忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
名古屋の春です★


DSC_0894.jpg

春本番となってきました。
いつの間にか桜も見ごろとなっていますね


DSC_0899.jpg

桜は山木ですから樹木の緑が混じった方が味わいがあります。
桜の雲海に立つ名城病院
桜はどの風景にもマッチしますね


DSC_0907.jpg

植樹した桜の中でソメイヨシノが一番親しみやすいですね
ただ木の寿命が桜の中では短いそうです。

DSC_0904.jpg

名古屋城のお堀の周りには立派な桜が沢山あります
桜の咲く姿は、江戸時代の華やかな尾張藩を想像させ、
散る景色は、江戸から明治への時代の変化を感じさせます。


DSC_0929.jpg

お堀の風景です。
桜色一色もステキですが、彩色豊かな風景もまた春の楽しみですね。
水面に太陽の光が眩しく輝くのもいいですね

DSC_0923.jpg

枝垂れ柳も新芽を吹いて風に揺れています
蛙はまだ冬眠中でしょうか
柳に蛙といえば小野道風ですね。
平安時代の方で、書の三蹟の1人と言われています

何度失敗しても必死に柳に飛びつこうとした蛙が、ついに
成し遂げた姿を見て小野東風は書に励んだそうです。
古川柳に「蛙からひょいと悟って書き習い」と歌われています。

ちなみに小野東風は小野小町の従兄です。


DSC_0937.jpg

名城公園内の雑木林はまだ冬の景色ですが・・・
春の日差しを受けて土の中では生き物が動きだしているでしょう。
大地は樹木が芽吹く前にしっかりと日光浴ですね


DSC_0948.jpg

街中の樹木の方が芽を吹くのが早いですね。
官公庁の並ぶ道は、道幅が広く樹木もしっかり伸びています。

今こそ残された自然を大切にしたいですね

DSC_0938.jpg

太陽の光を浴びる白い花
自然の輝きに勝るものはないですね!


DSC_0963.jpg

淡いピンクの花が無機質な建物を和らげてくれます。
暫くの間、疲れた私達を春の息吹が癒してくれそうです♪

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
中村発・名古屋のデザイン文化です★


DSC_0762.jpg

名古屋の玄関口・名古屋駅は、中村区にあります
最近、高層ビルが建ち並び元気な名古屋の象徴になっています。



DSC_0730.jpg

愛・地球博より以前に、名古屋デザイン博がありました。
今から20年前ですが、その頃から名古屋も都会の
仲間入りをする為に頑張ってきました。

今、1番目を引く建物は「名古屋モード学園」 のビルです
スパイラルタワーと名がつくように…ねじれています★
初めて見たとき驚かされました


DSC_0546.jpg

豊国神社から見た大鳥居です。
中村区のシンボルです★
この鳥居を潜れないものは無いというくらい大きいです。
昔は、大きなものといえばこの大鳥居だったそうですよ!



b22e43c8jpeg

中村公園文化プラザの2階に豊臣秀吉・加藤清正記念館
あります。
戦国時代のダイエットスリッパみたいですね・・・
足半」といい、戦闘時に動きやすいように草鞋の後ろ半分を
省いたものです。
名古屋人の作る物は大きなものばかりではありません。
機能的なものもあります。


DSC_0550.jpg

豊臣秀吉の兜です。
飾りは孔雀をイメージしているのでしょうか?
手の込んだ作りですね。
これならよく目立ちますね

DSC_0724.jpg

名古屋銘菓 【両口屋是清】の『千なり』です。
普通のどら焼きですが、よく見ると・・・
豊臣秀吉の馬印千成瓢箪』が描かれています。
それで「千なり」。。。
豊臣秀吉に興味が無いと名前の由来は分かりませんね。


DSC_0543.jpg

豊国神社の手洗い場の蛇口です。
瓢箪から水が出てきます★

DSC_0733.jpg

中村区を散策すると・・・
朱塗りの壁の昔の建物がありました。
普通の民家より造りが頑丈に出来ているようです。
この辺りは遊郭だったので、昔を偲ぶ建物が残っています。
今では、料亭や医療関係や福祉関係の施設として活用されて
います。
新しいものだけでなく、昔の建物を残すために工夫をしていますね。


DSC_0737.jpg

立派な塀を見つけました
昔はこの塀で外界と仕切られた世界がこの中にありました。

向こう岸の彼岸(ひがん)に対して、こちら岸の此岸(しがん)・・・
サンスクリット語で彼岸【ハーラミー】に対して此岸【シャーハー
『シャーハー』が転じて「娑婆(シャバ)」になったと言われています。

娑婆はサンスクリット語で忍土の意もがあります。
この世は耐え忍ぶ娑婆世界で、遊郭の塀の向こう側に
 自由な別世界がある」
これが最初の使われ方でした。

しかし、塀の中で働く女性にとっては「娑婆」こそが自由な世界で、
いつの日か自由な娑婆世界に戻りたいと願う気持ちがありました。
そこから【娑婆】=「自由」といわれるようになりました。


DSC_0746.jpg

昔を偲ぶ建物の中には、悲しい物語が隠れている事もあります。
歴史を紐解いていくと全く違う真実が見えてくる事もあります。
その歴史を見るときには、その裏側を見ることも大切ですね


拍手

今回のいい寺は・・・
名古屋のとあるお寺を守る庵主様のお話です♪

庵主様とは尼僧の事で、お寺めぐりをする中でふとした事から
出会いがありました。


DSC_0087.JPG

京都のお寺には立派なお堂やお庭があります。
趣向を凝らした素晴らしいお庭が沢山あります。

しかし、私はこのお花を見てかわいい!と思いました

自分の好きな花をちょこっと植えたりして季節を楽しむ・・・
それが本来の庭かもしれませんね


6f9e0e52.JPG

『洗心』とは・・・
とらわれ・かたより・こだわりの3つの心の垢を流しましょう
という意味だそうです。

庵主様は「いつも感謝をしなさい」、
一度嘘をつくと信用は取り戻せない。素直な心で生活しなさい
とおっしゃいます。
当たり前の事かもしれませんが、『ありがとう』という言葉が
自然に出る人になりたいと思います。


P2230112.JPG

偶然にも私と同じ名前の庵主様。
水上勉の様に3歳でこのお寺へ来ました。
ただ違うのは口減らしのために来たわけでは無かったという事。

何度もお邪魔していますが多くは語らない庵主様・・・

一緒に写真を撮ろうと言っても
「シワくちゃだからいやだ」といって撮ってくれません。
とっても笑顔が素敵な方なのですよ!!

お寺へ入ったきっかけを聞いたところ、ただ一言
まんじゅうをくれるというから付いて来てしまったのだよ」と。

今でこそ「まんじゅうくらいでお寺に入るなんて信じられない」
という時代ですが、当時は尼僧になる人が多かったようです。

雁の寺』を書いた水上勉は寂しくて何度も寺を抜け出しています。
庵主様に3歳で親と離れて寂しくなかったのかと聞いたら・・・
『親は会いに来なかったね。(親子の縁が)薄情なんだわ』とポツリ。

親は(不本意ながらも)選んだ道を最後まで進んで欲しかった
のではないでしょうか?
だから会いに行けなかったのではないかな・・・

「薄情だ」と言いながらも今年母親の50回忌だからきちんとして
あげたいんだとおっしゃっていました。

お寺に入る道を選び、この道を生きてきた人が今もここにいる。
女性にとって生きていくには少々辛い道でもあるようです。

檀家を持たず、月参りで主たる生計を立てている。
欲は無く、生きていけるだけのお金があれば十分だと。



DSC_0097.JPG

口数の少ない庵主様はたまに見せるやさしい笑顔で私達を癒し、
生きていく上での大切なことを少しずつ教えてくれます。

説法を聞くよりもよっぽど世の中の事がわかるからと勧められた
御詠歌」は仏の教えを分かり易く歌にしたものです。
お経の本は難しいですものね・・・

楽しみが無い修行生活の中で唯一の楽しみだったそうです・・・
今でも庵主様に御詠歌を習いに町の人が集まってきています。



0efa66e2.jpg

昔むかし、石の観音様が辻(交差点)にあり皆が手を合わせて
いました
大正元年に観音様を祀る為にこのお寺を建立し、尼僧が入り
寺を運営していったそうです。

農協のように町の人の憩いの場として使われていたそうです。
しかし、最近は訪れる人が減ってしまったそうです。


DSC_0075.JPG

大師堂には弘法様が祀られています。


0ee3af49.JPG

町のお寺らしく誰もがお参り出来るように壁には数珠が掛けられていました。


8c898264.JPG

しかしこの弘法様は高野山へ背負って持っていくのだそうです。
自分がこの先長くはないので、世話をする人がいなくなっては
申し訳ないからだそうです。

庵主様は満85歳。
後を継ぐ者はいないそうです。
少しずつお寺をたたむ準備をしているようにも思えました。



376932db.JPG

こちらは先代の庵主様。
とってもやさしそうなお顔です。
3歳でこのお寺へ来てからずっと共に生きてきたお師匠様
「この方から色々なことを学んだよ」と・・・。
お師匠様が亡くなって35年間たった一人でお寺を守ってきました。

『次は私の番だね』と・・・

いつまでもここで元気なお顔を見せてくださいねという私の言葉に、

死んでも魂はここに残るさ

庵主様にとってはこの場所が自分のですものね!




















拍手

今回のいい寺は・・・
雪の名古屋です♪


5d222286.jpg

この冬初めての雪です。
樹木は春に向けて蕾が膨らみ始めています
思わぬ雪にビックリです


26fbe8e6.jpg

雪の降り始めに近所のお寺に行くと面白い景色が見られました☆
水滴の波紋と雪で丸い輪ができました。
『一円相』のできあがりです。


7.jpg

松には雪が似合います
松葉にパウダースノーが付いたらもっと趣がでますね


f22c4a7e.jpg

お地蔵様の頭にも雪が積もり始めました。


f7cfe2c1.jpg

雪が乗った石灯籠も味わいがあります。
土より石のほうが冷たいので、すぐに積もりますね


1142ae2f.jpg

笠寺観音の玉照姫は、雨に濡れた観音菩薩に笠を掛けました。
『笠地蔵』では、おじいさんが雪に埋もれた六地蔵を
気の毒に思い、持っていた傘を頭にかけました。
笠が足りないので自分の頭に巻いた手ぬぐいも使いました。
夜中にお礼が・・・

なんて昔話を思い出し懐かしい気持ちになります


443c676c.jpg

お参りの人が歩きやすいように、参道を掃いてありました


拍手

今回のいい寺は・・・
恵方笠寺観音です♪

名古屋の恵方は、名古屋城を中心に方角を見ます
今年は南南東の方角に歳徳神がみえます★
※歳徳神は美しい女性で、福徳を司ります

名古屋四観音霊場の中では笠寺観音が今年の恵方です

笠寺観音は正式には『天林山 笠覆寺(りゅうふくじ)』といいます。
真言宗・智山派のお寺です★

DSC_0069.JPG

真言宗では『護摩祈祷』が最高の祈祷手法だそうです。
護摩壇の炉の中に護摩木を捧げて火を熾します
この炎が不動明王の光背となり、祈祷を行いながら不動明王の
存在を感じます。


DSC_0077.JPG

祈祷をしてもらい、その後は本尊さんに向かって豆まきをします。○


DSC_0046.JPG

護摩木を焚いて本尊さんに願い事の成就を祈ります
護摩木のは私達の心の迷いを焼き清めて、歩む力を
授けてくれます。
目標に向かって歩む事が出来れば、願いは成就しますよね


DSC_0073.JPG

ともし火は、あゆむ道を照らしてくれます


DSC_0060.JPG

笠寺観音が『小松寺』と言われた頃、荒廃して建物が崩れて、
本尊の観音菩薩は風雨にさらされていました
玉照姫』が雨に濡れている観音様を気の毒に思い、
自分の笠を観音様にかぶせたところ、この地に立ち寄った
藤原兼平公に見初められたそうです

その後、復興してをかぶせた由来から『笠寺観音・笠覆寺』と
なりました。
寺紋も笠ですね♪


3608b515.JPG

山門の屋根の上には鯱瓦が載せてあります★
鯱は水中の生き物なので、火事などの災害に遭わないように
という意味でしょうか。


DSC_0031.JPG

本堂手前で巫女さんが鈴の音を立てて参詣者のお払いを
していました
心を清めていただきます


DSC_0090.JPG

笠寺観音の塔頭寺院・泉増院もお参りしました♪
梅の花が咲き始めていました


DSC_0101.JPG

本尊は大日如来ですが、ここにも玉照姫のお堂があります。
提灯が鮮やかです


DSC_0099.JPG

ヒイラギには邪気を寄せつけない力があります
この1年邪気に負けないように、邪念が出ませんようにと
しっかりお参りしました

DSC_0086.JPG

境内では福豆を売っていたり・・・


46c52100.JPG

イカの焼けるいい匂いがただよっていました。

d6b07f27.JPG

恵方まきも★

c691eb8e.JPG

本堂正面のたい焼きはカリっとしてあんこもあつあつでした♪

DSC_0105.JPG

笠寺商店街のうなぎ屋は行列が出来ていました。
お店の前から香ばしい香りが漂ってきます♪

参詣者のみなさん足を止めて、どのお店にしようか
楽しそうな顔で散策していましたよ

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  ≫
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]