忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・・
久能山東照宮です。

 
 DSC_0381.JPG
 
久能山東照宮へは日本平からロープウェーで
行きました
標高308mの日本平から標高216mの
久能山東照宮へ5分で結んでいます。
ロープウェーの車体は、お殿様、お姫様の籠を
イメージしているそうです


 DSC_0376.jpg
 
ロープウェーから伊豆半島の先端まで見渡せます
駿河湾を往来するタンカーが小さく見えますね。
駿河湾の最深部は水深2500mで、この深い海に
黒潮が流れ込みこの地方は温暖な気候になっています
 
静岡県民は温暖な気候と富士山で温和な性格の方が
多いそうです


 DSC_0500.JPG
 
久能山東照宮へ正面から上ると1159段の石段が
待っています


DSC_0508.jpg
 
眼下には、ビニールハウスが並んで見えますね。
久能海岸の狭い土地と斜面を使って「石垣いちご」の
栽培が行われています
温暖な気候とビニールハウスで正月からGW頃まで
「イチゴ狩り」が楽しめます


 DSC_0505.jpg
 
門を潜ると目の前に門衛所があります。
江戸時代に門を守るために与力がいた場所で、
ここで登拝者を制限したそうです
久能山東照宮は、他の東照宮とは建てられた
意味合いが違ったのでしょうか。


 DSC_0506.JPG
 
急な石段と石垣が、城の本丸に向かって上っているようです。
1500年前に久能寺として開かれた久能山は、
武田信玄によって自然の要塞・久能城と変貌しました
武田氏が滅んだあと駿河は徳川氏の手に入り、
徳川家康駿府(静岡市)に居城を構えました。
その後、遺言で徳川家康の遺体は久能山に葬られ、
二代将軍徳川秀忠によって久能山東照宮が建立され
現在にいたっています。
後に徳川家康の亡骸は日光東照宮へ移りましたが、
今でも廟が祀られています


 f4149eaf.jpeg
 
石段を上っていくと武田信玄の家来で軍師・山本勘介
掘ったといわれる井戸があります。
山本勘介は最初に今川家に仕えて静岡にいましたが、
武田信玄に才能を見込まれて武田家に仕官して甲府に
移ったそうです。
山本勘介築城術にも長けていていましたから、久能寺
城に改築するときにも腕を揮ったのでしょうね
そして、生活に必要な水を確保する為に、先ず井戸を
掘ったのでしょう



 DSC_0485.jpg
 
は大切ですよね
1159段の石段を上ってきた人の喉を潤してくれますね。


 6d666404.jpeg
 
目の前には、楼門へと向かう石段があります。
喉を潤し呼吸を整えて、もうひと踏ん張りですね
 


 DSC_0395.JPG
 
楼門の上には、御水尾天皇の御宸筆で「東照大権現
の額が掲げてありました。
徳川家康が東照大権現であることを天皇が宣旨(せんじ)
した証です。

一般参詣者が通る楼門ですが、天皇の勅使が通る役目も
しているそうです。
 
 

DSC_0400.JPG
 
楼門を潜ると、徳川家康の手形の色紙が置いてありました。
ふっくらした感じの手形ですね
ただ徳川家康が38歳の時は、長篠の合戦の後岡崎城に
いた正室と長男が武田方と内通しているとの事で、
織田信長の命により殺害した悲しい年でした
 
理由はともあれ嫡男を切腹させるのですから、
戦国時代は厳しい時代だったのですね
 


 DSC_0409.jpg
 
楼門を潜ると御手洗い場があります。
ここで口を濯ぎ、手を洗って心を清めてから拝殿へと
向かいます



 DSC_0413.JPG
 
二代将軍徳川秀忠が二年弱の短い期間に創建した
伽藍ですが色彩が鮮やかな権現作りの社となっています。
 
19年後に3代将軍徳川家光によって日光東照宮
創建されるまで、徳川家康久能山東照宮に祀られ、
多くの大名がこの地を訪れたでしょうね
参詣記念の石灯籠が沢山並んでありました
 
それでは、桃山時代の技法も取り入れられた江戸初期の
代表的建物を拝観しながら御参りしてみます
 

拍手

PR
今回のいい寺は・・・・・・
清水港を見下ろす景勝地・日本平です♪

 
晴れた日には、駿河湾の向こうに富士山から伊豆半島の
先端までが一望できます

 
DSC_0359.jpg

清水は駿河湾の奥にある港町です
三保の松原が連なる半島によってできた折戸湾が
海運の拠点となって栄えてきました。
 
江戸時代には、甲斐や信州の幕府領地から富士川水運を
利用して年貢が清水港に運ばれ、集積拠点として賑わった
そうです。
駿府城の築城の折りには、清水港に資材が集まり
ここから巴川を上って運搬しました


 5b0e2afd.jpeg

三保の松原は、日本三大松原の一つに数えられています
安倍川から流れ出た砂利が集まって半島を形成し
5万本以上の松が生い茂っているそうです。
この素晴らしい景観から天女が舞い降りた「羽衣伝説」が
うまれました。



 DSC_0355.jpg
 
日本平の中腹には、清水エスパルスのホームグランドが
あります
清水は、サッカー王国として知られていますね。
日本サッカーの発展のために毎年「全国少年少女草サッカー
大会」が行われています
地道な活動の中から海外で活躍する選手が生まれるのでしょうね!



 26cbceaf.jpeg
 
山頂に近づくにつれて、一面にお茶畑が広がってきました。
清水といえばお茶次郎長一家も有名ですね
 
「旅姿三人男」
 
清水港の名物は お茶の香りと男伊達
見たか聞いたかあのタンカ
粋な小政の 粋な小政の 旅姿
 


 DSC_0366.jpg
 
頂上付近のお茶畑と清水港です
江戸時代は、幕府の直轄地で年貢の集積地として港が
栄えましたが、明治になって直轄地としての役割を失い
港は寂れてしまいました
その後、海外と貿易のできる開港場に指定されて茶を扱う
外国商社が多くおかれ茶の主要輸出港として力を取り戻し
たそうです



 DSC_0212.JPG
 
堅気となった清水次郎長も、清水港を国際貿易港にする
ために自宅に英語教師を雇って青年に英語教育を奨励
したそうです
これが日本で初めての英語塾と言われています



 56028e57.jpeg
 
現在の清水港は、羽衣フーズのシーチキンでマグロ
水揚げ高日本一になり、コンテナ貨物の国際港として
活路を見出しています
最近では、天女も舞い降りた景勝地・清水にクイーン
エリザベス2世号をはじめ多くの観光船が来航するそうです。



 DSC_0368.jpg
 
日本平の頂上は、テレビ局の送信所となっています
右端は地上デジタル放送用の送信施設です
 
日本武尊(やまとたけるのみこと)が日本平の麓で野火
攻めに遭った時、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)で
草をなぎ払って難を逃れた話から、その場所の地名が
草薙(くさなぎ)となり山の名が日本平となったそうです。
 
天叢雲剣は、名古屋・熱田神宮に祀られています
 
そして、日本平の向こうには久能山が連なっています。
大昔には久能寺があり、武田信玄によって久能城となり、
今は徳川家康を祀る久能山東照宮となっています
 


 0ef61b7e.jpeg
 
久能山東照宮へは、日本平の頂上からロープウェーで
渡ることができます



 DSC_0370.JPG
 
日本平のロープウェー駅にあったポスターです
全国各地にある東照宮の中で徳川家康との関係が深い
場所が三つのラインでつながるそうです
その中心に位置する久能山東照宮に行ってみます 
 

鳳来寺山 東照宮はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/158/



松平東照宮と葵紋コチラ↓
 e-tera.net/Entry/167/

拍手

≪  1  2  3  4  5
HOME
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]