忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
松平東照宮と葵の紋です。



8ed300a4.JPG

松平家の始祖松平親氏の銅像です。
この勇ましい姿からは、時宗の僧侶だったと想像
できませんね
松平親氏は松平郷を訪れて領主・在原重信の娘と
結ばれました
婿となって家督を継いでからは、豪族としての力を
発揮したそうです


futaba1.jpg

徳川家・葵の紋の柄となった、双葉葵です
双葉葵は賀茂葵とも呼ばれ、賀茂神社の神事に使われる
神聖な植物です

京都・賀茂神社の祭礼では、賀茂葵を冠や牛者に付けて
行列することから《葵祭》と呼ばれるそうです

松平親氏の養父・在原重信の先祖は六歌仙、三十六歌仙
ひとり在原業平とも、京都・賀茂神社系の賀茂氏の末裔で
本名は松平太郎左衛門重信とも言われています。



DSC_0863.jpg

長久手の合戦の折に徳川家康が着た帷子(かたびら)です。
徳川家康は、三つ葉葵の紋の他に賀茂葵の紋も使用して
いました。
当時は、賀茂氏から繋がる松平郷出身の三河武士という
意識が強かったのでしょうか。
神聖な賀茂葵を身に付けて、戦での縁起をかついだかも
しれませんね



f6ce6301.jpeg

南禅寺・金地院にある東照宮です。
拝殿には、三十六歌仙が飾られていました。

金地院・崇伝和尚は徳川家康知恵袋でした。
将軍職に就いた徳川家としては、清和源氏の流れをくむ
松平親氏を始祖として、それ以前を在原姓とした方が、
歴史をつくる上で都合が良かったのでしょう。






af93215c.jpg

群馬県太田市の世良田東照宮です。
ここも徳川氏発祥の地といわれています。
松平親氏は世良田氏出身の時宗の僧侶だそうです。
清和源氏の流れをくむ世良田氏の領地だった場所に
東照宮を造ることによって、歴史をつくる作業は完結
したのでしょうね



ea465eca.JPG

松平東照宮です。
正式名称は、八幡神社・松平東照宮といいます。
当初は、松平親氏が氏神として若宮八幡を
勧請した八幡神社がありました。
江戸時代になって静岡・久能山東照宮から
徳川家康の分祀を行いました



DSC_0669.JPG

現在の社殿は、関ヶ原の合戦後に建てられた屋敷跡
にあります。
周囲を堀と石垣で囲まれていて、往時を偲ぶことが
できます
松平郷は山に囲まれていて、里山全体が自然の
要塞だったのでしょう



a2542233.jpg

真っ赤な門扉に金色の家紋が目立つ建物が徳川家康
生誕の折に用いられたという「産湯の井戸」です。
この地を開拓して領主となった在原信盛が掘った井戸
といわれ、松平家は代々この井戸の水を産湯に用いて
いました

徳川家康岡崎城で生まれたときにも、松平郷・松平家
の当主・親長がこの井戸の水を竹筒に詰めて、早馬で
運び、産湯に用いたそうです。

現在も不老長寿、安産に霊験あらたかな御神水として
参拝者に授与されているそうです


DSC_0599.jpg

鳥居を潜った横に、変わった御手洗(みたらし)場
ありました。
石で出来たタライのような水盤です。
支えているのは邪鬼ではなく、4人の関取です。
そして、台座は土俵となっていますね。



DSC_0595.JPG

平成5年には、松平親氏の六百年祭が行われました。
それに伴い松平郷は、松平親氏を中心とした史跡として
整備されています。



DSC_0602.jpg

高月院に上る遊歩道の途中に石碑がありました。
独特な書体の碑文ですね。
松平東照宮の宮司さん染筆の松平親氏公願文です。
松平郷の平穏無事を願う松平親氏の気持ちが伝わります。

松平親氏は、領地を拡大するといった野望よりも、
領内の安泰を願っていたようです
そのような野望を持っていなかった親氏の子孫が
後に日本全国を治めることになるわけですから
不思議ですね!

しかし、よく考えてみると、むしろ打ち続く戦乱の世に
終止符を打って安泰を願うという心が、家康に引き
継がれていたからこそ、太平の世が二百数十年と
続く礎が築かれたのかもしれませんね

思想や哲学というものは、親から子へと引き継がれて
いくものなのでしょう。
私たちも、子孫によき思想や哲学を残していける
ように生きたいものですね



DSC_0655.JPG

遊歩道には、氷池跡もありました。
明治から戦前まで真冬の間に氷を造って、山陰の
氷室に保管し、夏に岡崎方面へ出荷したそうです。



DSC_0662.jpg

猛暑のなかで氷の話を聞くと、カキ氷が食べたくなりますね。
遊歩道には、天下茶屋という休憩所があります




DSC_0660.jpg

店内にあった額です。
『鳴くまで待とうホトトギス』よりも滑稽な歌ですね。
歴史の流れが自然に徳川家康を天下人にさせたのでしょうか。
始祖・松平親氏平穏無事を願う気持ちが徳川家康に
伝わり、太平を願う戦国武将の気持ちを掌握して天下を
取ったかもしれませんね!




0363fb80.JPG

遊歩道は、色々な種類の草花が植えられて
多くの生き物が生息しています。
松平郷を訪ねてみて、自然と歴史に触れることが
でき、何か得をしたような気がしました


次は、葵の御紋のもととなった双葉葵について
下賀茂神社を訪ねてみます
 
※南禅寺 金地院についてはコチラ↓
  いい寺「何禅寺 金地院」①
  e-tera.net/Entry/51/

  いい寺「南禅寺 金地院」②
  e-tera.net/Entry/52/
 

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
松平郷・高月院です♪

世界のトヨタ自動車の本拠地・豊田市
山里にある松平郷に行ってきました

松平郷は徳川家発祥の地で、松平東照宮
菩提寺・高月院があります。
徳川家康も元々は《松平家康》と名乗っていました



DSC_0561.JPG

途中には、名古屋グランパスの準ホーム・
トヨタスタジアムがあります
斬新なデザインの建物で、整えられた芝生と
観客席の赤が試合の興奮を想像させてくれますね!
豊田市はトヨタ自動車の力で新しい姿に変化しています



d2ea46d6.jpg

松平郷に近づくにつれて、のどかな風景となっていきます。
今年は猛暑だったおかげで、米が沢山実り稲穂がしっかり
垂れていました
稲刈りの時期がもうすぐのようですね。




DSC_0564.jpg

こんな店も見つけました
「松平まんじゅう」
ジャンボまんじゅうも売ってるそうです!


DSC_0648.jpg

松平郷の高月院は、緑に囲まれた自然豊かな場所にあります。
春には桜が咲き、初夏のころには菖蒲が、梅雨のころには
紫陽花、秋には鮮やかな紅葉となり、雪化粧の松も風情が
あって一年を通して楽しめます


ea81085b.JPG

高月院は、浄土宗の寺院で徳川家康の先祖・松平氏
の菩提所です。
足助重政が在原重信(松平氏の始祖・松平親氏の養父)
の庇護を受けて創建し、当初は寂静院と称しました。



b4c2ecb3.JPG

その後、松平親氏が本尊阿弥陀如来をはじめ諸堂を
寄進して、現在の本松山・高月院と名を改めて松平氏
の菩提所となりました。




DSC_0628.jpg

松平氏墓所には松平親氏、二代泰親、親忠夫人の墓があります。



6c3ad196.JPG

松平の姓との関係でしょうか、境内のいたるところに
記念の植樹がされています。
徳川家康お手植えの松の碑もありましたが、肝心の
松は見当たりませんでした


DSC_0577.JPG

松平氏の始祖・松平親氏です。
松平親氏は、清和源氏の流れをくむ新田氏の支族で、
世良田氏(得川氏)の一族出身で、一族の没落後、時宗の
僧侶
となって徳阿弥(とくあみ)と称して諸国を行脚して
松平郷にたどり着き、在原重信に才能を見込まれて
末娘の婿として家督を継がされました。

説明が長くなってしまいましたが、源氏しか就くことが出来ない
征夷大将軍徳川家康が就任するために整理された経歴
ともいわれています。

司馬遼太郎は「「街道を行く」のなかで、この事を厳しく指摘
しています
ただ、歴史は後から作られるともいわれますよね。
徳川家康が松平から徳川の姓に変わった理由には、得川氏
の存在があったのでしょう。



DSC_0615.JPG

現在の本堂や山門は三代将軍・徳川家光によって
建てられたものです。
参道も石段もキレイに整えられていました
本堂の方から賑やかな声が聞こえてきました



DSC_0622.jpg

高月院でも子供の修養会が行われていました。
小さな木魚を叩いて皆で念仏を唱えるのでしょうね
訪れた時には、数珠を作っていました。
お坊さんに教わりながら、子供たちも真剣なまなざしです。


DSC_0623.JPG


三つ葉葵の紋高月院の歴史を物語っているようです。
子どもたちは自分で作った数珠を手にして
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」の念仏を唱えるの
でしょう。

数珠に限らず、自分で作ったり、体験したりすると
ぐっと身近なものに感じられますよね!


41c27eef.JPG

お寺に泊ってみんなで過ごすことも思い出になりますね。
本堂に泊まるのはちょっとだけ怖いような気もしますが、
みんなで寝る楽しみもあります。
あんまり楽しくて夜更かしをすると、お寺の朝は早いので
翌朝が大変ですね




DSC_0645.jpg

司馬遼太郎が「街道を行く」で訪れたとき、昔の松平郷との
違いに落胆したそうです
当時の松平郷がどのような村だったかは分かりませんが、
山間の平地には田んぼが広がり、私には自然と調和した
山里に見えました



DSC_0617.jpg

高月院からの眺めです
松平郷を訪れるとまず松平東照宮があります。
そこから、整備された道を上っていくと高月院に着きます。
日傘をさしたご婦人が、のんびりと坂を下って行きました。

参道左手の塀を室町塀というそうです。
塀の向こうには、小川に沿って遊歩道も整備されており
歴史を感じながらゆっくりと史跡を巡る事ができます

次は松平東照宮葵の紋についてです♪






















拍手

今回のいい寺は・・・
大相撲の世界です。


暑い名古屋場所も終わりました。
ご当地力士・大関琴光喜も頑張りましたが、
横綱・白鵬が貫禄の優勝でした。

若・貴時代の後、低迷していた相撲人気も海外からの
力士が活躍するようになって人気を取り戻してきましたね。


08edbec6.jpeg

幕内力士の土俵入りです。
化粧回しも大相撲の花のひとつですね♪
出身地や出身校、相撲の意気込み等、デザインには
こだわりがみえますね。



52f9a937.jpeg

グルジア出身の栃ノ心
グルジアはブドウの名産地のようですね。
故郷へ馳せる思いが感じられます



98320d43.jpeg

元大関の雅山
大関から落ちても相撲を取り続ける古株の力士です。
化粧回しの『初心』の言葉にハッとさせられました。
長く続けていると、どうしても忘れてしまう言葉ですね!


DSC_0993.JPG

横綱・白鵬の土俵入りです。
太刀持ち、露払いを伴って貫禄がありますね。



DSC_0997.JPG

横綱・白鵬の不知火型の土俵入りです。
両手を斜め前に突き出す攻撃方の姿勢です。
不知火型の土俵入りをすると横綱の選手生命は
短いといわれますが、今場所の白鵬の勝ち方を見ると
当分の間白鵬時代が続きそうですね。



DSC_1002.JPG

横綱・朝青龍の土俵入りです。
こちらは雲竜型で攻めと防御を表す型です。
今場所は、怪我で途中休場となってしまい残念でした。



DSC_1003.jpg

土俵入りが終わると早速、呼び出しの皆さんで土俵の
整備がされます。
土俵の周りでは多くの役割が分担されています。
それぞれが一生懸命に行うことによってスムーズに
取組が進んでいきます。


DSC_1015.JPG

一生懸命な姿といえば高見盛ですね。
がむしゃらに向かう姿勢と、勝ち負けで違う表情を
するところなど、観客を惹き付ける力を持った方ですね。



DSC_1026.JPG

懸賞金がかかるのも多いです。
対戦相手も力が入りますね!



DSC_1009.jpg

相撲の魅力は立会いの一瞬ですね。
この一瞬、一点に全てが集中します。



1e5cf96b.JPG

取組を伝える呼び出し



3497341c.jpeg

自身の名前を静かに聴く豊ノ島



fe5d3081.jpeg

力と力がぶつかる真剣勝負
一瞬で勝負がつきます


DSC_1035.JPG

そして、いよいよ横綱の取組です。
朝青龍の後ろ姿には横綱の風格が漂っています。



DSC_1036.JPG

立行司の衣装も最高の出で立ちで脇差を備え
持ちます。
脇差は差し違わない覚悟を表します。



DSC_1039.JPG

呼び出す声にも風格がありました。



DSC_1040.jpg

拍子木で結びの一番を告げます。
全ての役者が揃い、いよいよ最後の一番です。
この雰囲気を味わうと、横綱の強さが伝わってきます。
ただの力士ではない横綱の重み。
そして、その一瞬を引き立てるそれぞれの役者達。
丸い土俵に横綱と立行司に立呼び出し・・・
この円での一瞬の勝負のためにたくさんの人の力が
集まっているのですね。



DSC_1042.JPG

横綱の風格、全てを背負って立つ姿に観客の
目は釘付けでした


次は流れに戻って大分・山国川を下っていきます









拍手

今回のいい寺は・・・
子供たちが主役の地蔵盆です

 

0ee9036c.jpeg

地蔵菩薩に子供たちの無病息災を願う行事で
8月23・24日に行われます。
特に近畿地方で盛んに行われているそうです。



DSC_1055.JPG

名古屋の徳源寺では一ヶ月早い7月24日に
行われました
近所の子供たちが浴衣でおめかしして祭に
やってきました


DSC_1060.JPG

近所の子供たちが描いた絵がたくさんの提灯となって
飾られています。



DSC_1071.JPG

 日頃、願い事をするお地蔵さん



DSC_1063.JPG

感謝をこめてお経を唱えます



DSC_1056.JPG

徳源寺は修行道場なので、修業僧と坐禅会に参加する
方々が趣向をこらした催しを考えて子供たちを迎えます



DSC_1073.JPG

お地蔵さんのお供え物も色鮮やかですね
 


DSC_1079.JPG

家族が幸せでありますようにと御願いしているのでしょうか。



b56eedce.jpeg

バレエが上手くなりますようにかな



DSC_1152.JPG

抹茶の接待もあります
浴衣は夏の風物詩ですね



DSC_1203.JPG

九重部屋特製のおいしいちゃんこが振舞われます



DSC_1243.JPG

本堂では子供たちが楽しめるよう、この修行道場へ通う
在家の修行者が企画したゲームなどが行われて
いました。




0b70c50c.jpeg

紙芝居に夢中になる子供たち★



DSC_1183.JPG

おねえちゃんが弟に水風船を取ってあげていました。
とても懐かしい気持ちになりました



DSC_1141.JPG

普段、挨拶程度のご近所さんとゆっくりおしゃべりを
する機会でもあります。
「おおきくなったね~」
「お互いまだまだ元気だわ」
「おじいさんお元気そうですね~」・・・
なんて会話が聞こえてきました♪



DSC_1218.JPG

1年に一度、みんなで子供の成長や年配者の健康状態などを
確認しながら、お地蔵さんの前で話に花を咲かせていました



DSC_1223.JPG

子供の健やかな健康を願ってうちわに絵や文字を書いて
もらっていました。



DSC_1181.JPG

子育てをしている方にとって、地域社会とのお付き合いは
避けて通れないので、みんなで子供を見守る地蔵盆の
風習はとてもありがたいものですね!



DSC_1128.JPG

おばあちゃんの昔話に耳を傾けながら♪♪



DSC_1091.JPG

子供がいない地域では、年配の方だけで、地蔵盆を
開くところもあるそうです。


DSC_1237.JPG

習慣も時代とともに変わりつつありますが、失われ
つつある地域社会の行事を守っていくためにも、
《地蔵盆》は大切に受け継がれていって欲しい
習慣ですね!


名古屋場所の中、地域との交流を大切にした
九重部屋のお相撲さん♪
相撲人気を支える大切な活動ですね!

次は熱戦を繰り広げた大相撲・名古屋場所です。



※徳源寺の涅槃堂についてはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/67/

 


 

拍手

今回のいい寺は・・・
モリコロパークで自然を考える です♪


DSC_0783.JPG

2005年に開催された愛・地球博のメインキャラクター
森の妖精《モリゾーとキッコロ》です
環境を考える万博として「自然の叡智」をテーマに
していました
会場内には、外国パビリオン、日本企業館と合わせて
自然を体験したり科学したりするゾーンも併設して
ありました。



005.jpg

会場内を回廊でつなぐグローバルループもありました。
この回廊を歩いて会場全体の雰囲気を味わうことが
出来ました

自然、環境をテーマにした施設を回廊で巡るのは
京都・浄瑠璃寺池泉回遊式庭園と共通する
ところがありますね



DSC_0768.jpg

愛・地球博記念公園です
愛・地球博のテーマのなかには、終了後の会場の
リユースもありました
昨今、資源のリサイクル・リユースは日常的に行われていますが、
計画当初はまだ消費優先の社会でした。
そして、環境をテーマにした万博の跡地ですから、今も
自然との共生について取り組んでいます。
会期は終了しても、万博のテーマは継続して行われて
いるのですね。


DSC_0772.jpg

跡地を再開発するのではなく、いかにして自然と共存していくか、
そして子供たちが自然を学び自然と触れ合っていくか。
長い時間をかけて実行していく難しいテーマですね!



DSC_0812.jpg

自然との共生をテーマにしても会場を作るにはどうしても
一度その場所の環境を破壊しないとできません。
そして、多くの樹木や草花を植えて、テーマに即した
新しい会場を作り上げます。
私達人間は、環境を壊すことも、造ることも短時間
行えますね

ただ、一瞬で作り上げたものは本物の自然ではありませんから、
ほころびがすぐに出てきます。



DSC_0789.JPG

根付かなかった樹木は弱って枯れていきます




DSC_0790.jpg

樹木が生い茂り、が落ちることによって自然に土地が保たれ
ますが、開発した土地は荒涼として雑草に覆われてしまいます。



DSC_0818.JPG

いたるところに雑草が我がもの顔で生えています
これが宴の後の現実です。
しかし、これで終わりというわけではありません

ここから《自然の回復力》が発揮されます
人間は短時間に壊し、造り上げますが、自然は
時間をかけて順番にじっくりと回復していきます。



DSC_0817.JPG

開発した跡地にはすぐに草が生えますが、樹木も
徐々に生えてきます
そして、時間をかけて根を伸ばし、土地に根付いて
いきます。



8b4f368e.JPG

切り株には虫が入って、徐々に土に戻していきます。
シロアリは害虫として嫌われていますが、何でも食べる
森のお掃除屋さんで、自然界では重宝されています。



8d385938.JPG

木材のチップで造った道も朽ちてあぜが出来ていますが
ここも徐々に土に戻っていきますね



DSC_0794.jpg

荒涼とした土地でも雨が降ればコケも生えます
そして、開発したところも徐々に元の大地へと回復して
いきます。
これが本物の《自然の叡智》なのでしょう



2570f8ca.JPG

そして、この様な自然と人間が共存できる環境に戻ります。
このありふれた景色に戻るには時間がかかるのですね!
この道の向こうに、昭和30年代の当時にはどこにでも
あった風景が・・・


DSC_0805.JPG

サツキとメイの家》がありました
映画「となりのトトロ」の主人公が暮らす家を再現した
ものです
映画そっくりなサツキとメイの家に思わず興奮して
しまいました
子供の頃見た映画ですが、こどもにしか見えないという
かわいいトトロメイの冒険は今でも鮮明に思い出すことが
できます



DSC_0798.jpg

見ていると、おじいちゃんやおばあちゃんの家を思い出したり
懐かしい気持ちになりますね。
みなさん、映画を思い出しながらトトロの世界に浸って
いました



次はサツキとメイの家を訪問してみます
















拍手

≪  1  2  3  4  5  6  ≫
HOME
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]