忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
浄瑠璃寺門前を散策です


DSC_0609.JPG

浄瑠璃寺の前には新鮮な野菜の直売所がありました



ed783a61.JPG

たまたま通りがかったそば屋さん《吉祥庵
浄瑠璃寺秘仏・吉祥天から名称が付いたのでしょうか。
雰囲気がとても良さそうなので入ってみることにしました



c18e5d58.JPG

せいろ蕎麦》を頂きました。
浄瑠璃寺の湧き水と、北海道や福島のそば粉を使用
した細麺はこしがありとても美味しいです



DSC_0582.JPG

看板があまりにも味わい深かったので《くずきり》も
頂くことに


DSC_0599.JPG

もちもちとしたくずきりはやはり《吉野葛》を使用されて
いるそうです。
なめらかな口当たりとつるんとした食感がたまりません!
蜜も甘くてとろとろでした

ご主人は
「そばも葛も素材の良し悪しで決まる。
 あとは手を加えなくても美味しいものが出来るよ。」
とおっしゃっていましたが、材料はお金を出せば手に
入りますよね。

しかし大事なのは、それを調理する料理人の技量であり
であり、であると思います

人を喜ばそうと懸命になって調理する・・・
心を込めて作れば人を感動させることができる
ものですよね!



638d40af.JPG

テーブルの脚がユニークですね
廃校になった学校の工作室から譲り受けたもの
だそうです。


DSC_0594.JPG

温かくどこか懐かしい雰囲気のたたずまい



DSC_0573.JPG

築120年以上という奈良の古民家を譲り受けた建物です
移築先を探すのに困ったそうですが、浄瑠璃寺の和尚さんの
ご好意により門前の土地を借りているそうです。



DSC_0568.JPG

茶室の床の間にはかわいい小手毬が活けてありました
土と一緒に練った藁が模様となり、すすけた感じと
合わさって味わいのある壁になっています。
そして壁が花の白さを引き立たせていますね

今朝摘んだ瑞々しい花が、あちらこちらに活けて
ありました。

お客様を『』で迎える、こうしたちょっとした気遣いが
日本古来の《おもてなしの心》なのでしょうね。
私達も商売をしているわけでなくても、このような
おもてなしの心を持って豊かな心で生きていきたい
ですよね



DSC_0575.JPG

にじり口から見える緑が爽やかですね



DSC_0584.jpg

お店のご主人が作られた花入れに飾られた一輪の花が
なんともかわいらしいですね
素朴な味わいの器には野花がよく似合いますね!

ここにも、ご主人の温かいおもてなしの心を感じられます。
先日新聞で、あるファッションデザイナーが日本人が
昔から大事にしてきている《おもてなしの心》について
語っていました。

《おもてなし》とは「わざわざ・いちいち」といった事だそうです。
それを、大変と思わず、自然に行うことができたら
良いですね

このように生活に根ざした「美しい日本の文化」は
しっかりと受け継いでいきたいですね。



DSC_0600.JPG

お店の中には骨董の目利きとして知られている
白州正子さんとのお写真が飾られていました

この建物を譲り受けても移転費用が無かったそうです。
そこで、友人と建てているときに職人と間違えて声を
かけた人との縁で焼き物の世界に入っていったのだ
そうです
その方の所有していた信楽焼の水差し《鬼桶》に
魅せられて陶芸の道に入られたそうです。

そこから白州正子さんに認められて、今はご主人の
作った骨壷の中で彼女は永遠の眠りについて
いるそうです


e7368bed.JPG

団扇の飾りが涼しげですね♪



DSC_0586.JPG

土間まで箒の目がついてしっかりと掃いてありました。



DSC_0581.JPG

飲み易そうな口元の黒樂茶碗ですね
手びねりというシンプルな工程で作られています。
人の手にすっとなじむようなデザインですね!
シンプルだから作者の心が茶碗に出やすいのでしょうね。

黒い器というのは日本にしかないそうです

薄暗い茶室の中で、黒い茶碗を手にしたら、茶碗の
存在は消え、お茶そのものを手で頂いているような
錯覚を起させますね
茶のみを際立たせ、その他一切のものを消し去ろうと
するのでしょう。



d0ac9328.JPG

黒樂茶碗の箱には浄瑠璃寺の和尚さんが付けた銘「遠霞」と
書いてありました。
「遠霞」は春の季語です。
春の山々が霞がかって見えるという意味です。
この黒樂茶碗でお茶を頂きながら、その情景を思い浮かべて
ください、と銘が付けられたのでしょう

私は、ふと春に訪れた臼杵からみえた島を思い出しました。



5596512b.JPG

ご主人の守田蔵さんです。
気さくな方で、器のこと、花のことなど色々と教えて
頂きました。
「茶道具は選ぶときりがないので《道楽》でやっている」
とおっしゃっていました。
樂茶碗の黒が一番好きだそうです。
数ある茶道具の中でも《茶のための道具黒樂茶碗
魅了されてらっしゃるのではないでしょうか。



DSC_0604.JPG

吉祥庵から見える
浄瑠璃寺の三重塔も綺麗で眺めが良いでしょう。」
と教えてくださいました。
境内を散策したときも、自然が多い境内だなと感じ
ましたが、離れた場所から眺めてみてもまさに自然
囲まれたお寺だという事がよく分かりますね

境内はみなさんのものであり、御堂に上る時にだけ
 拝観料を頂く

浄瑠璃寺はそうゆうお寺ですよ、とやさしい目で話して
くださいました。



DSC_0528.jpg

若い和尚さんがお花を活けていた話をすると、最近では
フラワーアレンジメントが流行り、華やかに活躍する
華道家がみえますが、
本来お花は本尊さんにお供えするものですよ。
とも教わりました。



DSC_0446.jpg

自然に囲まれた場所にある奈良のお寺散策は、とても
気持ちがいいものでした
浄瑠璃寺は境内を通して自然の見方や恵み
教えてくれました。



次は、自然と共生をテーマにした2005年愛・地球博
の跡地 モリコロパーク、サツキとメイの家に行ってみます








拍手

PR
今回のいい寺は・・・
浄瑠璃寺の御堂です。


DSC_0542.jpg

浄瑠璃寺の案内板に『浄瑠璃寺九体寺)』とありました。
「浄瑠璃(薬師の浄土)だけでなく九体阿弥陀さんの寺
 でもあるのですよ。」
境内は西方浄土(阿弥陀の浄土)にもなっていることを
和尚さんが私達に教えているのでしょう



4e5bb1a1.jpg

九体阿弥陀堂です。
ここには平安時代から九体阿弥陀が祀られています。
建物の造りは長方形で屋根は低く、御堂内に九体の
阿弥陀如来を祀るには、小さな建物ですね

九体の阿弥陀如来の前には、それぞれの唐戸があって
戸は開けられてありました。

御堂の真ん中で屋根の一部が前方に突き出し、拝礼の
場所となっているところを《向拝》(ごはい)といいます。
堂内ではなく、ここが拝礼する正式な場所なのでしょう



DSC_0519.JPG

格子戸の隙間から灯明が見えました
なにげないローソクの灯りですが、灯明と花と飾り香を
焚くことによって、阿弥陀如来の存在を感じることが出来ますね。



DSC_0526.jpg

御堂の傍らで、和尚さんが阿弥陀如来に供える花を活けて
いました
境内の掃除を終えて、野に咲く草花を供えるのでしょう。
日々同じことの繰り返しですが、変わらずに行うことによって
平安時代から今日まで境内が守られてきたのでしょう



DSC_0547.jpg

そして、誰もがお参り出来るようにと山門には拝観料を払う
場所がありませんでした
外からでも阿弥陀さんを拝むことは出来ますが、仏さんの
姿
を見たいときは供養として拝観料を払ってお堂の中に
入ります
お寺は訪れる人のために開放されているのですね。

このような貴重な文化遺産のある寺社仏閣は観光地化
されていて山門の入口で拝観料を払うところが多いのが
常識になっています。
価値のある文化遺産を管理維持しながら公開するわけです
から拝観料というのはもっともな事かもしれません。


7768eb95.jpeg

しかし、仏教寺院の建立時においては寺院というのは
信仰を求める人などが訪れる法域だったのではないか
と思います。
それを考えると、この浄瑠璃寺のような形で境内を公開
している寺院は仏教寺院本来の姿に近いのかもしれま
せんね。

とても素晴らしいことだと思いました
いずれにしても、そういった先代住職からの考えを大事に
しているこのお寺。
私達もそんな気持ちを察して訪問し、境内を散策しないと
いけませんね!!



img-708174717-0001.jpg

御堂の中には九体阿弥陀如来が整然と並んでみえます。
中央のひと回り大きい中尊の阿弥陀如来は手を開いて
来迎印を結んでいます。
阿弥陀如来の前の台は供物を置く場所となっています。
堂内は、仏殿や本堂というほど大きくなく、荘厳な飾りも
なく、ただ九体阿弥陀如来を祀るだけの場所のようですね。

仏殿ではなく大きな厨子と思ってください。」との説明に
納得をしました。



DSC_0451.jpg

この御堂の中には九体阿弥陀如来のほかに、《吉祥天立像
が秘仏として祀られています。
平安朝風の衣装で、仏の荘厳さと現実の女性を思わせる
姿をしています。
公開の日には多くの拝観者が訪れます



27c1db9e.jpg

対岸から見た九体阿弥陀堂です
阿弥陀さんは西方浄土(彼岸)にみえます。
私たちはこの世(此岸)にいますから、対岸から手を合わせる
のが一番自然ですね

特別な日には九体阿弥陀如来の前に蝋燭を置き、夜間に扉を
開けて御堂を灯します
対岸からは、池泉の水面に来迎の阿弥陀が浮かんで見える
そうです。
その幻想的な世界を是非、見てみたいですね



2c513129.jpg

浄瑠璃寺には伽藍の荘厳さや華やかさはありませんが、
自然が織りなす四季の変化を楽しめます。
そして、景色を眺めていると、私たちが及ばない自然の力
感じることもありますね
DSC_0520.JPG

春と秋の彼岸の中日には、東方薬師如来を祀る三重塔
真上から太陽が昇り大日如来の存在を表す阿字池の上
を通り、九体阿弥陀如来の中尊の真上に太陽が沈みます

太陽がこの真ん中を通るお彼岸の頃は、「暑さ寒さも彼岸まで」
といわれ、季節の変わり目で暑くもなく寒くもない過ごしやすい
時期ですね

また昼と夜の時間がちょうど同じです。
そこで「両岸のどちらにも偏らないように
「同じであるように向かい合っていきましょう」
と私たちに伝えているようですね。



DSC_0082.jpg

太陽の恵みによって地球の自然は成り立っていますね

私たちも、知らず知らずのうちに自然からたくさんの生きる
恩恵を受けています。
それだけでなく、自然から色々な事を学び智恵を頂いて
いますね

日常の生活のなかで、ゆっくり歩いてみて自然に目を
向けるとその事に気がつくことがあります
そんなゆとりが欲しいですね。
もしかしたら、お寺を散策するゆとりが生活のゆとりかも
しれませんね

私がお寺や和の良いところを探して気づいた事や
学んだ智恵は、皆さんにもここでお伝えできたら
いいなと思っています♪



拍手

今回のいい寺は・・・
浄瑠璃寺を散策します♪

当尾の里にある浄瑠璃寺は、のどかな田舎の寺
という感じがします



DSC_0448.jpg

参道の入口にあるこのお店は八百屋さんでしょうか!
観光地のお店のような賑やかさはなく、山あいの
直売所のような雰囲気です



DSC_0450.jpg

吉野葛に葛きり、柿羊羹、わらび餅粉・・・
奈良の名産がたくさん売られていました



DSC_0455.jpg

参道の食事処の土塀です。
昔は、土塀を造るのに2年ほどかかったそうです
藁と土を混ぜて発酵させて粘りが出てから使うので
ハンマーで叩かないと崩れない程丈夫だそうです
時間をかけて土を作ることから始める・・・
今ではそのように時間をかけて作ることが少なくなって
いるようです。

丹精を込めて作ったものは崩れにくい・・・
何でも簡単に出来るものの便利さに私達は恩恵を受けて
いますが、こうして手間隙をかけて作ったものが崩れにくい
ものである事を、今回土塀について調べる中であらためて
知ることができました。
土塀が2年もかけて作られていて、それが非常に崩れにくい
ものであるという事にとても驚きました

これは、単にものだけではなく、お客様への思いを、紡ぐように
手間隙かけてサービスを提供しているお店などにも共通して
言える事で、人の心に残る、人の心を打つものは、そうした
手間暇》をかける中にあるのでしょうね!

なんでも、「簡単に出来る事が良い」という現代に生きている
私達に、ハっと気付かせてくれた《古きよき物》でした。





DSC_0459.jpg

参道を歩くと山門が見えてきました
参道も山門も観光寺院とは少し違う雰囲気です。
緑の眩しい、のどかな山寺
浄瑠璃寺の境内に入っていきます


DSC_0462.jpg

山門の両側にはお地蔵様がいました。
赤いおべべには経が書かれています。
を込めて作ったのでしょうね
竹の花筒に野花を活けてありました



DSC_0464.jpg

境内に入ってまず目に飛び込んでくるのがです。
浄瑠璃寺は境内の中心に伽藍が配置されていないようです
この境内の中心となっています。
入口から境内へ入ったとき、何か他のお寺と違うような
気がしました。



1f75532a.jpg

池の周りを時計回りに歩んでまずお薬師さんにお参りを
します
対岸の阿弥陀堂を眺めながら三重塔に向かいました

対岸から眺める風景は池と阿弥陀堂と樹木、ただそれだけですが、
昔から変わらずに皆さんが見てきた風景でしょう。





e1316efb.jpg

阿弥陀堂とは対照的に鮮やかな朱色の三重塔です。
東方瑠璃光薬師如来が祀られています。
この朱色が東から昇る太陽の輝きを表しているのでしょうか。
薬師如来の放つ瑠璃光は、如来が太陽に照らされて光る
輝きなのでしょう
地球が太陽に照らされて瑠璃色に輝くように



DSC_0474.jpg

浄瑠璃は東方薬師如来の浄土を表します。
このお寺の本尊は元々阿弥陀如来ではなく薬師如来でした。
創建当時から薬師如来は、小さな庵に祀られていたそうです
その後、平安時代に移築した三重塔に移して現在に
至っています。

本尊を小さな三重塔に祀り、境内を広く使う・・・
仏の世界全体をこの境内で表そうとしたのでしょうか。





DSC_0492.jpg

手前の灯篭の中から池の向こうを覗いてみると
池の真ん中に置かれた対岸の灯篭阿弥陀堂
の中心がほぼ一直線に並びますね。

池の両岸に同じ灯篭が建っています。
それぞれが対岸からの目印になっているようですね
この池は、この世(三重塔側)からあの世(阿弥陀堂)へ
渡る《三途の川》を表しています。
この世とあの世にある灯篭は、渡るときの目印か、渡った
後の足元を照らす灯りでしょうか。



0b051438.jpg

中之島に祀られた社にお参りするための橋が架かって
いました。
池に落ちてしまいそうな小さな石橋ですね!


DSC_0507.jpg

池の周りの参道には、いたるところに石仏が祀られて
いました。
お地蔵さんとお釈迦様のようです。

池泉回遊式庭園では、池の周りを歩きながら景色の
変化を楽しむことが出来ます
そして参道の傍らに祀られた仏様に手を合わせると
智恵をいただけそうな気がしますね



DSC_0518.jpg

対岸の阿弥陀堂から見た三重塔です。
近くより対岸から見た方が、視界が開けて朱色の三重塔と
緑が調和して良い眺めです
自分自身(こちら岸)は見えなくても、相手(対岸)は良く見える
のと一緒ですね。
あの世の先祖も私達の事をしっかりと見ているかもしれませんね。

私達人間も『自分から見た自分』は良く見えているように
思っていても、実は『他人から見た自分』の方が良くも
悪くも、客観的に(正確に)見えているという事はあります。

自分はそんなつもりはなくても、他人からはそう映っている…
案外《客観的に見た自分》の方が正確な姿かもしれませんね
時々に他人からどう映っているのかを自省する事は必要
な事かもしれませんね!




100-2.jpg

この池は阿字の形をすることから、阿字池ともいいます。
阿字は、大日如来を表します。
大日如来は宇宙の中心にみえる根本佛です。
その大日如来と向き合う阿字観(あじかん)は、自分自身を
振り返り
ながら自分の本来の心をさらけ出して、清らかで
穢れの無い心を感じていく瞑想法です。
※中之島で阿字の真ん中を表していますね。


DSC_0513.jpg


阿字池を眺めれば、自然に真言宗の瞑想法・阿字観(あじかん)
を行うことになるそうです。
この池に余分な物を捨てて本来の自分自身の姿を映しだす
のでしょうか。

阿字池が境内の中心にあるのは、真言宗の本尊・大日如来の
存在をこの池で感じる為でしょうね。
そして、池の周りを巡りながら自然と一体となり、
自然の智恵を頂けたら良いですね!


次は、彼岸の本尊・九体阿弥陀堂に入ってみます




拍手

今回のいい寺は・・・
浄瑠璃寺を訪れます


その前に《浄瑠璃》について調べてみました。
浄瑠璃寺は、京都府木津川市にあります。
イメージ的には奈良の観光地に属していますね。


afaf6243.JPG

境内の三重塔には薬師如来が祀られています。
浄瑠璃》とは、東方薬師瑠璃光如来のみえる東方浄土
ことを示すそうです。
一般的には、浄瑠璃というと文楽の浄瑠璃を連想しますね。



o_musumeB.jpg

文楽といえば上方芸能の代表的なものですね。
大夫(浄瑠璃語り) 三味線(三味線弾き) 人形(人形遣い
の三者が合わさって人間の内面を人形で演じる芸能です。

人形に魂を入れて、情感あふれる表情を醸し出す。
人間以上に人間らしく演じさせる技は、見事なものですね。

曽根崎心中の最後に徳兵衛が首を吊って風に揺られる
場面では、《揺れる姿》それだけで世の哀れさと理不尽さが
伝わってきます。




DSC_0360.JPG

人形浄瑠璃は文楽以外に兵庫県淡路島・長野県伊那谷
地方・その他各地で祭礼時の伝統芸能として伝えられて
います。
淡路島には源義経正室・静御前が晩年暮らしたと
伝えられる場所があります
その関係でしょうか、淡路浄瑠璃には弁慶の人形も
あります。

浄瑠璃とは琵琶や三味線を弾きながら節を付けて
物語を語る芸能ですが、なぜ「浄瑠璃」というのでしょうか?



sjyoruri.jpg

浄瑠璃という名称の起源は、御伽草子(おとぎぞうし)の
浄瑠璃物語』だそうです。
物語は、浄瑠璃姫源義経の情話に薬師如来などの
霊験記をまじえたものです。


DSC_0712.jpg

浄瑠璃姫矢作(岡崎)の長者・兼高夫妻が鳳来寺・
薬師如来に祈って授かった姫でした
源義経が平家討伐を誓い奥州に向かう途中に矢作の
宿でこの浄瑠璃姫と出会い、恋に落ちて一夜の契りを
結びました

しかし、先を急がなければならない身である故、源義経と
浄瑠璃姫はすぐに別れてしまいます
源義経は蒲原(静岡市)に入ったところで病に倒れて
危篤となってしまいました

浄瑠璃姫は、源氏の氏神八幡大菩薩のお告げで現地に
向いましたが、着いたときには既に義経は亡くなって
いました
そこで、蘇生の祈願をして祈りが届き、義経は息を
吹き返して自分の身分を明かして涙ながらに姫と
別れ、再び奥州に向けて旅立ちました




DSC_0756.jpg

愛した人を助けた物語ですが、話には続きがあります。
浄瑠璃姫は源義経との別れの悲しさに耐えられず、
乙川に入水自殺してしまいました
愛おしい人との別れは相当辛いものだったでしょうね



0ed03001.jpg

「散る花に流れよどむ姫の渕」
浄瑠璃ヶ淵に句碑がありました。

浄瑠璃姫物語には、もう一つ別の物語があります。
矢作の里に入った源義経は、兼高長者の家に宿を
取りました。
ある日、ふと静かに聞こえてきた浄瑠璃姫の
音色に惹かれた源義経が持っていたで吹き合わせた
ことから、いつしか二人の間に愛が芽生えました

しかし、源義経は旅立たねばならず、姫に形見として
名笛「薄墨(うすずみ)」を授けて矢作を去りました。
姫が源義経を想う心は日毎に募るばかりでしたが、
添うに添われぬ恋に、悲しみのあまりついに乙川
身を投じて短い人生を終えたという話です


源義経は母・常盤御前から授かった名笛「薄墨」を
浄瑠璃姫に渡すのですから二人の愛が深いことが
わかりますよね


源義経は、木曾義仲を討つために上洛する途中
矢作の里に立ち寄りました。
そこで浄瑠璃姫の死を知り、悲しみの中で供養の
ために「妙大寺」をこの地に建立しました。

今では「明(妙)大寺」という地名だけが残っています。


DSC_0737.JPG

入水自殺した場所を浄瑠璃ヶ淵といいその下流
には徳川家康の居城岡崎城》があります
岡崎城には浄瑠璃姫の供養塔が祀られていました



98bc49d8.jpg

岡崎の市街地にも浄瑠璃寺があります。
ここには、浄瑠璃姫の守り本尊・薬師如来と源義経と浄瑠璃姫の
像が祀られています。



DSC_0755.jpg

長者・兼高夫妻は、娘・浄瑠璃姫の菩提を弔うために十王堂
建てました。
十王堂は阿弥陀如来を中心に西方浄土に渡るまでの間に巡る
十王尊が祀られています。
浄瑠璃姫が無事に三途の川を渡って極楽浄土へいけるようにと
願ったのでしょう。



DSC_0744.jpg

堂内に祀られている十王尊です。

右端の鏡は、生前の行いを映し出す閻魔大王の浄玻璃(じょうはり)鏡
です。
長者・兼高夫妻は薬師如来に祈願して浄瑠璃姫を授かりました
一家で幸せな日々を送っていたのでしょう。
しかし、娘に先立たれてこれ以上無い悲しみのどん底に落とされて
しまいました

子が先立ち親を悲しませると地獄に落ちるといわれます
そこで閻魔大王ら十王尊を祀り、地獄に落ちないようにと祈念した
のでしょう
悲しみのなかでも、娘の安楽往生を願う親の気持ちが伝わって
きますね。



DSC_0470.jpg

京都・浄瑠璃寺です。
薬師如来が祀られている三重塔から阿弥陀如来の祀られている
阿弥陀堂を眺めた風景です

間にあるがこの世からあの世に渡る三途の川を表します
無常の世から、喜び怒り悲しみ楽しみ・・・全てをこの
池の中に捨てて渡っていくのでしょう。

長者・兼高夫妻の人生も、浄瑠璃姫の人生も、源義経の人生も
そして、閻魔大王の浄玻璃境に映ったものも捨てるのでしょうね。



愛する人との出会いや別れ・・・
とても、寂しく悲しくも見えますが、そこには人間として純粋に
生きるという『美しさ』も感じます。
出来事はハッピーエンドでなく、悲しい結末に見えますが、
一途に真っ直ぐに生きた人たちの人生は、悲哀と後悔だけでは
なかったのではないかと思います
また、そんな切ない話があるからこそ、現代に生きる私たちは
そうならないように努力する》事ができるのかもしれませんね!


次は、浄瑠璃寺の境内を散策してみます



※義経の歴史の舞台となった奈良 吉水神社はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/99/

※信州伊那街道 飯田の山寺はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/128/


※伊那谷のお寺はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/129/

拍手

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]