忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
宇佐八幡宮です♪


DSC_0357.JPG

宇佐八幡宮の八幡神は新羅から渡来した帰化人・
秦氏の氏神でした。

「八」は多くの、「幡」は秦氏の人々という意味で
「八幡」は秦氏一族が住んでいたところを表します



2c665434.JPG

九州地方には玄界灘を渡ってきた多くの渡来人
居住していたそうです



fbf3f565.jpg

当時、渡来人によって仏教大陸の文化技術
伝えられました。

正式には欽明天皇の時代に百済から仏教と
経典が伝来したと言われていますが・・・!


d026a9b8.jpeg

秦氏は鍛冶や鋳造技術に優れていました
東大寺大仏造立には、秦氏の鋳造技術者が
必要不可欠だったそうです

そこで、大阪・河内の秦氏を中心に宇佐地方の
秦氏も動員して、大仏の鋳造にあたりました




DSC_0025.jpg

宇佐から国東半島にかけては神仏習合
象徴的な場所です

その元となったのが、宇佐八幡宮でした。



fffbbb09.jpg

秦氏も信仰していました

秦氏が建てた宇佐八幡宮にいる宇佐八幡神・・・
正式名称は宇佐八幡大菩薩といいます。

の方から言うときは「八幡大菩薩」、
仏教の方からは「仁聞菩薩」と言います

同じものを呼ぶのに呼び名がそれぞれ違う
のですね~~


※「八幡大菩薩」は江戸時代までの名称で
 今は「八幡大神」だそうです。




DSC_0373.JPG

奈良の大仏造営の功績により、宇佐八幡大菩薩
秦氏の氏神から大和朝廷の国家神となりました

そこで、「大和朝廷が古くから重視していた玄界灘の神・
比売大神が宇佐の地に降臨して、そこに秦氏が渡来した
頃の天皇・応神天皇の神霊が八幡大神としてあらわれた。」
として、宇佐八幡神を大和朝廷と繋がりを持つ古来からの
神としたそうです



f19eec21.JPG

宇佐八幡宮の社殿は御許山(おもとさん)を背に、
南側の隼人の方(日向地方)を向いています

御許山は仏教にとっての聖地で、八幡神
仁聞菩薩」として修行した山です。



a1dccf69.jpg

「仁聞菩薩」の伝えでは、八幡神が出家して、自ら
菩薩になり、菩薩として仏の世界に入ろうとしました。

そのために御許山から、その延長上にある国東の
山々
に入って修行したといわれています。



efbe03cb.jpg

そして、国東・六郷萬山の寺々を「仁聞菩薩」が
開きました。

実際は秦氏が建てたのですが、氏神である
仁聞菩薩が建てたことにしているのでしょうね

スピリチュアルスポットといわれるだけに神様
建てたといわれると不思議な感覚になります



6d34cace.JPG

宇佐八幡神は、隼人(九州南部の民族)の乱
のときには「境界神」として征伐に赴きました

その際に多くの殺生をしてしまいます



DSC_0396.JPG

そこで宇佐八幡神から
「隼人等多く殺した報いとして、毎年放生会を修むべし」
との神託が出されました


そのような歴史があったので、宇佐八幡宮では
捕獲した魚や鳥獣を野に放して殺生を戒める
仏教儀式「放生会」を毎年行っています

明治以降は神官が執り行っていますが、
以前は僧侶と一緒に行ったそうです。



6409d0a3.jpg

が共存していた宇佐八幡宮ですが、廃仏毀釈
によって大きな変化が訪れます

境内にあった弥勒寺や仏教的な歴史も全て排除
されてしまいました。
神仏習合の姿は何も残っていません


909d067c.jpg

現在は、氏神や産土神となってみなさんから
信仰されています



次は神が修行したスピリチュアルスポット
国東半島です♪



世界最古の企業「金剛組」のお話~~♪

いい寺☆大阪散策はコチラ↓  
  e-tera.net/Entry/121/



大阪・四天王寺についてはコチラ↓

※いい寺☆大阪《四天王寺》(1)
e-tera.net/Entry/118/

※いい寺☆大阪《四天王寺》(2)
e-tera.net/Entry/119/

※いい寺☆大阪《四天王寺》(3)
e-tera.net/Entry/120/

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
大分県の湯布院です♪

そう☆
前回のクイズの答えは大分県の湯布院でした!
川上という場所から見た由布岳です

由布岳は古くから神の山と崇められ「豊後風土記」や
「万葉集」にも登場したそうです

shin1サン 正解です!!
さすが大分出身^m^

ひまわりサンも正解ですね^^

みなさんありがとうございました♪
楽しかったです♪♪

DSC_0006.jpg

さて、ガチョウくんに案内してもらいますかね~


DSC_0013.jpg

朝霧が美しい金鱗湖(きんりんこ)周辺を散策です



d9fc83f8.jpg

金鱗湖には鳥居が立っています
不思議ですね
調べてみたら近所の佛山寺の鳥居だということが
分かりました。

お寺なのに鳥居???!!
みなさん思いますよね^^


2fb2094d.jpg

明治時代の廃仏毀釈という神仏分離令が制定された
ときに、佛山寺の鳥居を金鱗湖に移したそうです
江戸時代まではお寺にも鳥居があったのですね


DSC_0012.jpg

由布院温泉には共同浴場がたくさんあります
下ん湯」は茅葺き屋根で趣きがありますね


12143b88.jpeg

お湯に深い緑が映ってとてもキレイ
入る勇気はありませんでしたが写真だけ


DSC_0014.jpg

橋を渡った向こうには


DSC_0023.jpg

風情のある旅館「亀の井別荘」があります


DSC_0028.jpg

鍵屋」ではセンスのいい雑貨やゆずこしょう
なんかが売られていました
大分のゆずこしょうはおいしいです


DSC_0045.jpg

大人気の温泉地・湯布院も住民と行政が一体化して
町づくりに取り組んできました

環境や景観を守りつつ、観光地として発展させていく。

観光地の躍進は「」の力なくしては成功しませんよね。

自然災害などの逆境にも負けずにPRに取り組んで
きた住民意識の高さがあったからでしょうね


DSC_0051.jpg

腰かけながら試してみたのは


DSC_0049.jpg

湯布院名物☆プリンどら

皮にカスタードクリームでサンドしたプリン

ただのプリンでは物足りない方・・・どーぞ♪


DSC_0031.jpg

緑が深くて時の流れを感じさせます

由布院温泉&湯布院散策で心も体も深呼吸 

いかがですか??

拍手

今回のいい寺は・・・
大分県 国東半島にある文殊仙寺です♪

DSC_0123.JPG

スピリチュアルスポット 国東半島って大好きです
大分県は自然豊かなところなのですが国東半島
にはたくさんのトンネルがあります。



DSC_0128.JPG

周防灘に丸く突き出した半島の国東半島は、
奈良時代から平安時代にかけて六郷満山
呼ばれる仏教文化が栄えた場所です。

今もその遺跡が国東半島の至るところに散在し
人々から「み仏の里」と呼ばれているそうです


96b1f9ee.JPG

奈良や京都の文化に宇佐八幡文化天台仏教
修験道などが混ざり合って形成された神仏習合
国東独自の文化を六郷満山というそうです。

文殊仙寺は1400年前に役行者が創建した
お寺で、本尊・文殊菩薩は中国の五台山から
迎えられました


DSC_0182.JPG

文殊仙寺の境内にポツンと置かれた三輪車
三輪車のわっかのように支え合って・・・

三人寄れば文殊の智恵
文殊仙寺がこの言葉の発祥地だそうです


08db9271.jpeg

灯籠の台座は文殊菩薩の使い・獅子が彫られて
いました
おっきな目をした獅子が灯籠の足元にあしらわれて
いるのは「足元をしっかり見なさいよ~」と
教えてくれている気がしますね


DSC_0129.JPG

6月に訪れた時には境内一面に草木が生い茂って
石垣も隙間なくコケで覆われていました


DSC_0138.JPG

五百羅漢も緑色の衣を着ているようですね


DSC_0135.JPG

コレなんだろう~
面白いものを見つけました

他にも驚いたのが・・・

93aefad6.JPG

奥の院!!
奇岩が迫る岩山の下に御堂があります


05060d3c.JPG

御堂へ登ると文殊菩薩への願い事が書かれた
護摩木を見つけました。
「気だてのよい、やさしい娘に成長しますように」と


DSC_0158.JPG

智恵の水・・・どんな味がするのかな~


731fc4fa.jpeg

日本一の大きさという宝篋印塔があったり~



7c34b379.JPG

鐘楼門には大小の鐘が並んで吊るされていました
小さな鐘の鐘木は柱に立て掛けてあります。
ちょっと面白いですね

この鐘の音が山に響くのを想像しながら散策を
続けます♪


405b6179.JPG

研修場を兼ねた宿坊です
五百羅漢のように坐禅を組んで自分自身を
見つめてみるのもいいかもしれませんね


851a02a6.jpeg

緑豊かな自然の中で散策するのって気持ちいい
頭の中をからっぽにして、おいしい空気を吸い込む
ように自然の智恵を頂けたら最高の癒し旅ですね


DSC_0037.jpg

広島の原爆資料館に展示されていた三輪車です

築き上げた知識をどのように使うか、その使い方で
智恵をしぼらないといけませんね!
 

拍手

今回のいい寺は・・・
大分日田 小鹿田焼(おんたやき)の里です♪


618.JPG

日田は有明海に流れる筑後川の上流で、山々に囲まれた
自然豊かな町です
この地方で伐採された材木は、川を下り久留米の町に
運ばれていました
ここは大分県の町ですが、歴史的に福岡県との繋がりが
深く、久留米と日田を結ぶ日田街道もあり昔から往来が
盛んでした。



638.JPG

日田は昔から林業が盛んです。
川を下った材木も、今ではトラックで運ばれます


677.JPG

日田市の北、福岡県との県境に近い山中の小さな
集落に向いました



73f40bb3.jpg

ギギギー
ザーーー
ドンっ


675.JPG

唐臼の音が繰り返し繰り返し響いていました


716.JPG

窯場のある地域を皿山といい、小鹿田皿山は集落全体の
地質が厚い陶土層で形成されていて、表土を少し掘り下げ
れば陶土を掘り出せます。

小鹿田焼の陶土は、他の地域の原土を混ぜることなく、
すべて集落周辺の山からの自給だそうです。

窯元は昔から10軒で増えも減りもしない一子相伝
なっているそうです
掘り出した原土は各窯元で均等に分け、土小屋で乾燥
させます。
原土が乾燥したら、唐臼で2週間ほどかけてつきあげます。
そして水分を除いてから使用するので、粘土が出来るまでに
一ヶ月以上はかかるそうです



703.JPG

ロクロを回しながら黙々と作業を続ける陶工さん。


704.JPG

足でロクロを器用に操作しながら、生乾きの陶器に
模様をつけていきます。


698.JPG

天日干しをして窯に入れる準備をします


714.JPG

登り窯に入れられた火は徹夜で焚き続けられます
八つの焼成室にはそれぞれ癖があり、焚き方は
窯元の経験と勘だけが頼りだそうです
窯元が一番神経をすり減らすのがこのときですね。



683.JPG

江戸時代中期に、筑前の国 小石原焼から陶工・
柳瀬三右衛門を招き、大鶴村の黒木十兵衛によって
開窯されました。
300年に渡り、当時の技法を受け継いできたそうです。
日田天領の生活雑器を自給する目的で始まった民陶窯で
あり機械類を一切使用せず、すべて手作業で行われています。

素朴な風合いで、一見地味ですが、伝統と技が凝縮
された工芸品ですね!



718-1.jpg

笑顔の素敵なおかあさん♪

唐臼で粉砕された原土は、家の庭先に造った水槽で
こしたり、水分を抜いたりして手間隙をかけ陶芸にあった
土に変えていきます。
この一連の胎土づくりの作業は、ほとんど女性の手で
行われ、かなりの重労働だそうです


家業はもちろんですが、家庭にあっても女性の果たしている
役割は地味かもしれませんが、大きいと思います。
家を内から守るので《家内》というのでしょうか。
最近、女性が家を支える形は多様化しているように
思います。
しかし、女性にしかできないような支えは、女性として放棄
したくないですね。
小鹿田焼の女性の姿に、そんな美しいつながりを
感じました


fcd4bb89.jpeg

日田は杉の産地であることから、多くの製材所があり、
木材の切れ端をに使用し、灰は釉薬に使用します。
さらに土を細かく砕く動力は水車であり、ロクロは
で動かします
材料から動力までほとんど地域でまかなうことが
できます。


ff341737.jpeg

小鹿田焼の陶土は保水力が強く、乾燥するまで一ヶ月
ほどかかります。
乾くのが早ければ、機械などを導入して大量生産できた
かもしれませんが、それができませんでした。
そして枯れることの無い水を利用したのが陶土を練る
唐臼です
近代化出来なかったことが、逆に小鹿田焼ブランド
残すことにつながったそうです。
つまり小鹿田焼は“自然に守られた”ということですね!

手作りは量産できない不備や均一化出来ない面があります。
しかし、職人が丹精込めて作ったものは、大量生産にない
温かみや個性の面白さ、そしてその頑丈さなど素晴らしい
ものがあると思います


均一化された大量生産な規格ものばかりを求める
のではなく、「自然を生かしたもの」や「手作りなもの
の良さを私達は再認識して利用し、後世に残して
いきたいものです



次は、手間隙をかけ陶器にあった土に変えていく
小鹿田焼のように、子供たちが仏門に入って未来の
和尚さんになっていく始まりの式に行ってみます


 

拍手

今回のいい寺は・・・
活気あふれる日田祇園祭です♪



c7960d72.jpeg

DSC_1089.JPG

日田地方では、およそ500年前から小さな祇園社が
数か所で祀られていました。
江戸時代、天領として栄えた日田の商人が勢力を
持つと隈や豆田の各地に大きな社を建て山鉾を
奉納しました。



1d334a78.jpeg

疫病や風水害を払い、安泰を祈念する「日田祇園祭」では
絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色とともに隈・竹田地区、
豆田地区の街並みの中を巡行します。



DSC_1143.JPG

各地域に伝わるメロディーは代々受け継いでいきます



95fc200b.jpeg

暑い中、水を掛け合ってテンションを上げていました

山鉾を引いている人たちもそうですが、山鉾が通る道沿いの
町の人たちからも暑い中、水をかけられていました。
色々な意味で皆さんが一体となって作り上げている
祭りなのですね!
何事も一人ではきませんし、多くの人が共通の目的の中で
ひとつにまとまっていく事で価値ある大事業は成される
のでしょう

日本の祭りというのは、地域の人達のコミュニケーション
促進し、目的を共有して何かを為すという意味では、地域の
人たちの連帯を高めていくうえでとても重要な役割を担って
いるのですね。
大切にしなければならない日本文化のひとつだと思いました。


299fd7a7.jpeg

樹齢100年以上の松を輪切りにした4本の車輪を
使用する山車です。
現在は8つの町で、高さ6mから11mの山鉾九基が
巡行を行っています。


DSC_1125.JPG

先導役は花形です。
山鉾の上から練り方の指示をして、鉾を無事に奉納
させる大切な役です。

オーケストラでも指揮者が大事ですよね。
同じ曲でも、指揮者の感性によって曲が変わってきます。

先導によって鉾の動きも変わってくるでしょう。


4a121303.JPG

350f4907.jpeg

商店街を練り歩くときは、みながを合わせないと
建物にぶつかりそうになってしまいます


b5892796.jpeg

時々方向を変えながらみなで力を合わせて練り歩いていました。



e05aeb7f.jpeg

433b3396.jpeg

大きなものを動かすには、一人の力ではできません。
それでもたくさんの小さな力を寄せ集めれば、大きな力
となって重たい鉾も動かすことができますよね



6db32249.jpeg

f2d3e20e.jpeg

方向転換には山鉾をかついでいる6人の人が声を掛け合って
呼吸を合わせて」行っていました。

「呼吸を合わせて」何かに取り組むと《阿吽の呼吸》といわれる
お互いに言わなくてもわかる」ような連帯意識が生まれるの
でしょう。
「呼吸を合わせて何かに取り組む」と人間関係が深くなりますね。
素晴らしいことだと思います。


49cd7a32.jpeg

外国人の方も祭りのハッピを着て参加していました。
最近は、私たち日本人も忘れかけてしまった伝統や文化に
積極的に取り組んでいますね。


fd14b18b.jpeg

私も子どものころ、毎年秋になると山車を練り歩く
お祭りに参加していたなぁ…なんて懐かしくなりました。

山神神社を出発し、秋の収穫を神様と天の恵みに
感謝しながら町を練り歩きます
そして夜、再び神社に奉納します

「セーラ、セーラ」と掛け声を合わせて町を練り歩いた
思い出がよみがえってきました。
子供のころハッピを着せてもらってうれしかったな♪



96f8142a.jpeg


889e37b3.jpeg

今年も元気に参加できたとうれしそうに話していました


ced41d55.JPG

山鉾を押す男たちをうちわで扇ぐのは子供の役目です。



DSC_1167.JPG

また、夜には提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で、
祭りは一気に最高潮に達します



20d3eb9d.jpeg

69bfd3d4.jpeg



bd882013.jpeg

同じことの繰り返しですが、昔から行ってきたこと
毎年行い、それを見てきた若い人たちが祇園祭りを
で覚え、脈々と受け継がれていくのでしょう。


a1f87aaf.jpeg

華やかな部分が強調され、私たちの目に見えますが、
裏側では「伝える」ということが大切なのでしょう。

祭りが終わったら、翌年のために一年間準備に
取り組む。
みんなが力を合わせて祭りを作り上げているからこそ、
その姿を見たいと人が集まってくるのでしょう。
ただ山鉾が大きいからではなく、それを押したりする姿
躍動感に感動し、人は訪れるのだと思います。

伝統を存続させよう、後世に伝えていこうと町の人々が
努力をしている、そんな日田の町でした


次は、小鹿田(おんた)焼の里を訪れます
 

拍手

≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]