忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
下鴨神社と双葉葵についてです。


DSC_0698.JPG

徳川家康は、松平郷・松平親を始祖として松平家から
徳川》と姓を変えて、征夷大将軍となりましたが、
家紋は松平親氏の養父・在原重信より伝わる《》を
使用しました。

清和源氏の流れをくむ新田氏の紋は銀杏だそうです。
源氏の末裔を名乗っても《葵の紋》を通したところに
徳川家康の葵に対する思いが感じれられますね!


DSC_0716.jpg

岡崎城で使用した昔の瓦です。
この紋は「立ち葵」といい、本多氏が使用した紋です。

徳川家康は、天下を取ると家来に葵紋の使用を禁じた
そうです
家来の本多氏は、元賀茂神社の神官であったと
伝えられ「立ち葵紋」を使用していました。
徳川家康は、本多忠勝に葵紋を用いないように
求めましたが、「本多家は京都・賀茂神社に仕える
賀茂族の流れをくみ、賀茂の家紋である葵紋を
使用することは当然
」だと言って断ったそうです



4c562eed.jpg

徳川家康岡崎城を居城とした時期は短く、地の利の
良い浜松城を居城として家来が岡崎城を守りました
江戸時代になると、岡崎は譜代大名の領地となり、
最後は本多氏が明治になるまでの120年間を
治めたそうです。
本多氏の使用した文箱です。
本多氏は2つの紋を使用したみたいですね



DSC_0882.jpg

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)通称・下鴨神社
(しもがもじんじゃ)です。
賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに古代の賀茂氏の
氏神を祀る神社で両社を合わせて《賀茂神社》と
総称されています

境内の自然林は「糺(ただす)の森」と呼ばれ、
東京ドームの3倍の広さだそうです
平安京以前の原生林を残す貴重な森林として
国の史跡に指定されています


DSC_0884.JPG

参道には、国家「君が代」で歌われた《さざれ石》が
ありました。
さざれ石は「小さな石」という意味で、年とともに
成長してやがて岩となると信じられ、神霊が宿る
石だそうです

北京オリンピックでも「君が代」が流れましたね。
表彰台に立つ日本人選手の活躍ぶりに感動させられました。
今後も若い人たちが世界の舞台で活躍してくれる
ことを願いたいですね!!


bf51946b.JPG

本殿前のボンボリには双葉葵が描かれていました。
柔らかな灯りに映し出された上品な双葉葵ですね



DSC_0892.jpg

拝殿の奥が本殿です。
両側に並ぶボンボリが幻想的で、下鴨神社の歴史と
威厳を感じさせます。



DSC_0895.jpg

拝殿の唐破風の飾りにも双葉葵がありました。
双葉葵は葵祭が行われる時期に咲く植物だそうです
葵祭は京都三大祭りのひとつで、昔は祭りといえば葵祭を
さしたそうです。
毎年5月15日に総勢五百数十名の王朝絵巻さながらの
衣装で下鴨・上賀茂神社へ行列が進みます
その時に祭りにかかわるすべての人々が、清浄のしるし
として葵と桂を身につけることから葵祭と呼ばれるように
なりました




DSC_0911.jpg

本殿の鬼瓦には、三つ葉葵が飾られていました。
徳川家の三つ葉葵紋も、元は賀茂神社の紋かもしれませんね。



70569b14.jpg

本殿前には「鴨の社の干支詣で」といって各干支に関係した
神様が祀られていました
自身の干支を司る社に参詣して、絵馬に願いを書き奉納
します
また、下鴨神社は縁結びの神としても有名で、縁結びに
関係したお守りが色々ありました



DSC_0909.jpg

本殿の東には、井上社 別名・御手洗(みたらし)社
あります。
下鴨神社の糺(ただす)の森から湧く水は、ここから
霊水として流れ、御手洗川、奈良の小川となって
鴨川へと注いでいます

土用の丑の日には、社の前の御手洗池で「足つけ神事」が
行われ、夏の風物詩となっています



DSC_0906.jpg

足つけ神事」は平安時代から行われ。貴族たちも恒例に
していたお祭りです。
膝下ぐらいまでの水位の御手洗池(みたらしいけ)に足を
ひたし、水の中をそろそろ歩いて井上社にろうそくを
献じます
そうしてお参りをすると罪、けがれを祓い、疫病にかからず
元気に夏を過ごせるそうです

今は水位が低いのですが、土用の頃には御手洗池に
清水が湧き出るそうです
下鴨神社七不思議のひとつだそうです。
池底から自然に吹き上がる水泡をかたどったのが
みたらし団子」の始まりと伝えられています




DSC_0908.JPG

提灯にも双葉葵が描かれていました
双葉葵のデザインも様々ですね!



DSC_0862.JPG

下鴨神社は平安時代以前から存在する京都で最も
古い神社の一つとして、平成6年に世界文化遺産
登録されました
建物と境内の森、どちらも守られていきますように!

次は、一つの発見から大きな遺跡群となった
佐賀の吉野ヶ里遺跡に行ってみます♪



上賀茂神社(賀茂別雷神社)の観月祭はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/355/

※徳川家康生誕の地・岡崎はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/156/

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
細川家菩提寺・高桐院です♪


DSC_0833.jpg

楓の庭で有名な京都 大徳寺・高桐院
新緑の瑞々しさを感じさせる境内ですね
参道正面の中門も茅葺の屋根が苔むして、侘びた雰囲気を
醸し出していました。
禅宗は、自然と調和した素敵な寺院が多いですね。



DSC_0870.jpg

ここは細川忠興が父・幽斎の菩提所として関ヶ原の合戦
翌年に創建したお寺です。
武家社会では、各本山に塔頭寺院(菩提所)を創建する事が
一種のステータスでした



DSC_0922.jpg

DSC_0926.jpg

細川忠興は関ヶ原の合戦の功績により豊前中津藩
加増国替えとなりました。
そこで、九州・豊前中津藩に移る前に大徳寺に菩提所
造り、妻ガラシャの葬儀を行いました。

※中津市(大分県)から豊前市(福岡県)の山並みと山国川を
 撮った写真です

 両市の間を流れる山国川の上流には、耶馬溪青の洞門などの
 景勝地があります

 今は、大麦の刈入れ時です。
収穫した大麦は麦焼酎の原材料になります


DSC_0855.jpg

豊臣秀吉千利休に所望した春日灯篭
欲しいものは何でも手に入れようとする豊臣秀吉。
織田信長の妹・お市の方の娘・茶々(淀君)を側室に
した豊臣秀吉。
細川忠興は朝鮮出兵中に豊臣秀吉が妻ガラシャに手を
出さないかと心配で「気をつけるように」と手紙を
出したそうです

豊臣秀吉の欲深さが、夫婦の関係を壊してしまった
のでしょう。
細川ガラシャは大阪屋敷で、監禁状態の生活を
強いられましたね。

そして、関係を修復することなく、ガラシャは細川家の
ために命を落としました
細川忠興の悲しみは深いものだったでしょうね…




DSC_0901.JPG

豊臣秀吉が手にする事が出来なかった春日灯篭
細川忠興は、この灯篭を千利休から譲り受けて
妻ガラシャの墓にしました。

豊臣秀吉から妻ガラシャを守った思いが、この灯篭を
墓にさせたのでしょう。
しかし、彼女の心を守ることはできませんでした

その悔いからか、春日灯篭を常に近くに置いて、
行く先々にも持参したそうです。
形は変わりましたが、やっと本能寺の変以前のように
妻ガラシャと向かい合うことができたのでしょうね。

灯篭は細川忠興の遺言で夫婦の墓として高桐院に
祀られました。
あの世では、夫婦円満に暮らしたいと願って・・・



53009cc1.jpg

高桐院を訪れたシスターです。
夫婦の灯篭の前で観想していました

クリスチャン細川ガラシャは命を落とし、細川忠興を
目覚めさせましたね
夫婦の間にあった大きな溝を埋めることが出来ました。
そして、夫忠興の心に愛の種を蒔いたのでしょう

今、灯篭としてここに二人の墓があるのも、その結果
かもしれませんね。



DSC_0897.jpg

愛の殉教者、細川ガラシャ

大徳寺・高桐院の境内に墓所がありますが、こうしてシスターが
観想する姿を見ると、彼女への思いに宗教の垣根はありませんね。

歴史に翻弄されながら、今は静かに立つ灯篭・・・
お参りする私達にもキリストの愛を授けてくださるようです。


次は灯篭を細川忠興に託した《千利休》についてです♪



紅葉の季節の高桐院はコチラ

  いい寺★高桐院①
  e-tera.net/Entry/36/


  いい寺★高桐院②
  e-tera.net/Entry/37/

拍手


今回のいい寺は・・・
京都・本能寺です♪


7978ff85jpeg

寺町通りを上ると本能寺があります。
明智光秀の謀反により織田信長が亡くなったお寺ですね。
当時の境内は堀川四条の付近にありました。
広大な敷地を有しており、堀で囲まれていたそうです。



3aea3fbbjpeg

《愛知県・清州城》
織田信長が桶狭間の合戦で、居城・清州城を立つ前に
幸若舞『敦盛』を舞っている場面です。


思へばこの世は常の住み家にあらず。
草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし。
きんこくに花を詠じ、栄花は先つて無常の風に誘はるる
南楼の月を弄ぶ輩も月に先つて有為の雲にかくれり。
人間五十年、下天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり。
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。
                            『敦盛』

平敦盛の散り際の潔さが織田信長の心を捉えたのでしょうか。
桶狭間の合戦は、覚悟を決めた戦だったのでしょう



0328c04cjpeg

《清州市・総見院》
本能寺の変で焼失した堂宇の中から見つかった織田信長の
兜です。
最期を悟った織田信長は、自ら堂宇に火を放って自刃しました。

享年49・・・まさに『敦盛』
人間五十年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり
の生涯でしたね。


6d0d81a9jpeg

本能寺は日蓮を宗祖とする法華宗本門派の本山です。
法華宗は南九州に信者が多く、種子島にも広まりました。
織田信長や戦国大名は種子島から鉄砲・火薬を入手するために、
本能寺との関係を深めたそうです。


21fa26f4jpeg

イエズス会宣教師ルイス・フロイス》が本国へ送った書簡の
中に、『本能寺は爆発した・・・』との記述がありました。
このことからも、当時の本能寺は鉄砲・火薬を備蓄した
軍事的な拠点だったかもしれませんね!

昔の寺院には、布教だけでなく色々な役割がありました。
江戸時代には、諸大名が城郭の役目をした寺院を各地に
建てましたね。



DSC_1318.JPG

御池通りに面したところに本能寺会館があります。
今、本能寺会館は修学旅行の学生を受け入れる
宿泊施設として知られていますね。
皆さん、ここに宿泊した思い出がありますか?

本能寺文化会館の『』の字を見てください。
五度の焼失を経験した本能寺は、『能』という字の
右側の《つくり》が『』ではなく『』という字にしてあります。

これは『』の字の『』の部分が《》を連想するため
変えてあるそうです。



ecc9a5e5jpeg

境内には近代的な建物がありました。
大宝殿宝物館です。
度重なる焼失のなかで守られた歴史的な宝物が展示して
あります



DSCN2014.JPG

名古屋・大須にある織田家の菩提寺松寺』です。
本能寺の宝物館と造りが似ていますね。
ここでは、定刻にからくり人形の信長が『敦盛』を演じます。

両方の建物を見比べると、何か繋がりがあるような気がします。


信長のからくり人形『万松寺』はコチラ↓
e-tera.net/Entry/24/


これからも《いい寺》をネットワークでつなげていきます!


拍手

今回のいい寺は・・・
真言宗智山派の総本山智積院(ちしゃくいん)です★


DSC_0736.jpg

本尊は大日如来です。
智積院は元々、紀州の根来山大伝法院の塔頭寺院でした。
大伝法院は豊臣秀吉との対立から天正13年に根来攻めに遭い
境内伽藍は全て焼失してしまいました

智積院の住職は根来攻めの前にお寺を出て、高野山に入り難を
逃れました。
その後、住職は再興を願って京に入りましたが、豊臣の世では願いは
叶いませんでした。


DSC_0678.jpg

そして、関が原の合戦の翌年に徳川家康の恩命により、
豊国神社境内の宿舎と土地が与えられて再興されました。
さらに三代目住職の時に豊臣氏が滅び、隣接地にあった
豊臣家ゆかりの禅寺・祥雲寺の寺地も与えられて、規模を
拡大して復興しました。
再興された智積院の正式名称は
五百佛山根来寺智積院(いおぶさんねごろじちしゃくいん)
といいます。


64a7d779jpeg

徳川家康豊臣家と所縁のある寺社仏閣を徹底的に排除しましたね。
そこに豊臣秀吉と敵対した寺を立てるとは・・・

2b423988jpeg

当初は、ここに豊臣秀吉が建立した臨済宗の寺院「祥雲寺」が
ありました。

豊臣秀吉は天下を取りましたが、子供には恵まれませんでした。
豊臣秀吉53歳の時の子供、鶴松もわずか3歳で夭折してしまいました。
その夭折した鶴松の菩提を弔うために祥雲寺を建立しました。


DSC_0693.jpg

大書院には、長谷川等伯障壁画のレプリカがありました。
祥雲寺の建立にあたって障壁画を描いたのが長谷川等伯でした。

当時は桃山文化の最盛期で絵画の中心は狩野派の絵師でした。
長谷川等伯を中心にした長谷川派は新興勢力でしたので、
この障壁画を受け持つ事は、長谷川派にとって狩野派に追いつく
千載一遇のチャンスでした
長谷川等伯息子・久蔵と共に心血を込めて障壁画を描いたの
でしょう。


DSC_0694.jpg

祥雲寺が廃寺になった後は、智積院がこの障壁画を所有しました。
智積院は祥雲寺の境内・伽藍をそのまま使用したみたいですね。
徳川家康に追い出された祥雲寺の住職は、鶴松像を持って
本山の妙心寺に帰ったそうです。



DSC_0683.jpg

新築された講堂です。
智積院の講堂はかつて方丈と呼ばれていました。
祥雲寺の法堂が基になっています。
祥雲寺ゆかりの建物自体は、1682年7月に焼失しました。
現在の建物は、平成4年の興教大師850年遠忌記念事業として
計画され、平成7年に完成したものです。


※興教大師は大伝法院を高野山から根来山に移して根来道場とした
 真言宗の中興の祖です。



DSC_0718.JPG

中庭の枯山水も素敵でした。
水の流れや波紋が表現されていました。


DSC_0698.jpg

大書院前の庭です。

利休好みの庭』と伝えられるこの庭園は、豊臣秀吉が建立した
祥雲寺時代に原形が作られました。
その後修復して、東山随一の庭と言われるようになりました。

険しい山に見立て築山から水が流れてくる様子を表現しています。
水落石の下方から水が流れ落ちて、水波分け石が水の流れを
左右に分けています。
中央に見える四角い縦長の石は水添石だそうです。

DSC_0692.jpg

利休好みの庭』なので、醍醐寺の三宝院の庭のような雄大さは
ありませんが、静かに眺めていると心が休まる感じがしました。

真言宗智山派の総本山としての荘厳さと、禅宗・祥雲寺の文化
融合した深みのあるいい寺でした。

拍手

今回のいい寺は・・・
京都・方広寺です★

豊臣の時代から徳川へと、歴史の節目に登場するお寺です。
創建当時からこれほど政治の渦に巻き込まれた寺も稀でしょう


DSC_0592.JPG

有名な鐘楼・釣鐘の碑文です
国家安康 君臣豊楽』と書かれています。

家康
『「家康の名を二分して国安らかに豊臣を君として
 子孫繁栄を楽しむ」という意味だ
』と怒り、
大阪冬の陣が起こるきかっけとなったそうです。


DSC_0584.JPG

豊臣秀頼は父・秀吉の遺志を継ぎ、徳川家康の助言もあって
失火で焼失した大仏殿と大仏を再建しました。
翌年に建立した鐘楼が豊臣家滅亡の始まりになるとは
思いもよらなかったでしょう・・・

徳川家康は豊臣秀頼に各地に寺社を建立させました。
お金を使わせて豊臣家の財産を減らそうとしたそうです


DSC_0567.JPG

現在は、本堂に1/10の大きさの大仏が祀られています。
といっても誰でも触れるような場所に置かれています
柵も囲いも無く、間近で大仏様を見たのはこれが初めてです

豊臣秀吉が発願した大仏は3度も造られましたが、地震や
失火により姿を消してしまいました。



DSC_0572.JPG

1/10の大仏とはいえ、光背の仏像の顔もキレイです

最初に造られた大仏は、刀狩で集められた武器を材料に
使いました

これが問題だったかもしれませんね。

この大仏は開眼法要をする前に地震で倒壊してしまいました。

豊臣秀吉
「うぬは、京の町を守るを忘れ、真っ先に倒れるとは、慌て者が!」
倒壊した大仏に弓矢を打ちつけたそうです

二度目は大仏を作る途中で、型枠から熱い銅が溶け出し失火して
しまいました
枠がきちんと出来ていなかったようです。



DSC_0587.JPG

豊臣秀頼が造った三度目の大仏も江戸時代に地震で小破してしまいました。
この小破して欠落した部品の銅は、寛永通宝の鋳造に用いられたそうです。

刀狩で集めた大仏の材料は、お金という形で世に還りましたね
寛永通宝は別名『大仏銭』というそうです。

その後の落雷で仏殿・大仏は焼失してしまいました


DSC_0601.JPG

鐘楼内には、大仏の残骸が無造作に置かれていました。
碑文の事件はやはり口実で、徳川家康は最初から
豊臣家を滅ぼすつもりだったのでしょう。
この残骸を見ると、淀君・秀頼親子の無念さを感じます。


DSC_0563.JPG

秀頼が造った大仏の眉の間にはまっていた仏様です。
幕府は地震で小破した大仏を修理したそうです。
・・・ですが、ほとんどを解体し、寛永通宝の材料に
まわしてしまったような気がします。
大仏を思うように修復出来なかったので、この眉間仏を大事に
祀ったのかもしれませんね


DSC_0552.JPG

方広寺には、豊臣秀吉の守り神・大黒天も祀られています。
この大黒天を気にいった秀吉は、1/10の大黒天を作らせた
そうです。
後ろの厨子に入った小さな大黒天は、秀吉が実際に手元に
置いていた
ものだそうです。


DSC_0602.JPG

現在の方広寺の本堂です。
屋根の傷み具合が時の流れを感じます。
鐘楼を見学に来る人は多いけれど、本堂を拝観する人は
少ないそうです。


DSC_0513.JPG

隣接する豊国神社は明治になってキレイに整備されましたが、
明治の廃仏毀釈のせいか、方広寺は対照的に寂れて
見えました

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]