忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・
吉良の塩です
 
吉良町出身の有名人
先ず挙げられるのは吉良上野介義央ですね
そして吉良仁吉、尾崎史郎がつづきます。
合わせて吉良3人衆と呼ばれています。

 8f02f334.jpeg
 
吉良仁吉は侠客で、清水次郎長と兄弟の盃を
交わした仲で義理と人情の人といわれています。


DSC_0570.JPG
 
尾崎史郎は作家で、代表作に「人生劇場」があります。
「人生劇場」は吉良から上京し
大学に入学した青年の青春とその後を描いた
長編シリーズです。
尾崎史郎は早稲田大学卒業で、
自身をモデルにして作品をつくりました。
後輩の五木寛之は「人生劇場」を
手本にして「青春の門」を執筆したそうです。

 80c78ad6.jpeg
 
彼は故郷への思いが大変強かったそうです。
特に吉良上野介を慕い続けていました。
昭和22年に30年ぶりに帰郷した際に
吉良家菩提寺の華蔵寺を訪れ
吉良さん(吉良上野介)への思いを
色紙にしたためました。


 DSC_0394.jpg
 
「往昔見ずして語り、今日見て語らず」
昔は真実を見ないで面白おかしく語り
今は本当のことが分かっても語らない
 
吉良さんにたいする当時の世論に
やるせない思いがあったのでしょうね
そして元禄の騒動の原因に吉良と赤穂の塩を
取り上げていました。

 
DSC_0625.jpg
 
吉良町は三河湾にも面しています。
昔は、三河湾で獲れた魚を帆掛け舟で矢作古川の
上流へ運んだそうです。

 
1d1a297b.jpeg
 
最近は、潮干狩りに多くの人が訪れます。
吉良のアサリはぽっちゃり型で甘みがあり春の味覚
として有名だそうです。


 
DSC_0631.JPG
 
そして、500年以上の歴史があるのが吉良の
塩作りです。
吉良の塩は品質が良く、饗庭塩(あいばえん)の名で
知られていました。
昔から塩の需要は多く食用や岡崎の味噌製造や信州の
漬物に使用されました。
信州には矢作川を上り伊那街道を通って運びその道を
「塩の道」といいます。
他にも四方八方に塩の道があります。
昔、武田信玄の治めた甲斐、信州には富士川や利根川
からも塩が運ばれていました。
その塩の道が今川氏、北条氏に止められて領民が困窮
している時、武田信玄のライバル上杉謙信が越後から
甲斐、信州の領民に塩を送ったそうです。

 
Uesugi_Kenshin.jpg
 
敵対関係にあっても相手が苦しんでいる時は手を差し
のべて助けてあげる…
これが、「敵に塩を送る」の意味ですね。

 
21c74cc8.jpeg
 
塩田で濃度を濃くした海水を貯めておく桶です。
吉良の塩作りは、潮の満ち引きを利用し海水を
塩田に引き入れる「入浜塩田」でした。
 


DSC_0626.jpg
 
赤穂藩の浅野家は山国の常州(茨城県)笠間藩から
転封してきて当初は藩の経営に苦慮しました。
そこで、家来を吉良に向かわせて製塩法を習い
塩田の開発に努力して良質の塩を作りあげたそうです。
 
吉良の塩も良質で「饗庭塩」のブランドで江戸で
評判でした
元禄時代に赤穂藩が徳川綱吉に塩を献上したこと
から御用達になり、赤穂の塩は「饗庭塩」以上に有名に
なりました。


78169f0a.jpeg
 
スポーツの世界で同郷の先輩や前に在籍したチームに
勝つことを「恩返し」といいますが、赤穂の塩の場合は
吉良の塩の経営を脅かしたので「恩返し」とはいかなかった
みたいです。
ライバルでなく商売仇となってしまいました。


 DSCN1980.jpg
 
今の社会では、他社のブランドを研究して良い所を
自社製品に取り入れていく事は常識となっていますね。
そして、他社に負けない物を造る事によって技術は
進歩していきます。
特に日本は改良していく技術は世界一だと思います。
 

DSC_0309.JPG

ニューヨークで見上げた高いビルはリーマンブラザーズ
のビルでした。
 
日本人には上杉謙信が敵に塩を送ったように
人情があると思います。
これからは、ただ利益に執着して業績をのばすだけを
使命と考えない社会になってもらいたいです

拍手

PR
今回のいい寺は・・・・・
高家・吉良氏です。
 
高家は江戸時代にできた役職です。
将軍の代参や朝廷への使者、京からの勅使の接待や
接待役の大名への儀典指導が主な役目でした。
 

 DSC_0640.jpg
 
高家に就いたのは、足利氏一門や室町時代の守護職、
著名な戦国大名の子孫でした。
名門の家には儀礼の方法が伝わっていますから、
高家の役職には名家が適任だったのでしょう
 


 DSC_0642.jpg
 
勅使に出す料理です
料理の献立や接待にも決め事があって接待役(饗応役)
の大名は一つずつ高家に指導を仰いだそうです
 
高家の役職を創設した理由は・・・
「名家の出身旗本が一般旗本と同格では」
との幕府の配慮で家格を上げるためでした。
そして、高家は旗本でも官位は一般大名より上でした。
 
饗応役の大名は指導をお願いする為に、高家へそれなり
の授業料を払ったそうです。
吉良上野介浅野内匠頭の喧嘩の元は、授業料をちゃんと
払わなかったからという説もあります。


 DSC_0639.jpg
 
高家は、役柄から多額の謝礼を頂き金銭的に潤って
いたそうです。
 
吉良上野介は刃傷沙汰で、浅野内匠頭が切腹した
後に赤穂浪士の襲撃にそなえて頑丈な屋敷に造り
変えました。
浪人も沢山雇って襲撃に備えました
 
吉良町の資料館に江戸屋敷の見取り図があります。
 
赤穂浪士が入った門
清水一学が討たれた庭
吉良上野介が隠れていた納屋
赤穂浪士に吉良上野介が討たれた場所
元禄時代の出来事が目に浮かぶような気がします
 
本懐を果たした赤穂浪士は殿・浅野内匠頭が眠る
泉岳寺に向かい墓前に本懐成就の報告をしました。


 316735e0.jpg
 
浅野内匠頭赤穂浪士が眠る東京・泉岳寺門前の
店には討ち入りの道具が揃っています

師走の雪の降りしきる夜、赤穂浪士は吉良邸・討ち入り
決行しました
浪士は袖先に山形模様のそろいの羽織を着込み、
大石内蔵助が門前で「一打三流」の山麓流陣太鼓
打ち鳴らします
太鼓の音で清水一学は「あれぞまさしく山麓流」と
赤穂浪士の討ち入りに気づき・・・

という場面は、歌舞伎の中の演出で、実際には羽織も
太鼓も無かったそうです。

それでも泉岳寺の一番のお土産は太鼓羽織ですね

 

2abcdb6a.jpg

泉岳寺の門前で、おいしいきなこプリンが頂けるお店
おしるこいもり」を発見してしまいました~~


39546a8f.jpg

とろけるきなこプリンはあんみつ屋さんなだけに、
卵を使わずに寒天を使用しているそうですよ!
都営浅草線・泉岳寺駅で降りてくださいっ



DSC_0447.jpg
 
高家・吉良氏菩提所・華蔵寺の庭には柿の実が
沢山なっていました。
 


 deceaa23.jpg
 
本堂の裏に庭があります。
深山幽谷を表した小堀遠州好みの庭となっています。
平庭の部分が枯池で中央に亀島を設けて
奥の雪見灯籠付近の出島で鶴を表しています
 
奥に見える壁は御影堂です。
その左横には茶室があります
吉良上野介はここで茶の湯を楽し和歌を嗜んだ
でしょう。
 
「雨雲は、今夜の空に かかれとも
晴行くままに、出る月かけ」
吉良上野介が詠った和歌です


 DSC_0453.jpg
 
書院の床の間に吉良上野介の書状が掛けてありました。
 


 DSC_0454.JPG
 
吉良上野介義央の花押です。
忠臣蔵は、昔から映画やテレビで上映されています。
ストーリーの本になっているのが歌舞伎の忠臣蔵で
歴史考証は行われてきませんでした
 
高家・吉良氏は騒動の責任をとらされて改易となり
歴史を調べる資料が乏しいそうです。
その中で、吉良町の郷土史家の研究で吉良家の
本来の姿が分かってきました。
 
最近では、NHK大河ドラマ「元禄繚乱」で研究の
成果を取り入れてもらいました。
石坂浩二が演じた吉良上野介「義央」の読み方が
「よしなか」から「よしひさ」になったのもその一つです。
花押のなかに「」の字が入っていますね。
吉良上野介は通称で、吉良義央が正式な名称
だそうです。
吉良義央も央が読めるように花押に「久」を入れた
みたいです。
 
他にも勅使の接待役を命じられる前から吉良上野介
と浅野内匠頭は面識があり浅野内匠頭の婚礼に
吉良上野介が出席した場面や、実際の喧嘩の
原因は不明であることなど史実に則った演出が
されていました。
 


 DSC_0472.jpg
 
御影堂に祀られる高家・吉良氏の祖・吉良義定の
木像です。
室町時代の公家を思わせる出で立ちですね
 
吉良氏は幕府の名家を残す配慮で高家となりました。
吉良上野介は高家筆頭となりましたが殿中の
刃傷沙汰赤穂浪士の討ち入りで高家の名を
汚してしまいました
 
一度汚してしまった家に高家を続ける資格は
無かったかもしれませんね。
それが、吉良家改易の理由だったような気がします。
 
喧嘩の理由は分かりませんが、順風満帆の道に
思わぬ落とし穴がありましたね
 
喧嘩は吉良と浅野の両家をまき込んでしまいました


当主の行動や判断が家臣や一家の命運を左右する
事ってありますよね。
まさに吉良家と浅野家は当主の行動や判断が後の
家臣やお家の行く末を左右することになりましたね。

いつの時代もリーダーの行動と判断が下の人や
関わる人たちに大きな影響を与えることを考えると
リーダーの責任は重要ですね!!
 

 

拍手

今回のいい寺は・・・・・
吉良家菩提所・華蔵寺です。


 DSC_0381.jpg
 
矢作古川を上っていくと幾つもの支流に分かれます
のどかな小川の風景ですが、一度大雨が降れば
氾濫して被害をうけます
江戸時代の初めに矢作古川の氾濫を抑えるために
新たな水路を通しましたが、それでも矢作古川流域
では水害が度々おきていました



 DSC_0391.JPG
 
吉良の村々でも大きな被害をうけていました
領内を視察していた吉良上野介は領民の窮状を知り
水害から守るためにを築きました
こののお陰で水害の心配もなく稲穂が豊かに
育ったそうです
そこで黄金色に育った稲穂から「黄金堤」と呼ばれて
います。


 DSC_0399.jpg
 
治水事業の視察の時に吉良上野介は赤馬に乗って
領内を回ったという話があります
そこで、殿を慕う気持ちが郷土の民芸品になっています。
その歴史は三百年!
赤穂浪士に討たれたころから、この地域の子供の玩具
として親しまれているそうです


 DSC_0398.JPG
 
吉良町の吉良家に関係した場所では、この銅像が
迎えてくれます。
忠臣蔵の憎き吉良上野介義央とは違う姿で・・・・


659e0859.jpeg
 
吉良上野介が眠る片岡山華蔵寺です
 
戦国時代に東条吉良氏を継いだ吉良義安
今川義元に捉われて駿河の地で亡くなりました
妻は徳川家康の伯母桶狭間の合戦の後、子・義定を
連れて吉良に戻ってきました
それを知った徳川家康は伯母親子に禄を与えて吉良家
復興させます
そして、吉良義定が新しい吉良家の菩提所として創建した
のが片岡山華蔵寺です。
 
*西条、東条吉良氏と区別して復興した吉良氏を
  高家・吉良氏と言います。

 

 1ed06efb.jpeg
 
境内の片隅にある「真実をもとめて」の碑です
私達が知る赤穂浪士の物語は、江戸時代に歌舞伎
演目として作られた「仮名手本・忠臣蔵」が本となって
います
 
その内容は、史実にもとづいた事実だと思っていましたが
碑文には・・・
「元禄時代に吉良義央公浅野長矩公との間に不和を
生じ、その処理に冷静さを欠き、殿中で浅野公刃傷
及んだ事から、幕府の掟に触れ、家は断絶、身は切腹
という事になった

浅野公の舎弟大学氏の後継が不首尾になった結果、
旧臣たちは禄を離れることになり、一か八かで吉良公
討ち取ったが、当時の学者と協議して赤穂浪士に切腹を
命じた
吉良公は、治水等の功績が大で、評判の良い名君
あったからである
 
名君(吉良上野介)を暗殺した者を忠臣(赤穂浪士)
したのでは、武士道にも反し芝居にならないので、
小説家、劇作家たちが、興味本位にいろいろのつくりごと
(増上寺畳替え、屏風の取り替え等)をして吉良公
極悪人に仕立て上げ、忠臣蔵として世間に広めた
ものである・・・・」
 
と、述べてありました。
物語と事件の真相は違うみたいですね


250px-Utagawa.jpg

 「もろもろのうらみつらみを泡と消し
 心やすけく 生きなんわれら」

76年に建てられた碑文の最後にこの短歌が
ありました

90年春に吉良町の有志と赤穂市の代表が浅野吉良
それぞれの菩提寺に墓参りをして双方の和解と交流が
始まったそうです

東京・泉岳寺義士祭でも行列パレードを終えた後
代表者が本所松坂町公園(吉良邸跡)を訪れ、吉良祭
の法要にも参列するそうです


赤穂浪士の討ち入から300年が経って、

吉良浅野も、ともに事件の犠牲者なのであるから、
 今の世の自分たちが仲を取り持ってやらなければ、
 永遠に仲直りすることが出来ない」

と、関係者は語っています
 


 1d3e988f.jpeg
 
本堂の横には、吉良義安、吉良義定、吉良上野介義央
の木像が祀られた御影堂があります。
 


 ffd27efc.jpeg
 
御影堂の前には、高家・吉良氏6代の墓所があります。
自然石の土台に立派なお墓がならんでいました。
 


 DSC_0415.JPG
 
歴代当主の墓より簡素で小さいのが吉良上野介
墓です。
何時も線香と花が絶えないそうですよ
 


DSC_0420.JPG

どなたが何時お参りに来ても良いように、墓所は
キレイに掃き清められてありました
 
高家・吉良氏は名門の流れを汲みながら、今川、
織田、徳川の間に挟まれて苦難の時が長かった
そうです

足利氏の支流として吉良荘に入り、繁栄と挫折を
繰り返して最後には、吉良の地から消えた一族・・・
終焉の地がこの墓所です。



 DSC_0437.JPG
 
墓所の奥には、鉄眼版一切経が納められた経蔵が
あります。
吉良上野介が遺した唯一の建物です。
 
創建当時の棟札には・・・
このお堂を拝み瞻(み)て 讃え喜ぶ結縁の人々
みんな速やかに、極楽浄土に生まれんことを・・・・
吉良上野介の願が書いてあります。
 
平成14年に没後300年を記念して改修工事を
行いました
その時に瓦葺きから杮葺きに変えて上品な
建物になったそうです

 

38b93349.jpg
 
墓所の中には、赤穂浪士の討ち入りで亡くなった
家臣の供養墓があります
 
「忠臣蔵」では敵方の手下として討ち取られました。
ここでは殿に忠義を尽くした赤穂浪士と同じように
家臣として墓所に祀られているのでしょうね
 


 DSC_0408.JPG
 
吉良上野介義央300年祭記念句会に参加した
人の作品です。
義央忌来てみて知るる名君ぞ
この地を訪れてみて吉良上野介が名君と分かって、
詠ったのでしょうね
 


k0430shi.jpg

 仮名手本・忠臣蔵で作られた憎き吉良上野介
吉良上野介が憎ければ憎いほど、赤穂浪士
同情し、討ち入りの場面が映えました。
吉良上野介を演じる役者もどれだけ悪者になれるかが
腕の見せどころですよね


今回、初めて吉良上野介の菩提所を訪ねてみました。
私も境内を散策して碑文を読み、お墓参りをしたら
いつの間にか吉良上野介の悪いイメージが消えて
しまいましたよ

夏めくや吉良と赤穂に通ふ風

吉良赤穂のわだかまりが無くなり、交流が進む
事を願います♪

 

拍手

今回のいい寺は・・・・
清水次郎長、吉良で修行する!です。



 DSC_0273.jpg

清水次郎長は喧嘩が原因で清水湊を飛び出しました。
都に向かう途中、岡崎で路銀が無くなってしまいます
 
この辺りの親分のところで世話になろうとお茶屋に入って
「三河で有名な親分は
と尋ねたところ・・・
吉良の武一が剣の達人で、侠客中の侠客といわれた
親分です」
 
寺津の親分は、武勇が並はずれて日の出の勢い
ですよ」
と二人の親分の名前がでました。
寺津の親分が旧知の治助と分かった清水次郎長一行
現西尾市・寺津に向かいました

 
 DSC_0676.JPG
 
寺津の治助の所に草鞋を脱いだ清水次郎長は、
夜はサイコロをふり昼間は吉良の武一の門下に
なって剣術を学びました
吉良の武一は元備前岡山藩の藩士でした。
 


 DSC_0647.jpg
 
寺津吉良の間には矢作古川が流れています
この川を渡って吉良武一の道場に通ったでしょうね
武一の道場で清水次郎長は稽古の虫だったそうです。
それも、開けても暮れても「突き」の稽古でした。
「こちらがジッとまっていると相手切り込んでくる
それをすっとかわして、サッと斬る それでおしまい」
ここで、次郎長剣法が開眼しました
後年、刺客の襲撃を受けた時に、逆転の突きで相手を
たおしています。



 DSC_0393.JPG
 
吉良の有名人といえば、吉良上野介ですね

吉良上野介の家臣・清水一学も吉良出身です。
吉良邸に押し入った赤穂浪士に最後まで抵抗して
雪の積もる庭で倒される場面がありました。
 
清水一学は剣の達人として忠臣蔵に登場しましたね。

 DSC_0483.jpg
 
山の手に東条吉良家の居城跡があります
 


 3695bdea.jpeg
 
麓の殿町には江戸時代の舘・岡山陣屋跡があります。
清水一学は岡山陣屋の道場に幼少の頃から通って
腕を上げました
吉良上野介の奥方に認められて十五歳で江戸へ
向かい、用心棒兼、中小姓にとりたてられました。
赤穂浪士の討ち入りで亡くなった時の年齢は二十五歳
でした。
 


 DSC_0487.jpg
 
清水一学の故郷・吉良町宮迫の風景です。
山の向こうに東条吉良氏の居城や岡山陣屋跡があります。
百姓の家に生まれた清水一学は、腕一つで出世街道を
歩んできました
吉良上野介も清水一学の腕に頼ったのかもしれませんね
 


 DSC_0489.JPG
 
宮迫地区の中心に大きな松の生えた寺院があります。
清水一学が眠る日蓮宗・円融寺です
 


 59bf8808.jpeg
 
山門の両側の松は、清水一学の時代からあるのでしょうか?
最近は、全国的に松食い虫の被害で大木が少なく
なりましたね



 DSC_0499.JPG
 
赤穂浪士討たれた清水一学は吉良家の
江戸菩提所・万昌院に
葬られましたが、後に
生まれ故郷の円融寺に分骨されました。
当時の僧侶が吉良上野介の戒名
霊性寺殿実山相公大居士」に因んで清水一学の
戒名を「端翁元的信士」から「実相院宗禅信士」に
改めたそうです。
西尾市にある吉良氏初代の菩提所・実相寺にも
つながる戒名ですね

 


 0526c369.jpeg
 
清水一学は故郷の風景を一望できる場所に眠っています。
寺の周りに茶畑が広がります。
西尾市・実相寺に聖一国師がお茶の苗を伝えてから
明治時代に西尾市全体にお茶の栽培が広がりました。
吉良にも伝わり「吉良茶」として栽培が普及しています
 
清水一学の生まれる以前に、この地から武芸に秀でた
人物が出ました。


 DSC_0502.jpg
 
弓道の達人、尾張藩に仕えた星野勘左衛門です。
円融寺の境内には、「星野勘左衛門 旧里」の記念碑が
建っています。
その力が発揮されたのが三十三間堂で行われた
通し矢」の競技でした


 ac9a2a67.jpeg
 
京都・三十三間堂で成人式の日に行われる大的大会です。
新成人の門出を祝う行事として毎年多くの参加者が
腕をふるいます
この行事の本となったのが江戸時代に盛んに行われた
通し矢」です。


 c5a696ba.jpeg
 
通し矢は、三十三間堂のぬれ縁の北の端から南の端に
置いた的を一昼夜の間に何本的に当てる事が出来るか
を競います
 
特に御三家の尾張藩・紀伊藩では互いにどちらの藩に、
より優れた弓の使い手がいるのかを競うようになり、
通し矢の記録は次々に更新されていきました
 


 c2e1a6d0.jpeg
 
成人の日に大的大会に参加した新成人の結果です。
遠くの的を射るのも大変ですね
 
江戸時代の「通し矢」で記録を出したのが尾張藩に
仕えた星野勘左衛門でした。
八千本の記録を立てて「総一」の称号を受けました
この記録は、24年間守られました
この記録を塗り替えたのが紀伊藩の和佐大八郎でした。
8132本の記録は今でも破られていません
縁側に腰かけて、軒と濡れ縁の間に矢を通し、120m先
の的に向けて1万本以上の矢を射るそうです。
技術と体力もどちらもいりますねー!!

気力も・・・
 


 3b2803c7.jpeg
 
清水次郎長は、このような武芸の達人が出た吉良の
地で吉良武一の門を叩き、剣術の稽古に励みました。

そして、江戸時代の歌舞伎で大当たりした忠臣蔵の
敵役・吉良上野介の郷ですから、稽古の間に吉良家の
話などを聞いたかもしれませんね
「へぇー この地が吉良の殿様の郷かね」

次は、吉良上野介の菩提所・華蔵寺に行ってみます



京都・三十三間堂の通し矢についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/53/


実相寺と西尾の文化についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/180/

 

拍手

今回のいい寺は・・・・・寺津の治助です。


 47a1fd6e.jpeg
 
寺津は名前の通り漁港(津)の町です
漁師は漁で生計を立てて海から恵みを頂きます
その海も嵐になれば人をのみ込み命を奪います
漁師は自然に身をゆだねながら生活をするので
信心深いそうです
畏怖と畏敬の念が信仰の厚さになってお寺を大切に
しているのでしょう。
 


 DSC_0218.jpg
 
港の近くの通りには、三十三観音菩薩が祀られていました。
綺麗な花が、観音菩薩に手向けてありますね
ここで皆さん漁に出る家族の無事を願うのでしょう
 


 b74dfaef.jpeg
 
観音菩薩は、阿弥陀仏の脇侍菩薩で勢至菩薩と
合わせて阿弥陀三尊仏といわれます。
阿弥陀仏の代わりに現世で私達を助けるのが役目
だそうです。
三十三観音菩薩と言われるように、沢山の菩薩が
色々な姿に変わって私達を支えています



 DSC_0814.jpg
 
私達の生活を支える観音菩薩
あるときは具足となって現れるそうです。
網も観音菩薩と思えば大切に使いますね
 
ノーベル平和賞を受賞したケニアのマータイ副大臣の
もったいない」の言葉は、使い捨ての時代への
警鐘でした
原材料費が値上がりしている今こそ物を大切に使うことを
考える時ですね
 


 b7213dc4.jpeg
 
軒先の竿に玉ねぎが網に入れて吊るしてありました
おばあちゃんの家にも吊るされていたなぁと思い出しました。



 DSC_0215.JPG
 
商店街の仕出し屋さんでは、アナゴを捌いていました。
慣れた手つきで素早く二枚に下ろしていました
三河湾で獲れる魚は美味しいです
隣の一色町には、有名なウナギの養殖場があります。
昔はウナギと言えば浜松でしたが、今は三河一色産
ウナギもブランドですね。
 


 DSC_0214.jpg
 
港近くの瑞松寺には寺津城の遺構があります
昔、吉良氏の家臣・大河内氏の居城がありました。
大河内氏東条吉良家徳川家に仕え、三代将軍徳川家光
の時に松平家に養子に入った伊豆守信綱は老中まで
務めました。
伊豆守信綱は「智恵伊豆」とよばれ島原の乱を鎮定した
功により武蔵川越の領主となり、寺津の大河内氏も
三河吉田藩・上野高崎藩に移封しました。
 
そして、治助親分の時代の寺津は静岡・沼津藩の領地
となっていました。
隣接する碧南市・大浜には出張所の役目をする沼津藩・
大浜陣屋がありました。
治助親分は、そこから十手を預かってお上の御用も
務めていました。



 DSC_0769.jpg
 
親分稼業の収入源は、博打の開帳でした
博打は昔もご法度でしたから、賭場として使用されたのが、
町奉行の管轄外の神社仏閣でした。
そこで、開帳の場所代を寺銭というそうです。
寺津は漁港で活気があり寺社が多くありますから
賭場に困らず繁盛したのでしょう。
治助親分の所には、60人もの子分がいたそうです
 
治助親分は十手も預かっていましたから町の治安を
守りながら程よく住民を遊ばせていたのでしょう。
天下の大親分として慕われていたみたいで浪曲・
清水次郎長伝の石松三十石舟の段でも話が出てきます
旅人が天下の大親分は寺津の間之助か西尾の治助か・・・
それとも清水次郎長か。
その後、清水一家の子分の話になった時に石松が割って
入って「食いねー食いねー鮨食いねー」「江戸っ子だってね」
と有名なセリフが続きますね。
 


 295a05b0.jpeg
 
治助間之助は兄弟です。
治助の後を継いで寺津一家の親分になりました
間之助も大浜陣屋から十手を預かり地元の治安を守りました
間之助は海運業でも莫大な資産を手に入れたそうです
地元では間之助の方が有名で、間之助羊羹があり菩提寺・
養国寺にはお墓があります
 



 0f91509d.jpeg
 
時代がたって繁栄した寺津も一地方の町となっています。
最近、名鉄三河線が廃線となって、寺津駅の跡は草に
覆われていました
 
寺津の治助も間之助も清水次郎長がサイコロと剣の
修行をした事も忘れられてしまいそうです
 
地域や人物の名前を残すのは、大変なことですね!
ただ歴史を伝えるだけでなく、そこから何か学べること
あれば皆さん耳を傾けてくれるでしょう
 
その何かを探してみるのも楽しいです
見た目では分からない何かを・・・・・
 
次は治助親分、間之助親分に十手を持たせた
碧南・大浜陣屋にいってみます

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]