忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
徳川時代、天領の町として栄えた日田を訪れました♪


ac959460.JPG

その昔、九州の山里にウォール街がありました
大分県日田市豆田町は小さな盆地で、まわりを
美林が囲み、いくつもの清流を生んでいます


2a021a24.JPG

ゆったりと流れる三隈川のほとりには、肌もすべすべになる
日田温泉があります
そんなのどかな水の郷に九州きっての商人町がありました。


5f3d31b9.JPG

今でも蔵づくりの商店や土壁の長屋建築などが残っていて、
昔懐かしい町並みを町の人たちが守っています。
タイムスリップしたような町並みというと、ぽっかりと穴の
あいたような静かなたたずまいが思い浮かびますが、
豆田町は活気にあふれています


25b25458.jpeg

町がもっとも繁栄した江戸時代には、幕府の許しを得た
掛屋」という金貸業が栄えたそうです



8cff25f8.JPG

草野本家で話を聞くと、九州各地から藩の財政を預かる
ご家老がお金を借りに来たと教えてくれました。
借りられるまで泊りこみで交渉し、それでもダメだと
切腹・・・の憂き目にあった人もいるというから、昔も
今も宮仕えはつらいですね

 

64565885.JPG

草野本家にある320年前の建物だそうです。
草野氏は元々平安時代から続く筑後の豪族でした。
豊臣秀吉の九州征伐の際、敗れたために久留米市草野町
から日田に向かう日田街道を通ってこの地へ落ちのびた
そうです。



c0a5fea7.jpeg

こちらでは京都や大阪から持ち帰ったという
たくさんの雛人形や文明開化を模した和洋折衷
スタイルの人形のコレクションを見る事ができます。


0ede976f.JPG

明治時代になって掛屋が廃止された後は、生活用品の
店が集まる商店街になりました。
その当時から製法を変えていない羊羹屋、カステラ屋、
ほかにも醤油屋など地元ご用達の店がいまでも健在
店先をのぞいてみると、常連さんとおかみさんが世間話を
したり、お互いの体を気遣ったりしていました。



1c23bfba.JPG

古い長屋や土蔵を改装した蕎麦屋や素敵なセレクトショップも
あります。



f21c4696.jpg

豆田ロールのチーズロールケーキは大人気だそうです
マスカルポーネチーズがまったり濃厚で♪
ふわふわで一本いけそうなおいしさでした!


8d5e7c21.JPG

千屋」で日田まぶしをいただきました

店主が三河の地で旅の疲れを癒した際・・・
出会ってしまった「ひつまぶし」♪♪
これは美味しい!と感嘆したけれど、天領日田の米
薬味を用いたらさらに美味しくなったのだそうです


96b1d664.JPG

1膳目はウナギの蒲焼をごはんにまぶしてそのまま、
3膳目で出汁をかけて食べるのは名古屋のひつまぶし
同じですが・・・



62f66ae3.jpg

驚きの美味は薬味で食べる2膳目!
小鹿田焼の器に入ったゆず胡椒大根おろし
ちょこんとのせて食べると、驚くほど爽やかに頂けます!!

豆田の町で工夫をめぐらせ、三河日田の地を結んだ
この味に感激してしまいました。


f76bdf8c.jpg

酢味噌で頂く肝もさっぱりしていてこの暑い夏に
食べたら元気になりそうです



a87c9aef.JPG

木工芸や漆器、下駄を作る工房もありました。
ミュールよりも優しいので日常ばきの浴衣下駄を
お土産にしてもいいですね♪

日田はが有名で代表的な産業としては林業が盛んです。
昔から製材所や木工所が多くありました。
下駄も、そんな名産品の木工材料を使ったものです。

最近は下駄の需要も減り、産業は衰退してしまいました。

しかし手作りのものや自然を生かしたものには
温かみや風合いがありますよね!


556b6a94.JPG

日田では雛飾りをよく見かけます
かつて商人のあいだには、桃の節句になると、女の子の
いる得意先に雛人形を贈る風習がありました。
毎年、春になると家々が秘蔵の人形を店先に飾り
町は雛祭り一色になるそうです


aca0f230.JPG

漆喰の白い壁が夕日に染まるころ、町は急に
静かになります
宿で杉の下駄を借りて、もう少し歩いてみたくなります
 
 

b9c57990.JPG

古い土壁の家並み、色あせた屋根、石畳の横丁に
春の雛飾り。
そんな古き良き風景を探してぶらぶら・・
そんな余裕がなんだか贅沢に感じられます!

立ち寄った先で、思い切って話を聞くのもいいですよね。
「今晩の夕食をいただく料理屋さんを探しているのですが」
と聞いてみると、店の電話番号や地図どころかオススメの
メニューまで詳しく丁寧に教えてくれたりします。

自分の店をほったらかしにして、わざわざその前まで
連れていってくれたり!
人々のそんなやさしさに触れたときも、小さな町って
いいなぁと思います
懐かしい風景も魅力ですが、やっぱり大切なのは
なのかもしれませんね。



次は、活気にあふれた日田祇園についてです♪


 

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
山国川を下ってです♪


fd464c24.JPG

山から染み出た水は、耶馬溪の清流となり大地の
栄養を含みながら山国川へとつながっています

清流がキラキラしてとても気持ちの良いところでした



22a08f11.jpg

羅漢寺からの眺望です
麓を流れる跡田川は山国川の支流です。
大分県は「とよのくに」といわれるほど自然が豊かなところですね。


0c70a213.jpg

ずっと向こうまで山並が続いていました。
人々は畏敬の念を持って山の恵みを頂いて暮しています



DSC_0889.jpg

山国川の中流には《青の洞門》があります。
景勝地の青の洞門の対岸は、緩やかな丘陵地となっています。
左側は人々が生活する世界で、右側は険しい岩肌が見え、
阿羅漢さんが修行する羅漢寺へとつながっています。
この岩山から羅漢寺の境内が始まっているようでした。

仏の教えに触れ、理想の自分へと近づきたいと願って人々は
険しい山の上にある羅漢寺へと向かうのでしょうね
大変な思いをして辿りついたとき、目の前に素晴らしい景色が
広がっていたら、悩んでいたことも「ちっぽけなものだった!」と
気づくことができると思います
帰り道はすがすがしい気持ちで下ることができますね




19c62d0b.jpg

下流に向かうにつれて平地が広がり、豊かな穀倉地帯
となっています。
耶馬渓や羅漢寺の下流では人々が自ら大地を切り開き
穀物を育て、生活の糧としています。

そして川が上流から養分を運び海に広がっています。
その海の恵みを私たちは頂いていますね。


siro1.jpg

山国川の下流は福岡県と大分県の県境となって河口まで
続きます。
河口付近が中津市の市街地となります。
中津は戦国時代には豊臣秀吉の九州征伐の後に黒田如水の
領地となり、山国川の河口付近に中津城を築城しました

その後、黒田氏は福岡藩へと移り、細川氏(細川忠興)、
小笠原氏、と藩主が変わりました。
江戸時代の中頃に京都・宮津より奥平氏が入封して
明治の廃藩置県まで治めました。


9b02e146.JPG

愛知県・長篠城で中津藩の船印を見つけました
奥平氏は戦国時代に鉄砲の威力を世に知らしめた
長篠の合戦》の地にあった長篠城の城主でした

合戦の折には織田・徳川方の武将として武田軍の猛攻を
しのぎました
その功績から当主は徳川家康の長女・亀姫を妻に迎え、
織田信長の「信」の字を頂き《奥平信昌》と名乗りました。
黒田氏、細川氏、奥平氏と有力大名が治めたことからも
中津は重要な場所だったことがうかがえますね



DSC_0826.jpg

中津藩6代当主 奥平昌暢の書「足るを知る」です
徳川御三卿・一ツ橋家の娘と結婚しましたが、わずか24歳で
この世を去りました。

父・昌高はシーボルトと交流が深く自らも2種類の辞書を
刊行しています。

中津藩は学問に力を入れていました
藩医で「解体新書」を刊行した前野良沢、九州で最初に解剖を
行った村上玄水など多くの学者や医者を輩出しました
そのことから、中津は蘭学の里といわれています。

足りないと思って知識をめいっぱい詰め込んでしまうと、
新しいものを入れる余裕がなくなってしまい、視野をも
狭めてしまいますよね。

遊びがあるくらいがちょうどいいのかもしれませんね♪



081.jpg

中津城から周防灘を眺めた風景です。
この地の出身者といえば福澤諭吉ですね!
慶應義塾の創始者として日本の教育の基礎をつくりました。
蘭学を推奨していた中津藩の土壌が彼を育てたのしょう。

時勢とはいえ、やはり中津は古くから交通の要衝であった
ことも影響したのでしょう。
長崎から入った西洋の情報は、先見性に富んだ先人たち
によって当地に広まり、さらに港からは上方の文化も
もたらされたそうです。
進んだ文化や情報が中津にはあったからこそ、志の高い
人材が育まれたのだと思います。

私財を投じて耶馬渓を、そしてその先の豊前海を守った
福澤諭吉の志のおかげで私たちは自然に癒され、
海の恵みを頂くことができるのですね



後に中津城は福澤諭吉の進言により御殿を残して取り壊し
奥平家は江戸時代との決別をしました

dd4cbf97.JPG

奥平昌恭氏です。
中津藩最後の藩主・奥平昌邁の長男です。
奥平昌邁は慶應義塾に入学し、家臣であった福澤諭吉の
勧めによりアメリカに留学したそうです

昌恭氏は伯爵、貴族院議員として大正時代に発生した
中津の大火災において復興に尽力したそうです
そして、当主として長篠の合戦350年祭に臨席しました。


次は、愛知県奥三河の長篠城に行ってみます



※福澤諭吉が私財を投じて守った耶馬渓についてはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/148/


※青の洞門についてはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/149/


※羅漢寺についてはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/151/

 

拍手

今回のいい寺は・・・
信仰の寺・羅漢寺です。


羅漢寺は修験道の道場として開かれたお寺です。
臨済宗の和尚さんが五百羅漢を彫って祀った頃は
羅漢寺への道は、とても険しいものでした
信者は大変な思いをして境内にたどりついたそうです。
この険しい山を登る人々の信仰心は相当に厚いもの
だったのでしょう。
そして、仏様にすがる気持ちも大きかったのでしょうね



DSC_0873.JPG

羅漢寺の頂上から見た参道です
ある和尚さんが言っていました。
「迷いや悩みは誰にでもあり、それを誰かに聞いて
 もらいたいと思う。
 実際にそれを持って寺に訪ねてきて、そのことを
 打ち明けることが出来たら、その問題は半分以上
 解決している。」

登る力があれば、そのこそが悩みを解決していく
エネルギーとなるのでしょう
私たちも様々な困難や障害にぶつかったとき、
「何とかしたい」という切なる思いや《エネルギー》だけは
しっかりと持って強く生きていきたいものですね



DSC_0879-2.JPG

羅漢寺の向いには「古羅漢(ふるらかん)の景」と呼ばれる
峰があります。
この峰には、付近から一夜にして飛来したといわれる
阿羅漢が整然と並んでいます。
国東半島の熊野磨崖仏や臼杵の磨崖仏と同じように
石仏を祀り、自然に対する信仰が盛んに行われて
いたのでしょう。
羅漢寺は、対照的に自然のままの道場という感じですね。




1111111.jpg

羅漢寺の歴史は大きく三つに分かれます。
険しい道を歩み羅漢寺へ来ることを課した天台宗の時代。
五百羅漢等の石仏を祀り境内の形が整った臨済宗の時代。
遍く信仰者を受け入れた曹洞宗の時代。
信者にとってのターニングポイントは禅海和尚が
青の洞門を掘ったときでしょう



DSC_0750.JPG

青の洞門により羅漢寺は《修行の寺》から《信仰の寺
へと変わっていったのでしょう。
そして、今はより多くの参詣者が訪れられるように
リフトが稼働しています。



bb5dc5aa.JPG

羅漢寺名物のしゃもじが至るところに貼り付けて
あります。
訪れた人は阿羅漢さんに救ってもらおうと、ご飯を
すくうしゃもじに願いを書いて奉納します

 

8ceb4b1c.JPG

阿羅漢さんは修行で自分のアカ(悩み)を捨てた上で、
お参りに来る人々がしゃもじに書いた《願》というアカ
すくってくれるそうです
阿羅漢さんも自身の解脱(小乗)だけを求めるのではなく
全ての人の救済(大乗)のために願いを聞いてくれます。
本来、仏教は分け隔てなく大衆を救うということが
大切な教えとなっています。
 


DSC_0773.JPG

しゃもじに願いを書いて奉納するときに大切な事が
あります
賽銭箱には「大喜大捨」と書かれています。

喜捨とは、我欲を捨てて社会に貢献するという意味です。

しゃもじに書いた自分の願だけでなく、周りの人の願
叶えられるように手を合わせましょう

そして、
「欲張らなければ自然に願いが叶いますよ」と無漏窟
から聞こえてきそうです。


424332e8.JPG

三途の川の脱衣婆さんがいました。
あの世に渡る前にを捨てさせるのが、お婆さんの
役目です。
欲を捨てた人には、証として六問銭を渡します


DSC_0849.JPG

「地獄箱」が置いてありました

欲や悩みが多いと三途の川の下に流されて地獄に
落ちてしまうといわれています
そこで、この世にいるうちに欲や悩みを書いて捨てる
のでしょう。




DSC_0762.JPG

欲や悩みや罪が大きくて、この世ではとても捨てきれない
と思うときには、お地蔵さんにすがるそうです
お地蔵さんが最後に全ての人を救い、彼岸・西方浄土
送ってくれるそうです
羅漢寺には千体のお地蔵さんがいますから安心ですね



DSC_0828.JPG

羅漢寺の本堂です。
屋根に櫓がある珍しい建物ですね



39858b60.JPG

櫓からの眺望です。
遠くの山並みまで見渡せました


DSC_0843.JPG

ひとのために》と道無き道を掘削し人が通る道を作って
くれた先人がいるからこそ、私たちはこの素晴らしい景色を
眺める事ができるのですね!

私たちはひとから多くの恩恵を受けていながら、他人に
無関心であったり、迷惑をかける人がいます。
「満足や幸せは自分だけのものにしたい!」
という自分中心の考え方をするのではなく、幸せは
自分の周りの人とも共有したい
ものですよね



次は子供の健康と成長を願う《地蔵盆》についてです♪



 ※青の洞門についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/149/


六問銭についてはコチラ↓
 いい寺★徳川家と真田幸村
 e-tera.net/Entry/124/

拍手

今回のいい寺は・・・
全国羅漢寺の総本山・羅漢寺です。


BS朝日・五木寛之の百寺巡礼で最後に訪れた
お寺です

羅漢寺の歴史は古く、大化元年(645年)インドの僧・
法道仙人が、お釈迦様が活動した王舎城・著闍崛山
(ぎしゃくっせん)に似ていることから、この洞窟で
修行したのが始まりです。



DSC_0756.JPG

法道仙人は、中国、朝鮮を経由して九州に渡って
きました
仏教の聖地に似ているこの地で、地ならしをしてから
近畿に向かったのでしょう。
瀬戸内海を渡り、播磨国(兵庫県)に多くの寺院を
創建したそうです。

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル
はじめ、日本に伝わる宗教は、先ず九州に上陸
してから都のある近畿へ向かいました

大陸に教えを求めに行く学僧も九州を経由しています。
九州は宗教伝来のポイントとなる地だったのですね!



c919ded9.JPG

大阪・四天王寺の西門です。
ここが渡来した文化や宗教は、瀬戸内海の海路を通って
大阪で上陸し朝廷の元へと向かいました
古来より瀬戸内海は、重要な航路だったのですね


e857aa88.jpeg

瀬戸内海の東の端が大阪で、西の端が大分です。
大分の領主・大友宗麟も瀬戸内海から京都に出向き、
大徳寺禅宗に帰依しました。
そして、要所である九州で南蛮文化に触れ宣教師と
出会うことによりキリシタンに改宗しました
熱心な信者になったが故に領内の神社仏閣を邪宗
として焼き払い、宮崎にキリシタン王国を創ろうと
しました
大友宗麟の行動は、当時の歴史文化そのものを
映し出していますね。



DSC_0763.JPG

羅漢寺も大友宗麟の兵の焼き討ちにあいました。
その時、境内で石造の龍の眼から光が発せられ
その威力に力を失った将兵は退散してしまい、
難を逃れたそうです。

ここは争い事とは無縁で、静かに修行する場所だと
察して速やかに退散したのかもしれませんね。

武力があれば、何でもなせると考えるのが当時の常識
だったのでしょう。
このような出来事は驚くべき出来事だったのかもしれません。
仮に力で征服しても仏教を求める人の心までは征服
できなかったのでしょう。

現代でも次元は違いますが様々な力関係があり、大小
たくさんの権力闘争があります
儚き権力闘争という力で人を抑えるのではなく、対話に
よる信頼関係で人間関係を作っていきたいものですね!




DSC_0793.jpg

当初は、法道仙人の残した金銅佛を中心にした
山岳仏教の霊地でした。
天台宗・修験道の時代が過ぎて、臨済宗円龕照覚
禅師が五百羅漢、十六羅漢の石像を安置して
羅漢寺となりました。
そして、江戸時代には曹洞宗に鞍替えして
現在に至っています。




DSC_0796.jpg

羅漢さんは正式には阿羅漢といいます。
阿羅漢は仏教で尊敬する聖者のことで、お釈迦様
の弟子の修行する理想的な姿だそうです。

色々な姿の阿羅漢さんがいました。
きっとみなさん悟りを開いているのでしょうが、
まだまだ修行が足りないのか唸っている阿羅漢
さんもいました。

現実の人間社会と同じなのかもしれませんね。
色々な失敗やつまづきがあって、それらを
人間としての在り方(道)を学んでいく。

私たちも現実の生活のなかでそのような向上
目指す生き方をしたいものですね




DSC_0782.JPG

五百羅漢がみえる無漏窟の中央にはお釈迦様
祀られています
羅漢寺の山号になっている著闍崛山(ぎしゃくっせん)は、
お釈迦様が多くの弟子に『無量寿経』『観無量寿経』
『法華経』『般若経』を説かれた場所で霊鷲山(りょうじゅせん)
の音写です。
お釈迦様は八年間も霊鷲山で仏法を説かれ、その間に
一万二千もの仏弟子や信者がいたそうです。
ここに多くの石仏や阿羅漢さんが祀られているのは、
霊鷲山の仏弟子を表しているからなのでしょう。



d68f961e.JPG

そして、阿羅漢の他にお釈迦様の脇侍菩薩である
普賢菩薩文殊菩薩四天王八大竜王梵天
みえました。
これらの諸仏は阿羅漢のサポートが役目なのでしょう。



456fc542.JPG

獅子にのった文殊菩薩です。
長い年月の間に右手の剣は無くなってしまいました。
左手には箱を持っています

ここは臨済宗中国・天台宗の二人の僧侶が、わずか
1年で700体もの阿羅漢や諸仏を彫ったそうです。

国籍や宗派の違う二人の僧侶が力を出し合ってひとつの
ことを成し遂げたのです
箱にはその支えとなった知恵が入っているような気が
しました♪



2bba15d7.JPG

五百羅漢がみえる無漏窟からひとり離れたところに
阿羅漢がみえます。
お釈迦様の第一高弟・ビンヅル(賓頭盧尊者)です。
「ビンヅルは、あまりに明晰でお釈迦様の考えている
ことが全て分かるために敬遠されて外されている」
と説明書きにありました



DSCN2209.jpg

私たちが知っているビンヅルは、自分の病気の場所と同じところ
をなでると、病気が治る大変ありがたい阿羅漢「おびんづる様
として親しまれていますね



DSC_0776.jpg

五百羅漢がみえる「無漏窟」の扁額とたくさんのしゃもじです。
「漏」は《煩悩》を表します。
「無漏窟」は煩悩が無い境地に至る場所ということです。

一休さんの言葉に
「有漏地(うろち)より無漏地(むろち)へ帰る 一休み 
 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」とあります。

この世は、とかく拘ることが多いけれど、自然に受け入れる
ことができれば何事も問題ない(無漏地)ですね。

世の中のすべての事に対応して、すべての事を解決しようと
思っても無理があります。
特に人生の問題を解決することは、なかなか難しいです。
解決しようとする心を一呼吸おいて、受け入れる心を見出せば
自然に問題は解決する、と一休さんは諭しているのでしょうか。



DSC_0810.jpg

たくさんのしゃもじには参拝者の《》が書いてありました。
ご飯をすくうしゃもじに願い事を書いて救ってもらおうという
意味があります

しかし、この願いが強いと《》に変わることがありますから
「無漏」としゃもじの願掛けは対照的な気がします。
ここにしゃもじを張り付ければ、単純に願いを叶えてくれる
というわけではないかもしれませんね

「その願いは、ここに置いて普段の生活に戻りなさい。
 そうすれば、きっと《》は叶いますよ。」

そんな言葉がお釈迦様から聞こえてきそうです



DSC_0779.JPG

修行の五百羅漢と信仰のしゃもじ!
両方の顔を持つこの羅漢寺を、もう少し探ってみます


 

拍手

今回のいい寺は・・・
青の洞門です★



9d84f987.jpeg

耶馬渓の下流にある秘境のお寺《羅漢寺》には禅海和尚
祀ったお堂「禅海堂」がありました



75ebcdcf.jpeg

羅漢寺へ向かう途中の岩山です。
中腹には人の通った跡があります
昔はこの断崖絶壁の険しい道を鎖のみで通って羅漢寺に
向かったのですね

諸国遍歴の旅の途中、禅海和尚はこの難所で通行人が
命を落とすのを見て、村人の為に安全な道をつくることを
決意したそうです




DSC_0903.jpg

耶馬渓の下流には羅漢寺へ向う人のために作られた
青の洞門》があります。



DSC_0885.jpg

禅海和尚は托鉢勧進によって掘削の資金を集め
「ノミと槌だけで30年かけて青の洞門を掘りぬいた」
と言われています。



DSC_0902.jpg

青の洞門》は逸話を元に書かれた菊池寛の「恩讐の彼方に
という小説のなかで命名されたものです
今では遊歩道になっていて歩いて通ることができます

四季折々に表情を変えていく景観の美しさ
紅葉はもちろんのこと、新緑、深緑、雪景色と一年を
通して楽しむことができる場所です





DSC_0891.jpg

中津出身の福沢諭吉は、この一帯の地所が売りに出されると
景観や環境を守るために私財を投じて買取り、荒廃の危機
から救ったそうです

耶馬渓を源流とした山国川は、豊前海にそそぐ大きな
河川のひとつです
日本におけるナショナルトラスト運動の走りといわれる
福沢諭吉の行動は豊前海をも救っていたのかもしれ
ませんね!!

今に残る偉大なる文化遺産はその当時の人の努力である事は
もちろんながら、それ以上に後世の「思いのある人」によって
守られてきているのでしょう
私たちもそのような思いを持ったひとりでありたいですね



1d1ea1c1.jpg


耶馬渓青の洞門のある中津は黒田氏、細川氏、小笠原氏、
奥平氏と、藩主が代わる代わる治めた古い城下町です。
往時は「西の博多か東の中津」とも謳われた場所です。



080715_2011_0001.jpg

福岡県の小倉から大分県北部にかけて広がる豊前は古くから
漁業が盛んでした
とりわけ中津のハモは大ぶりで本場とされる京都をもしのぐ
逸品だそうです



040706_01.jpg

細川氏の時代、藩主が漁師を集めてハモ料理を考案させた
という説があるくらい、ハモは昔から獲れていたそうです。
中津では、どこの魚屋さんもハモの骨切りができますし、
専用の包丁を持っている家庭もあるそうです



DSC_0888.jpg

豊前海には広大な干潟があります。
この干潟こそ、豊前海の宝なのだそうです
内陸に豊かな森を控えた豊前海には、鉄分を多く含む栄養の
豊富な水が河川から流れ込んでいるからです
そして干潟と良質な砂泥質の海底は海藻を育て小魚を育み、
遠浅の干潟には壮大な生態系が形成されています!



640d1a30.jpg

ハモ料理が有名になったのには、ただ単に沢山獲れたという
だけではなく、藩主が政治的に推奨したことも背景にあります。
それだけではなく、そこの地域の漁師や町の方々が創意工夫
して努力を積み重ねてきた結果なのでしょうね!

名物も名所も決してひとりだけで出来るものではないと
思います。
そこには後世を含めたくさんの人の思いと努力があって
こそのことだと思います。

何かをなそうと思えばそのようなたくさんの人の気持ち
まとめることが大事なのでしょう



次は、羅漢寺を訪れます
 

※耶馬渓についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/148/
 

拍手

≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]