忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
信州・飯山町へ もう一つの六問銭です♪

 
 
 86e9a3ff.JPG
 
早春の北信州・飯山町へ行ってきました

 
 
 

DSC_0001__2_.JPG
 
島崎藤村は 代表作『破壊』のなかで
 
「さすが信州第一の仏教の地
古代を眼前に見るような小都会、
奇異な北国風の屋造、板葺の屋根、
または冬期の雪除けとして使用する
特別の軒庇から、ところどころに高く
顕われた寺院の樹木の梢まで
すべて旧めかしい町の光景
香の烟の中に包まれて見える。」
 
と述べています


 
 
 
 7603230d.JPG
 
雪深い北信州
 
桜の便りが聞こえてきても
まだ所々にが残っていました。

 
 
 

DSC_0126.JPG
 
雪国独特の形をした寺院が並んでいました

 
 
 

2e7b133a.JPG
 
丸太の支柱で、積もった雪から屋根
守っています
 
自然と向き合うことは大変なことですね

 
 
 

53028212.JPG
 
長く閉ざされた季節が終わり
遅い春を迎えると

 
 
 

8fbf5a19.JPG
 
花々が咲きはじめ


 
 
 

def05d07.JPG
 
庭木を守る雪囲いが外されます


 
 
 

6f08b3b7.JPG
 
飯山の寺町は長閑で
都会の風景とは一味違います

 
 
 

6a14242f.JPG
 
その中に茅葺屋根の古民家風の御堂がありました

 
 
 

452a277c.JPG
 
その御堂の賽銭箱には六問銭の紋
描かれていて・・・
 
 ここには、真田家にまつわる
もうひとつの物語があります

拍手

PR
今回のいい町は・・・
六問銭の真田神社です♪
 

 
 DSC_0312.JPG
 
創建当時、上田城の鎮守は六所神社でした。
 
明治時代の廃藩置県によって、民間に売却
されることになり・・・・・

皆さんが、真田家ゆかりの場所が姿を消す
ことを惜しんだそうです
 
そこで、地元の有志が立ちあがり、城跡を残して
歴代の城主を祀る真田神社となりました




 
 
 36b62528.JPG
 
神殿の横には城外に通じる真田井戸があります
 
徳川軍との合戦の折には真田十勇士のひとり
猿飛佐助も使ったのでしょうか・・・
 

 
 

d06d6b53.JPG
 
拝殿の前には、大坂の陣真田幸村が装着した
甲冑を模した大兜がありました。
 
真田の軍勢は、赤揃えの甲冑を身に着けて
士気を高めたそうです
 
 



5f7c7206.jpg
 
その勢いで真田幸村は、徳川家康をあと一歩の
ところまで追いつめました

 
 
 

4589e506.jpg
 
孤軍奮闘しながらあえなく露と消えた
真田幸村

その豊臣家への義を貫いた姿に
今でも共感を受ける人が多いですね
 
 
 
 

8248f8c9.JPG
 
皆さんが六問銭の絵馬に託す願いとは・・・
 
 


 
 99136070.jpg
 
桜の花のように華やかに活躍して
儚く散った真田親子
 
上田城の桜は、ひときわ鮮やかに見えました

拍手

今回のいい町は・・・
桜の花咲く上田城です♪
 
 
 192cfb71.JPG
 
信州の土豪だった真田氏は、武田氏に仕えてから
頭角を現しました
 
 

 
 
3bd08e15.JPG
 
ところが、長篠の合戦で武田氏とともに
敗れてしまいます
 
そこで、養子に出ていた真田昌幸(幸村の父)
真田氏の家督を継ぎました


 
 
 
 
0ba02439.jpg
 
智将といわれた真田昌幸は、織田、北條、徳川と
時勢に合わせて主君を変えて領地を拡大して
いきました


 
 
 
 
 cb32b317.JPG
 
戦国大名としての地位を、不動のものとし
た真田昌幸は、上田に城を築きました
 
 



95ec2189.JPG
 
上田城は・・・
自然の地形を活用した難攻不落の城でした
 
真田昌幸は次男・幸村とともに、徳川家康、秀忠親子
上田の合戦といわれる戦を二度行いました


 
 
 
 1d0357e3.JPG
 
最初の合戦は、領地をめぐっての戦でした。
わずか二千の兵八千の敵を打ち破り
天下にその武名を知らしめました

 
 
 

DSC_0279.JPG
 
二度目の合戦では関ヶ原に向かう徳川本隊
足止めさせました
 
大将の徳川秀忠関ヶ原の合戦に間に合わ
ず、父・家康から大目玉を食らったそうです
 
 
 


37f9bc97.JPG
 
関ヶ原の合戦では西軍が敗れ、
真田昌幸、幸村親子は、紀州の
九度山に蟄居の身となりました
 
そして、真田昌幸が築いた城は
徳川家康によって破壊されました
 

 
 
 

bc1944ba.JPG
 
当時の面影を残す深いお堀
 

 
 
 
 a00104a5.JPG
 
そして、高い石垣・・・・
 
 
 
 
9403d1f1.JPG
 
真田氏には優秀な家来もいて
二度の合戦を乗り越えたのでしょうね~

 
 
 
 

c168de50.JPG
 
その活躍が後に真田十勇士を生んだのでしょう


 
 
 
 DSC_0307.jpg
 
歴史小説の世界が交差する上田城
当時に想いを馳せながら桜が満開の城内を
散策しました

拍手

今回のいい町は・・・
天に浮く御堂・瀧水寺です♪
 
 
d7c83e17.JPG
 
長野の真田の郷へ入って行くと・・・
 
誰もが足を止めて眺めてしまう御堂があります

 
 
 

8b95b2a2.JPG
 
瀧水寺(りゅうすいじ)観音堂です

 
 

DSC_0244.JPG
 
は瀧を登ってとなります
 
そして、天に上がって行くように
御堂は岩山の上に建っています

 
 


5f7f60be.jpg
 
向拝の天井には参拝者を睨む龍がいました
 
迫力に圧倒されてしまいます

 
 

4c530d14.jpg
 
建物を飾る見事な彫刻
 
 
 

ba71b20e.jpg
 
白波と松の装飾は・・・
正面から見ると雲海で泳ぐ龍となっています
 
それは、まさに登龍門
 



43caa64c.JPG
 
天に登った龍観音菩薩を乗せて
この世へ降りてきます
 
そして、龍頭観音菩薩は・・・
苦しみ悩む人々を救うそうです
 
 
 

d93a244a.JPG
 
天空に立つ観音堂
 
職人技で教えを形にした御堂
 
真田の郷のいい寺でした

拍手

今回のいい町は・・・
長野・真田幸村の郷です♪


 
 3da58b35.JPG
 
信州上田に真田幸村の故郷があります
 

 
 

3a3790f7.JPG
 
戦国時代の終わりに活躍した真田一族
そして、豊臣家とともに散った真田幸村

 
 
 

ae45cc02.jpg
 
極楽浄土へ渡る時、脱衣婆さんから貰う
三途の河の渡り賃
真田一族は六問銭を旗印としました
 

 
 

08501273.JPG
 
この世への未練を絶ち
主君への忠義を示すものでした
 
 



d60b4da9.JPG
 
それは、真田氏に従った郷の人達も同じでした。
 
六問銭の旗に人々の想いが託されています
 

 
 

78ee4739.JPG
 
郷の長谷寺には真田幸村の父・昌幸
祖父母が眠る墓所があります
 


 
 

a8d63925.JPG
 
参道の入り口には、真田氏三代を祀る
真田神社もあります。

 
 
 

305c022a.jpg
 
真田本城からは郷から上田の街まで
一望に見渡せます
 
真田氏発祥の地
 
ここに立つと馬上から号令をかける真田幸村の姿が
眼に浮かびます~




詳しい六問銭の話
徳川家と真田幸村はコチラ↓
e-tera.net/Entry/124/

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  7  8  ≫
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]