忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
蔵元・三千盛の酒蔵フェスティバルです♪



f2a7bc44.JPG

岐阜県多治見市にある蔵元「三千盛」さんの
新酒お披露目会を訪れました




bd55a8fb.JPG

新酒完成の目印である青々とした杉玉が吊るされて
いました
やがて枯れて茶色くなると新酒が熟成してきたのが
分かりますね!



5c3e1b46.JPG

元々はお酒の神様に感謝を捧げるものだった
そうですよ!
今では蔵元の看板のようになっていますね♪



976ea684.JPG

お客様をお迎する準備を覗かせて頂きましたよ



b635347c.JPG

忙しそうに準備をしているけれどみなさん
笑顔でした



f2763321.JPG

秋は私たちに自然界の優しさを運んで
きてくれます

そばさえあればいい!なんて言う人も
いますよね



a944cf1b.JPG

そば粉で作ったそば五平の香ばしい香りが
ただよってきます



DSC_00892.JPG

バスを降りて小走りで会場へと向かう常連さん



fbd79295.JPG

しぼりたての新酒を頂きます
辛口ですがとってもまろやか!



3a7b3dad.JPG

私は純米大吟醸にごりがいちばんのお気に入りかな

手作りの甘酒はとってもやさしい味でおかわりして
しまいました



0f457858.JPG

試飲できるだけでなく、ウクレレやジャズバンドの
コンサートなども行われていて、会場は大盛り上がり



fe569977.JPG

陶芸画家のARIGAさんの作品展やアートショーに



DSC_0016.JPG

ますに絵を描いて送る絵手紙コーナーも

メールという便利なツールがありますが、
やっぱり気持ちを伝える手段として
手書きのものに勝るものはありませんよね



DSC_0125.JPG

イベント中、お客さんの楽しそうな顔を見て
嬉しそうに目を細める営業の方がいらしゃったり



db8e2bf3.JPG

持ち込みOKというかなり開かれた催しでした

つまみを買って楽しむ人、持参したお弁当を広げる人、
友人とのおしゃべりを酒の肴にする人・・・

みなさん思いも思いの楽しみ方を知っていましたよ



8bf1c788.JPG

どてと日本酒は合わないわけがない!!



DSC_0109.JPG

三千盛のラベルの書体を書かれている竹内春酔
先生に私も書いて頂きましたよ

「夢は叶う」



e5bbd8a2.JPG

力強い筆運びに私もパワーをもらったような
気がします



f746c912.JPG

新米でつくる日本酒は獲れたての味がしました

サケは日本が誇るべき食文化だと私は思います。

こちらの新酒お披露目会はお客さんに楽しんで頂く
ことをとても大切にされていると強く感じました。

伝統を守りながら新しいことにチャレンジしていく
熱意からおいしいお酒は生まれていくものだと
思います



c5f5d8f4.JPG

優しい人柄がにじみ出ている、そんな三千盛の
社長サンです

酒からくち 三千盛HPはコチラ↓
www.mediapark.ne.jp/michi/index.html

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
多治見のマクロビオティックカフェ「SANBU」です♪


dea9d1e8.JPG

多治見から名古屋へ向かう国道19号沿いに
とってもいい雰囲気のお店を発見しちゃいましたー



DSC_0233.JPG

アジアンテイストたっぷりでバリ旅行を思い出しました♪



DSC_0228.JPG

秋のおすすめメニューはお野菜がたっぷり
器もとってもオシャレでした
 

6d175d55.JPG

ほんのり甘い秋のスイーツ

動物性食品・白砂糖・化学調味料は未使用で、
マクロビオティックも心がけているそうです

素材本来の味が大切にされているような気が
しました


68657fdf.JPG

マクロビオティックとは食事法の事です

玄米や穀物を主食とする。

砂糖や化学調味料を使わず水飴・メープルシロップ・
甘酒などで代用する。

肉類や卵、乳製品は使用しない。

なるべく地元で採れた季節ごとの有機農産物や
自然農法で栽培された食品を使う。

野菜は皮や根も捨てずに使用し、ひとつの食品は
丸ごと摂取する。

などなど・・・



DSC_0221.JPG

テラス席の雰囲気もいい感じ



DSC_0220.JPG


9a9c4a25.JPG

私も雑穀米を食べたり、白米に玄米を混ぜてみたり
しますが、日本古来の食事のように、一汁三菜の
バランスの良い食事を心がけるのも大切なことだと
思います♪


souen.jpg

NYで訪れたSouen(ソウエン)ではオーガニック
の穀物や野菜、海藻類が自然由来の調味料で
調理されていました

日本の精進料理とも似ていますが、マドンナが
日本の料理人を雇ってMacrobioticsの理論を
元にした料理を毎日食べているということでも
話題になりましたねー!!

でも精進料理とは違い、とってもカジュアルな
感じでしたよー

ブームが来る37年前からニューヨーカー達に
ヘルシーフードを提供してきているそうです

NYの紹介したいお店はたくさんあるので
また記事にしたいと思います♪


 

拍手

今回のいい寺は・・・・
内津峠を越えて


 0a9d1649.JPG
 
愛知県・春日井市と岐阜県・多治見市の境
内津峠です

美濃から信州に向かう国道19号線は
日本武尊から坂上田村麻呂まで大和朝廷の
東国平定の通り道でした
江戸時代には信州・善光寺へ向かう道として
街道沿いはとても賑わったそうです
 


 DSC_0043.jpg
 
内津峠は尾張と美濃を結ぶ中継地として街道の
馬継駅がありました
その中継地で別の馬へと乗り換えるのだそうです。
今でいう道の駅みたいなものですね
道の駅はその地域の特産品が売られていて、
見るだけでも楽しいですよね

人の往来もあって宿場町としても発展したそうです。
当時を偲ぶ建物が街道沿いにありました。
屋根の看板には「本家鵜飼源六製・金勢丸」
と、かいてあります。
昔は薬や味噌などの調味料が売られていたそうです
どこかに旅行に行く時は常備薬を持って行きますよね。
長旅には欠かせないお店だったのでしょう!



 8c4feacf.jpg
 
峠を越えて美濃国・多治見市に入りました
多治見は美濃焼の産地で有名ですが、最近は
日本一暑い街として有名になりました



 c7494c7e.JPG
 
多治見市のキャラクター「うながっぱ」です。
漫画家のやなせたかしさんがデザインしました
美味しいウナギと河童の伝説を合わせて生まれました。
ウナギは清流で美味しくなるそうですよ~

夏に訪れたうなぎ屋さんもおいしかったー
 
 

DSC_0149.JPG

セラミックパークMINOを訪れました
自然の中にあるモダンな建物でした



d2669818.JPG

中では陶器市などが催されていました。
お茶の道具と海外への輸出で成長した美濃焼
ですが、最近は人気が低迷しているそうです



DSC_0263.JPG

いろいろな地域を訪れるたびに、日本って素晴らしい
文化やステキな景色がたくさんあるなーと思い知らされ
ます



 cb8540df.JPG
 
内々神社の社殿も立派な造りでした
本殿と拝殿の間の衝立には見事な獅子の親子の
彫り物がしてありました。
谷底に子を落とす親獅子
谷底からはい上がる力をつけさせる親の厳しい姿
ですね

私も自分が経験してみないと分からないってことが
よくある気がします。。。
 
この社殿は200年前に信州立川流の大工によって
造営されたそうです
 


 DSC_0038.jpg
 
信州立川流の大工は、彫り物を多用した作風によって
名声を広めていき、山梨・静岡・岐阜・滋賀・京都などに
作品を残しているそうです。
本殿の妻飾りには鶴と仙人。。。
その上に力士。。。
 
この力士の姿に東国平定へと向かった大和朝廷の
武将の姿を重ねているのでしょうか・・・・
 
街道の往来によって職人の技術が各地に伝わって
いくのですね
 


 62d9e594.jpg
 
夢窓疎石が作庭した境内庭園も街道によって
もたらされた文化かもしれません
街道は物の流通とともに技術や文化を各地に広めました。
 
そして、巡礼のために各地を訪れる人々の道でもありました。
内津峠を通る街道は名古屋から善光寺に向かう道と
信州から伊勢神宮に参る道を兼ねていました
巡礼者の往来によって街道沿いの寺社仏閣が賑わい
町に活気をもたらしたと思います
 


 DSC_0017.jpg
 
柿のお供えを見つけました♪
秋を感じますねーー
 
古事記や日本書紀に登場する歴史がありながら
ひっそりと静まりかえった境内。
一人静かに過ごしながら歴史に思いを馳せる事が
出来ます
ただ、この静けさが世の中から忘れ去られるのでは・・・
と心配にもなります。
 
最近はただただ史跡を訪れるという人が少ないですね。
 
宗教ってなんだろうというところから、もっとわかりやすく
伝われば、お寺や神社にお参りする人が増えるかも
しれませんね
 
あとは、歴史のお勉強だけではなく、おいしいものがあると
行ってみたくなる。。。のは私だけでしょうか

 
次は江戸末期から明治にかけて変革の舞台になった
山口県の萩に行ってみます

 

 ※いい寺★多治見を散策するはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/111/

拍手

今回のいい寺は・・・
虎渓山・永保寺です♪


DSC_0101.jpg

新緑が眩しい多治見の山間部に虎渓山・永保寺
あります。
山号は夢窓疎石がこの地に築いた草庵に掛けた扁額に
《古渓》と称したことに由来します。



21810094.jpg

現在の《虎渓》は、この地が中国江西省九江の南にある
廬山の虎渓』に酷似していることから付けられました。



DSC_0151.jpg

境内の臥龍池観音堂です。
夢窓疎石は観音堂を建立した後に作庭に取り掛かりました

この地が修行の場となるように、自然の地形や景観を巧みに
利用して築造されています。
夢窓疎石の庭は、京都・天龍寺西芳寺山梨・恵林寺
鎌倉・瑞泉寺など各地にあります



DSC_0194.jpg

観音堂に祀られた聖観世音菩薩坐像です
この観音菩薩は室町初期の作と伝えられています。
観音菩薩のを納めた厨子は、土岐川の流木を寄せ集めて
作ったそうです


DSC_0148.jpg

観音堂の隣に岩肌が見えていました。
この岩・梵音巌の上から落ちる水瀑を《梵音の滝》といいます。

梵音仏の声という意味があります。
岩肌を浸みるように落ちる滝の音が観音菩薩の声となるの
でしょうか


DSC_0197.jpg

観音堂を近くから眺めてみました。
建物は、真言宗の東寺のような力強さは感じませんが
シンプルながらも屋根の四隅が天に突き刺さるように
そり上っていて、特徴的ですね。

禅宗は中国から伝えられた宗派ですから、屋根の反り方が
中国風なのでしょうか。



b4529cf6.jpg

観音堂から修行僧が出てきました。
禅宗では修行僧のことを雲水(うんすい)と呼びます。
《雲が行くが如く水が流れるが如く自然に従って歩んでいく》
のでしょうね!!


DSC_0121.jpg

禅堂です。
雲水が修行と日常の生活を行う場所です。
訪ねたときは修行中だったのでしょうか?
観音堂で読経していた雲水以外、人の気配を感じません
でした。


b8e0df2f.jpg

臥龍池の中ノ島には弁財天が祀られています。
この池と山並みがひとつになって、見渡す限り虎渓山の
境内であるかのように思えました

ここは下界と離れた《仙境の地》という雰囲気ですね
爽やかな空気の中で散策したら、雑多な日常を忘れて
気分が晴れ晴れとしました


DSC_0212.jpg

観音堂の杮葺きの屋根の端が傷んでいました。
最近、アライグマが屋根をかじって悪戯をするそうです。
仙境の地として開いた虎渓山が、今はアライグマの
生息地となっています。



DSC_0137.jpg

池泉回遊式庭園の中心に掛かる《無際橋》です。
観音堂側の彼岸(観音浄土)此岸(私達が住む世界)とを
結ぶ橋です。

この橋の真ん中に屋根が付いています。
ここで交われば、彼岸も此岸も無くなるという事でしょうか。

ここから梵音の滝の音を聞くように耳を澄ませると
自然の声が聞こえてくるような気がしました

見渡す限りの自然と一体になることが《夢際橋》の意味
なのではないでしょうか・・・
『心にしみる自然の声』それが梵音の滝の音なのでしょう。

聞く耳を持ち、相手の気持ちを察する心があれば、
仲たがいすることも、仲間はずれにすることもないですよね!



多治見市にはカトリックの修道院もあります。
次は、多治見修道院に行ってみます




拍手

今回のいい寺は・・・
「土岐川から多治見へ」です★


5246cb27.JPG

玉野川の上流、《土岐川》です。
室町時代に美濃国(岐阜県南部)の守護大名として栄えた
清和源氏の流れを汲む武家・土岐氏の名が土岐川の由縁です。


DSC_01492.jpg

土岐川が多治見市に入る辺りの岸辺に《虎渓山・永保寺》が
あります。
土岐氏の招きでこの地を訪れた夢想疎石が禅寺を開創した
のが始まりでした。

現代陶芸の基礎を築いた荒川豊蔵加藤唐九郎は、虎渓山で
《禅》の修行をしたそうです。
二人の陶芸家が、戦国時代から桃山時代に築かれた陶芸の
文化を現代に蘇らせたおかげで《志野》、《織部》、《黄瀬戸》
などの陶器が美濃の地で作られています



DSC_1257.jpg

右から《志野》、《黄瀬戸》、《鼠志野》の美濃焼です。
土岐川やその支流の山間部では焼物の原料となる粘土が取れ、
山の斜面を利用して登り窯を築くことができます
燃料の薪が地元で調達できたことから、昔から陶器作りが
盛んでした。
戦国時代には織田信長の庇護を受けたそうです。



DSC_0259.JPG

多治見市街の中心を流れる土岐川です。
多治見市は陶磁器の町として栄えてきました。
8月には世界中から集まった陶磁器作品が展示される
国際陶磁器フェスティバル美濃》が開催されます
昨年の夏、気温日本一の記録を樹立して有名になった町です



DSC_0253.JPG

多治見の町には鰻屋さんが多いです♪
歩いていると、いい匂いがあちらこちらから・・・



DSC_0255.JPG

魚弘さんで《ひつまぶし》を頂きました
香ばしいうなぎでした。


DSC_0254.JPG

お店には奥田瑛二さんのサインがありました。
映画《長い散歩》の舞台に選んだのが彼の母親の出身地
多治見でした。
この古い町並みを気に入ったのでしょう



DSC_0262.JPG

鰻屋を出てしばらく散策していると、和カフェを見つけました♪


DSC_0261.JPG

民芸品も売られています。


DSC_0263.JPG

陶器の町らしいディスプレイですね。


DSC_0266.JPG

《ゆず茶》を頂きました
甘くてのどにやさしい味がしました
紅芋きんとんも甘すぎずほんのり甘いくらいでちょうどいいです。


DSC_0264.JPG

美濃焼だけでなく、色々な種類の器で楽しませてくれます♪
キレイな色の焼物でお茶が頂けるのは嬉しいですね!!


DSC_0268.JPG

工芸・お茶処《はなしょう》さんです。
多治見の古い町並みにとてもよく似合う和みスポットでした♪


市街地より新緑の山中に入っていくと・・・
夢想疎石が開いた寺院《虎渓山永保寺》があります。
この地を訪れたときに、風景に魅了されて草庵を築いた
そうです。

次は、庭園が素晴らしい虎渓山を散策してみます







拍手

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]