忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
なぜか懐かしい場所「坂折棚田」です♪


5704707b.JPG

岩村を出て次なる目的地へと向かいます


DSC_0739.JPG

大分の「青の洞門」のような風景がまた見られて
ちょっとテンション上がってきました~


ed40ccc3.JPG

阿木川ダムのある阿木川湖では夏に花火大会
があるそうですよー

ダムで貯めた水の使い道ってあまり知られて
いませんよね。
こちらのダムは工業用水や田畑にも使われる
そうです



f41ff39b.JPG

橋を渡って中野方の北西部に向かいます~



97542a2e.JPG

私が見たかった風景はコレ!
初めて訪れたのにどうしてこんなに懐かしい
のかな

坂折棚田は約400年ほど前から築かれ始め、
明治初期にはほぼ現在の形が出来上がった
そうです


75d2f0ef.JPG

棚田の基礎にはが積まれていて珍しいですね
このあたりは石の産地であったので、土塁よりも
直角に組めて田んぼの面積を広くすることが
できる「はしご田」が造られてきました


98b0fbc3.JPG

棚田は、お米を作るだけではなく、雨水を溜めて
ゆっくり流すことで、洪水や土砂崩れを防ぐ効果が
あります
ダムのような役割もしてくれるんですね

それだけではなく、地下水をつくったり水をキレイに
する働きもあります


d671deb2.JPG

棚田は訪れる都会人を癒すだけじゃなく、
ありとあらゆる生物のすみかだったりする
優しい場所ですね


99881d22.JPG

この美しい風景を守ってきてくれた先人がいます。
最近では、棚田オーナー制度というおもしろい
体験ができます



DSC_0761.JPG

棚田オーナーの他にさといもの里親になることも
出来るようです。



d7f3b7e0.JPG

いつもコメントをくださるなおさんに棚田の魅力
教えて頂きました

棚田は山の地形を利用して、土地や水を有効に
使う、合理的に造られている人工物なのに、
地形を有効に使う為に田んぼの形が曲線的。

山肌に合わせて風景と融合している感じが
する。

棚田を山の上から見たときは芸術的


だから惹かれるのだそうです

造られたものかもしれないけれど、初めて
訪れた人が懐かしく感じるってことは、私たち
日本人のDNAには自然とともに生きてきた
歴史
が刻まれているのかもしれませんね。


週末、田舎のおばあちゃんを訪ねてみようかな
早起きして野菜の収穫にくっついて行ったら
何かきもちいー収穫がありそうな気がします!!





※名物も名所も決してひとりで出来るものでは
 ないと思います。
 たくさんの人の思いと努力からできた
 「大分・青の洞門」はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/149/

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
岩村で見つけたおいしいお店の紹介です♪


DSC_0577.jpg

女城主』で有名な「岩村醸造」さんを訪れました


34d232e4.jpg

階段箪笥が歴史を感じさせますね



f9052e53.jpg

戦国の世、武田氏織田氏の間で争奪戦が
繰り広げられていた時代に、絶世の美女
「おつやの方」が岩村城を治めていたそうです



2ddecb6d.jpg

日本で唯一ともいわれる女城主の里として
語り継がれているそうです



5c39f115.jpg

店頭から酒蔵まで線路がひかれていました



468ff3ef.jpg

20年ほど前まではトロッコが現役で酒や米の
運搬に使われていたそうですよ~



DSC_0615.jpg

毎年2月には蔵開きが催されています



21d5e341.jpg

水のキレイなところだからおいしいお酒が
出来るのですね
日本人にとって水は命そのものでした。
水の周りに集まり、産まれ生きる。

世界で最も水にお金をかけるのは
日本人だそうです。

「よい水」に対する渇望がどの民族
よりも強いのでしょうね!



30254a6e.jpg

一升瓶は全てリサイクルしていると教わりました
昔は物を大切にするという気持ちが当たり前
だったのでしょうね

一升瓶のリサイクル・・・私は知りませんでしたが、
みなさんはご存じでしたか??



5c34d77a.jpg

生酒はとってもフルーティー
古酒はまろやかでした

蔵元見学試飲もさせて頂けますので
是非訪れて体感してみてくださいね



DSC_0649.jpg

さて、面白い名前のお店を見つけました


3dc87f7b.jpg

「弘法屋」の名前の通り店番していたのは
弘法さん



fa736470.jpg

以前、「西では歩くたびに弘法さんにあたります」
とコメントをくださった方がいたように宗派に
関係なく全国で親しまれていますね


DSC_0709.jpg

おなかがすいた頃においしいお店を見つけました
西尾製麺所」直営の讃岐うどんが頂けるお店です。
こしがあって、この季節にはピッタリです!



ffa4dd0f.jpg

うどんだけでは物足りない方はメガ盛りからあげに
チャレンジしてみてくださいねー



DSC_0723.jpg

優しい店主に爽やかな店員さん、お客さんも
飛び入り参加で集合写真を

アットホームなお店です



岩村醸造さんのHPはコチラ↓
  酒蔵見学についての情報も書かれていますよ
  www.torokko.co.jp/



弘法大師空海の足跡は全国に♪

東寺に入るはコチラ↓
 弘法大師とお接待の話・・・
 e-tera.net/Entry/103/

大阪四天王寺はコチラ↓
 弘法大師と極楽の門の話・・・
 e-tera.net/Entry/120/

拍手

今回のいい寺は・・・
岩村の魅力を知りたい!!です♪


8470f877.jpg

岩村美人のお店「りょうらく」さんでは



DSC_0530.jpg

プルっプルの水まんじゅうや


d1126385.jpg

ちゅるっちゅるのくずきりなど

夏らしい手作りのお菓子が頂けます


DSC_0509.jpg

おいしいのはもちろんですが、写真だけでは
伝わりにくいかもしれませんのでみなさん、
是非いってみてください


DSC_0540.jpg

旅の始まりは、まず自分の足で見知らぬ町を
歩いてみることですね


e798bcf7.jpg

メインストリートを行ったり来たり・・・



c348e183.jpg

気になる看板やショーウィンドウがあれば、
どんどん寄り道をしながら



52dd1be6.jpg

楽しい・おいしいお店を見つけたらスキップしたく
なっちゃうかも



3ebcf38e.jpg

小さな町の商店街は、地元の人々の生活の場
でもあります。

自分のひいきは他人に知られたくない、というのは
嘘で、思い切って地元の方にオススメを聞いてみて
ください

よく「おいしいお店を見つけられるね」
とコメントを頂きますが、私、その土地のことは
地元の方に聞くのが1番!!だと思っていますので



DSC_0556.jpg

岩村を訪れてみて、知らないこともいっぱい
ありました。

町では岩村城再建に向けて取り組んでいるそうです


とっても温かい雰囲気の町だけれども、もっともっと
都会から岩村に遊びに来てもらうには、ここ岩村の
町の人々のパワーが必要だと感じました


これから私にできることってなんだろう?


私が肌で感じたことを発信していき、見た人が岩村に
関心を持ってくれる・・・それも町おこしの第一歩
だと思います。

いい寺.netを通してみなさんを岩村の入口まで
お連れすることはできますが・・・
を開くのは岩村の方々だと思っています!


私はこれからも、岩村の魅力を探っていきたい
もっともっと岩村のこと教えてください


次回は岩村で見つけたおいしいお店の紹介です♪

拍手

今回のいい寺は・・・
岐阜県恵那市にある岩村町です♪ 


acd7c699.jpg

恵那市岩村町の方から熱烈オファーを頂き
遊びに行ってきました~



DSC_0423.jpg

まず初めに訪れたのは水半名物販売店サン♪



2a1516a9.jpg

中津川でも見かけた菊牛蒡味噌漬
これまた日本酒に合うんです



b2d78758.jpg

かんから屋さんでは岩村名物が食べられると聞き
私の受け入れ体制は万全ですっ



DSC_0434.jpg

名物のかんから餅を作るところをのぞかせもらいました



73431027.jpg

地元産のもち米をつかって丁寧に丁寧に



475fe867.jpg

あんこにゴマにきなこ
とっても懐かしい味がしました



DSC_0456.jpg

たまごもふわっふわ
うどんのお供にかんから餅を食べるそうです。
・・・合ってしまうから不思議~~~~!!



DSC_0458.jpg

こちらは憩の場でもあるんですね



DSC_0461.jpg

暑い日だったので、紙風船の金魚がなんとも
涼しげです

梅雨が明けたら一気に夏がやってきますね



16a74f60.jpg

創業200年の京屋家具さんでは手作りの
たんすやテーブルが展示されていました。



DSC_0468.jpg

釘を使わずに作られているそうです
おっきな一枚板のテーブルを囲んだ家族の
顔が想像できますね



DSC_0471.jpg

オーダーもできるそうなので将来お願いしちゃおう
かな~

家具の再生も行っているそうです。
次回は是非とも職人さんにお会いしたいです



DSC_0430.jpg

水半名物販売店のおかあさんがおかえり!
言って迎えてくれました


DSC_0427.jpg

散策後の私には宝箱に見えましたよ
懐かしさプンプンのアイスキャンデー



8a2cc6d2.jpg

案内人の背中には「あんじゃない」の文字が

恵那地方の方言で、「大丈夫」とか「問題ない
心配ない」という意味です。

困ったときは「あんじゃない♪」って言ってみようかな!



※中津川☆ぶらり途中下車の旅はコチラ↓
e-tera.net/Entry/291/

拍手

今回のいい寺は・・・
町に恋するエッセンスです♪


4e10ef74.JPG

山岡町県道33号線沿いにあるお豆腐屋さん
なんと、豆から大事に大事に育ててお豆腐を
作るのだそうです


243f6f8c.JPG

オススメは唐辛子付きあぶら揚げで、
軽くあぶって食べる「味あげ



DSC_0325.JPG

たまたま見つけた熊谷豆腐さん♪
地元や遠方からもこだわりの豆腐を目当てに
訪れるそうですよ



ab65a558.JPG

山岡町を走る明智線の線路は単線
めちゃくちゃのどかです



DSC_0344.JPG

花白駅の前には花白温泉があります
キレイな湯の花が浮いたところから「花白温泉」と
名前がついたそうです

昔、天災や飢饉で疫病が流行ったときに、この温泉に
浸かった人が回復したことから、そのご利益に感謝
お薬師さんを祀ったそうです



DSC_0356.JPG

小さい頃近所にあった高架に似ているなぁと
懐かしくなりました

高架の下をくぐると電車のガタンゴトンという
音が聞こえ、ワクワクしたことを思い出しました



eac32cfa.JPG

何だか懐かしくなって線路の写真を撮っていると
カーブの向こうからガタンゴトンと・・・



6fe387e4.JPG

一両でも現役なんですね



2d057f84.JPG

今でもかまどでごはんを炊いているのかな



6dc127e3.JPG

線路を越えて少しのぼったところに飯高観音
あります。
大きな鐘楼が見えてきました




52258671.JPG

大きな観音堂
年末年始には遠くからもお参りに来るほど有名な
お寺です。


a9f9d574.JPG

これだけ広い境内と、立派なお堂のある萬勝寺
ですが、決して檀家さんの多いお寺ではないそうです。

みなさんに親しまれるなかで、賑わいのあるお寺に
なったそうですよ



DSC_0397.JPG

この一年無事に過ごせますようにと願って
この大きな数珠を触るのでしょう

全国各地に大数珠を使った信仰があります。
百万遍の大数珠では、みんなで一生懸命念仏を
唱えながら数珠を回して、極楽へ行けるよう願うそうです。


こちらのお寺では、みんなで触れるようにと大きな数珠が
掛けてあるのでしょうね



60f3872b.JPG

人を呼ぶために造られたお堂ではなく、沢山の人々が
お参りに来る結果として出来上がったものだから、
より多くの人々が訪れるのでしょうね。


初めて訪れた山岡町

言葉を交わし、笑顔を交わし、
この町がスキになりました

拍手

 1  2  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]