お寺を飛び出してしまいました!!


fb454e6b.jpg

とある子供の修養会で作法を教える和尚さんが
いました
ひとつひとつを丁寧に指導していていました
子供に対しても温かい心を持って接しているのを
感じました。

昔の徒弟教育は奉公人のように扱い、大切に
育てることはありませんでした


DSC_0440.jpg

水上勉と同じ若狭の出身で同じ相国寺の末寺で
小僧生活をし、同じ旧制・花園中学を卒業した
10歳年下の後輩・林養賢

林養賢が金閣寺放火事件を起こしたことは、水上勉
にも大きな衝撃を与えたようです


事件を描いた作品に「金閣炎上」、「五番町夕霧楼」と
二つあります

「金閣炎上」では同郷の先輩として記録的に淡々と
描き、「五番町夕霧楼」では学僧の内面を描きました


DSC_1229.jpg

五番町夕霧楼」の舞台となった場所が今でも
あります。

昔は北野天満宮付近の上七軒のお茶屋が旦那衆
五番町が職人の遊び場でした。
この近くの千本通り沿いが学生のたまり場だった
そうです。
今は、河原町先斗町が一番賑やかですよね

井筒八ツ橋の「夕子」は「五番町夕霧楼」の
主人公の名前からつけられたそうですよ~


af7ccd0e.jpg

水上勉が世話になった瑞春院金閣寺は同じ
相国寺の末寺です。

金閣寺の鏡湖池を境に対岸から見た風景です
背景に衣笠山、緑に囲まれた金閣寺
緑に映える金閣も、真白な雪の中に輝く金閣も
ステキですよね


DSC_0454.jpg

金閣の裏手を登ると「安眠沢(あんみんたく)」と
呼ばれる池があります。
日照りが続いてもかれなかったそうです

昔は、日照りが続くと農夫がここで雨乞い
したそうですよ~



f64ebbe7.JPG

水上勉は華やかな京都に来たとき、寒村の
故郷との違いに驚き・・・
坊さんが嫌いだ~
寺が嫌いだ~~~ と思いました。
そんな感情が初期の作品に影響しているようです

ある時、水上勉が若狭出身の僧侶に出会います。
これまで批判的な感情を持っていたけれど、
その出会いによって考え方が一変したそうです。
それは「破鞋(はあい)」という作品の中で述べられて
います。


DSC_1065.JPG

出会いによって考え方心の持ちようが変わる
ということってありますよね!
生き方まで変わるほどの影響受けることも
ありますね

考え方が変わるとが変わり、自分の周りの
環境までも変わることも





京都・瑞春院についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/74/

拍手

PR
今回のいい寺は・・・・・
金閣炎上です!!

小説の題材となった金閣(舎利殿)の放火事件


2806b81c.JPG

道半ばで放火犯となってしまった金閣寺
弟子・林養賢。

華やかに輝く金閣への劣等感や住職への
不満が事件を起した理由なのでしょうか?


DSC_0354.jpg

林養賢の父は、若狭湾に面した半島の先端
成生にある西徳寺の住職でした
成生は小さな漁村で、冬は陸の孤島となり
家族の暮らしは大変でした


71f8758f.jpg

京都・舞鶴の中学へ進学した林養賢は、
父の実家に下宿して通ったそうです
中学生のときにその父親は結核で亡くなって
しまいます・・・

母子で寺を守る事は出来ず、母の故郷に
身を寄せて、京都で小僧生活をすることに
なりました。


04874a39.jpg

縁あって、金閣寺に弟子入りした林養賢は
旧制花園中学に編入して7~8人の兄弟弟子
と寝起きを共にしました。

当時は戦時中でろくに授業も無く、畑仕事などを
していたそうです


DSC_0398.jpg

学僧や弟子の多くは食糧難や戦争からくる
疲弊した社会に反発心を持っていました
金閣寺の弟子は住職に叱られて蔵に閉じ込め
られると、蔵の美術品を窓から外に投げ出して
後で質屋に売ってお金にしていたそうです


4e327124.jpg

そんな中で林養賢は優秀で性格も良く、
住職は彼を跡継ぎにと考えていたそうです。
母親も若狭の寒村寺院から、有名寺院への
出世を期待していました。


ただ優秀な林養賢自身は、僧侶としての才能や
器でないことを分かっていたのでしょう。
住職や母親の期待という重圧から逃れる為に
金閣に火を付けたそうです


DSC_0018.JPG

火事の知らせを受けた母親は、火事見舞いを
持って金閣寺を訪ねます
そこで初めて我が子が放火犯と知ります。
犯行後の息子にも面会を断られ・・・

失意のなか、帰りの列車から保津峡に
投身自殺をしてしまいました


4d967eb7.jpg

当時を知る人の話では、
「金閣寺の放火事件は、彼個人の問題ではなく
誰もが犯人になりえる時代だった。」
「母親を自殺に追い込んだことが1番の罪」
と言っていました。


d2baeb4a.JPG

水上勉は林養賢と同じ若狭の出身です。
同じように学僧の経験をしたことから、水上勉は
彼に近い視点で「金閣炎上」を執筆したそうです


初期の作品には、「雁の寺」、「五番町夕霧楼」、
「白蛇抄」と思春期の学僧をテーマにした作品が
多くありました。
水上勉も当時の宗教界への反発を作品で
示したのでしょうか?


次は水上勉の世界を散策してみます。
 

拍手

今回のいい寺は・・・
等持院です★


DSC_0254.jpg

等持院駅は、北野白梅駅から京福電鉄嵐山線で一駅です
北野白梅町、等持院、竜安寺道、妙心寺、御室、高雄口・・・
京都に観光で行ったら一度は訪れたい寺が駅名になっていますね。
等持院駅を過ぎて竜安寺道で降りると歩くこと5分で等持院へ



DSC_0258.jpg

竜安寺道で降りてすぐの場所にうどん屋『笑福亭』があります。
作家の井上靖が学生時代に通っていて、「きつねうどん」を
よく注文したそうです
店内には「養うは、これ春の如し」と井上靖が晩年に書いた色紙が
あります。
水上勉も等持院の弟子時代にここの「きつねうどん」を食べたそうです。
竜安寺の近く、衣笠山には立命館大学があり、今でも学生が
通っています。


DSC_0261.jpg


等持院の周囲は住宅地となっていて、観光客の姿はあまり
見かけません。
山門の雰囲気からは、格式の高さはあまり感じませんが…
ここは足利尊氏からの足利家の菩提所です。


DSC_0263.jpg

参道を潜っていくと、最初に目に付くのがこの銅像です☆
日本映画の父」として知られたマキノ省三です

境内にマキノの映画製作所があったそうで、記念に顕彰会が
銅像を建てたそうです
マキノ省三の孫に俳優の長門裕之津川雅彦兄弟がいます。

テレビの番組でクレーン車に兄弟で乗り、祖父の銅像を丁寧に
掃除している場面がありました。
その時、弟津川雅彦がマキノ姓を名乗って「寝ずの番」の製作・
監督をしたそうです。


DSC_0269.jpg

マキノ省三の銅像を過ぎると、等持院の伽藍が見えてきます
ここが水上勉が学生時代三度目に世話になったお寺です。
ここから旧制花園中学校に通い、等持院裏の立命館大学に
進学しました
俳優、長門裕之も花園高校、立命館大学を同じ道を歩みました。


DSC_0363.jpg

庫裏の裏には二階建ての書院があり、水上勉はこの二階に
住んでいました。
境内の裏には立命館大学が隣接しています。
現在、一階は拝観者の呈茶席となっています
二階へは上がれませんが見晴らしは良さそうです。



DSC_0344.jpg

水上勉もこの庭を見ていたのでしょう
この庭は「夢想国師作」と伝えられています。
この庭を眺めながらの学生生活は彼に落ち着いた日々を
送らせたかもしれませんね。


DSC_0364.jpg

等持院の伽藍修復にあたって、寄進者芳名の中に
水上勉の名前もありました
ここは、足利尊氏以来の足利家の菩提所ですが、
伽藍の維持をするのが大変だそうです


DSC_0277.jpg

話を伺ったところ、この庫裏を修復するのに・・・
昭和39年に寄付のお願いを始めてから昭和50年まで
かかったそうです。


DSC_0280.jpg

朽ちていく歴史的建造物を維持していくことは大変でしょうね。
その苦労が寄進者の心に伝わり、時間がかかっても多くの
浄財が集まったのでしょう。

修復にかかる費用は、新築と大差は無いそうです。
しかし、古い建物は味わいがあり、私達の心を癒す不思議な
力があると思います。

水上勉がここの弟子になって、やっと心が癒されたのでしょうか、
等持院にはよく訪れていたそうです。

拍手

今回のいい寺は・・・
水上勉の世界を覗いてみます


DSC_0172.jpg

水上勉は福井県の大飯町という海辺の村の大工の家に
生まれました。
地元の西安寺住職の紹介で、相国寺・瑞春院へ9歳の時に
預けられたそうです。

水上勉はここから仏門へ入ったのですね
瑞春院での経験が、小説『雁の寺』として世に出ました
『雁の寺』で直木賞作家となり、瑞春院も実際に雁の襖絵が
あることから【雁の寺】として有名になりましたね。


DSC_0500.jpg

水上勉は小僧生活をしながら宗門の旧制・紫野中学に通いました。
紫野中学は大徳寺・相国寺・東福寺が合同で運営した徒弟教育
為の学校でした
大徳寺に隣接する場所にあった為『紫野』と校名が付いたのですね。
現在は、府立紫野高校がこの地にあります。


DSC_0481.jpg

大徳寺の参道から、西の弧蓬庵に向かう途中に
府立紫野高校があります。
参道の両側には、石田三成の菩提所で
長谷川等伯が襖に絵を描いた三玄院
千利休の菩提所・聚光院
豊臣秀吉が織田信長の
菩提所として建立した総見院
細川三斎の菩提所・高桐院があり、
歴史と文化を肌で感じる事ができますね!



DSC_0484.jpg

弧蓬庵へ続く参道の坂道です。
水上勉もこの道を歩いて学校へ通ったのでしょうか
紫野中学の在学中に、瑞春院での小僧生活に耐え切れず
飛び出してしまいます

その頃の体験が小説『雁の寺』で描かれています
水上勉は同じ山内の玉龍庵住職に拾ってもらい、その後も
紫野中学へ通うことが出来たそうです



DSC_0486.jpg

石垣を学生が組んで造ったのでしょうか。
府立高校と宗門の徒弟教育の学校では、雰囲気が
全然違うでしょうね。
旧制・紫野中学は財政難から廃校となり、水上勉は同じ宗門の
花園中学へ編入しました。





DSC_0374.jpg

花園中学の通う頃には、衣笠山の麓にある等持院にお世話に
なっていました。
そして花園中学の後輩が金閣寺に火を放ってしまいました。
水上勉にとっても衝撃的な事件だったのでしょう
水上勉は、その犯人の生い立ちにふれて「金閣炎上」、
五番街夕霧楼」を書き上げています



DSC_0496.jpg

大徳寺の参道から上がった坂の上に弧蓬庵があります。
ここは小堀遠州が創建したお寺です。
水上勉は弧蓬庵を『雁の寺』の舞台としました



DSC_0497.jpg

山門の前には立派な堀があり、下界と遮断された独特な世界が
中にあるような気がしますね。
苔むした石垣が時代を感じさせます。
通学途中に外から見た弧蓬庵の雰囲気から、ここを小説「雁の寺」
としたそうです。



DSC_0494.jpg

小堀遠州が創建した弧蓬庵は寛政5年(1793年)の火災により
焼失してしまいました
その後、遠州を崇敬した大名茶人・松平不昧が古図に基づいて
伽藍を再建し現在に至っています


DSC_0495.jpg

弧蓬庵はに囲まれていて、大徳寺から離れた場所にあります
この境内の空気を吸えば、私達も日々の悩みを忘れて時を
過ごすことができそうですね


9912-30.jpg

境内には小堀遠州好みの茶室忘筌(ぼうせん)があります
「魚ヲ得テ筌ヲ忘レ」
筌は魚をとるための道具で、
目的を達すれば道具の存在を忘れる』という意味です。
目的が達成できれば、そのための道具はもう用がないですね。

茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなる事を知るべし
いつまでもその道具に執着しないようにという考えだそうです。

水上勉は小僧生活の辛さを忘れる事が出来なかったのでしょうか。

もしかしたら金閣炎上事件が、当時の記憶を心の奥に焼きつかせた
のかもしれませんね。

この静寂な境内と小説『雁の寺』の内容の隔たりが、水上勉の
苦悩の大きさを表しているような気がしました。

水上勉の足跡を訪ねて等持院に行ってみます


※長谷川等伯が描いた襖絵の話はこちら↓
  e-tera.net/Entry/82/

※織田信長の墓がある総見院の話はこちら↓
     e-tera.net/Entry/35/
  

※雁の寺・庭園編↓
  e-tera.net/Entry/73/


※雁の寺・雁の襖絵編↓
  e-tera.net/Entry/74/


※冬の高桐院↓
  e-tera.net/Entry/57/


※紅葉の高桐院①↓
  e-tera.net/Entry/36/

※紅葉の高桐院②↓
   e-tera.net/Entry/37/ 

拍手

今回のいい寺は・・・
相国寺・瑞春院(雁の寺編)です♪


水上勉の小説『雁の寺』の舞台となったお寺として有名です★


DSC_0172.JPG

水上勉は貧しい大工の家に生まれ、口減らしのためにこの
お寺にやってきました
9歳で弟子入りして13歳までの4年間、瑞春院で小僧生活を
しました。
親元を離れて禅寺での生活ですから、相当辛かったでしょう。

朝5時の庭掃除から始まり、廊下の拭き掃除・・・
あまりの辛さに何度も逃げ帰っているのだそうです。


jpn19491101_01.gif

雁は越冬のため、秋に飛来する渡り鳥です。
「秋の日は釣瓶落とし」というように、飛来する頃には、
日の暮れるのが早くなります。
風が冷たい季節となってきますね。
京都は底冷えしますから、薄暗く寒い寺での生活は辛く
寂しかったでしょう。


DSC_0283.JPG

これが小説『雁の寺』を書くきっかけとなったガンの親子の襖絵です。

・・・でも実はこの鳥はガンではなくて「孔雀」です。

水上勉はこれをガンだと思い込んでいたそうです。
厳しい小僧生活の中で、親子の孔雀の絵を見て母親の温もりを
恋しく思う
気持ちと重なり、小説『雁の寺』が出来たのだと思います。

母子の絵を見て寂しくなったのか、何度も逃げ帰ったそうです

242f5f9c.jpeg

昭和57年に小説を映画化する時に何十年かぶりに訪れたそうです。
背を向けて逃げたお寺だからなのか、作家になってから訪れる事は
無かったそうです。


拝観者用に四方の襖が外してありましたが、本来は孔雀の襖絵で
囲まれた仏間だそうです。
くじゃくはよこしまな心を表すそうです
邪悪な心を捨てて拝観しましょう』という意味でしょうか★

水上勉はこの絵をガンだと思い込んでいたから『雁の寺』が
完成しました。
ところが、昭和52年の再訪時に、雁では無く孔雀の親子だった事
隣の上官の間には実際に「雁」の襖絵があった事を知り、
とても驚いたそうです

当時小僧は師匠の部屋への入室が許されなかったのですね。



f15e3896jpeg

京の冬の旅では素敵な庭園を眺め、雁の襖絵を拝見でき、
水上勉が小僧生活をした当時を偲ぶ事ができます。
他にも通常公開していない貴重な場所を拝観する事が
できます♪


水上勉は『雁の寺』に続き『金閣炎上』、『五番町夕霧楼』、
『沙羅の門』と世俗の波に打ち砕かれる出家者や家族を
テーマにした本を出しています


拍手

≪  1  2
HOME
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]