忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・
唐津焼です。
 
唐津焼は「一.井戸 二. 三.唐津」と呼ばれ、昔から
茶人の間で
もてはやされてきました


DSC_0802.JPG
 
当初、唐津焼は庶民のやきものとして作られていました。
大分・日田 小鹿田焼(おんたやき)と同じように
半農半陶

陶工が自分達の必要とする食器を作ることが
始まりだったそうです。
 
 

893acf53.JPG

その唐津焼が急速な発展をしたのは、
文禄・慶長の役で
朝鮮半島の戦地から引き揚げた際に
優秀な陶工
連れ帰ったことでした。
そこで、文禄・慶長の役(159298)別名「やきもの戦争
といわれています



5351321d.JPG

当時、唐津焼の勢いには目を見張るものがありました。

東の瀬戸に対して西の唐津
現在では陶磁器のことを「せともの」と呼びますが、西では
「からつもの」と呼ばれるほど隆盛を極めていたそうです。




9b580f6b.JPG

朝鮮の鮮やかな色彩の鞍ですね
戦に携わった諸大名は、朝鮮半島より多くの物品や
職業専門家を連れて帰り李朝文化の高度な技術が
西日本各地に定着しました。
 
その中でも特に陶工が各地で重用され、有田では
白磁鉱床を発見した李参平によって急速に有田焼
台頭しました。
おかげで唐津焼は衰退の一途をたどったそうです


 
91c89bb2.JPG
 
こちらの唐津焼は、色合いや質感が違いますね。
唐津の粘土はそれぞれの箇所で少量しか取れなく、
少し離れるだけで全く違う性質の粘土になるそうです。
そこで、他のやきもの産地と比べ唐津焼の種類は多く、
多岐にわたっています。
絵唐津、朝鮮唐津、班唐津、粉引唐津、三島唐津、黄唐津・・・
唐津藩初代藩主が美濃出身で美濃焼の影響も受けて
いるそうです。
「三.唐津」と呼ばれる器の形の定義は無いのでしょうかね!


DSC_0837.JPG

他の産地が茶の湯の道具として作品を生み出すなかで
唐津焼は茶人から注文が少なかったそうです。
朝鮮の技術で茶道具として焼かれた朝鮮唐津より
半農半陶の陶工が作った生活に必要な器(古唐津)を
茶道具として使う「みたて」で珍重されたそうです。

※「みたて」もともと、茶道具じゃないものを、茶道具として
 つかうことです。

後世に長く残って受け継がれる陶芸などの文化は権力者
によって形式や格式で生み出されていったものではなく、
庶民の生活に根ざした中で創造し追及されていったものが
多くの人に好まれる文化になっているように思います



DSC_0839.JPG

 「一.井戸 二.楽 三.唐津
優れた茶碗の両極を担うのは、李朝時代の高麗茶碗
(井戸茶碗)千利休によって見出された楽茶碗であることは
揺るぎないものでしょう。

井戸茶碗の姿には魅力的な力強さがあり、楽茶碗は
手にした触感に秀でています
その次に唐津の名が挙がるのは、本来の茶の湯
にとらわれずに自由な発想で楽しむということから
でしょうか!

唐津焼は芸術品として鑑賞するより、使用する中で
土色が変化し(雨漏り)貫入(釉薬に発生するヒビ割れ)
が入ることで味わいが増していくそうです。
素朴な色合いと、時間とともに変化するところが好まれて
いるのでしょうね。


DSC_0801.JPG

朝鮮半島から来る新しい技術の波を取り入れて、地元の伝統
と融合するなかで、九州各地の産業が発展したのでしょう

技術の進歩や文化の発展は、如何に外の空気を取り入れて
自分のものにしていくかが大切ですよね!
ただ、外国に限らず外から得たものを真似するだけではなく、
自らの意志で芸術や文化の向上を目指そうという思いのもとで
作り上げていくものがクオリティの高い、後世に受け継がれる
文化や芸術を醸成していくのでしょうね!


虹の松原の防砂林のように必要なを通し、暴風からは
身を守るように海外とも交流できれば良いですね。


次は三大松原の一つ三保の松原に行ってみます




樂茶碗についてはコチラ↓
 《いい寺★浄瑠璃寺門前を散策》
 e-tera.net/Entry/144/


大分・日田の小鹿焼きについてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/161/ 
 

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
佐賀・呼子を訪れました♪




a06dfe2e.jpeg

唐津城を後にし海岸線を走って呼子の町へと向かいました
肥前・名護のあった場所で、諸大名の陣地も造営され
大阪と並ぶ政治・外交の中心地だったそうです

豊臣秀吉が名護屋城在陣の際、将兵や町民の士気を
鼓舞するために野遊会を催しました
加藤清正福島正則の陣営を東西に分け、軍船のとも綱を
用いて引かせたそうです。
今でも呼子大綱引きとして伝わっています。



DSC_0793.JPG

そんな呼子といえばイカが有名です



Image104.jpg

海沿いにイカ料理のお店が点在しています



Image1061.jpg

透き通っていてついさっきまで活きていたことが
わかります


Image107.jpg

足をハサミで切っても動いてます



ddca774c.jpg

イカ釣り漁集魚灯でイカを集めます
しかし、集魚灯をともすのには多くの燃料を使い、燃料高
影響を受け、出漁しても採算が取れない状態だそうです

先日一斉休漁がありましたね
こんなに大規模な漁業者のストライキが行われたのは
初めてで、それほど苦しい、国や国民に知って欲しかった
のだと思います。

休漁中に、全国のイカ釣り団体は、高い燃料代の穴埋め
や、経営を続けられるようにする金融対策などを国に
求めました

燃油高が今後も続いたり、さらに値上がりすると廃業に
追い込まれる人が増えるでしょう
比較的安い食材を提供し、食糧自給率の向上にも
役立っているイカ釣り漁の衰退は、国民的な問題でも
ありますね。

集魚灯の数を減らしたり、船の速度を落とすなどの
省エネ努力はするものの、燃油高のスピードには
とても追いつけないそうです



DSC_0861.JPG

燃油高の影響は農業などにも及びますね
財源を工面するのも容易ではないでしょうが、国は知恵
絞りイカ釣り漁船のいさり火を消さない支援を打ち出して
もらいたいものですね!



 

拍手

今回のいい寺は・・・・・
筑城400年を迎えた唐津城です。


 DSC_0791.jpg
 
「佐賀の城」と言えば、唐津城ですね
左右に広がる松林を羽に見立てて「舞鶴城」とも言われています。
前面に広がる玄界灘と海岸線に伸びる松林、天守閣から見渡す
景色はとてもキレイです



DSC_0840.jpg
 
唐津の地名は、古くは南北朝時代の古文書に記載されて
いるそうです。
唐は中国、津はを意味しますから、唐津は古来より
大陸と日本を結ぶ場所だったかも知れませんね
 


 DSC_0792.jpg
 
九州北部は、対馬海峡を挟んで朝鮮半島と向かい合う
地域ですね
鎌倉時代には玄界灘を渡って、モンゴル帝国と服属政権・
高麗軍による文永・弘安の役(日本遠征)が起こりました。

南北朝時代のころには倭寇(日本の海賊による侵略)
行われました
明は室町幕府に倭寇の討伐を要請し、見返りに貿易に
便宜を与えたそうです。

これが、金閣寺・銀閣寺を代表とする室町文化が栄えた
一因となったそうです。


 DSC_0822.JPG
 
唐津城の展示室にあった肥前・名護屋城の軒丸瓦です。
肥前・名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮への侵略戦争を
行った時(文禄・慶長の役)の日本の拠点となった城です
 
肥前・名護屋は、唐津に程近い呼子町鎮西町にあって
諸大名の陣地も造営されて大阪とならぶ政治・外交の
中心地だったそうです。



DSC_0832.jpg
 
名護屋陣中で炊事用に使われたと伝わる大釜です
豊臣家や諸大名が費やした財は相当なものだったでしょう。
 
全国を統一した豊臣秀吉は、領地の拡大を海外に向け
朝鮮半島の制覇を目論みました。
しかし、作戦は二度とも失敗して豊臣秀吉の死によって
戦も、名護屋城も役目を終えました。



 DSC_0857.JPG
 
役目を終えた難攻不落の名護屋城は、徳川幕府の命令
によって石垣まで解体されてしまいました
 
その解体資材を用いて7年の歳月をかけて造られたのが
唐津城です。
築城したのが豊臣秀吉側近・寺沢広高でした
寺沢広高は関ヶ原の合戦では東軍について徳川幕府の
外様大名(唐津藩)となり、功労として肥後国天草郡
手にいれました。
 
順風満帆のようでしたが2代目藩主寺沢堅高の時に、
島原の乱が起きて領地・天草郡の富岡城を一揆方に
攻められた責任で天草郡の領地を没収されてしまいました
その遠因で、藩主寺沢堅高は江戸藩邸で自害してしまい、
寺沢家は断絶となりました。



 DSC_0823.JPG
 
その後、徳川幕府の譜代大名が次々に藩主となり
最後は小笠原氏の時に明治を迎えました。
唐津城廃藩置県で廃城となって解体され、跡地は
「舞鶴公園」となり昭和41年に現在の模擬天守閣
つくられました
 



 DSC_0845.jpg
 
天守閣からの眺めです
唐津市街を流れる松浦川の川幅はとても広いです
初代藩主・寺沢広高は、川の流れを変更して城の手前で
玄界灘に注ぐようにして自然を利用した要塞としました。
 
九州諸大名の助力を得て築城したので、堀には筑前堀、
薩摩堀などの協力した藩の名が残っています。


 
 64d7965a.jpeg
 
築城の際、築堤(盛土)に人柱を埋めて完成を願いますが、
代わりに千体の仏像を作って供養をしたそうです
また、唐津城には天守閣が無かったそうです。
寺沢広高は、外様大名だったので徳川幕府に配慮した
のでしょうか!
 
 
 
 
 DSC_0844.jpg
 
そして、今に残る寺沢広高の功績は、海岸線に続く防風林
虹の松原」です。
 
寺沢広高は、「松原の中に、自分が愛してやまない松が7本ある」
といって住民が心理的に松の伐採を出来ないようにしたそうです
松原は藩政時代から厳しく管理され、今では保安林となっています。
 
現在の唐津市の基礎を築いて400年、長い年月のなかで守られた
風景をこれからも大切に後世に伝えてもらいたいですね

拍手

今回のいい寺は・・・・・
平安時代より遥か昔、弥生時代の集落が出現した
吉野ヶ里遺跡です。
 
下鴨神社は平安時代以前の姿を今に伝えて、
世界文化遺産に登録されました。
吉野ヶ里遺跡は昭和61年からの発掘調査で発見された
新しくて古い文化遺産ですね


DSC_0711.JPG

吉野ヶ里遺跡は、吉野ヶ里町と神崎市にまたがる丘陵地に
築かれました。
50ヘクタールの広さの場所に再現された集落は国営
吉野ケ里歴史公園となっています
公園の向こうに現在の町が見えますが、田畑が広がって
吉野ヶ里遺跡の集落がずっと続いているようにも見えました



DSC_0672.JPG

吉野ヶ里遺跡の中心となる主祭殿です。
一番大きな建物で吉野ヶ里の指導者たちが重要な話し合いを
したり最高司祭者による儀式が執り行われたそうです
 
発掘調査開始から三年後の平成元年に大規模な環濠集落跡が
発見されて当初は「邪馬台国か?」と騒がれたそうです。
吉野ヶ里遺跡は次々に弥生時代の建物が復元されました。
遺跡の調査で、これだけの建物が復元で来るのには
驚かされますね



DSC_0685.JPG

集落の環濠には丸太の柵が築かれていました。
 
 
 
DSC_0682.JPG

その他に物見櫓が数か所あることから防御的な性格が強く
吉野ヶ里遺跡は日本の城郭の始まりといわれています
当初は邪馬台国と騒がれましたが、九州北部にあった
複数の「クニ」の一つにすぎないそうです。
周囲にも同じような「クニ」があって、お互いに敵対的な関係
だったのでしょうね
 
吉野ヶ里遺跡は、日本百名城の一つに選定されています
 
 

 DSC_0687.JPG
 
高床式の貯蔵庫です。
「ネズミ返し」も付いていました。
収穫した食糧を守ることは、死活問題ですから敵から、
自然災害から、生きものから守るために人々は必死だった
のでしょうね!


7821bd4b.jpeg

茅葺の屋根です。
平成の時代に蘇った建物ですが、弥生時代も今も造り方は
変わらないのでしょうか。


b0445411.jpeg

弥生時代というと、この竪穴式住居ですね
各地の遺跡でよく見る形です。
住居の真ん中で火を焚き、共同生活を営んでいました。
一つの空間のなかで、皆で生活をすれば会話も弾む
そんな家族の団欒を想像してしまいました
 


 DSC_0707.JPG
 
中心となる建物です。
南方の島々にも在りそうな建物ですね
 
吉野ヶ里遺跡の歴史は、弥生時代前期、中期、後期に
分かれます。
前期は小さな集落で、後に防御のために使われた環濠
ゴミ捨て場だったそうです
 

fd278762.jpeg
 
時代が経つにつれて集落は大きくなり、中期には死者に
対する畏怖の念から墳丘墓や集団で埋葬する大規模な
墓地が造られ副葬品が貴重な資料となっています。
 
中期の後半には、他床式の貯蔵庫が造られ後期(1世紀
~3世紀)には、最大級の環濠集落となったそうです。
集落の中心の建物群は、後期に築かれた建物です。
 

9ede5ab8.jpeg

主祭殿の内部です。
集落の人々は団結して物事に当ったのでしょう
 
 

 DSC_0705.JPG
 
主祭殿墳丘墓の方に向いて建てられています。
先祖や自然に畏敬の念を持つことが集落を守るうえで
一番大切なことだったと思います。
 
今に伝わる各地の祭りは、自然の恵みを頂くことへの願と
収穫への感謝の意味がふくまれていますね
お盆や施餓鬼法要も地場産業が一段落ついた時に
先祖に感謝する意味で行うそうで、地方によって新盆、
旧盆、地蔵盆など時期が違うそうです。
 

DSC_0701.JPG

自然に従い、自然の恵みを頂いていく
時として自然は、人々に牙を向けることもあります。
そんな自然に人々は、畏怖と畏敬の念を持って共同生活を
営んでいたのでしょう。
 
時代は変わっても、とても大切なことですね
「もののけ姫」のシシ神が何処かから見つめているような
そんな自然に囲まれた場所に吉野ヶ里遺跡が在りました。
 
 
つぎは佐賀にあるもう一つの名城・唐津城に行ってみます

 

※「もののけ姫」シシ神についてはコチラ↓
 いい寺「大分の自然を散策する
 e-tera.net/Entry/148/ 
 

拍手

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]