忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
鎌倉の風です♪


 爽やかな風が吹く鎌倉を・・・

728822a7.jpg

颯爽と風を切って走るバイク 




 
c3634ab8.JPG

のんびりと走る自転車 

海辺には自由な風が吹いています

 


 
DSC_0827.jpg

魚屋のおばちゃん
海が似合います

 



 
b80b38bd.jpg

シラス丼がおいしいカフェ・坂の下

 


 
354e8474.jpg

入口は、サーフショップみたい

 


 
DSC_0842.JPG

でも店内の床の間には茶壷と「茶友茶論」の書
 
ここが鎌倉のいい所

文化の下地があって、自由な発想ができる街

 


 e86d121d.jpg

宇治抹茶のケーキにのっているのは
チョコレート・マカロン
 
パティスリー雪乃下は一番のお気に入りです
 
 


 
e7164ced.JPG

海からも
歴史からも
色々な風が吹いている鎌倉の街

 
決まり事にも捉われない自由な
鎌倉の雰囲気を味わいながら
散策はつづきます

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
鎌倉で一番古い寺・杉本寺です♪
 

 
ffdb3d3b.JPG

坂東三十三観音霊場の一番・杉本寺です
 



 
a86883b8.JPG

杉本寺は古く、1300年の歴史があります

本堂には行基、円仁、恵心僧都によって造られた
三体の観音菩薩が祀られています


 

 
99e51a6e.JPG

それぞれの時代に広く教えを説いて崇敬された
三人の僧侶です

ありがたーい観音菩薩様ですね


 

 
a8f37801.JPG

境内には巡礼の出発地として
多くの方がお参りに来ていました


 

 
d85a032c.JPG

杉の大木に囲まれ、自然豊かなお寺ですが・・・

鎌倉時代には鎌倉を守る城が山の上にありました
 
鎌倉幕府が倒れた折に落城して、多くの武士が
討ち死にしたそうです


 

 
0b4c6fd4.JPG

境内には、戦で亡くなった武士を祀る
五輪塔がありました
 
敵方によって造られた供養塔です

戦が終われば敵味方の区別はありませんね


 

 
f12e729a.JPG

武士仏教の関係は深いです
 
生と死が隣り合わせの武将にとって
仏教が心のより所となったからでしょう
 
それが信仰と供養の形で表されています。


 
 

82d05711.JPG

坂東の観音霊場巡りの歴史は鎌倉時代
なってからです。
 
敵味方を問わない供養や、平和な世の中を願い
西国三十三観音霊場を見聞した源氏方の武士
よって始められました

 

 

226b57d0.JPG

本堂と向かい合う場所に小さな歌碑があります

碑の裏表に彫られた対句は明治時代の住職の歌です。
 
「春潮や 南海補陀落 山の下」
 
「手をかざし 見けるは秋の 燕かな」
 
春、観音菩薩の教えは潮騒の音の如く心の奥に
響きます 

秋には、子を育てた燕が南へと帰って行きます。
 
その南の島には、観音菩薩の浄土・補陀落山
そびえています。

私たちも燕の如く、観音浄土へと行くのでしょうか・・・


 
 

 
3dbb95ad.JPG

観音菩薩は私たちを見守ってくれています

それは、中村久子さんが願った悲母観世音のように 



 
d7472358.JPG

坂東三十三観音霊場は始める寺に決まりはない
そうです。

何番でも、最初に参った所が発願寺、
最後が結願寺だそうです
 
順番には拘らない巡礼もいいなぁと思いました
 
今度はどこへお参りしようかな

拍手

今回のいい寺は・・・
花の寺・光則寺の歴史です♪
 
 
ab9d0bfc.JPG

鎌倉長谷にある
日蓮宗 光則寺へ行ってみました

 



 
0f7e6de8.JPG

花の寺で有名です

 



5fc280c1.JPG
 
山門に入ると、花の案内図が置いてありました

境内は、四季を通して楽しめます

 



 288bb7d2.jpg

花の寺には、歴史的な一面もあります
 
日蓮聖人が龍ノ口法難の後、佐渡へ流罪
なった時の話です
 
弟子の日郎も捕えられ、幕府の家臣・宿屋光則
屋敷内に幽閉されました
 



 
27e38421.JPG

光則寺の裏山には幽閉されたが残っています。

 



 250bbbad.jpg

土牢へ上って行くとリスを発見

鎌倉にはまだまだ自然が残っていますね
 
途中までリスが案内をしてくれました





 
22f9c2d7.JPG

小高いところに着くと日郎が幽閉された
土牢がありました。
 
日蓮聖人は佐渡へ流されながらも、弟子の身を
案じていました
 
佐渡から送られた手紙が石碑となっています
 
「釈放されたら佐渡へ遊びに来るように・・・」
 



 
1e7e2f13.JPG

実際に日郎は佐渡へ何度か渡っています

そして、罪が赦免された日蓮聖人
迎えに行ったのも日郎でした
 

 



 
e8a6f6f6.JPG

その姿に心打たれた宿屋光則は、しだいに
日蓮聖人の教えに心を寄せ、日蓮聖人が
赦免されると屋敷を寄進して寺院としました


 



e71b01aa.JPG
 
日郎が開山となった光則寺

宿屋光則は日蓮聖人から立正安国論を預かり
執権北条時頼に提出しました
 
そして、日蓮聖人の教えが徐々に広まって行きました
 



 
885c641a.JPG

鎌倉は鎌倉五山が有名で禅宗のイメージが強いですが
日蓮宗の所縁がある寺も多いです。

 



 DSC_0340.JPG

布教活動に力を尽くした日郎の遺言により
日蓮聖人が立正安国論を執筆した地・安国論寺
荼毘に付され境内には廟があります
 
日郎は日蓮聖人の一番身近にいた弟子でした。

拍手

今回のいい寺は・・・
松葉ヶ谷の安国論寺です♪


 

 
fd9a4e19.JPG

比叡山、高野山、東寺、三井寺・・・
各宗派の本山で遊学した日蓮聖人
ひとつの確信をもちました
 
そして故郷の千葉・小湊へ戻り、日の出に向かい
南無妙法蓮華経」と題目を唱えて立教開宗しました
 




 
d74a08e3.JPG

「釈迦如来の教えは法華経にある」と・・・





 6f7e495f.JPG

鎌倉の東・松葉ヶ谷は、立教開宗した日蓮聖人
最初に訪れた地です
 




 e3701be6.JPG

日蓮聖人はこの地に草庵を結んで
辻説法を始めました
 





5b3981e1.jpg
 
草庵の裏山を上ると、鎌倉が一望できる場所が
あります

ここから日々、遠くに見える富士山に向かって
題目を唱えたそうです
 



 
e8c3ed7f.jpg

当時は、天変地異が起こり
人々は飢餓や疫病で苦しんでいました。
 



 e17b4ada.jpg

日蓮聖人は国の現状を憂いました

そして、法華経の教えこそが人々を救えるとの
思いから、草庵裏の岩窟で立正安国論一巻
書上げました
 
「人々が正しい信仰をもてば、
国は平和になり、人々は安穏になる」
 
立正安国論を幕府に提出しましたが、その内容は
他宗派を厳しく糾弾するものでした
 




 
2e94cc46.JPG

どんなに素晴らしい教えでも、
貶されたら黙っていません
 
松葉ヶ谷に他宗派の信者が押し寄せました

草庵は焼かれ、日蓮聖人は裏山の洞穴
南面窟へ避難しました


 



 a8190d99.JPG

日蓮聖人を救ったのは、三匹の白い猿でした

日蓮聖人を南面窟へと導いたそうです
 
白猿は帝釈天の使いでした
 




 
2ade49e6.JPG

松葉ヶ谷の法難を逃れた日蓮聖人
鎌倉を離れますが、しばらくして鎌倉へ戻り
布教を再開します
 



 
c887e7d9.JPG

日蓮聖人は、鎌倉時代に広まった他宗派の僧侶と
激しい論戦を行いました


 



a4a73920.jpg
 
時代が変わるときには、新しいものが次々にうまれ
時の流れの中で淘汰されていきます
 
人々の信仰を集め、今に伝わるものには
どの宗教にも深い意味があると思います 





 
eecc9566.JPG

松葉ヶ谷の安国論寺

日蓮聖人の足跡を今に伝える寺です

拍手

今回のいい寺は・・・
江の島から龍口寺です♪
 


9e906c03.jpg
 
極楽寺切り通しから東へ向うと江の島がみえてきます

江の島は、弁財天の霊場です

島の女神・弁財天には恋の物語があります

 



 ccf0f947.JPG

昔々、江の島の対岸に五頭龍が棲んでいました

五頭龍は、村の子供を生贄にさせたり
田畑を流してあらゆる罪を犯していました
 
そんな五頭龍が、江の島へやってきた
弁財天に恋をしてしまいました 





 
1e2af098.JPG

弁才天に求婚をしましたが、凶暴な五頭龍は
あっさり断られてしまいます
 
弁財天の許しを得るために、五頭龍は改心しました



 



 DSCN1190.jpg

日照りの時は、雨を降らせ

収穫の時には、台風を蹴散らし

津波の時には、身を呈しました
 
村人を守った五頭龍は力尽き・・・
その姿は、となってしまいました 





 
4d03c91f.jpg

江の島と向かい合う山、片瀬の龍口山には、
五頭龍を祀る龍口明神社があります

60年に一度、巳年に御神体を神輿にのせて
江の島へ渡るそうです 





 DSCN1183.jpg

犯した罪をつぐなった五頭龍は龍神となり
60年に一度、恋した弁財天に会えます

地元の人々は粋な計らいをしていますね
 



 
88f2c2d4.JPG

鎌倉時代になっての話です

僧・文覚が龍口明神に法味(読経)を供養したところ
「国に背く悪人が出た時には首を切って社頭に掛けろ」
との神託がありました

 
天変地異が頻繁に起こった時代に
五頭龍が託したのでしょうか 




 
d54651b0.JPG

それからこの場所は、罪人の処刑場となりました
 
弁財天五頭龍の恋愛の話が
恐ろしい話になってしまいました 




 
513fccaa.JPG

ある時、龍ノ口の処刑場に一人の僧侶
連れてこられました
 
若い日の日蓮聖人です。
 
 



 c4c9c6d6.JPG

出家した日蓮聖人は最初、比叡山にのぼり
奈良の東大寺を訪れ修行に励みました
 
既存の宗教では国を救えないと感じたのでしょう。
その熱い思いが日蓮聖人を突き動かしました。

しかし、世の中はそれを受け入れませんでした
 




e3f6382ba126c3f3f5c067d5c8d3ed73.jpg
 
日蓮聖人が国を憂い奏上した「立正安国論」が
幕府の逆鱗に触れたのです 

罪人として処刑される日蓮聖人
執行人が日蓮聖人に刀を振りかざした瞬間・・・

江の島から稲妻が走り、刀は粉々に折れてしまいました
 



 
b3118f30.JPG

「日蓮聖人は罪人では無い」と
稲妻を放ったのは江の島の弁財天だったのでは・・・
 
幕府から使者が駆け付け、日蓮聖人は死罪を免れ
佐渡へ流罪となりました 




 
32e18083.JPG

龍ノ口は、日蓮聖人法難の地といわれ

龍口山には後に日蓮宗・龍口寺が建立されました

毎年、九月に「龍ノ口法難会」が行われ万灯が奉納
されます
 
鎌倉市は日蓮聖人ゆかりの地なのですね

由緒寺院を訪ねてみます

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  ≫
HOME
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]