忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大分・姫島のキツネ踊りです♪

読者の方から頂いたお写真で地方のお盆
紹介します

f2983179.jpg

姫島(ひめしま)は国東半島の北端の洋上に浮かぶ
全周約17kmの小さな島です



0torii.jpg

沖合の浮洲には漁業の神様が祀られています
高潮大しけのときでも決して海水に浸かることが
ないそうですよ

姫島の七不思議
のひとつだそうです



5df94cfd.jpg

毎年8月14日~17日の間に行われる「姫島盆踊り」は
鎌倉時代の念仏踊りから発展したといわれています



694742cb.jpg

白ギツネに扮装した子供たちがほおかぶりをして
傘と提灯を手にキツネのふりをして踊るキツネ踊り
人気です


cad43a57.jpg

本番を待つ子供たちも・・・


e61753cd.jpg

楽しそう!!



b764fda0.jpg



6b088a5d.jpg

レンタサイクルを借りたら3時間ほどで一周
できるそうです



e5fcff7f.jpg



6a165b82.jpg

おいしい魚が獲れて、のんびりした姫島は
ねこにとっても住みやすいかも!



44e6b818.jpg

0e20b6d1.jpg



07e77d93.jpg

姫島の盆踊りは村が一体となって取り組んでいる
そうです
会場の準備から衣装、メイクを分担し伝統的な
祭として残しています



3e070660.jpg

子供のころ地元の祭りに参加することがちょっぴり
恥ずかしかった記憶があります

でも島の子供たちは中学生になっても高校生に
なっても、大人になっても参加しています

それだけ楽しんでいるのでしょうね

村民総出で毎年衣装や化粧に趣向をこらし、
伝統芸能の保存、継承、振興を進めることにより
観光客・交流人口の増加を図り地域振興を促進
しているそうです。



e3e8927a.jpg

古事記ではイザナギノミコトが国生みの際に生んだ
女島だといわれ、日本書記ではお姫様が渡った島で
比売語曽の神となったとも書かれています

夕焼け空に三日月が白く光ってとても神秘的
島ですね
姫島の盆踊りを見に全国から訪れるそうですよ



皆さんの地元のお盆の情報もお待ちしていまーす
e_teranet@yahoo.co.jp  まで写真を添えて
送ってくださいねっ♪



SPECIAL THANKS:FORESTさん☆

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
不思議な岩戸寺の修正鬼会です♪


DSC_0081.jpg

天岩屋を連想させる 岩戸寺の岩屋

天照大神が天岩屋の岩戸を開いたとき・・・

八百万の神が住む高天原は、こんな感じに
見えたのかなー?
なんて想像してしまいます



DSC_0083.JPG

岩戸寺では、旧正月の7日の晩に岩屋から
現れた「ご先祖様」がとなって下界に
向かいます



000e3045.JPG

国東半島1200年も前から伝わる重要無形民族
文化財「修正鬼会」です



DSC_0106-1..jpg

私たちが節分の日「鬼は外~!!」
唱える鬼は平安時代以降の姿だそうです。
写真は名古屋・大須観音の節分会です

閻魔さんは、亡くなった人の名前を「鬼籍簿
という名簿に記帳していくそうです

そこで人が亡くなる事を「鬼籍に入る」と言うそう
ですよ~



0fb5ef6a.jpeg

岩戸寺の入口で見つけた滝壺
実は国東半島で一番最初に訪れたお寺が
ここです。
あまりにも神秘的な場所にしばらく見とれて
いたことを覚えています


修正鬼会」の初めに、鬼を迎える役の人たちが、
身を切るような寒さの冬の夜に、なんとこの滝壺に
飛び込んで心身を清めるのだそうです



DSC_0057.jpg

岩屋の下に薬師如来を祀る講堂があります
岩屋から現れたは、この講堂へ向かいます~



DSC_0061.jpg

ガランとした講堂ですが、修正鬼会の時には
近隣のお寺の住職や信徒が集まって行事が
盛り上がります



iwato054.jpg

鬼と迎える役の人達が松明を持って踊ります
国東半島の修正鬼会は「鬼を追い払う」のではなく、
鬼籍に入って成仏したご先祖さまに会い、
ご先祖さまと楽しく過ごす
」というものです。

国東半島の人たちは不思議な魅力のある自然
中にご先祖さまを感じ、大切に守ってきたのかも
しれませんね



847769b1.JPG

講堂での儀式が終わると境内を飛び出して
「鬼はよ~、来世(らいしょ)はよ~」と
叫びながら家々を回ります




iwato063.jpg

家に入ると仏壇にお参りして、無病息災の祈祷
行います
ごちそうやお酒をおよばれすると次の家へ~

深夜までまわり続けた鬼は、最後に講堂へ戻って
行事が終わります。



00178f53.JPG

そして、ご先祖さまはあの世に戻り、岩戸
閉じられます

岩戸にご先祖さまの戒名が彫ってありました。
その前にちっちゃな観音様がちょこんと



61bc5167.jpg

初夏に訪れた講堂はひっそりとしていました。
木漏れ日に茅葺き屋根の草が光っていました

DSC_0118.jpg

「神仏習合とは、神と仏との出会い。
これは自然の中に神を見る信仰と、
人間の生き方を求める仏の道が
調和されているということ。」
だそうです。



DSC_0109.jpg

宇佐八幡神は仁聞菩薩に化身して、
武塔神はスサノオや薬師如来に化身しました。

「化身」は土地に合った姿に変わって融合して
いくことですね。
そして、神仏は人々の信仰によって根付いていき
長い年月の間に風習文化という実をつけるの
でしょう

木曽の馬篭では、幕末から明治維新へと時代が
移り変わる中、島崎藤村の父は王政復古の志を
持って変化を求めました。

神仏習合以前の純粋な神道の国を求め、
全国的な廃仏運動へと進みました

寺院の建物や仏像が破壊されましたが、
各地の風土に根付いた人々の信仰心まで
変えることはできませんでした

そして、王政復古の波は「隠れキリシタン」の
いた長崎地方にも押し寄せました



次は、隠れキリシタンの苦難の歴史が残る
五島列島へ小型機に乗って行ってみまーす



☆SPECIAL THANKS:FORE☆

拍手

今回のいい寺は・・・
岩戸寺です♪


d528b73a.jpg

仏と神が共存していた国東半島
お寺の入口には鳥居があって
神社の入口を仁王さんが守る!!


3598bae3.jpeg

独特な雰囲気があります。


15f1d271.jpeg

この国東半島の中で一番のスピリチュアル
スポット 岩戸寺を訪ねてみました


DSC_0013.JPG

他のお寺とは何か違うような・・・
一歩一歩進むごとにドキドキしちゃいます



DSC_0050.JPG

国東半島独特の「国東塔
国東半島中に何百も!!
み仏の里らしい風景ですね



548c41cc.jpeg

緑がかった鳥居をくぐって石段を上っていくと



8e76ee42.JPG

岩山のしめ縄が飾られた洞窟・岩屋があります。
中に塔婆がありました。
ここは先祖を祀る場所なのかしら??


DSC_0081.jpg

そして岩屋の向こうに日が射す場所が・・・

岩屋というと、古事記の天の岩屋の話が
ありますね
天照大神がスサノオの行いに激怒して天の岩屋に
入って岩戸を閉じてしまい・・・
この世が真っ暗闇になった!という話です。


岩戸寺の岩屋の向こうには何があるのかなー?

昔話で読んだあの世とこの世の入口だったり
して!?
なんて空想してしまうのも神秘的な半島だから
こそなのかもしれません

国東半島に伝わる「修正鬼会」の鬼はこの岩屋から
現れます。



DSC_0107-1.jpg

ここから現れるは、私たちがよく知っている
悪事をする鬼とは違います

岩屋から現れる鬼とは・・・
ご先祖様だそうです


1340e065.JPG

参道に「蘇民将来 家内安全ノ門」と書かれた木片が
立て掛けてありました。

神話の時代に「将来兄弟」がいました。

そこに、旅をしていた武塔神がやってきて、
泊めてほしいとお願いしたところ、裕福な弟・巨旦将来
は断りました。
対照的に貧しい兄・蘇民将来は粗末ながら武塔神
もてなしたそうです。

後に武塔神は、弟に災いをもたらして弟一族を
滅ぼしてしまいました。

そんな話から、災難に遭わなかった兄に因んで
兄・蘇民将来の名前をつけた厄除けの行事
蘇民祭」が各地で行われるようになったそうです。



DSCN1185.jpg

武塔神は弟・巨旦将来一族を滅ぼしたとき、茅の輪を
付けた娘(弟のところに嫁いだ蘇民将来の娘)だけは
助けました。

「私はスサノオなり、後の世に疫病あらば蘇民将来の
子孫といい、腰に茅の輪をつける者は疫を免れる
であろう」と言ったそうです。

その古事から、災難よけの神事として、茅の輪くぐり
各地の神社で行われています



DSC_0064.jpg

岩戸寺の修正鬼会が行われる講堂です。
本尊・薬師如来の前にも茅の輪が飾ってありました。

武塔神スサノオと同一神とも、朝鮮の神とも、
薬師如来とも言われています。

岩戸寺の本尊・薬師如来も修正鬼会で武塔神
化身して現れるのかも!?



a2fa6faf.JPG

古い言い伝えが土地に溶け込んで、独特な風習を
生み出している国東半島。

何百年も前に人々が大切にしていたことが
形は変わったとしても今に伝わっているって
なんだかロマンを感じちゃいます


不思議な岩戸寺のお話は続きます♪
 

拍手

今回のいい寺は・・・
富貴寺で見た極楽浄土です♪

六郷満山28ヶ寺は

学問をするための本山(もとやま)
修行をするための中山(なかやま)
布教をするための末山(すえやま)に分かれて
います。

そして、その下に末寺37ヶ寺があります。

b52b7160.JPG

富貴寺(ふきじ)は本山・高山寺の末寺です。



DSC_0268.jpg

参道には六地蔵菩薩の石灯籠や
浄土へ導く十王尊の石塔があります。

愛知県・碧南市にある六角堂と似ているなーと
思いました


6688c03f.jpg

無人売店には、地元の食材が
国東半島には自然の恵みがいっぱいあるの
ですね~~



DSC_0298-1.jpg

おばちゃんのとびっきりの笑顔にも会えました



DSC_0273.JPG

緑の深い境内の石段を上っていくと



DSC_0274.jpg

素朴な造りながら力強い阿弥陀堂が現れます。
平安時代に建てられた堂内には、本尊・阿弥陀如来
壁画には極楽浄土の世界が描かれていました



DSC_0295.jpg

国東半島のお寺はキリシタン大名・大友宗麟
焼き討ちや廃仏運動による破壊と受難の時期が
ありました

幸い富貴寺の阿弥陀堂は難を逃れることができた
そうです



DSC_0288-1.jpg

そして、平泉の中尊寺宇治の平等院に並ぶ
極楽浄土の寺院として伝えられています



DSC_0290-1.jpg

堂内から外を眺めると、国東半島独特の「笠塔婆」
や「石仏」が見えました。
畳に緑が反射してキレイっ



DSC_0293-1.jpg

新緑に囲まれた阿弥陀堂

の風景もきっと素晴らしいでしょうね!!
お堂の周り一面がオレンジ色に染まるそうですよ



cea9fbf8.JPG

おもしろいものを見つけました

国東半島には修正鬼会と呼ばれる伝統行事が
あるそうです。
み仏の里」と呼ばれる国東半島の風習を
守る中で伝えられてきた行事だそうです。

次は修正鬼会が行われる岩戸寺へ行ってみます♪




※いい寺「大浜の小さなお堂」はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/186/

※いい寺「平等院鳳凰堂」はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/212/

拍手

今回のいい寺は・・・
スピリチュアル半島にある両子寺です♪


DSC_0002-1.jpg

神仏習合のお寺を探して国東半島
訪ねてみました

国東半島の中央にそびえる両子山文殊山

その周りの谷あいの里を六つに分けて六郷

その六郷にある神仏習合のお寺を合わせて
六郷満山といいます。



5ed1af9c.JPG

両子山から湧き出る小川を渡って両子寺
境内に入っていきます♪

仁聞菩薩」は六郷満山28ヶ寺を開き、
6万9千体の仏像を造ったそうです

両子山のふもとにある両子寺六郷満山
中心となるお寺でした。


a25ddd62.JPG

山門に向かう石段の前で、今までまで見たことが
ない、独特な雰囲気の仁王さんが迎えてくれました!



0122af4e.JPG

石段を上り、山門を潜ってもまだまだ参道は
続きます



DSC_0210.JPG

お寺の境内とは思えないほど自然が豊かで、
山麓全体が境内になっているようでした

両子山そのままが、山岳修行の根本道場
となっているのですね。

両子山は、全国森林浴の森百選に選ばれて
いるそうです



DSC_0230.jpg

講堂には阿弥陀如来が祀られています。

この講堂は廃仏毀釈で焼失してから、百年以上
経った平成3年に再建されました

廃仏運動は国東半島でも吹き荒れ、多くの仏像や
建物が壊されたそうです



DSC_0224.JPG

豊富に湧き出る山の水をお地蔵さんに掛けて
お参り

山の水は自然に浄化されて澄んだ流れと
なります



1efbc6c1.JPG

奥の院へ向かう途中にもおもしろい顔をして
仁王さんが



492ea559.JPG

苔むした石段の横に、五輪塔が並んでいました。

スピリチュアルスポットの雰囲気が漂っています。



3f4c4004.JPG

奥の院への入口には、鳥居があります。
お寺の中に鳥居が・・・?!

昔は普通の光景だったでしょうが、何だか
不思議な感じがします。

奥の院には「両所大権現」が祀られています。
「両所大権現」は男女の双子の神さまです。

両子寺(ふたごじ)という名前の由来となっています。



70e86c42.JPG

両子寺の護摩堂には本尊・不動明王
祀られています。
不動明王は山岳信仰の中心にもなっています



bcbf3feb.JPG

不動明王の両脇には子供の姿をした仏像が!

「こんがら童子」は合掌をして素直な子供の姿

対照的に「せいたか童子」は武器を手にした
イタズラ小僧の姿をしています

不動明王の怒ったような顔は、外見は厳しくても、
内心では子を慈しむ父愛の姿を表現している
そうです



53388eaf.JPG

境内でお父さんと兄弟が仲良く遊ぶ姿が
ありました

両所大権現の双子の神様も、
不動明王に仕える二童子も、
子供たちの成長を願う親心によって生まれた
神仏のような気がします。

子を思う気持ちに仏教も新神も区別なんて
ないよね!!



※国東半島のお寺「文殊仙寺」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/258/

拍手

 1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]