忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
フランシスコ・ザビエルのもたらしたものです♪


DSC_0959.JPG

フランシスコ・ザビエルは1506年、スペインのナバラ国の
貴族の末子として生まれました。
日本に初めてキリスト教を伝えた宣教師です。
彼はインドのゴアにいたときに日本の存在を知り日本に
行くことを希望していたそうです

その願いが叶い鹿児島に上陸しました。
その後、長崎下関と渡り京都に入りましたが、都で成果を上げる
ことなく、山口で布教活動を行っていました

そこへ、府内に南蛮船が入港したことを聞き、大友宗麟
招きもあり豊後・府内を訪れました

大友宗麟の保護を受け、神の教えを広めたのです
それと同時に新しい《南蛮文化》の花が咲き乱れることと
なりました



DSC_0965.JPG

大友宗麟は22歳の若さで九州の何ヶ国も治める大名でした。
宗麟がザビエルという異国の宣教師の言葉に感銘を受け
後にキリスト教を広めていくようになるのですから、その影響力
には驚かされますね。

人のために尽くして死ぬことこそ究極の愛
戦は憎しみの連鎖を生むのみである

ザビエルが人間的に素晴らしく魅力的であったのでしょう

宗教はもちろん中身が大切ですが、それ以上にそれを広めよう
とする人の人間性振る舞いが大切なのでしょうね!



DSC_0177.JPG

府内(現在の大分市)にはザビエルの遺徳を偲ぶキリシタン
殉教公園やザビエル像などがあります
そしてザビエルの功績をたたえて和洋折衷の菓子《ざびえる
が誕生しました。

バターの聞いたヨーロッパ風の皮と、精選された純日本風の
白餡が口の中で溶けていくようです



c0558b49.JPG

旅行者のみならず、地元の方のお茶うけとして多くの人に
愛されてきた銘菓でしたが、平成12年に製造元が
自己破産に陥ったため、味わうことができなくなってしまいました
そんな中《ざびえる》を愛する元従業員たちが
「もう一度みなさんに味わってもらいたい」と私財を投じて
会社「ざびえる本舗」を起こし、平成15年に見事復活を
遂げました

すばらしい話だと思いました。
従業員が自分たちの意思で商品を開発し、自分たちの意思で
作り、自分たちの意思で販売していく・・・
個々人が『自分の意思』を持って努力ができると、どのような
組織でも強くなるでしょうね!

《ざびえる》の会社が一度倒産したにもかかわらず、従業員の
意思と団結によって見事に再生したことがそれを証明して
います。


2ff68985.JPG

豊かな漁場で獲れた魚


DSC_0404.JPG

良質のブランド魚が集まる大分で、おいしいお魚を頂きました


DSC_0402.JPG

大分と愛媛の間の海峡で獲れる《関アジ》です
大阪に向かう南蛮船は、豊予海峡か関門海峡から瀬戸内海を
通っていきました
大友宗麟は南蛮貿易で優位に立つために両方の海峡を手に
いれようとしたそうです

昔は重要な拠点でしたが、今では美味しい魚が獲れる
場所です
大分・佐賀関で水揚げされるアジ・サバは「関」の名が付き
ブランド魚となっていますね。
対岸の佐田岬で獲れる魚は、「岬」の名が付きます。
同じ魚ですが、佐賀関では一本釣で獲ってから出荷まで
厳格に取り扱われるそうです。
商標の裏に隠された弛まぬ努力 それが美味しさの秘密
なのですね。



DSC_0953.JPG

大友宗麟がフランシスコ・ザビエルを招いた後、府内に日本初の
洋式病院が建ち、ポルトガル人青年医師アルメイダによって
外科手術が行われたそうです
5年後には入院患者が百人にもなり、遠く京都や関東からも
患者が訪れたそうです。

日本では、昔から薬草を煎じて飲んだり漢方で対処したりして
いましたから西洋医学は画期的で大変な評判だったでしょう。

明治になって正式に西洋医学が日本に入ってきたとき、
西洋医学と日本古来の治療法を駆使して名医が沢山
輩出された地域があります。

兵庫県の《やぶ》地方です。
評判が高く《やぶ》出身の医院はいつも患者でいっぱいだった
そうです。
あまりの評判で《やぶ》の看板を掲げれば患者が来ると企んで
全く違う医者まで《やぶ》の名前を使うようになりました

そんな浅はかなことを考える医者ですから腕は
よくありませんよね。
その結果、今では《やぶ》の意味はまったく反対に
なってしまいました。



9aef672b.JPG

大分名産 豊後牛のかわいらしいタイルを見つけました
いつの時代でも、看板で偽ったり生産地でごまかしたり偽装と
いうものは後を絶ちませんね。
大切に一生懸命生産している方々の努力を無駄にしないように
私たちもしっかりした目でみていかなければなりませんね


大分で食事をして名称には、深い意味があることを感じました。


次は、寺の名前について京都・浄瑠璃寺にいってみます。

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
大友宗麟の蒔いた種です


e857aa88.jpeg

大友宗麟が家督を息子に譲って丹生島城(臼杵)へ
隠居した時に府内(大分)の多くのキリスト教徒臼杵
移りました。
当時、大友宗麟のキリスト教への信仰心は揺るぎない
ものでした。
その強い意志のもとキリスト教の国を創るために日向
攻め込んだのは翌年のことでした。



d160e1a1.jpg

大友宗麟は島津氏との合戦の直前に洗礼を受けて、正式に
キリスト教徒となったのです。
洗礼名「ドン・フランシスコ」
欧州でキリストの聖地を取り戻しに十字軍が遠征したように
大友宗麟もキリスト教の国を創るという信念を持っていた
のでしょう。

合戦に負けて夢は叶いませんでしたが、キリスト教への
支援を積極的に行いました。
そして、臼杵に祈りの場としての教会と養成の場としての
修練院が出来ました
大友宗麟の庇護のもと臼杵は豊後のキリシタンの中心地
なっていきました。




tensho.jpg

大友宗麟が亡くなってすぐに、豊臣秀吉がバテレン追放令
出しました。
九州地方のキリシタンは大慌てとなり、宣教師の間では比国・
マニラ王に海軍の派遣を願おうという話まで出たそうです。
そこで、天正遣欧使節が豊臣秀吉に謁見したときにヴァリニャーノが
インド副王の使いとして随行し、宣教師が日本に残れるよう尽力し
成功しました。

九州地方には多くの宣教師が残り、信者も増えたそうです。
徳川時代になるまで、臼杵はキリシタンの国として安泰でした。



DSC_0535.JPG

徳川幕府のキリシタン弾圧は徹底的なものでした。
臼杵も稲葉藩の領地となって、厳しい取締りが行われたそうです。
その関係か、町の中に当時のキリスト教を偲ぶものが見当たり
ませんでした。



6e58c1e7.JPG

臼杵から完全にキリスト教の信者が消えてしまった
のでしょうか?
市内を巡るうちに、隠れキリシタン墓と推定される墓が
残っていると聞き二王座を後にし、探してみることにしました

しかし、なかなか見つけられず、地元の方に尋ねても、
役所の方に聞いても分かりませんでした・・・。



DSC_0419.JPG

臼杵の観光協会に電話したところ
「ちょっとわからないけど、調べて折り返し電話をしますね。」
と言ってくださいました

そして待つこと20分・・・
観光協会の女性はキリシタン墓の場所を調べてくれました。

名古屋から遠く訪れた九州の地で思いがけず触れた人の
温もり
顔の見えない電話の向こうの相手に「わかりません」と答えて
しまえばそれで済む話なのですが、この女性は真心を持って
相手に接することが出来る方なのだなと感じました



DSC_0680.JPG

やっとの思いで探し当てたキリシタン墓
畑の脇道に小さな小さな看板を見つけました。



DSC_0679.JPG

うっそうと茂る樹木の中にひっそりと祀られている墓
教えてもらわなければたどり着く事が出来なかったでしょう



DSC_0678.JPG

キリシタンの多かった臼杵市の中でも掻懐(かきだき)地区は、
江戸時代初期においても庄屋以下全員がキリシタンでした。
幕府のキリスト教弾圧によってこの地区は危機に立たされ
ましたが平清水の大橋寺の第6世道上人が、
この地区の民は仏教徒である』と
宣言したことによってその弾圧から逃れられました。

現在に至っても彼の命日には、この地区の人々は野菜を
持ち寄り報恩供養を行っているそうです。

信じるものが違ったとしても、相手の気持ちとなり
手をさしのべる事が、人間本来の姿なのでしょうね




DSC_0665.JPG

16~17世紀に造られた2基の墓です。
側面に彫られた十字架が確認できますね
しかし、2基とも十字架の他に記銘は見られませんでした。
キリシタン禁止令の中、ひっそりと信仰は受け継がれてきた
のでしょう。
近所の方の気遣いでしょうね、青葉が供えてありました

このように整備されて守られたお墓を見ると、受難の時期を
乗り越えても受け継がれた信仰の力の大きさを感じました。

今は府内(大分)に大友宗麟伊東マンショの像があり、
臼杵よりも当時を偲ぶものがあるようです。



DSC_0443.JPG

大分駅近くにある大分カトリック教会を訪れてみました
外観はシンプルな感じで、鐘楼がありました



DSC_0421.JPG

女性信者がミサの準備をしていました。
朝日が差し込んで堂内はとても明るかったです
コンクリートで出来た建物ですが温もりを感じました。



DSC_0429.JPG

両側のステンドグラスには、イエスの生涯が描かれていました。
誕生から受難、そして復活・・・
日本でのキリスト教の歴史もイエスの生涯と似ていますね。

フランシスコ・ザビエルが日本を訪れて、イエズス会を中心に
布教活動が行われました。
当時は、ポルトガルが主導権を握り、インド、マニラ、マカオを
中継地として宣教師が日本に派遣されました。
南蛮貿易を通して、日本各地に出向き教えを広めました
そして、江戸時代の禁止令という受難期を迎えました。
その間250年、密かに隠れキリシタンとして教えが受け継がれて
きましたね。


宣教師が命に及ぶ迫害を受けていく中で耐え忍び、
純粋な気言動によって地道に広めてきました。
どの宗教にしても、そういった人達の弛まぬ努力によって
受け入れられて、定着していくのでしょう!



DSC_0435.JPG

明治の開国を迎えた時、キリスト教再布教の主導者は
パリ外国宣教会に移っていました
彼らはフランス植民地政策をバックに日本における明治以降の
カトリックの基礎を創りあげました。
彼らによって、日本のカトリックは復活しました。
そして、プロテスタント教会ギリシア正教が日本に進出して
キリスト教は新しい時代を迎えました。




DSC_0438.JPG

開国後の布教は教育活動を中心とし多くのミッション系の
学校が生まれました。
大分カトリック教会も幼稚園を運営していました。
戦国時代は貿易を通して、今は教育を通して教えの種
蒔いていますね。

大友宗麟を通して、日本におけるキリスト教の歴史を探る
ことができました
機会があれば長崎も訪れてみたいですね

拍手

今回のいい寺は・・・
大友宗麟の夢見たキリシタン王国です。


大友宗麟は九州六ヶ国を手にいれたときには、出家して
休庵宗麟と名乗りました。
その後、家族との不仲から心の安らぎを求めてキリスト教
傾倒していきました
領地の拡大と南蛮貿易で富を得ましたが、自分勝手な
振る舞いから人心を掌握することが出来なかったようです


77230b08.jpg

大友宗麟は出家して仏門に入ったときも宣教師には
府内での布教活動を許可していました。
自身が洗礼を受けて《ドン・フランシスコ》となった時には
領内に多くのキリスト教信者がいました。



647fd8a8.jpg

大友宗麟は信仰を深めるあまり、キリシタンの理想郷
建設する名目で寺社仏閣を破壊したそうです

信仰は自由で皆平等ですよね。
自分が信仰する宗教ではないからといって、他人の
信じるもの壊しても良いということはありませんね!

このことで家臣の不審をかってしまい、大友宗麟の夢は
頓挫してしまいました
求めてやまない人々の信仰心を力によって破壊し強制
するような行為は、たとえそれが正しい理想であっても人々
の信任を得ることはできませんよね!

自らが信仰によって人格を磨き、発言や行動で模範とされる
ような行いを指導者自体が示さないと、新しい信仰は新しい地に
根付いていかないものでしょう




3c5025af.jpg

大友宗麟の考えた理想郷とはどんなものだったのでしょうか。

南蛮貿易のなかで西欧諸国がキリスト教を国教として国を
統治していることを知り、宗教の力によって領内を治めようと
考えたのかもしれませんね。

そこに理想郷を創るチャンスが訪れました
当時の九州は、大友氏島津氏の二大勢力が領地を
二分していましたが、日向国(宮崎)は大友氏の親戚に
あたる伊東氏が治めていました。

その伊東氏は島津氏との合戦に敗れてしまい、大友宗麟の
元に落ち延びてきました
大友宗麟は、伊東氏が助けを求めたことを口実に日向
攻入りました。
日向にキリシタン王国を創る」という夢を叶えるために
四万の大軍を率いて・・・




RIM00069.jpg

大友宗麟は南蛮船に乗って日向に向かいました
船内では同乗した宣教師のもと、欠かさずにお祈り
行いました
日向の北、延岡に上陸してからは、仮設の教会を
造り家臣や側室とともに毎日ミサを行ったそうです

夢の実現のため、神のご加護を・・・
大軍を率いた大友宗麟は、家来が戦果を挙げながら
南下する状況に勝利を確信していたのでしょう



6d5076ee.jpg

ところが、大友宗麟が到着する前に家臣は島津軍と合戦を
始めてしまい大敗北を喫してしまいました
耳川の合戦と呼ばれていますが合戦の地は高城川でした。
耳川は、敗走する大友軍の兵士が川を渡りきれずに
多くの死者が出た場所です。
大敗北を象徴する場所が、合戦の名前になっています。

大友宗麟の落胆も相当なものだったでしょうね。
二度と理想郷を創るチャンスは訪れませんでした



DSC_0944.jpg

大友宗麟の元に逃れた伊東一族の中には、8歳の伊東マンショ
いました。
伊東マンショは豊後でキリスト教と出会い、入信し司祭になる
ために神学校に進みました

当時宣教師の布教活動は財政難から思うようにいきませんでした。
そこで布教事業の立て直しと次代を担う邦人司祭育成のために
使節をローマに派遣することになりました。
大友宗麟は、神学校にいた伊東マンショを派遣することに
しました。



d5916a5e.jpg

天正遣欧少年使節の正使として、伊東マンショはローマ
向かいました
キリシタン王国創造に失敗した大友宗麟にとって伊東マンショが
一縷の望みだったかもしれませんね。



f0b212de.jpg

使節一行はポルトガル、スペイン、ローマと渡り、ローマ法王に
謁見
ローマ市民権を与えられました。
フィレンツェではメディチ家による舞踏会にも参加したそうです
多くの収穫を得て、一行は日本に戻りました



DSC_1640.JPG

見聞を広めた一行が日本に戻ったときには、日本の情勢が
変わっていました
大友宗麟は亡くなり、豊臣秀吉によってバテレン追放令
出されていました。
キリスト教には逆風が吹いていましたが、使節団は聚楽第
豊臣秀吉に謁見することが出来ました。
西洋楽器の演奏などをして豊臣秀吉に気に入られたそうです

その後伊東マンショは大友宗麟の遺志を継いで九州を中心に
布教活動を行って教えを広めました



50984f9b.jpg

大友宗麟は、天正遣欧使節団の帰りを待ちわびていたでしょう。
キリスト教の国という夢は儚く散ってしまいましたが、
信仰による真のキリシタン王国を
最後の夢を彼らに託しながら天に召されたと思います。

大友宗麟が理想という形にこだわらなければ、そして人々の心の
なかに根付く王国
を創ることに気付けば彼の夢は叶ったことでしょう!

本来、宗教は形を造り上げるものではなく、を蒔いたら自然と
実っていくものではないでしょうか
形に残さなくても、に芽吹いたものは決してなくなりません。

それはキリシタン禁止令が出された受難の時期を過ぎても
信仰の芽が残ったという歴史が証明していますよね



次は大友宗麟の蒔いた信仰の芽を探してみます

拍手

今回のいい寺は・・・
臼杵の二王座を歩です

臼杵藩の城下町には、今でも古い町並みが残っています。
そこには武家屋敷寺院が立ち並び、古き時代を今に伝える
場所となっています。



384edc10.JPG

臼杵城から眺めた月桂寺です
月桂寺は、稲葉家歴代藩主の菩提所として二代目藩主・稲葉典通が
建立したお寺です。

祖父・稲葉一鉄が妻の菩提のため、美濃に創建したお寺も月桂寺と
いいました。
臼杵藩への国替えに合わせて、同じ名前のお寺を新たな地にも
造ったのですね。
稲葉典通は、美濃から湖南宗嶽和尚を開山として招きました。




DSC_0611.JPG

二王座にある浄土真宗・善正寺です。
最近本堂を新築したお寺です。
親鸞聖人の像が祀られていました。
ここも400年前に郡上八幡より移転した寺院です。
本尊は美濃伝来の阿弥陀如来像で、開基顔了法師も美濃から
訪れました。

大名の引越しには、家臣や家来や多くの住民がお供していきます。
先祖を残して移る不安を解消するために、寺院も一緒に引っ越して
きたのでしょうか。

同じ郷里同じ信仰を持つ仲間がいた事はどれだけ心強かった
ことでしょう!
やはり、共有できるものを持った関係は強い絆で結ばれており、
お互いに安心と信頼の中で新天地で生きてきたのでしょうね!!



DSC_0612.JPG

国替えのときに宗教(先祖)が心の支えになったのでしょう。
僧侶が随行して新天地に向かって行きました

臼杵は、キリシタン大名・大友宗麟が築いた町でキリスト教徒
多くいました。

そこへ、美濃から和尚さんを伴って引っ越してきたお殿様一行。

宗教の違う人が同じ地域に住むということは、現代では難しい面も
ありますが、この臼杵では藩主がうまく舵取りをして融和していった
のでしょう


ところが、江戸時代になるとキリスト教禁止令が発布されて
檀家制度が確立されました。
キリスト教徒にとっては衝撃的な出来事だったのでしょう

これをきっかけに大友宗麟の築いた臼杵から稲葉家の城下町へと
変貌をとげました。



DSC_0630.JPG

昔ながらの町では、寺院を中心にして門前町や住居地を形成
しているところが多いですね。

寺院は昔から人の集まる場所でした
そして、先祖を祀る場所として景観や自然災害を考えて
立地条件の良い場所に建てたそうです



DSC_0620.JPG

小道を上がるとその先には古い町並みが続いていました
かつて、この地には春日局も住んでいたとか・・・



DSC_0639.JPG

格子戸の向こうに見える黄色い自転車がかわいらしいですね
歴史地区の中で景観を守りつつ住居として使われているようです。



DSC_0635.JPG

ゆるやかなアーチを描く道
二王座は阿蘇山の火山灰が固まって出来た凝灰岩の丘で、
あちこちの岩を削り取って道を通したものだそうです。
切り通し》と呼ばれ、風情がありますね



DSC_0625.JPG

二王座の町並みの中にある無料休憩所



DSC_0626.JPG

一歩中に入ると、懐かしい公衆電話に土間
おばあちゃんの家に来たような気分になりました。



DSC_0627.JPG

温かい色の電球のもとで懐かしさに包まれます




DSC_0614.JPG


毎年11月の第一土・日曜に《うすき竹宵》が開催されるそうです。
約2万本もの竹ぼんぼりが二王座歴史の道周辺に灯されます



aa8af642jpeg

臼杵石仏を造った真名長者の娘、般若姫の御霊が都から
里帰りしたという伝説を再現したものです。




DSC_0617.JPG

こちらにも無料の休憩所がありました。
散策には嬉しい施設ですよね♪




DSC_0645.JPG

格子窓の町屋が並ぶ通りを歩いたとき
醤油屋さんのおばちゃんが笑顔で迎えてくれたとき
坂道を散策する人の嬉しそうな顔を見たとき
小さな水路でキレイな鯉を見つけたとき
朝、川のせせらぎで目を覚ましたとき・・・

小さな町っていいですよね


2泊3日の休みが取れたなら、近くの海外にも十分
行けるかもしれないけれど、国内の小さな町を訪れて
みるのも素敵な過ごし方ですよね!

ただそこにいるだけで、まるで自分のふるさとのような
懐かしいぬくもりに包まれるものです



大友宗麟の夢見た王国・大分の町 散策はまだ続きます
















拍手

今回のいい寺は・・・
臼杵の武家屋敷です。


DSC_0536.JPG

市内の中心部には稲葉家の下屋敷があります


稲葉氏は関ヶ原の合戦で西軍から東軍に変わって手柄を
あげ、郡上八幡から臼杵に国替えとなりました。
手柄のご褒美としての国替えでしたが、江戸時代には
鎖国で南蛮貿易が途絶え、臼杵藩は財政的に恵まれて
いなかったそうです。


明治になると、当主は版籍奉還をいち早く行い、藩知事となり
廃藩置県で藩は臼杵県となるなど政府の方針に素早く従いました。
その後、稲葉家は華族となって東京へ居所を移しました。
稲葉家には戦国時代や明治時代と、時代の変わる時に先を
見る目がありましたね

先を見る目」というのはグローバル化した今の社会にもあてはまり
ますね。

ある会社のHPに・・・
機を見て、勝負するときは思い切って勝負する。
 その時大切なのは時代や経済を的確に見抜く判断力と
 先を見る目である。

と書いてありました。


この変化の激しい現代においては、先を読んで時代を読み
身を処していくという生き方はとても必要なことだと思います。

しかし、大阪の陣に参戦した真田幸村のように不条理なことに
一矢報い立ち向かっていく
生き方もとても《美しい生き方》だと
思います







DSC_0539.JPG

東京に移った稲葉氏が臼杵に訪れた時の住まいとして
地元の有志によってこの屋敷が建てられました。
臼杵を去っても、お殿様は人望を集めていたのですね



DSC_0571.JPG

庭のアジサイが綺麗に咲いていました。
ひとつひとつの花がグリーンに映えますね。




DSC_0597.JPG

屋敷の庭は、樹木と芝の緑が眩しかったです
昔から殿様が何時お越しになっても良いように、庭の手入れが
行き届いていたのでしょう
今でも常に庭師が入っているようですね。



DSC_0596.JPG

屋敷の広間です。
この大書院の部屋から臼杵城を眺めたのでしょうか
殿様が里帰りの折に城が眺められるようにと、この場所に
屋敷を建てたのでしょうね



DSC_0589.JPG

屋敷の内部には、武具やお姫様の豪華な駕籠など
稲葉家伝来の品々が展示してありました。



af706672.jpg

臼杵藩稲葉氏の家系図が置いてありました。
関ヶ原の合戦で手柄をあげた藩祖・稲葉貞通父・稲葉一鉄
美濃国・斉藤氏、織田信長、豊臣秀吉に仕えて名を馳せました。

稲葉一鉄は、文武両道に優れていましたが頑固な一面が
ありました。
織田信長の家臣でありながら意見が合わない時は信長の
言うことさえ聞き入れなかったそうです
そこで、名前の「一鉄」にかけて《頑固一徹》の言葉が生まれました。

美濃で活躍した稲葉一鉄と臼杵の町で新しい稲葉家を築いた
稲葉貞通・・・
同じ生き方はしなかったようです。


DSC_0545.JPG

それぞれの環境に合った生き方をする事が大事ですね!
自然に背く樹木は枯れてしまいます

稲葉一鉄、稲葉貞通親子を樹木に譬えてみました。

稲葉一鉄の生き方は、自然に生えた樹木・・・
地中深くに直根が伸びて風雨に曝されても、日照りが続いても
平気なように、何事にも動じないものだったのでしょう。

息子・稲葉貞通は、美濃から臼杵へと環境の違う土地に移りました。
それは植木に似ています。
直根を切って移植すると細根を四方八方に伸ばして、万遍なく
養分を吸収する・・・そのように細心の注意を払って、万遍なく
気配りし新しい土地に馴染んでいったのでしょう。

そして植木の添え木と同じように、先遣隊の七人衆が臼杵藩を
支える役目をしたのでしょうね。



DSC_0548.JPG

五代将軍・徳川綱吉黒印状も展示してありました。
稲葉一鉄の姪には、三代将軍・徳川家光乳母・春日局
いました。
一時期、春日局は臼杵に身を寄せていたこともあります。


DSC_0598.JPG

春日局は夫と離別したのちに血縁の稲葉氏を頼り、一時は
二王座(市内の武家屋敷街)で暮らしていました。
後に春日局は三代将軍・徳川家光の乳母になりましたから、
臼杵藩にとって大きな後ろ盾になったでしょうね。

先が見えない人生や、環境の変化で迷った時の一筋の灯り
この灯りに「救われた」と思うことがありますよね。

それは、言葉であったり、さしのべられる手であったり


60674ebc.JPG

稲葉家下屋敷の隣に移築した上級藩士平井家の武家屋敷
あります。
江戸中期の藩士の生活が見えます


DSC_0553.JPG

朝の柔らかい光の中、向こうの方に見えるがとても
爽やかな印象でした


DSC_0560.JPG

映画「武士の一分」を思い出しました
つましくも懸命に、身の丈に合った日々を生きる主人公。
木村拓哉演じる下級武士と彼を支える妻の情愛



DSC_0557.JPG

日々の暮らしに根ざしたささやかでかけがえのない夫婦の幸せが
お互いを思いやる言葉手料理などに詰まっている気がしました。

武家屋敷のたたずまいは、決して派手さのない質実剛健と
いった雰囲気でした。
これは今でも臼杵の気風となっていて、質素、倹約、勉励が
臼杵の精神とされています。
そして稲葉一鉄の影響か、頑固者多いそうです。



DSC_0591.JPG

いつでも殿様のお越しを待っているかのように、稲葉家下屋敷の
玄関は幕が引かれ、掃き清められていました

次は、春日局も住んだ二王座界隈です。



※徳川家康と真田幸村についてはコチラ↓
  e-tera.net/Entry/124/

拍手

≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]