忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
NY☆一期一会の茶会です♪



6d942029.jpg

人種のるつぼと言われてきたニューヨーク

最近では、多くの人種や文化がそれぞれ主張して
混じり合っても溶け合わないサラダボウル」と
言われています。


53656639.jpg

ニューヨークで触れた本物の日本文化

マンハッタンのビルの一室で道具を揃えて催された
正式な茶会



301c2051.jpg

初めてとは思えないほど堂々とした姿で亭主の
気持ちに応えていました
ご一緒させて頂いた女性はインターナショナル・
シントウ・ファウンデーションのオフィサーの方です。


3588e0dc.jpg

濃茶を頂いた後は、薄茶が点てられました

茶を点てる茶筅の音が小気味よく軽やかでした
濃茶の練りとはひと味違った雰囲気です



DSC_0179.jpg

薄茶に合わせて頂くのは干菓子です



1c5e287e.jpg

二服目のお茶もおいしそうに飲まれる尼僧さん

今日、この日の出会いはかけがえの無いものでした

それは、人だけではなく、道具についても言えることです。



DSC_0201.jpg

皆さんが薄茶を頂いているうちに、亭主は道具の拝見を
準備します

今日の茶会に招き、お茶を点てるというのはまさに
その時しかありません。

人も道具も一期一会の出会いです

その茶会に招かれた客の為に、亭主は道具を選び
その道具でお茶を点てます

この出会いに感謝して客は亭主に道具の拝見を所望
します。



75bd1762.JPG

茶入れを拝見する尼僧さん
井戸、唐津、萩、有田、小鹿田と日本で有名な
陶器は尼僧さんの故郷、朝鮮半島から伝わった
ものが多いです



06e853a1.jpg

茶入れを納める仕覆(しふく)に興味を持つ
尼僧さん♪

紐の結び方には色々あります

昔は茶入れに毒を盛られることを防ぐために、他人に
結び方が分からないよう工夫がされていたそうです



f55ff420.jpg

茶会はお茶を飲むだけでは終わりません。

この茶会のために用意した道具を拝見し、
亭主の気持ちを知ることができます。

そして、亭主と客の心がいっそう解け合っていきます。

茶会で大切なのは、いかにが通い合い、
皆さんが楽しむかですよね!



f7f76c07.JPG

道具の拝見も終わり、ティボさんはリラックスモードに。

二度と会えない時間を名残惜しむように話が続いて
いきました



024b1016.jpg


普段、日本で茶の湯を教える先生と、
ニューヨークで仏教を広める尼僧さん。

活躍の場が違う二人がニューヨークで出会い、
お互いの文化に敬意を表して学ぶ姿

自身の主張を通すだけではなく、
お互いの文化や宗教を知ることが大切だと
いうことを二人から教えてもらいました


世界がサラダボウルとならないように

拍手

PR

今回のいい町は・・・
賓主歴然~韓国の空間 日本の空間~です♪

マンハッタンで出会ったお茶の先生に韓国寺院
訪問をお誘い頂きました♪


DSC_0046.jpg

韓国寺院で有意義な時間を過ごさせて頂いたお礼に
韓国寺院のみなさんをお茶会に招くことに


DSC_0048.jpg

初めてのお茶会で緊張した面持ちのティボさん

尼僧さんは終始ニコニコ


DSC_0058.jpg

英語で作法を教わりながらお点前が始まりました


444283b3.jpg

まずは主菓子を頂きます



e826d1b6.jpg

そしてその間にお点前が進みます


DSC_0060.jpg

お茶の入った茶器を拭き清め


DSC_0062.jpg

道具の準備をしながらを整えます



DSC_0070.jpg

濃茶はお湯の温度、お茶の量、茶筅の動かし方や
力の入れ方で味が微妙に違います



DSC_0098.jpg

先生がお茶を点てるのを真剣に見つめています



DSC_0102.jpg

丁寧に心をこめて練り上げられた濃茶は甘く、
本来のお茶の味を知ることができます



e0cda924.jpg

主菓子を頂くのに使った懐紙(かいし)を折り曲げて
いきます。



a49b3281.jpg

飲み方を教わりながら濃茶を頂きます



DSC_0125.jpg

ひとくち、ふたくちと・・・



fcc4c1ad.jpg

練った濃茶を全て飲み干すことなく、隣のティボさん
に渡します



64375165.jpg

初めて経験することは誰でも不安になりますよね。
ましてや異文化となると・・・



d77b89ee.jpg

異文化を学ぶときは、まず真似ることから
始まります


7f8c7544.jpg

濃茶は一碗の練ったお茶を数人の客が一緒に
頂きます



4ce5155c.jpg

主客ともに一碗のお茶を囲む心温まるものです



DSC_0150.jpg

先程折った懐紙で茶碗を拭き、次の客に渡します。



8e82e26c.jpg

昨日ごちそうになったこと、今日お茶会に来て頂いた
ことに感謝しお礼を述べます。



DSC_0250.jpg

お互いがお互いの文化を尊重し、敬意を払って
その文化に触れることによって学ぶことが
たくさんありますね

「同じ釜の飯を食う」という言葉があるように、一杯の
お茶を飲むことによって、その空間を共有することが
できます。

言語が違っていても、味はひとつ
そこに心が通じ合うものですね。

昨日は韓国の空間
今日は日本の空間

心が通い合うにはお互いを知ることが大切!



※宗隆先生 貴重な経験をありがとうございました

拍手

今回のいい寺は・・・
NYの韓国寺院☆一杯のお茶の魅力です♪


aa454328.jpg

食事の後はキムさんが中国式の茶器でお茶を
入れていくださいました



d5a4350d.jpg

韓国のお茶(緑茶)の歴史は古く、仏教の隆盛とともに
発展してきました



DSC_0854.jpg

新羅時代には王家やお寺などでお茶を楽しむ風習が
定着し、国家的な行事のために茶房という官職が
設けられました。

町にはお茶を楽しみながら休息を取る茶店がある
ほど庶民からも親しまれ、優れた青磁の茶器
つくられたのもこの時代です



a247772c.jpg

朝鮮王朝後期になると儒教が重んじられるように
なり、緑茶文化が衰退し、果物漢方を使った
韓国の伝統茶が飲まれるようになっていきました



DSC_0858.jpg

桑の葉のお茶です

桑の葉は古くから中国をはじめ日本でも多く
用いられ、臨済宗の開祖・栄西禅師も飲用
していたそうです。

桑の葉の効能には血糖値や血圧上昇の抑制、
滋養強壮、高血圧、糖尿病などに良いといわれて
います

その他ビタミン、ミネラル、クロロフィル等が豊富で
バランスよく含まれている為、野菜不足を補うのに
最適ともいわれています



25d099b3.jpg

特に戒律が厳しい曹渓宗の中で修行をしてきた
尼僧さん。

本来の仏教を伝えるためにニューヨークにやって
きました

厳しい修行を続けつつ、中庭でのひとときも大切に
されています

一杯のお茶が張りつめた心を和らげてくれますね

ニューヨーカーは時間に追われるような生活から
スイッチをオフし、癒しを求め禅(ZEN)の中に身を
置くのです

しかし、ニューヨークチョゲサの一番の魅力は
尼僧さんの笑顔だと思います!

厳格な雰囲気のお寺を想像していましたが、
マンハッタンの中で温かさを見つけることができました

温かく迎えて頂き感謝です

拍手

今回のいい寺は・・・
NYの韓国寺院「供養」おもてなしの心です♪


ee222f6e.jpg

ニューヨークチョゲサの坐禅堂の向こうには
中庭があります


f59f80d0.jpg

自家製の味噌コチュジャンを見つけました♪
韓国では各家庭でキムチや味噌、コチュジャンを
つくるそうです
おかあさんの味で育つというのはとても良いこと
ですね



212e3f45.jpg

お手伝いをしながら禅をライフスタイルに取り入れて
いる彼女はキムさん



e5bf5628.jpg

おいしい水キムチもキムさんの手作りです



911938cc.jpg

住職自ら韓国風ソバを盛り付けてくださいました



b39336dc.jpg

たっぷりの薬味をのせて、すりおろしニンニクと醤油、
ゴマ、みりん、ごま油、唐辛子を混ぜ合わせた
ヤンニョムジャンをかけていただきます

韓国のお寺では、来た人を迎える意味で食事を
出すそうです
そのことを「供養」と言います



7b748d94.jpg

住職とお手伝いのキムさんとティボさん
ティボさんはジャーナリストをされていて、
こちらの雰囲気が気にいってしまったので
しばらく滞在しているのだそうです

どのような宗教を信仰していても、住職は
扉を開けて受け入れてくださいます。



fc9a7255.jpg

韓国では食事は供養、日本では「接待」ですね。
四国のお遍路さんは、地元の方の接待という支えに
勇気づけられて、大変な道のりをてくてくと歩いて
回れたそうです

昔は、お寺にお米や野菜を持ち寄って料理し行事
の後でみんなで食べたそうです

お米のご飯が満足に食べられなかった時代はお寺
での行事の後の食事が楽しみで多くの参詣者が
ありました
しかし最近は、ご飯が食べられるというだけでは人が
集まらなくなっています。
名古屋の観音寺の尼僧さんが「饅頭」欲しさでお寺に
入った時代とは違うのですね



b7c109cc.jpg

おもてなしの心で大切なのは、季節感を持たせること
ですね!

夏は涼しく、冬は暖かく・・・

夏に頂いたニューヨーク韓国寺院のソバは訪れた人を
爽やかにしてくれる、そんな味でした


名古屋・観音寺「道を貫くこと」はコチラ↓ 
 e-tera.net/Entry/75/

拍手

今回のいい寺は・・・
ニューヨークの禅宗寺院です♪


50b22a8a.jpg

マンハッタンを散策していて見かけた風景

箸を上手に使い食事をしている女性がいました



はるか昔、インドから中国へ仏教を伝えるために
海を渡ってきた達磨大師がいました。

後に彼の教えは禅宗となり、朝鮮半島や日本へも
伝わりました。


a27e595c.jpg

オシャレなZENスタイルのインテリアなどが
受け入れられているニューヨークで、韓国から
お釈迦様の心を伝えるために渡米し活躍されて
いる尼僧の方にお会いしました

きっかけは、マンハッタンで出会ったお茶の先生から
韓国寺院訪問を誘って頂いたことでした


0053c202.jpg

外からはとてもお寺だとは思えないようなマンハッタン
らしいアパートの中にニューヨークチョゲサはあります。
黄金に光る仏様に圧倒されつつ・・・


e17434c5.JPG

まずはみなさんでお釈迦様がみえる部屋に
入りました

そして、この日、ここで、みなさんとお会いできた
ことに感謝してお経をあげました


DSC_0735.jpg

慣れない作法も尼僧さんが丁寧に教えて
くださいます



DSC_0745.jpg

向かい合うお釈迦様の心と私たちの心が通じ合う
ように、そして、一緒に唱える人の心がひとつとなる
ようにと、この韓国語の般若心経を読みました



5524b3d3.jpg

お経を読んだ後、お寺の中を案内して頂きました

天上界を表す2階にはお釈迦様が祀られていて、
全ての命を育む大地の中で先祖が安らかに眠るよう、
地下にはお地蔵様を祀り供養する場所がありました。



abe8e6dc.jpg

荘厳な飾りの仏間とは違い、一階はシンプルな
空間でした

ここで坐禅をしたり話をしたり食事をするそうです


2c3be511.jpg

食事は坐禅と同じ大切な修行のひとつです。
尼僧さんに食事の作法について教わりました



f223e087.JPG

坐禅をするとき、食事を頂くとき竹篦(しっぺい・
竹製の杖)を三度叩くことから始まり、最後は
竹篦の合図でお辞儀をして終了します。


4862469c.JPG

鉢盂(バル)と呼ばれる食器で食事をします
食べられるだけの量をよそって静かに頂きます
最後にお湯で箸と鉢盂を洗います


DSC_0788.jpg

食事を済ませた後は、鉢盂を棚にしまいます。
流しで洗って干すことなく、各々が自分で管理
するそうです。

食事のことを供養といい、どんな宗教を信仰
していても、こちらへ来てを体験したり、
供養(食事)を受けたりすることができるそうです


3d0e43d3.JPG

食事以外にも、禅宗の修行は日常生活の中に
あります。
そして、暮らしの中でお釈迦様の心に触れて
いきます。
立派な伽藍が無くても、心がスッとなるから
不思議です


b501e916.jpg

中国へ渡った達磨さんは、立派な寺院を造る
ためでも、勢力拡大のためでもなく、お釈迦様の
心を伝えたいとの切実な思いだったのでしょう

韓国から単身渡米した尼僧さんも同じ志で
ニューヨークの地に立ったのでしょうね!

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
HOME
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]