忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
椿と信仰のお話です♪


DSC_0074-1.jpg

東の大島、西の五島」と称されるほど、椿の自生地
として名高い五島

椿の花言葉は「理想の愛」です



efd8a4b7.JPG

教会には、椿をモチーフにした飾りやステンドグラス
がたくさんありました

ヨーロッパの教会で飾られるバラの花の代わりに
五島では椿を使用したそうです

椿の花びらは5枚なのに、よく見ると4枚です

椿の花びらで十字架を表しているのだとか!


250px-Mrs__Herbert_Stevens_May_2008.jpg

バラはユリやカーネーションと同じように
キリスト教の花です。



6d2ee217.JPG

白いバラマリアさまをイメージして
純潔の象徴


9d5c0bc8.JPG

赤いバラはキリストの血を表し
殉教の象徴



e36cf675.JPG

ガリラヤの春
イエスが伝動を始めたとき、ユダヤの人々は
ローマの支配から解放する救世主として
彼に大きな期待を寄せました

しかし、当のイエスはそれを否定します


DSC_0145.jpg

人々は、目の前に射した希望の光に期待を
寄せました

しかし、その願いが叶わぬことを知ったとき、
大きな失望と絶望感におそわれます

ガリラヤの人々にも、隠れキリシタンの人々にも

そして、イエスにも・・・



2544fe11.JPG

エルサレムの郊外、オリーブ山の麓のオリーブ油
をしぼる搾油所・ゲッセマネ

イエスと弟子たちは、最後の晩餐のあと、この地で
夜を迎えて祈りを捧げました



57864558.jpg

そして、寝静まった中で一人イエスは、人々に
見棄てられる恐怖と闘いながらその時を
待ちました

この場所でイエスはイスカリオテのユダに裏切ら
れて捕らわれの身となったのです。



3dffb8d5.JPG

イエスはこの日が来ることを知っていたそうです。

ローマの支配から解放する救世主ではなく、
永遠に人間の同伴者となるため、神の愛
証明するために、自分が最もみじめな形で
死ななければならないことも知っていました。



DSC_0084.jpg

そして、イエスの最も激しいと苦しみの極みが
白い薔薇深紅に染めました



DSC_0120.jpg

五島に群生する椿

信徒たちは、家の周囲に椿の木を植えて
密かに暮らしたそうです

神の愛に支えられて
先祖から代々伝えられてきた教えを守るため



DSC_0090-1.jpg

隠れキリシタンの人々は、フランス人の建てた
大浦天主堂で初めて聖母マリアの姿を見ました。

徳川家康の大禁教令により教会は全て取り壊されて
しまったので250年ぶりの再会でした



DSC_0052.JPG

そして、聖母マリアと再会した隠れキリシタンが
信仰の表明をした時、五島の沈黙はやぶられました

五島の人々と信者の関係は崩れ、彼らに最後の
試練が訪れます・・・


次は受難の地、楠原へ行ってみます

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
椿を育む潮の風です♪



d1eaf18e.JPG

交通量の少ない福江島の道路はついつい飛ばしたく
なるものの、せっかくの景色なので島速度でのんびり
と走ってみました



2544fe11.JPG

福江島の市街と堂崎教会の中間あたりにかわいい
椿のイラストを発見!

ヤブ椿が群生する五島の椿の製油所を見てみたい!
と思いつつ地図を見つけられないまま五島にやって
来ましたが・・・

きょろきょろしながらのんびり走ってみるもんですね

もちろん安全運転で



DSC_0027.JPG

自家製&天然の椿油を製造販売する「今村製油所」

椿が自生する山を持ち、そこで採れた実を昭和初期
から稼働する機会を用いて「玉締式」で搾ります



DSC_0028.JPG

実を粉砕して、山水と薪で蒸し、抽出、精製。



DSC_0029.JPG

島の椿は潮風が当たるから新鮮でいい実が
採れるのだとか!

古い機械から新鮮でキラキラした椿油
あふれでるのです


DSC_0030.JPG

外には椿の花びらが天日干しされていました

抗酸化作用にしわ・たるみを予防改善するなど
様々な力を発揮するツバキ花エキスで石鹸など
を作るそうです。

女子には頼もしいTSUBAKI

島の恵みはまだまだありまーす♪

拍手

今回のいい寺は・・・
水ノ浦教会でみつけたものとは・・・

ff2b445c.JPG

丘の上から海を見つめる聖ヨハネ五島

長崎市・西坂で殉教した26聖人のひとりです。

キリシタン弾圧時代に大阪で捕らえられて、
わずか19歳での殉教でした。



37acf714.JPG

彼は伝道師になろうと五島を離れて
迫害にあいました

今は、カトリック信者によって彼の像が建てられ
信仰の象徴となっています。


61dfc575.JPG

丘から眺めた水ノ浦の風景です
入江の海は静かで、穏やかな暮らしを想像して
しまいます

五島の人々は半農半漁を糧にして信仰を守って
いるそうです


c3964563.jpeg

イエスが伝道したガリラヤ湖畔もこのような
穏やかな場所だったのでしょうか?

遠藤周作の「イエスの生涯」でガリラヤ湖畔の
伝道が語られています


イエスは徒歩で村から村へと歩かれた
船でこの岸からあの岸へと渡られた

冬がすぎ湖畔に春が訪れ、そして陽の光を
受けて湖は穏やかであり、岸辺にはコクリコ
の赤い花が咲き乱れる



a4d6c690.JPG

ガリラヤの

自然は美しいのに、村や部落で彼が目撃したのは
人間の悲しい現実でした

イエスが布教のために訪れたのは、貧しい人々の
住む村でした

そして、その貧しい人が、家族や隣人にも見離された
病人や、不遇の人々を蔑む姿がそこにあったのです。



e31721a0.jpeg

聖ヨハネ五島の像の傍らに牢屋跡の碑が
ありました。


c5aed8d6.JPG

幕末、フランス人宣教師が建てた長崎の天主堂
隠れキリシタンが現れました

それを契機に長崎の各地で信仰の表明が行われました。

信者にとって、ついに「信仰の夜明け」が訪れた
と思ったのでしょうね



e6d24fa4.JPG

しかし、そこには最後の大きな弾圧が待っていました。

この五島でも、多くの隠れキリシタンが島の住民
よって捕らえられ、狭い狭い牢屋に閉じ込められて
しまったのです

水ノ浦でもクリスマスの夜、秘密集会中に捕らえ
られてしまいました



DSC_0189.JPG

密かに信仰を守ってきた五島の信者は、弱い
立場の人々でした。



7d614ef4.JPG

イエスが伝道したのも弱い立場の人々でした。

貧しさとみじめさとの中で生きている人々。

生活のためにどうにもならない人間の弱さを
さらけ出す人々。

イエスは心まで貧しくなってしまった人々と接する
中で苦しみを分かちあい、神のを語ったそうです。

そして、信仰は弱い立場の人々の強い意志
よって守られてきました




5c63fa9f.JPG

明治の初めに行われた隠れキリシタンへの
弾圧は想像を絶するものでした

遠藤周作の「沈黙」を読み、人間が同じ人間に対して、
どうしてこれ程までに惨忍なことが出来るのだろう・・・

と思ったことが五島を訪れるきっかけのひとつ
でした。

 

拍手

今回のいい寺は・・・
海を見守る水ノ浦教会です♪


e50ecf08.JPG

福江島に数ある入江の港のひとつ、島の北側の
水ノ浦漁港を訪ねてみました



d5c215c3.JPG

漁港を見下ろす小高い丘の上には、十字架の
そびえる水ノ浦教会があります
信徒にも地元の漁師さんが多いそうです。


bba5f994.JPG

眩しいほど白い外壁の美しい教会です



DSC_0163.JPG

瓦屋根の内部は連続するアーチが美しい
こうもり天井

私には風をはらむ帆のように見えます



DSC_0171.JPG

キティちゃんのカバーがかけられた聖書

背筋を伸ばして座る小さな信徒たちが熱心に
聖書を読む姿が目に浮かびます



040640bd.JPG

フランシスコ・ザビエルが長崎・平戸の地を
踏んだのが1550年のこと。


3cd9c3f5.JPG

長い歴史を経て、現在もなお、祈りの場として
大切に守られていることが分かります



da168d97.JPG

裏庭のイエスの生涯が描かれたレリーフを
ひとつひとつ眺めながら上っていくと



bd1fcfd6.JPG

シスターが「五島はキレイなところでしょう?」と。

五島の夕陽を撮りに来たんですと話す私に
大瀬崎に沈むのは6時頃よと教えてくれました



9ac366d8.JPG

この壁には「ミナ」という貝殻を焼いて、それを砕いて
作った漆喰が塗ってあるそうです

現在の教会が建てられたのは、太平洋戦争に突入
する少し前の昭和13年。

国家総動員法が公布されて男手が足りなくなり、
シスターたちまで漆喰を塗る作業に駆り出されました

戦時中には目立ちすぎて空襲の標的にならぬよう、
コールタールで黒く塗ったこともあったと聞きました

大分の臼杵という城下町でも空襲の標的を避ける
為に白壁を黒く塗った名残を見つけた事を思い出し
ました



dd4f95f5.JPG

平和な世となり、再び白い壁を取り戻した教会は
由緒ある入江とそこで船を操る漁師たちを見つめて
います



35482b0a.JPG

入江を望む丘に立つ白亜の天主堂が夕陽
受けて茜色に染まるのを見守り続けてきた
のでしょう




キリシタン大名・大友宗麟の国 大分・臼杵は
 私の大好きな町です♪

 「大友宗麟の町 大分・臼杵を散策して」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/132/

 「大分 臼杵《二王座を歩く》」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/135/




 

拍手

今回のいい寺は・・・
福江島☆潮風を感じながら です♪


DSC_0157.JPG

車を走らせながら見つけた草木のトンネル

車を停め、雑草を踏み分けて降りてみると



569cd8fd.JPG

澄んだ水のがありました



DSC_0153.JPG

大きな海水浴場もあれば、小さな浜もあって
おもしろい!

ビーチグラス小さな貝殻が拾える浜、
色とりどりの小石が転がっているところと
場所によって特徴があって飽きません




9055c648.JPG

遠くに目をやると海上タクシー

昔も今も島の人々の足です



1b898bd0.JPG

海沿いを窓を開けて走ると心地良い潮風が頬を
なでてくれます



8f649ff7.JPG

緑の中を走っていて「カキ直販」の看板を発見

五島で最大の福江島だけれど、そこは島だけに
面積は約326.34平方キロ。

クルマなら1日で島を一周できてしまいます

もすぐ近くにあるんだなーと実感




DSC_0141.JPG

リアス式海岸の五島にはいたるところに大小の
入り江があります

内海の深い青を独り占めにしてカヤックを



DSC_0147.JPG

訪れたのは3月の中旬



DSC_0186.JPG

一週前にはが降ったとのこと

一気にがやってきたのかな



4afa9c72.JPG

満開の桜もいいけれど・・・

これから花を咲かせようと準備しているつぼみ
を見るとなんだかワクワクしちゃいます



次は海を見下ろす水ノ浦教会を訪れます♪

拍手

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]