忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
鎌倉の西方浄土・長谷寺です♪
 

 
DSC_0991.JPG

鎌倉十一面観音菩薩を祀るお寺があります
 



 
d51bd085.JPG

十一面観音菩薩は、今から千三百年前に
奈良の長谷寺から太平洋を渡ってきたそうです
 
長谷寺は、本尊・十一面観音菩薩と牡丹で
有名なお寺ですね





 
DSC_0654.JPG

奈良と鎌倉、二体の十一面観音菩薩は
一本の楠から生まれました

一体は、奈良の長谷寺に本尊として、
一体は「有縁の地で人々を救うように」と
伊勢から海に流されました
 



 
0d7baa88.JPG

それから、15年の時を経て、辿りついた先が
鎌倉の海岸でした

安置されたお寺は、新長谷寺とよばれ
今は、鎌倉の長谷寺となっています



 

31346177.jpg

ここは、鎌倉の西にあって「鎌倉の西方浄土」と
呼ばれています
 
 



 
a62a9b23.JPG

境内には色とりどりの花が咲き
浄土の庭園となっています
 




 
DSC_0918.JPG

庭園を散策すると、キレイなアジサイが咲いて
いたり
 




 
DSC_0892.JPG

放生池では、花菖蒲が見ごろとなっていました
 



 


da637551.JPG

その中で写経に勤しんでいる人もいました
 




 
dcf85843.jpg

長谷寺は、時代の変化や自然災害のなかで
形を変えてきました。


 

6f810420.jpg
 
関東大震災で倒壊した観音堂は、再建するまでに
60年もの年月が掛かったそうです


 


428edd77.JPG
 
時間を掛けても諦めない、強い意志があり、
多くの人の信心によって守られてきました
 
あきらめないで
私たちに十一面観音菩薩が伝えているようですね


 


4f86b428.JPG
 
それが、昔から伝わる日本の姿でしょう

 


 
c5525aa1.JPG

ついつい早足になってしまうのが日常ですが・・・

こうやって、のんびりと園内を散策すると、
一歩ずつ歩みを進める心の余裕を持ちたいと
思えます

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
美男の大仏さまです




 42543c3d.JPG

鎌倉で一番有名な仏さま

長谷の大仏さまです 


与謝野晶子が詠いました
 
鎌倉や 御仏なれど 釈迦牟尼は
美男におはす 夏木立かな   

 



 
DSC_0998.jpg

夏、木立の中で静かに座るお釈迦さま

仏さまに違いは無いけれど

鎌倉の大仏さまは、美男ですね と 





 
c2cb1173.jpg

源頼朝が奈良の大仏を参拝した折に
鎌倉にもと建立を発願した大仏さまです。
 
一目会いたい!と思い訪れました
 




 
944e35dc.jpg

参拝者のなかには、外国の方もいました

国や文化の垣根なく皆さんの心を惹きつける
大仏さまですね

 



 934b1f2b.JPG

背後の石の笠塔婆に由緒が刻んでありました
 
源頼朝の侍女・稲多野局が 主君の意志を継いで
青銅の大仏さまを建立したそうです


 



6f58c6bb.JPG
 
正面には『南無阿弥陀仏』と

鎌倉の大仏さまは、阿弥陀さまなのですね
 
当然、与謝野晶子もご存じだったのでしょう。


 



 DSC_0001.JPG

西方浄土は、一切の色が無い真っ白な世界

阿弥陀さまに会う前には色々な心の垢
洗い流さないといけませんね

 



 
DSC_0999.jpg

清浄な心でお会いして、心をこめてお参りする

そこには、『美男』と思う心の隙もありません!

 



 b210bbd1.JPG

それよりも『釈迦牟尼』であれば、自然に心が表せると
与謝野晶子は思ったのでしょうか。

 



 
23f41201.JPG

境内には、「大仏さん、坐ってばかりで散歩して下さい」
と、茨城の小学校らが作った大草鞋がありました







a439c67c.jpg
 
阿弥陀さまと同じように坐り、静かに手を合わせて
いる方もいました

 



 
60c10a27.jpg

それぞれが、自由な形でお参りすれば
 
大空が似合う大仏さまは、微笑んで
私たちを受け入れてくれる

大きな心の持ち主ですね

拍手

今回のいい町は・・・
鎌倉に来たら、鶴岡八幡宮へです♪
 


 
5a0bdbcc.JPG

旅の始めは鎌倉の鎮守、鶴岡八幡宮です

源氏の守護神として、武門の棟梁・源頼義
石清水八幡の若宮を招いて祀った神宮です
 
源頼義の子孫には、源頼朝義経兄弟がいます


 



ce9a1304.JPG
 
鶴岡八幡宮といえば・・・
銀杏の大木と61段の石段です

 
 



1a3d9ed6.JPG
 
晴れ着の女の子を見かけました

お父さんと一緒に七五三のお参りに来たのでしょう
慣れない履物で階段は大変です

 



41c64d84.jpg
 
石段を登り終えたら拝殿へ

色々な事を神さまにお願いして・・・
 



 
2928f343.JPG

振り返ると正面には、相模湾と
一,二,三の鳥居がまっすぐに見えます

両側の参道には商店街が続いています。


 



 39b72b64.jpg

鎌倉は、鶴岡八幡を中心に発展した街です
両側のお店をのぞいてみました





 
ed45e5b4.jpg

鎌倉の技・鎌倉彫のお店

鎌倉時代に中国から伝来した仏具が
鎌倉彫の元となっています
 



 
f976937a.JPG

鎌倉の銘菓、鳩サブレは私も大好きです

豊島屋の初代が鶴岡八幡神社の鳩をヒントに
作ったお菓子だそうです

 



2824fa8b.jpg
 
通りにはお洒落なパン屋さんがあったり


 



adcfdab5.jpg
 
美味しそうな蕎麦屋さんも


 


0342fd0f.jpg
 
骨董品屋さんもあって歴史のある街に
お店が盛りだくさん 



 
adcddf18.jpg

京都とは、一味違う東の古都・鎌倉 



 

b84453ea.JPG

この街には、どんな出会いがあるでしょう
期待をしながら出発です

拍手

今回のいい町は・・・
信州から鎌倉へです♪
 

 
a9a6296f.JPG

信州・塩田平から始まる鎌倉道は「いざ鎌倉へ」と、
塩田・北條氏が鎌倉幕府へと馳せ参じる道でした
 
古から武家、僧侶、商人と多くの人が、この道を往来
しました
 




6a322796.JPG
 
独鈷山の麓には、法住寺という虚空蔵堂で有名な
寺院があります。
 
貞観年間に比叡山の三代慈覚大師によって
創建された寺院です。
 
東北地方には、慈覚大師が創建したと伝わる
寺院があります。

平泉の中尊寺、山形市の立石寺、松島の瑞巌寺・・・
どれもよく知られた寺院です
 
慈覚大師は、この地から東北へと布教の道
歩んでいったのでしょう 





DSC_0551.JPG
 
鎌倉極楽寺を開いた忍性は、大和国から鎌倉へ
向かい、貧しい人や弱い人、病んだ人の為に
医療施設を開いて救済に尽力しました
 



 

DSC_1010.JPG

仏教には東漸という言葉があります
教えが東の方へ次第に伝わり広まることです。
 
鎌倉時代になると、都で栄えた公家の仏教は、
武士や民衆の仏教へと変わっていきました。

鎌倉は布教の中心地となりました
 




 
71caf94c.JPG

鎌倉には、歴史を今に伝える寺院が沢山あります。
 
京都から鎌倉へ東漸した歴史 

東西を見比べてみるときっと面白い発見があるでしょう 





DSCN1798.jpg
 
美味しい食べ物も


 



e303d30a.JPG
 
鎌倉道から鎌倉へ楽しい旅の始まりです

拍手

今回のいい寺は・・・
カフェ「坂の下」です♪

江ノ電ぶらり途中下車の旅で見つけた・・・

DSC_0828.jpg

海からちょっと上がったところにある
カフェ「坂の下」


90a876ae.jpg

古民家を改築して作ったカフェです



3f0d6534.jpg

思わず深呼吸したくなるようなすがすがしい
テラスで


fcac10e2.jpg

無造作に置かれたオブジェに目をやりながら



abea7335.jpg

シラス丼を頂きました
新鮮なシラスにテンションが上がります



7d94ff31.jpg

ピザもパリパリ


0dcd05fb.jpg

DSC_0843.jpg

Tシャツや



DSC_0847.jpg

雑貨も売られていて見ているだけで楽しくなっちゃいます
オーナーのセンスが光る、他にはない感度の高さが
魅力です




DSC_0839.jpg

どことなく懐かしさを感じさせる雰囲気



47ab8c24.jpg

観光地らしく、老若男女ウェルカムなので
気軽に訪れたいですね

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  ≫
HOME
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]