忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
毛利輝元と二人の家臣です♪

f1588fbb.jpeg

幕末期に時代を駆けた長州藩士・・・
明治維新を見ずに散った藩士も多かったですね

f4a212a5.jpeg

「志」に命を掛けた姿は、時が経っても人々の共感を得ます。
なかでも、志半ばで散った若い藩士に対しては
特別な思いがありますね。
 
多くの観光客が「勤皇の志士」の足跡を訪ねて
萩の街を巡ります


c440a06a.jpeg
 
幕末期に長州藩士は、外国海軍や幕府に
立ち向かいました。
この強い意志を築いた基は何だったのでしょう・・・
何百年の時を経て藩士を倒幕、明治維新へと
突き動かした原動力!
 
関ヶ原の合戦以来、脈脈と受け継がれた藩主への
忠誠心だったのでしょうか
それを私たちに伝えるかのように東光寺、大照院、
大樹院・墓所に藩士が建てた石灯籠が整然と
並んでいました。
お墓は何かが伝わる不思議な空間ですね!
 

33d20f1d.jpeg
 
大樹院跡の墓所には、毛利輝元の火葬場も
史跡として残っています。


0d971fb4.jpeg
 
毛利輝元の墓所の傍らには長井治郎左衛門の
墓地があります。
 
菩提所が廃寺となった後、この墓地も残りました。
掲示板には殉死者・長井治郎左衛門と簡単な説明が
ありました。
長州藩の中級藩士で、毛利輝元の死に殉じて
命を絶ったそうです
この殉死を境に藩主は殉死を禁じました。
石灯籠が家臣によって建てられたようです。
 
 
 
f8927a7a.jpeg
 
萩城の周辺も長閑な風景が続いています。


DSC_0776.JPG
 
江戸時代から変わらない白壁の風景。
漆喰のはがれた壁が時の流れを感じさせます。
 

DSC_0777.JPG
 
そんな街の中にキリスト教徒の墓地がありました。
キリシタン大名ではない毛利家の城下町に墓地が・・
興味が湧いて寄ってみました


bc8b0ff6.jpeg
 
墓所の中心には、明治政府の弾圧によって
殉教した信者のお墓がありました


49976e27.JPG

ひっそりと置かれた石に刻まれた十字にしばし
目を奪われてしまいました。。。


明治政府は廃仏毀釈と同時に
キリスト教徒の弾圧を行いました。
 
主に長崎での取り締まりで、捕らえられた信者は
各地に送られて棄教を強要されたそうです
しかし、250年守り続けた信仰を簡単に捨てる事は
できないですよね。
 
萩に送られた多くの信者が殉教したそうです。
 

d3addb35.jpeg

隣に半分蘇鉄に隠れた熊谷元直のお墓がありました。
熊谷元直は毛利輝元の重臣で、豊臣方について
戦で活躍したそうです。
その頃に豊臣秀吉の家臣・黒田官兵衛の影響で
キリシタンになりました。
 
後に毛利輝元は棄教を命じたそうです。
しかし、熊谷元直は命令に従いませんでした。
 
熊谷元直に信仰を勧めた黒田官兵衛は
豊臣秀吉のバテレン禁止令に従いあっさり
棄教して黒田如水(出家名)と名乗りました。

この変わり身の早さに宣教師は驚いたそうです


5f2edd4b.jpeg

熊谷元直は命令に従わないどころかバテレン禁止令後
も知行地に教会を立てて信者の保護を行いました。
 
そして、ついに毛利輝元は萩城築城の遅延を理由に
一族を討ってしまいます
その一族の中には、萩城建築を手掛けた天野元信も
いました
この事は、長州藩では伏せられましたがバチカン
事件の書簡が送られて、熊谷元直一族はヨーロッパで
殉教者として知れ渡ったそうです。


vt0007.jpg

今年の11月24日に、江戸時代初期の殉教者
188名が聖人に次ぐ地位「福者」に名を列ねる式が
長崎で行われました。

前ローマ教皇のヨハネ・パウロ2世が1981年に来日
した際、日本の殉教者について言及し、その信仰を
顕彰するように語ったのがきっかけとなったそうです。
マザー・テレサも2003年に「福者」となっています。

今回、熊谷元直にも400年の時を経て「福者」の称号が
与えられました。

また、歴史的な人物に合わせて、名の知られていない
多くの農民が「福者」になったことに意味があると
思いました。
 

tensho.jpg

歴史的な人物には、天正遣欧使節の1人としてローマを
訪問したジュリアン中浦や、キリシタン大名大友宗麟の
家臣の子として生まれ、単独で聖地エルサレムや
ローマに渡り、帰国後に殉教したペトロ岐部も名を
列ねています。


kibe_top.jpg

今回の列福式には、「ペトロ岐部と187殉教者」
の名称が付きました。
彼が主役のようですね。

ペトロ岐部が歩んだローマへの道のりは
大変困難だったそうです。

ローマへたどり着いたときの喜びは何にも
代えがたいものだったでしょうね。

その喜びのローマへ、バチカン市国
行ってみます♪

拍手

PR
今回のいい寺は・・・・・・
消えるもの 残るものです♪
 
大河ドラマ篤姫も佳境に入ってきましたね
目が離せませんね~~!!

篤姫の強い意志で、江戸城が無血開城されました
これから徳川家の家臣は、江戸を離れて駿府藩(静岡)
へ移って行きます
 
 47d63452.jpeg

 
長州藩も廃藩置県を経て山口県となり廃城令によって
天守・櫓などの建物を取り壊しました
 
そして禄(収入)を失った家臣の為に新たな職として
考えた産業が・・・
 
夏ミカンの栽培だったそうです

 
DSC_0537.jpg
 
特産品の夏ミカンはジュースやゼリーに
 

DSC_0702.JPG

お堀の中にあった毛利輝元の銅像です。
関ヶ原の合戦で西軍の大将として、負けた責任を
とって広島から萩に移り隠居しました

長州藩の開府にあたって城下町の整備と
藩経営の安定に腐心したそうです
 

DSC_0497.JPG

萩の特産品、萩焼は毛利輝元が朝鮮人陶芸家に
窯を開かせたのが始まりです


DSC_0797.JPG
 
没後、本邸跡に菩提寺・天樹院を創建して
墓所としました。
唐破風の門が墓所の入口です。
長州藩を築いた要として城内に墓所が造られたのでしょう。
ただ、毛利輝元は長州藩の藩主に就かなかったので歴代
藩主の菩提寺に墓所を造らなかったという話もあります。

 
cb88876d.jpeg
 
時は過ぎ、明治の初めに天樹院は、廃寺となりました
今は、境内跡地に茂った樹木と墓所だけ残っています。
 
 
DSC_0815.JPG
 
廃寺となって無人の場所に無人の料金箱!
なんだか寂しいですね


DSC_0800.JPG
 
墓所へと向かう参道には石灯籠と鳥居・・・
東光寺、大照院と同じですね。
そして、石塔には大照院と同じ「普」の字が
彫ってありました


389f591a.jpeg
 
廃寺となって140年・・・
天樹院は再建されずに今日に至っています。
萩城も再建されていませんね。
存在しない事は寂しいですが、無い事によって
私たちに伝わるものもありますよね。

江戸末期の尊王攘夷、倒幕、王政復古、
明治になって版籍奉還、廃城令、廃仏毀釈etc...
その変化がもたらした今の姿・・・歴史のありのままの
姿を見ることも大切でしょう


42b6fbb2.jpeg
 
当時は、時代の変化の真っただ中で、世の中が
新しい形に変わる時でした。
変わることは、今までの形を捨てることかもしれません。

しかし、ただ全てを捨てるのではなく、残すべきものも
あると思います。
安易に捨ててしまい、失った日本の文化や大切な心が
沢山ありましたから・・・


DSC_0368.JPG

今、世の中は経済危機に見舞われているといいます。
企業は人員やコストの削減に取り組んでいます。
しかし、社員の心まで捨ててしまわないように!!

危機の時こそ「心」が大きな力になると思います

何を捨てるか、会社のトップも政治家もそれを見極める
大事な時だと思います。

DSC_0629.jpg

そして、捨てるだけでなく、築いていくことも忘れない
ようにしなければいけませんね♪
 
 
次は、堀ノ内にある家臣の墓です。
二人の家臣の運命を探ってみます

拍手

今回のいい寺は・・・・・
長州藩・毛利家もう一つの菩提寺です。
 
 
 DSC_0774.jpg
 
萩にも遊覧船(萩八景遊覧船)がありました 
萩市内を流れる松本川と橋本川、そして日本海
遊覧船から眺める萩はまた違って見えるんだろうなー♪


fe4a9555.jpeg

萩の東を流れる松本川の対岸には、松陰神社と
毛利家の菩提寺・東光寺がありました。
橋本川の上流にも毛利家の菩提寺・大照院があります。
対岸にある西の山の麓です


DSC_0868.jpg
 
萩を通る山陰本線は単線です
線路を渡って大照院の参道へ
 
 e9fbfc56.jpeg
 
参道には、東光寺にもあった石灯籠が
長閑な風景は東光寺とは対照的です。。。

 
7887b3ca.jpeg
 
朽ちた土塀が苔むして・・・
古さがかえって菩提寺の風格を感じさせますね
 
 
DSC_0860.jpg

生い茂った森の中にひっそりと建物が・・・


b500b80f.jpeg
 
森の向こう、陽の当たる場所に毛利家初代と
偶数代藩主の墓所があります


 352320be.jpeg
 
東光寺と同じ石灯籠群に石の鳥居・・・
ここには600の石灯籠があるそうです。
 
この毛利家の墓所、家臣の石灯篭は圧巻ですね
藩主が亡くなると家臣も殉死する、それを3本矢の
毛利家は禁じた為に、
石灯篭を寄進するようになった
と言われていますね」
と向日葵さんに灯籠の数の多い理由を教えて
もらいました
 

139555c6.jpeg

夏に行う万灯会には沢山のお参りがあるそうです
 

258549b4.jpeg

石灯籠と鳥居は東光寺と一緒ですが
お墓の形が違います。
 
五輪塔の真ん中の丸石には「普」の字が
彫ってありました。

その意味を訊ねてみたら・・・
「普」は中国からの言い伝えで、禅宗のお葬式で唱えられる
「喝!!」と同じ意味があるそうです。
これは、この世からあの世に向かう時に迷わないようにと
唱えられる言葉だそうです。


 DSC_0872.jpg
 
大照院の方からみた萩城のある指月山です
指月山の近くには、初代藩主の父・毛利輝元の墓所が
あります。
ちょうど毛利輝元の墓所が扇の要となって左右に
開いた所が歴代藩主の墓所となっています。
 
萩の人々は、歴代藩主に見守られて生活している
みたいですね


73b505f7.jpeg

長閑な萩の町を散策して、歴史に触れることが
できましたよ!

 
つぎは、毛利輝元の墓所のある堀ノ内に行ってみます

※もうひとつの菩提寺「東光寺」はこちら↓
 e-tera.net/Entry/210/

拍手

今回のいい寺は・・・・・・
萩・毛利家の菩提寺です♪
 

 daa342b9.jpeg
 
幕末の志士に大きな影響を与えた吉田松陰
松陰神社に祀られて多くの観光客が訪れています
 


 af6ca3c2.jpeg
 
吉田松陰に関係した松下村塾や幽閉された建物が
あります。
入口や部屋など至る所にしめ縄が張ってありました。

DSC_0257.JPG
 
明治維新への道を開いた場所として多くの歴史ファンが
志士を想いながら訪れるのでしょうね~

 
 
DSC_0348.JPG
 
昭和天皇や今上天皇の下行記念碑がありました。
皇室の方々も訪れています。
吉田松陰は年月が経っても人々の心に残る人
なのでしょうね
 

 DSC_0372.JPG
 
松陰神社の近くに長州・毛利家菩提寺・東光寺
あります。
東光寺は長州藩・三代藩主が黄檗宗に帰依して
創建した寺院です

 
fdc1021a.jpg
 
京都・宇治にある黄檗宗の本山・福寺の総門です。
 
長州藩主は本山の伽藍を模して東光寺を建てたそうです。
日本のお寺の門とは少し雰囲気が違いますね
 
黄檗宗は江戸時代の初めに中国から渡来した禅宗
一派です
開山隠元禅師は中国の僧侶で、日本からの招きに
応じて鎖国の時代に長崎に渡来したそうです
隠元禅師について多くの職人も日本にやって来て、
伽藍の建築を手掛けました。
それで建物の造りが中国的なのでしょう


 DSC_0380.JPG
 
東光寺の鐘楼です
こちらも独特な造りをしていますね
斜面に建っていますが建物は水平に
なっています。


 DSC_0376.JPG
 
総門を潜ると三門があります。
さすが毛利家の菩提寺!
立派な門ですね~
上層部には宝冠釈迦如来と十六羅漢が祀られています。



 079ff235.jpeg
 
山門と同じように立派な造りの大雄宝殿(仏殿)です。


c440a06a.jpeg

境内の奥に毛利家の墓所があります。
ここは歴代奇数(3,5,7,9,11)藩主の墓所となっています。
 
*偶数代藩主の墓所は大照院にあります


 DSC_0406.JPG
 
この墓所で圧巻なのは、家臣が備えた五百基の
石灯籠です。
こんなにたくさん!!
お盆には大照院の六百基の石灯籠とあわせて
明かりが灯されて「万灯会」の供養が行われます
 

 DSC_0375.JPG 
 
毎年「万灯会」には多くの方が訪れるそうです
 


 DSC_0399.JPG
 
歴代藩主のお墓がずらり
手前には鳥居がありますね
お寺に鳥居は不思議な光景ですが、日本三大鳥居は、
厳島神社の鳥居、吉野・金峯山寺と大阪・四天王寺に
あります。
 
鳥居は神道だけでなく仏教寺院にも使用されて仏の
世界と私達の世界を分ける場所(結界)を表すそうです。
なるほど~お寺に鳥居があっても不思議ではない
のですね


 444811b5.jpeg
 
歴代藩主と奥方の墓地の手前にはに乗った形の
石碑です。
黄檗宗のお寺なのでどことなく中国風ですね!


 1f44595e.jpeg
 
毛利家の家臣の備えた石灯籠がずらり・・・
萩は毛利家の城下町という事を改めて感じます。
 
 
次は江戸時代に渡来した黄檗宗の本山・萬福寺に
行って異国情緒を味わってみます

拍手

今回のいい寺は・・・
萩の「いすず」さんで海の幸を頂きました♪


2822003a.JPG

萩で見つけた渋めなお店「いすず


bb2c2e4a.JPG

元気なママさんが迎えてくれました


DSC_0202.JPG

看板につられて「ウニ丼定食」をオーダー


DSC_0207.JPG

でもウニ丼じゃなさそう。。。
海鮮丼


df43d291.JPG

あーそうゆうことね


DSC_0209.JPG

海鮮丼の上にウニがたーーっぷり
一枚ゴッソリ乗っかっちゃいます


80917fd5.JPG

潮汁には穴子がたっぷり
いいお出汁がでてます~~~

やっぱり萩は海の幸がおいしいっ!!
オススメでーす



★磯料理 いすず★
 住所:萩市今古萩8番地
 TEL:0838-22-5196

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]