忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・・
沼津藩の西三河・大浜陣屋です。
 


 DSC_0233.jpg
 
寺津から矢作川を渡って西に行くと・・・
碧南市・大浜漁港に着きます
 
漁港の近くには寺町があり、大浜も寺と港の町に
なっています
陣屋(代官所)が置かれた場所ですから、町の大きさは
寺津の数倍あります


 f100f1d5.jpeg

みなさん、コレ何だか分かりますかー

うーーーんなんだろう~~
と近づいて見てみると・・・

どうやら気圧計のようです

さすが漁師町ですね!
漁に出る時に気圧計を見て、海の天候を調べたのでしょう。
自然の力は大きいので、事故の無いように確認する事は
大事ですね



img-929165344-0001.jpg


 
大浜陣屋の見取り図です
江戸時代の後半、大浜を中心に西三河一帯は静岡・沼津藩
の領地でした。
愛知の西三河にありながら、静岡の沼津藩の領地というのも
不思議ですね
 
大浜陣屋は領地を治める出張所の役目をしていました。
寺津の治助、間之助兄弟は大浜陣屋から十手を預かって
御用を勤めていました。


 
DSC_0757.jpg
 
現在、大浜陣屋の跡地は公園になっています。 
近所の方が飛行機を飛ばしに来ていました。


DSC_0747.jpg

芝生があるだけですが、なんとなく教科書に出てくる
歴史の舞台に立っているような気もしてきます



 
img-929165108-0002.jpg
 
沼津藩主の水野家は、徳川家康母・於大の方の実家で
西三河から知多半島に勢力を持った一族でした
沼津藩・水野家は分家で、当初は信州松本を拝領して
いましたが6代藩主の時に、江戸城中で刃傷沙汰
おこして領地没収となりました
忠臣蔵の赤穂藩・浅野家と同じですね
しかし、徳川家に関係した名門という配慮があって、その後の
幕府の対応は違いました。
水野家は旗本として存続がゆるされ、8代当主・水野忠友
の時に西三河の領地を拝領して大名に復帰したそうです。

刃傷沙汰を起こしたのに、許されて復活することは
なかなかない事ですよね

 
img-929165224-0001.jpg

水野忠友は10代将軍・徳川家治に仕えて出世し、側用人と
なった時に沼津藩の藩主になりました。
西三河の領地はそのままで沼津藩に所領を移されて城の
築城も許されたそうです
 
水野忠友の破格の出世の背景には 「田沼政治」で有名な
田沼意次の後ろ盾がありました
紀伊藩の足軽出身の田沼意次にとって水野家の家柄は
魅力的で水野忠友を片腕にして幕政を仕切ったそうです。
 
 
 
DSC_0764.jpg
 
田沼政治は「経済振興による財政の立て直し」でした。
経済システムを整備して都市と地方の商人の活動を
活発化させ、彼らから税を取る

ただ単に増税するのではなく、経済が潤うようにして、
自然に税金が入る方法を考えたのでしょうね
 
その後、天変地異がつづいて米価が高騰し農民一揆
町人の打ちこわしが頻発しました
幕府内で田沼政治に対する批判が噴出して田沼意次
失脚してしまいます
 
 

DSC_0290.jpg

田沼意次は領地を没収され、田沼派は幕政から一掃
されましたが水野忠友は領地も地位も安泰だったそうです。
またも名門の家柄が水野家を救いました
 
田沼政治の次は、三大改革の一つ「寛政の改革」が始まり、
財政再建、風紀取り締まりで幕府財政の安定をはかりました。
私達消費者も景気によってサイフの紐を締めたり、緩めたり
しますね

 
 
 img-929165108-0002-3.jpg
 
寛政の改革の後、幕政を仕切ったのが水野忠友の跡を
継いだ沼津藩主・水野忠成でした。
当時は文化・文政期と言われ文化の最も爛熟した時期
でしたが政治の腐敗が著しかったそうです
水野出てもとの田沼となりにけり
水野忠成は田沼意次以上の賄賂政治を行いました。
 


DSC_0349.JPG
 
水野忠成は、腐敗政治を行った負のイメージが大きい
ですね。
しかし彼は、江戸の消費市場の活性化や全国に商品が
流通されるように促しました
地域の連合と自治を重視した政策で江戸幕府が安定した
最後の時代だったそうです
 
西三河地域も沼津藩・水野家の恩恵を受け、大浜は幕府の
年貢米を積みだす港として発展しました
当時は醸造業も盛んに行われましたが、明治時代になって
味醂醤油製造に移行して九重味醂やミツカン酢、
白醤油のヤマシンなどの会社となっています。
醤油は白醤油以外にも三河独特のたまり醤油があります。



Image317.jpg

戻りガツオのおいしい時季ですね
私はおばあちゃんの家にいくといつもたまり醤油を使って
いました
濃厚でお刺身にはピッタリだと思います


 
DSC_0342.jpg
 
大浜の寺町には、立派な寺院が沢山あります
特に寺町で目を引くのが、真宗大谷派の西方寺です。
元々は天台宗の寺院でしたが500年前に真宗大谷派
変わり大浜に移ってきたそうです。
手前の太鼓堂は、明治になって藩主が学事の振興
願って開いた「新民序」の校舎として使用されました。
ここが、碧南の学校教育の発祥の地といわれています


DSC_0334.jpg
 
西方寺の本堂内です。
文化・文政時代に建立したそうです。
江戸時代の文化が最も爛熟したころの建物で豪華な
装飾品がありました

 
DSC_0327.jpg
 
境内には樹齢400年の「弥陀の松」が悠然と枝を
伸ばしています。
幹の太さと四方に伸びた枝の見事さに西方寺の
歴史を感じました。


 DSC_0326.JPG

門前の多宝塔には「信ずるは力なり」と彫ってありました。
西方寺は宗教学者・清澤満之の終焉の地としても
有名で子弟がこの多宝塔を建立したそうです

大浜は信仰の厚い地域で、明治の初めに廃仏毀釈に
反対した「大浜騒動」が起こっています。

大浜の寺町を散策してみます

 

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
矢作川周辺散策です♪



DSC_0841.jpg

西尾・寺津から碧南市へと向かう途中にある矢作川
渡ります

・・・と言っても歩いて渡るには結構な距離です!
川幅が広く車で渡っても時間がかかります




fee92aa3.jpeg

水源豊かな矢作川周辺にはたんぼが広がって
いました
身長ほどある里芋です
「よくもこんなにおっきくなって~」なんておばあちゃんの
声が聞こえてきそうです
手塩に掛けて育てた作物には愛着がわくのでは
ないでしょうか



DSC_0838.jpg

水はけが良く肥沃な砂地で育った里芋はまろやかで
おいしいでしょうね~♪


 

DSC_0851.jpg

ビニールハウスがずっと向こうまで続いていました。




DSC_0853.jpg

「写真を撮りたいので車を止めさせてもらえませんか」と
お願いしたところ快く駐車させてくださったおじさん♪
ハウスの中でカーネーションを栽培しているのだとか

私は日本でも海外でも旅先では人物を撮るのが
スキです
ただの風景でもいきいきとした写真になるような
気がしませんか

 


9b239c37.jpeg
 
小さい頃矢作川でしじみを採ったり、川遊びをした
記憶がよみがえってきて、なんだか懐かしい気持ちに
なりました♪



DSC_0842.jpg

久し振りに訪れた場所が変らずにあってくれると
うれしいですよね♪
遠くに碧南の火力発電所が見えました




fdde93b9.jpeg

台風の季節ですね
農家の方にとって、天気は作物への影響がある
のでとても気になる事ですよね

私たちも、曇り空が日差しを遮ってくれたり、雨が
大地を潤してくれたり、雨続きの後の晴れ間で花が
元気になったり、自然の恵み・太陽の恵みを意識
するだけで、気持ちが豊かになれる気がします




DSC_0835.jpg

帰り道にキレイな夕焼けを見ることができました。
空があまりにもキレイなので夢中でシャッターを切って
いました
燃えるような夕焼けよりも空がうっすらサーモンピンク
なった頃が好きです

みなさんは最近夕焼け空を見ましたか
ふと空を見上げてみるのもいいものですよね

 

拍手

≪  1  2
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]