忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
市民祭☆元気ッスへきなんです♪


9a88bba1.jpg

かわいい格好をした子供たちや



DSC_0881.jpg

元気な大人



DSC_0871.jpg

碧南一家を書き続けているマンガ家の
加藤まさみ先生など



2ad96adb.jpg

手作りの衣装を身にまとい3000人が踊り歩きます



DSC_0886.jpg

碧南市の50周年事業として始まった
元気ッス!へきなん」は今年で12回目



DSC_1030.jpg

元気ッス!へきなんのオリジナルソングに合わせて
みんな踊る踊る



6fa55ce4.jpg

私も踊り連の方からヒマワリをもらっちゃいました



f1cc07bd.jpg

碧南市役所前のメインステージでは各地区の
大漁旗が
さすがに面しているだけあります



DSC_1287.jpg

メイン司会はラジオパーソナリティの新間正次サン



DSC_1293.jpg

読書アドバイザー永井陽子サン
永井さんは各地で絵本の読み聞かせをされている
方です



DSC_1277.jpg

碧南市民吹奏楽団の生バンドに合わせて



DSC_1276.jpg

踊りの先生が振り付けをレクチャー




78fb84cf.jpg

お腹が空いたら立ち寄ってねとブースは100軒!
ペットボトルをその場で洗って捨てるという方法は
初めてみました



DSC_0961.jpg

チャラボコというおはやしで演奏される太鼓に
合わせて踊るギャラリーもいました



DSC_0930.jpg

以前はプロにMCをお願いしていましたが、
踊り連の紹介は碧南高校演劇部の生徒さんが担当



6343a9a1.jpg

メインストリートを踊りながら駆け抜けます



DSC_1082.jpg

みんなとっても楽しそう♪



96679a9c.jpg

沿道で見守る人も一緒にノリノリで!!



DSC_0912.jpg

元気ッス!へきなんの市民ボランティア
方にお話をうかがいました♪

「あんたんとこの祭はいいね~~!!」と
言われる祭にすべく第一回目から取り組んでいる
そうです

心がけていることは同じことは行わないこと!
毎年新しいことを考えるので訪れる人は
楽しいですよね

アイデアを出す方は大変でしょうけど



8e87bb49.jpg

静岡まで大道芸のプロを見学しに行ったそうです
イベント企画会社の用意するプランではなく
碧南独自のものを作ろうと心掛けたそうです

フェイスペイントという言葉すら知らない碧南人に
できるのか?と不安になりながらも・・・

イベントにはプロを呼ぶのではなく、毎年1団体
ずつ市民大道芸チームを育成していき、福祉祭
などで活躍できるように取組みました



DSC_1245.jpg

サブステージでは毎年、碧南在住・在勤の方に限定し
学生のバンド演奏から大人の合唱までがひとつの舞台
パフォーマンスを行います

市は色々な層の人で形成されているので、
ひとつの舞台で演じることによって若い子も年配の
方もお互いに拍手を送り合ったり、感動することが
出来ると考えるからだそうです



DSC_1043.jpg

事前リハでは必ず出演者一人ずつが大きな声で
自己紹介をする時間を設けるそうです
仲間意識が生まれ、スケジュールが狂ったとしても
仲間同士フォローし合えます。



1fdfb507.jpg

当日もどしゃぶりでプログラムがぐちゃぐちゃに
なりましたが、自然と連帯感が生まれたそうです
同じ舞台で演じる仲間として順番が狂ったとしても
誰も文句を言わないそうですよ!

今回記事にしたのは私の地元です。
これまで地元の祭りに興味がなく、きちんと
見たことがなかったのですが、手作り感のある
市民祭りに感動してしまいましたよ

不況であっても、工夫をすれば素晴らしい祭りが
完成するということを教わりました



73ebe9d6.jpg

有名な祭りも見応えがあるけれど、
市民ボランティアによって作られた素晴らしい
祭りが自分の地元にあることを知り、あったかい
気持ちになりました
 

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
一色町のうなぎ養殖場 です♪


私は、名古屋っ子らしくうなぎが大好きです

1f1a86e6.JPG

先日寺津周辺を散策していて見つけた
うなぎ屋さんののぼりです
寺津から車で10分ほどのところに一色町が
あります



7ed95330.JPG

矢作古川で釣を楽しむ人がたくさんいましたー♪
何が釣れるのかなー
川の手前が幡豆郡一色町です。


DSC_0655.jpg

おっとビニールハウスを発見っ!!


DSC_0658.jpg

初めて見る養鰻場にワクワク



e54fafdf.JPG



池の中が酸欠にならないように、水車が勢いよく
まわっていました。
望遠で撮ったので中まで見えなかったのですが
たくさんのウナギがいるのでしょうねー!


DSC_0661.jpg

一色町はうなぎの養殖が盛んで、ビニールハウスが
たくさん続いていました。

おいしいうなぎは水質で決まるそうです。
キレイな水でうなぎ本来の味だけを残し余分なものは
洗い流します

西尾のお茶も矢作川を通った空気が湿度を持って
いるためお茶の栽培に良いそうです。

矢作川の豊かな水で育った一色産の鰻だから美味しい
のでしょうか。
 
お茶も鰻も自然の恵みを頂いていますね



もちろん名古屋にはおすすめのお店がたくさんありますよ。

紹介したいうなぎ屋さんはいっぱいあるのですが、
人気なのが「あつた蓬莱軒


(松坂屋店が一番混まないと思います♪)

Image326.jpg

まずは肝焼き
甘辛くておいしいですよねっ
食べると元気になるような気がしますっ


Image327.jpg

ひつまぶしを待っている間にいつも「うまき」を
頼みます
卵焼きにうなぎを入れるだなんて誰が考えついたの
でしょうね~
卵の甘みとタレの感じが合いますよね



Image329.jpg

ひつまぶし》は
一膳目はそのまま
二膳目は薬味と一緒に
三膳目はお茶漬けにして食べるのです♪♪

うな丼もいいけれど、まんべんなくうなぎを堪能
できるひつまぶしは文句ナシの名古屋名物です



ac959460.JPG

夏に訪れた大分ではひつまぶしの味に感動した
お店の方が工夫を加えて生み出した《日田まぶし
を頂きました
さっぱりして、タレの味に慣れた私には新鮮でした

※天領の町★日田の町並みはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/159/


次は西尾にお茶をもたらした聖一国師のお寺
紅葉で有名な京都・東福寺を訪れます



清水次郎長の足跡を辿ってきましたが
続きはまたの機会に。。。

拍手

今回のいい寺は・・・・・
矢作川と矢作古川です。


 DSC_0624.jpg
 
西尾市と碧南市の境を流れる矢作川三河湾に注いで
います
この三河湾で獲れる海の幸は川を上り伊那街道を
通って信州へ運ばれました
そして、信州からは年貢米や物産品が矢作川を下って
きました


 6e03cab1.jpeg
 
現在の矢作川は、江戸時代になって川の氾濫を抑える
ため新たに開いた水路を通っています
昔の水路は、西尾市と吉良町の境を流れていました。
こちらは、本流の矢作川と区別して矢作古川といいます。



 2614a136.jpeg
 
矢作川で使用された帆掛け舟です
本流は川幅が広く、江戸時代は信州三河を結ぶ
水運の要として重要な役割をしていました
明治以降も水運が輸送手段の中心でした。
荷物をたくさん積んだ帆掛け舟が矢作川を上り下りして
活気があったそうです
 


 DSC_0088.JPG
 
矢作川を上っていくと支流の乙川に分かれて岡崎城
繋がります
江戸時代には、三河湾から岡崎城まで五万石船
上っていったそうです
「五万石」という古謡で
「五万石でも岡崎さまは、お城下まで船がつく」
と歌われています。

淀川から京都・伏見に上った船が三万石なので
矢作川の五万石船は大きいですね
 


 627f2158.jpeg
 
こちらは、矢作古川です
穏やかな流れで三河湾に注いでいます
 
昔、この地域は吉良荘といい、足利家の流れをくむ
吉良氏が治めていました。
吉良荘は、この矢作古川を境にして西条東条
分かれていました。
 
足利家の流れをくむ吉良氏は、最初に西条の守護職に
就きました
室町時代には、西条東条を合わせた吉良荘の領主と
なりましたが、一族内の争いから西条吉良氏東条吉良氏
に分かれてしまいます
 


 DSC_0652.JPG
 
応仁の乱の時には、東西両軍に分かれて戦った
そうです
両岸でにらみ合う吉良氏内の抗争は、一世紀にも
およびました
そして、吉良氏の分家にあたる駿河・今川氏から
侵攻を受ける事になってようやく和議を結んだそうです
今川氏の侵攻で内輪もめをしている場合ではなくなった
みたいですね
 
何時の時代でも身内の争いごとはあります。
きっかけは些細なことで、最初に水に流せば終わる事が
多いですね。
 
和解後も今川氏織田氏徳川氏を交えた戦が続いた
そうです
そして、西条吉良氏は徳川家康に討たれて西尾藩になり、
最後は忠臣蔵の事件により東条吉良も改易となって、
この地から吉良氏の名前は消えてしまいました
 


 24f8ca10.jpeg
 
現在、歴史の舞台となった矢作古川では、春と秋の
10日間船遊びが行われます
 
「や・や・や矢作古川、船遊び」
地元・西尾市のボランティアが考案して開催しています。
船は岐阜・長良川の鵜飼船の払下げです。
 
愛・地球博の時に外国人来賓用に使用された船だそうです。
今は畳を敷いてありますが、外国人が足を伸ばせるように
船底は深くなっています
 


 a1c30016.jpeg
 
乗船すると御手洗団子2本とお茶を頂けます
夜間の船遊びでは鍋料理の食事をしながら川面の
風景を楽しみます
月夜にお酒を飲みながらなんてサイコーですね



 DSC_0064.JPG
 
のんびりと船に乗って川遊び
吉良家が矢作川で船遊びをしたという文献は
ありませんが東条西条に分かれて争う前は船を
浮かべて和歌を詠んだのではと想像したくなります
 


 DSC_0044.jpg
 
青鷺が今にも飛び立とうとしています
自然の中をゆっくりと下っていくと、普段目にしないような
風景を見ることが出来て楽しいですね♪
 


DSC_0055.jpg
 
川を下るとラジコンのボートが迎えてくれました
川下りの観客がいるとボートの操縦も張りきるそうです
 


 9fccf492.jpeg
 
西尾茶の茶畑が見えてきました
西尾市では2006年に1万人大茶会を開催して
ギネス記録に挑戦しました
1万4千以上の方が参加して見事に記録を樹立した
そうです
その時の特別ゲストは加藤茶でした
 
ところが今年の2月にインドでティーパーティーが
行われて、3万人以上が集まりあっさりと記録を
塗り替えてしまいました
残念ですね!

ギネス記録は破られてしまいましたが、みんなで記録に
挑戦した楽しい記憶は残りますよね
 


 DSC_0071.JPG
 
船上ではガイドさんが色々な話をしてくれてあっという間に
時間が過ぎてしまいました
ただ、ガイドさんの話で一度も吉良氏の名前出ませんでした。
吉良の歴史と深く関わった矢作古川ですが、吉良荘も
吉良氏も歴史の中で風化してしまったみたいですね
 
矢作古川も矢作川と同じように帆掛け舟海の幸
山の幸を運んだそうです
 
最近では岡崎の豪雨で矢作古川に沢山のゴミが流れて
きて、今回の船遊びを開催する前に大規模なクリーン作戦
行ったそうです
 
川の恩恵をうけるには、先ず川を守らないといけませんね!

今は車社会となってしまいましたが、水運の方が輸送手段
としての歴史は遥かに長いですね
 
三河地方は水運のおかげで、産業・経済が大きく発展した
そうです
高速道路で結ばれた地域を見るだけでなく、海や川で
結ばれた地域を知ることによって、歴史の流れが見えて
きますね。
 
その歴史を知る事によって、他の地域にも親しみを感じ
人の和が広がるように思います
 


※西尾とお茶の関係についてはコチラ↓
  いい寺★実相寺と西尾の文化
  e-tera.net/Entry/180/

拍手

今回のいい寺は・・・
大浜の小さなお堂です。
 
寺にはお坊さんが住んでいる寺院もあれば、
地域で管理するお堂もありますね
 
大浜の寺町にも近所の方が、お守りするお堂が
あります
 


 DSC_0267.jpg
 
寺町の路地を入った所に薬師堂がありました
額には「妻薬師」と書いてあります
昔、お武家さんが妻の病気平癒を祈願して、
治癒したお礼に薬師如来を祀ったそうです
 

cb4374a2.jpeg
    
灯籠を見つけのぞいてみると・・・


 
DSC_0279.jpg
 
中には六体の地蔵菩薩が祀られていました
これは、灯籠でなく六角堂だそうです
小さな小さな六角堂ですねっ

 
以前は称名寺の近くにあって、六角堂の周りを皆さんで
回って踊り念仏をしたそうです。
時宗の開祖・一遍上人は地方を遊行しながら各地で
太鼓や小さな鉦(かね)を鳴らして踊りながら念仏を
唱える「踊り念仏」を広めました
 
踊り念仏ってどんな感じだったのかなー
小さい頃行った「盆踊り」みたいにするのかな
 


 DSC_0270.jpg
 
薬師堂の堂内です。
真ん中の厨子に秘仏の薬師如来が祀られていて
左右の日光、月光菩薩、十二神将が如来を守っている
みたいです。
 
厨子の手前の仏様は阿弥陀如来のようです。
薬師如来と阿弥陀如来が同じ場所に祀られるのは珍しい
ですね。
どちらも主役級なのに
 
阿弥陀さんはきっとどこからか頂いてきたのでしょう
近所の方が掃除をされて堂内はきれいで仏具も整って
いました


 DSC_0282.JPG
 
隣の御堂には、石造の地蔵菩薩が祀られていました。
手作りの帽子がかぶせてありました。



 8fce4205.jpeg
 
地蔵堂の隣は十王堂です。
十王さんはあまり聞きなれない仏様ですね
 
閻魔大王を中心にしたこの世の所業を見極める裁判官
極楽浄土に向かう間に私達は十王さんを巡っていく
そうです
 

 

 96a5c227.jpeg
 
ここの十王さんは、みなやさしい顔をしていました
ちなみに閻魔大王が赤い顔をしているのはインド人
だからだそうです
 
木札と筆を持ってる彼は訪れた人の特徴を書き留める
のでしょうか
 


 DSC_0284.JPG
 
隣には、米屋さんがありました
昔ながらの商店街は無くなりつつありますよね
 
大正時代の建物ですが、三河震災で倒壊することなく
今でも現役の店となっています
古い町並みが大浜の寺町を引き立てていました

車一台が何とか通れる路地が多くあります
建物や板塀に囲まれた閉ざされた空間は、生活の
においに満ちていて、歩く人を温かく包んでくれて
いる気がしました



 90f1e9b7.jpeg
 
この米屋さんのお婆さんが、お堂のお守をしている
そうです
誰のものと言う事でなく、こうして善意で行う人がいないと
どんな物でも維持できないですね
 
「誰かが行う」は「誰もしない」になってしまいます。
お参りする人、守る人、色々な人が関わってお寺は
成り立つのですね。


 


 DSC_0286.JPG
 
狭い敷地に小さなお堂が並んでいました。
変わらない風景をいつまでも守ってもらいたいですね。

 


 DSC_0296.JPG
 
大浜にあった大正時代の警察署です
保存する為の工事をおこなっていました
 
形のあるものを残すことによって、市民の心に大浜の歴史を
伝える事が出来ますね
新しい物を造るだけでなく町の歴史を残すことも大切ですね!


 2a442213.jpeg
 
大浜の陣屋の記念碑です
大正時代に撮った写真に旧藩士の方々が刀を持って
写っています。
ひし形の飾りは大浜陣屋の紋です。
この記念碑の上にあるのは、矢を入れる筒です。

 

 DSC_0302.jpg
 
旧警察署の建物にも菱形の紋があります。
陣屋の役目を引き継いだ事を表しているのでしょうか
大浜陣屋が無くなってしまった今となっては昔からの
繋がりを示す唯一のものです。




DSC_0861.jpg

私のお気に入りの風景です
大浜ではありませんが、とてもきれいな場所だと思います。

子供の頃、父に手を引かれて散歩した川沿いの道です
近くには氷屋さんがあって今でも残っています。
夏には氷屋さんのかき氷が常に冷凍庫にありました

大人になって、こんなに素敵な場所だったんだ・・・
と改めて故郷の良さを実感することができました。


みなさんの故郷はどんなところですかー




 

拍手

今回のいい寺は・・・・・・
大浜の寺町界隈です。


 72c71f7c.jpg
 
西三河の港町・大浜には、由緒のある寺院が
集まって寺町を形成しています
 
大浜は戦国時代に徳川家の国際貿易港として
賑わいました。
江戸時代には、沼津藩・水野家の力により幕府
年貢米の集散地となり地場産業の輸送港として
潤っていました
 
特に西三河で作られる三州瓦の需要が江戸や
京都で多かったそうです
大浜は海運の拠点となり、順調な発展のなかで
寺町を守ってきました。



 b7eb7cda.jpg
 
大浜のある西三河地方は、浄土信仰の厚い地域でした。
戦国時代に徳川家康・人生最大の危機の一つに
挙げられる事件がありました
三河で浄土真宗の信者が自分達の農地を守るために
起こした一向一揆では、家康の家臣の中にも浄土真宗
の信仰を重んじて一揆側に付いた者もいたそうです
 
徳川家康三大危機 三河一向一揆で家臣の造反
               武田信玄との三方ヶ原合戦
                                      本能寺の変と伊賀越え



 f1ab3d2c.jpg
 
この西三河の浄土信仰の基を築いたのが浄土真宗
蓮如上人でした。
蓮如上人は、応仁の乱で混乱する都で比叡山衆徒
迫害を避けて西三河・西端(にしばた)に下向しました。
そして、この地を宗門再興の拠点として布教活動を
したそうです

※500年前の絵図です。
  碧南市はほとんど海の中ですね



 DSC_0362.jpg
 
西端には蓮如上人が開いた寺があります。
応仁年間に建立したことから応仁寺といいます
蓮如上人の布教活動の拠点となった由緒ある寺
ですが、本堂が建つだけでお坊さんが住む庫裏
ありませんでした
 


 9c5177ba.jpg
 
蓮如上人が西端を去ったあとは、村人が管理する
寺院として受け継がれ、今でもお坊さんを迎えずに
蓮如上人の帰りを待ち続けているそうです
 
無住寺院ですが、本堂内には明かりが灯され仏飯
お供えしてありました
地元門徒の皆さんで応仁寺を守っているのですね
 


 DSC_0289.jpg
 
蓮如上人の布教により大浜にも本伝寺、西方寺
大寺院があります。
浄土真宗の寺院は伽藍が大きく装飾品が綺麗ですね
門徒の皆さんの寺を守る気持ちや信心の深さを感じます。

京都・本願寺の屋根瓦は、ここから船で運ばれた
三州瓦を使いました 
真宗寺院の需要が三州瓦を支えたそうです。

確かにこの辺りには瓦工場がたくさんあります
 

6a30ba9b.jpg
 
大浜の海徳寺には丈六(4.85m)の阿弥陀如来が
祀られています。
座ると実際には2.8mですが、大きくて顔が拝めない
ですね

丈六は仏像の高さの基準値だそうです。
 
この阿弥陀如来は廃仏毀釈で解体される寸前に
住職が譲り受けて伊勢から船で運んできたそうです
最近の調査で平安時代後期の作と分かったそうで、
解体されずに大浜の大仏さまとして親しまれています
全国各地で廃仏毀釈が起こっていた時も西三河の人達は
お寺を守りました


 
f5c3770f.JPG
 
今、寺町を支えている大浜のお婆ちゃんです
お参りをする人がいるからお寺は存在するのですね。
お参りした後に階段に腰掛けて世間話をしていました♪

 

DSC_0243.jpg
 
大浜にも徳川家と関係した寺院があります
東照山・称名寺時宗の寺院です。
時宗は一遍上人が開いた宗派です。
一遍上人は法然上人の孫弟子にあたる九州の
聖達上人から浄土宗の教えを学んだそうです
 
時宗は一日を六つに分けて4時間ごとに順番に仏の
前で念仏を唱えて6時礼讃の御勤めをします。
お勤めをする人々を時の衆「時衆」と呼んだそうです。
江戸時代に「時衆」は時宗となって今に伝わっています。
 
北条時宗の菩提寺・鎌倉円覚寺を時宗の本山と間違えて
訪ずれる人もいるそうです



 DSC_0247.jpg
 
本堂の向拝の柱にはおもしろいの彫り物がありました
昔の人は本物の象を見ないで彫ったのでしょうか。
毛がふさふさして瞳が青色でした

 

 ea782875.JPG
 
約660年前に創建した称名寺は、徳川家との関係が
大変深い寺院です
境内には東照宮も祀られていました
徳川家康の幼名「竹千代」は、父・松平忠広が称名寺
行われた歌会で詠んだめくりはひろき園のちよ竹」から
付けたそうです。
今でも歌会で使用した文台と硯箱が寺宝として残って
います

 

 b9ec7eca.jpg

境内には松平氏歴代の廟があります。
初代・松平親氏時宗の僧でした。
念仏の教えをひろめるため諸国を遊行(旅)して、大浜
たどり着いて称名寺に滞在したそうです
 
その後、海岸線から山手に向かい松平郷に入って松平氏
の娘婿となりました
僧・親氏は清和源氏の流れをくむ世良田氏の出身でした。
そこで徳川家は親氏を松平家初代として、源氏につながる
家柄となったそうです。
将軍は源氏でなければならないという決まりがあった
そうです
 
 

 e348abb5.JPG
 
松平家祖廟から眺めた本堂です
屋根の形が面白いですね
古い建物ですから地震で倒れないように補強がして
ありました
この地域は太平洋戦争の末期に三河地震があって
被害を受けたそうです
また大地震が来るとの話もありますが、備えだけは
しておいた方が良いですね
 
駆け足で大浜の由緒ある寺院を巡ってきました
この狭い地域に宗派の異なるお寺がいくつもあり、
立派なお寺がたくさんあるなーと驚きました!

廃仏毀釈で捨てられる運命にあった大仏さまを譲り
受けて本尊として祀る海徳寺が印象深かったです。
 
散策するなかで小さなお堂を見つけました
大きな寺から次は小さなお堂にいってみます。



松平郷・高月院についてはコチラ↓
 e-tera.net/Entry/166/
 

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]