忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大友宗麟が創建した臼杵の城です


d038cc03.jpg

戦国時代、九州北部六ヶ国を手に入れた大友宗麟
南蛮貿易で手に入れた富を基に力を伸ばしていきましたが、
人生は順風満帆とはいきませんでした。
家督相続の争いでは父や弟を討ち、敵対した家臣を粛清しました。


sourin_s.jpg

近隣の国との戦で身内や家臣を失うなかで、北九州全域を
手に入れて全盛期を迎えました。

そんな時に大友宗麟(義鎮)は、出家して僧名・休庵宗麟
なりました。
多くの流血と犠牲があったので、仏門に入って菩提を弔う
気持ちになったのでしょう。
キリシタン大名になる前の姿ですね。


DSC_0449.jpg

大友宗麟は国を治める政の中心を府内(現大分市)
置きましたが妻との不仲から臼杵に城を創建して、妻子を
残して府内から移ってしまいました



DSC_0459.JPG

大友宗麟は臼杵の丹生島に城を造りました
北に毛利氏、南に島津氏と有力大名に囲まれていたので
自然の要塞としてこの島を選んだのでしょう
引潮の時に砂洲ができて一ヶ所だけ陸とつながったそうです。

今は周囲を埋め立てて、臼杵の町の一角となってしまいましたが
城郭へ登る道が自然の岩盤を削って造られていて昔は島だった
ことがうかがえますね



DSC_0510.jpg

大友宗麟は六ヶ国を治めた上に、対岸の四国・伊予半国も
手に入れていました。
四国・佐多岬半島と大分・佐賀関半島の豊予海峡が海の
関所となったのでしょう。
臼杵が往来する南蛮船の停泊地となって、活発に交易を
行いました

地の利を活かした大友宗麟の政治的手腕が大友家の
領地拡大につながったのでしょうね



bd29f51f.jpg

南蛮貿易を盛んに行った大友宗麟は、キリスト教への改宗
によってポルトガルの信頼を得たのでしょう
当時としては新兵器である鉄砲大砲、それに火薬類を豊富に
手を入れることが出来ました



DSC_1676.jpg

ところが大友宗麟のキリスト教への改宗は思わぬことに・・・
異国の宗教に改宗したことで一族や家臣の反感を買い
落胆した家臣の士気落ちてしまいました
また、離反する家臣も多かったそうです
信仰が深くなるにつれて、領地を失うことになってしまいました。



DSC_0588.JPG

海に浮かぶ自然の要塞・丹生島城
四方八方に櫓が造られて、臼杵湾に浮かぶ軍艦のようだったの
でしょう。
そして大友宗麟の晩年に、この城が活躍するときが訪れました。



DSC_0470.JPG

九州北部六ヶ国を治めた大友家は、度重なる敗戦で領地と力を
失っていきました。
最後は薩摩・島津氏の侵攻によって、大友宗麟の丹生島城
残すだけとなってしまいました
大友宗麟は島津軍を籠城して迎え撃ち、豊臣秀吉の援軍
来るまで持ちこたえたそうです

※これが豊臣秀吉の九州征伐です。
 豊臣家の家臣・細川忠興も出陣して、この間に細川ガラシャ
 カトリック教会を訪れてクリスチャンとしての信仰を深めました。



700b128b.jpg

この合戦では、南蛮貿易で手に入れた武器が大友宗麟を
助けました

中でも、ポルトガルから入手して 丹生城に備え付けられた
大砲《国崩》の威力は凄いものでした
大音響を発して敵陣に命中し、多数の死傷者を出した島津軍は
戦意を消失したそうです。

そして、豊臣秀吉によって九州は平定されました
この戦で、大友宗麟は疲れ果ててしまったのでしょう。
多くのものを失い、失意の中この世を去りました。



DSC_0466.JPG

現在は、城跡の至るところに鳥居があります。
キリシタン大名・大友宗麟が創建した城も明治の
廃仏毀釈をへて、神道の聖地となっているのでしょうか…


DSC_0467.jpg

大友宗麟の亡くなった後に大友家は改易となり九州の地から
姿を消してしまいました。
丹生島城は関が原の合戦後、臼杵藩に国替えした稲葉家
よって整備され三層四階の天守と31基の櫓が上げられて
臼杵城となりました。
廃藩後は、天守以下建物は一部を残し取り壊され、周囲の
海も埋め立てられました。



DSC_0511.jpg

天守閣跡の脇にある卯寅口門脇櫓(うとのぐちもんわきやぐら)です。
寅の方角と卯の方角の間に位置するとされる「卯寅口門」の脇に
位置することから、この名前が付けられました。



DSC_0515.JPG

この横から登る鳥居のトンネルがありました。



DSC_0520.jpg

丑寅稲荷神社が建っています。
この神社は大友宗麟が築城に際して、丑寅口が城中の鬼門に
あたるため城の地主神・丹生島明神を祀ったのが始まりです。




df697c57.jpg

臼杵城に隣接して護国神社があります。

臼杵城は明治に起きた西南の役臼杵士族西郷隆盛軍
戦いの舞台となりました。
明治になって士族(上級武士)の生活が困窮して、不満を持つ
薩摩の士族が西郷隆盛を担いで反乱を起こしました。

臼杵の士族は、西郷軍に合流することなく政府方につきました。
そして、数で劣る臼杵士族隊は各地で敗れて、臼杵城は一日で
落ちたそうです。
戦国時代から江戸時代を経て、また薩摩との戦とは因縁めいて
いますね。

護国神社臼杵士族隊の霊を祀るために造られたそうです。
そして、稲葉藩の歴代の藩主と国家公益につくした人の霊が
祀られています
臼杵士族隊は、政府要職に就いた殿のためにと思って西郷軍に
戦いを挑んだのでしょう。



DSC_0534.jpg

臼杵城の至るところに護国神社の参道として鳥居があります。
城の入口の鳥居は、護国神社創建120年を記念して建てられた
ものです

臼杵藩を思う人々の心意気を今に伝えるものですね。

家臣が離反していった大友家稲葉家のためと負け戦に
向かっていった臼杵士族隊
・・・
臼杵を治めた二つの大名を比べてみると現代社会にも結びつく
ような気がしました。


経営者にとって、自分の理想を実現する会社にしたいと願う事は
当然でしょう。

宗麟の失敗は、人心を掌握しない経営者がたどる道と重なりますね。

武士社会であれ現代社会であれ、時を経ても要となる部分は
同じなのでしょう。



人心を掌握するということ・・・

不安を感じたり、苦しんでいるときにその状況にふさわしい一言
投げかけてあげられたらいいですよね


その一言で やる気を起こし

その一言で 励まされ

その一言で 夢を持ち

その一言で 嬉しくなり

その一言で 立ち上がる

その一言で 腹が立ち

その一言で 泣かされる

ほんのわずかなその一言で 不思議に大きな力を持つ

ほんの一寸のその一言で・・・

現代に生きる私たちもそれぞれの立場で考えるべきだと
思いました。



023a607f.jpg

城郭の跡地は運動公園となっています。
皆さんゲートボールを楽しんでいました



3ca5d2b4.jpg

城からの眺望です
臼杵港は造船所や九州と四国を結ぶフェリーの港となっています



DSC_0489.jpg

臼杵城の向かいの丘には、稲葉家の菩提寺武家屋敷が立ち並ぶ
二王座》があります。

次は、稲葉家下屋敷を訪ねてみます



※いい寺《玉造教会と細川ガラシャ》はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/123/


※いい寺《細川家菩提寺・高桐院》はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/125/

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
大友宗麟の町・臼杵を散策してです♪

キリシタン大名 大友宗麟の国、豊前・豊後(大分県)を
訪ねてみました


DSC_0488.JPG

大友宗麟の居城・丹生島城があった臼杵市です。
臼杵市は、日本に最初に仏教が伝わった地域として寺院が
多いそうです。
寺院と武家屋敷のある街並みは、大林信彦監督の映画
なごり雪」の舞台となりました


大友宗麟が築いた町ですが、当時を偲ぶものは城跡だけに
なっていました
江戸時代には、臼杵藩となって稲葉氏の領地となりました。
稲葉氏は元々郡上八幡の殿様でした。
関ヶ原の合戦で当初西軍でしたが、東軍側について手柄を
あげて臼杵藩五万石へと国替えになりました。
今は、大友宗麟よりも稲葉氏の町として知られています。



11dc7747.JPG

臼杵藩五代目藩主の頃に城下町は整備されて藩政が
整いました。

古い商店が立ち並ぶ城下町を散策してみました



DSC_0661.JPG

「可児醤油店」で味噌ソフトを食べました
ステキな笑顔のお母さんが「甘い味噌なんて珍しいでしょう」
と差し出してくれました

私の地元名古屋でもトンカツなどには甘い味噌をかけて
食べる事を話したら、可児さんの先祖は美濃国(岐阜)出身
だと教えてくれました。



DSC_0656.JPG

美濃藩主稲葉貞通が臼杵へ国替えになる一年前に臼杵の町を
偵察に来た7人の侍の中の一人だったそうです。
行商人に変装していた可児孫右衛門はこの場所で醤油屋
創めました。

江戸時代の身分制度で商人は、士農工商の一番下の位でした。
しかし、城下町商人として献納し藩を支えてきました。
後に名字と帯刀を許されて、可児家は武士に準ずる位に
なったそうです。



DSC_0658.JPG

可児醤油の暖簾を何百年以上に渡って受け継いできた今の
当主が話してくださいました。

私の先祖が稲葉氏の入城にさきがけ、遠く九州の臼杵に来て
 商人として主君である城主を支えていって現在まで暖簾を
 守ってきた
」と。

当時は武家が新しい街を活性化する為に、人が集まり住みやすい町
にと商人を優遇してきました。
それに応えようと、商人は知らない街に移り住み、町づくりに
一役買ってきました。

現代でいうなら、男性の住む街や転勤する街に移り住み、
家族を支えていく女性のような存在と重なりますね

家族を守る男性と、家族を支える女性という関係にもつながる・・・

当時の主君と商人の絆を感じました。

今も昔も、どういった関係においても信頼関係が大事なのでしょうね。




DSC_0646.JPG

江戸時代に繁栄して400年間この建物を守ってきました。
そして、第二次世界大戦の折、軍からの指示でB29戦闘機の
標的にされないように、白壁をで黒く塗った名残もあります。




DSC_0649.JPG

すぐ隣には醤油ソフトを売るお店もありました。
醤油と味噌で仲良く商売していますね。



DSC_0653.JPG

大分名物のどんこのお店を見つけました
大分県の山間にて冬の寒い時期にゆっくりと成長した肉厚の
どんこ椎茸は旨みが多く、味・香りともに最高です



DSC_0603.JPG

用水路には鯉が泳いでいました。
色鮮やかな錦鯉がたくさん
町全体で景観の保全に努めているのですね



DSC_0605.JPG

カメラを向けると自然にポーズを撮ってくれた男の子



DSC_0610.JPG

洋風な外観が印象的な情報発信施設「サーラ・デ・うすき
キリシタン大名・大友宗麟の時代に建てられたとされる
修道院を模して造ったそうです



P1010083.jpg

大友宗麟が使ったとされる大砲のレプリカが展示されて
いました




DSC_0642.JPG

稲葉氏の城下町として繁栄した臼杵の町に西洋の風を
取り入れた中庭が印象的でした。
南蛮貿易で栄えた町を今に伝える場所ですね。



次は大友宗麟が建てた《臼杵城》を訪ねてみます



※可児醤油店のHPはコチラ↓
 www.kagiya-1600.com/index.htm

拍手

≪  1  2  3  4  5
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]