忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大宰府・観世音寺の歴史です♪

 

朝鮮半島が高句麗、新羅、百済の三ヶ国に
分かれていた頃の話ですemoji

新羅と手を組んだ唐の侵攻によって百済
窮地に陥りましたemoji
 
斉明天皇は、助けを求めた百済王に応じ
国の復興のために息子・中大兄皇子を伴って
九州へと向かいましたemoji

ところが九州・筑紫に陣を構えた唐・新羅の
連合軍との決戦を前にして
斉明天皇は崩御
してしまいますemoji
 
残った皇子は、弔い合戦と意気込みましたが
あえなく白村江の戦いで大敗し百済は消滅して
しまいましたemoji


  

歴史的な敗北を喫した中大兄皇子は
筑紫、対馬 壱岐に防人をおき、要と
なる大宰府政庁の守りも固めましたemoji

 

 

その上で、斉明天皇の冥福を祈り
府内に観世音寺の造営を発願しましたemoji

大陸との関係や都から離れた地という
こともあって
発願してから完成までに
80
の年月がかかったそうですemoji

 

それでも百済から公伝した仏教文化の粋を集め
国の威信をかけての造営だったのでしょうemoji

完成当時は金堂、講堂、五重塔などの堂宇を配した
荘厳な伽藍でしたemoji

 


時代を経て創建当時の建造物は全て失って
しまいましたemoji
 
境内には往時を偲ぶものがわずかに残る
だけです。

 

 

 

現在は、江戸時代に黒田藩主によって
造られた堂宇が
伽藍の中心となっていますemoji

 

白縫 筑紫の綿は身につけて
いまだは着ねど 暖かに見ゆ

沙弥満誓

昔、綿よりも高級な輸入素材でした。
全国で使用されるようになったのは、
戦国時代のころです。  

歌碑の作者は、美濃尾張の国守で
天皇の病気平癒を願って出家し
観音正寺の別当に赴任したそうですemoji

初めて赴く地で綿の衣を着ることを楽しみに
して
歌ったのですねemoji

ここは、防人が守る前線の地から、大陸文化が
入る交流の地となっていきましたemoji

拍手

PR

今回のいい町は・・・
コスモスの咲く太宰府市・水城跡です♪

薄紅のコスモス畑が広がるのどかな風景emoji

ここには、日本の歴史に関わる史跡がありますemoji

 

 

朝鮮半島に百済、新羅、高句麗の国があった
時代、
日本はまだ倭国と呼ばれ、斉明天皇が
国を治めていましたemoji

その時、朝鮮半島で戦がおこり、参戦した
唐によって百済は滅ぼされてしまいます

救いを求めた百済王倭国がこたえ、唐と
新羅の連合軍に戦いを挑みましたが
朝鮮半島の西岸・白村江の戦い惨敗して
しまいますemoji

 

 

戦を指揮した中大兄皇子は、唐の軍勢が攻めてきた
時の守りとして
防衛施設を築きましたemoji

そのひとつが城壁の役目をした水城ですemoji

海から攻めてくる敵から太宰府政庁を守る
ためでした。

ここへ多くの防人が派遣されましたemoji

戦後処理のために来た使節を唐へと送って
いったのが
遣唐使の始まりでしたemoji

白村江の戦いは、日本の歴史にとって
大きな出来事でしたemoji

 

 

水城の他に大宰府政庁を見下ろす四天王山
には
大野城を築き南に基肄城(きいじょう)を
築いて守りを固めましたemoji

白村江の戦いでの敗戦がよほど衝撃的な事
だったのですねemoji

のちに唐は高句麗を滅ぼして新羅が朝鮮を統一し
海を渡って攻めてくることはありませんでしたemoji

遣唐使による外交で良好な関係を保ったのでしょうねemoji

 

唐との良好な関係から多くの文化宗教
日本へ渡ってきましたemoji
 

拍手

今回のいい町は・・・
菅原道真の終焉の地・大宰府政庁です♪

 
 

数百年の歴史を刻んだ大宰府政庁

多くの人が都から赴任してきましたemoji

その中には、都へ戻ることなくこの地で
生涯を終えた人も

ここでの働きが認められて官位を上げて
都へ戻った人も

望郷の思いを募らせた人も

この地にとけ込んだ人もいました

 


                                                           

 

東風吹かば 匂いおこせよ梅の花
主無しとて春な忘れそemoji

菅原道真にとって、大宰府政庁への着任は
都へ戻ることも友人や縁者との再会も
叶わぬ
事 を意味していましたemoji

 

 

憂しという世に住ながく
露の身の 消えてはかなき 身をややっさん

政のトップ、右大臣の職を奪われ
流罪同然の命で赴いた菅原道真

この地で露と消えることも覚悟していた
のでしょうemoji

絶望の淵に立たされ身も心もやつれて
いきましたemoji

 

 

そこに、菅原道真の身を案じた梅の木
一夜にして都から飛来してきましたemoji
 
枝を切り落とすことによって
土を変えることによって新たな根を生やし
木の勢いを保ちますemoji

梅の木は自ら飛来することによって
菅原道真を諭そうとしましたemoji

 

 

いつまでもへの思いに浸り
悲しみに暮れる菅原道真へ 
自然の流れに従いこの地に根付くようにと・・・

 

 

梅の木の願いも虚しく菅原道真大宰府庁へ
赴任して僅か3
年でこの世を去ってしまいましたemoji
 
死に際に残した遺言は都の土に帰りたい
とのことでしたemoji

 

 

遺言に従い亡骸はに引かれて大宰府庁
出発しましたemoji
 
ところが出発して間もなく牛は立ち止まり
座り込んでしまいますemoji
 
仕方なくその場所で弔いをして土に帰し
菅原道真の墓所としましたemoji

その地が安楽寺天満宮のちの大宰府天満宮ですemoji

梅の木が諭したとおりまさに、この地に骨を埋め
一生を終えることとなりましたemoji

拍手

今回のいい町は・・・
太宰府政庁跡に立ってです♪

 

万葉集で遠の朝廷(みかど)と詠まれた
大宰府政庁

そこは、都から遠く離れ、大陸と向かい合う
防衛と外交の拠点でした。


政庁の規模は平城京、平安京に次ぐ広さemoji

外国との交渉の場所として国の権威を示す
役割があったのでしょうemoji

 


 

近年の発掘調査で現れた礎石が往時の姿を
偲ばせていますemoji  
 
南北に22条、東西に24坊の都市計画もあった
そうで、
造営にあたり大和朝廷がいかに力を
注いだか伺えますemoji

 

 

 

海外との窓口となった場所に人々の往来も
あって
辺境の地というイメージとは全く
違いますねemoji

それでもから赴いた官人には心淋しい
場所でしたemoji

 

 

 

あをによし 寧楽(なら)の京師(みやこ)は
咲く花の薫ふがごとし     小野 老

都から離れた官人の心情を知る有名な歌です。
小野 老が大宰府に着任した宴席で望郷の念
つのらせる官人に披露しましたemoji


 

大納言・大伴卿と娘子・児島の別れを忍ぶ
二人の歌碑がありました。

昇進して大宰府から都へ戻る大伴卿と
見送る児島

二度と会うことない別れに涙する二人emoji

大宰府はそれだけ遠く離れていたのですね。

 

 

この太宰府菅原道真が赴任したのは
901年の正月でした。

わずかな家来を伴っての着任でしたemoji

自ら遣唐使を廃止して海外との窓口の役目を
終えた太宰府政庁には
遠の朝廷と呼ばれた
面影はなかったでしょうemoji

拍手

今回のいい寺は・・・
安楽寺天満宮です♪

 

   

天拝山の清水が落ちる紫藤の滝
この滝で、菅原道真は身を清め
山頂へ向かいましたemoji

 

 

 

紫藤の滝の傍らに立つ古石塔
安楽寺の僧・信聰によって建てられましたemoji

大宰府天満宮は江戸時代まで
安楽寺天満宮と呼ばれていましたemoji

創建当時の天満宮は安楽寺の境内にありましたemoji

天神を祀る本殿を中心に多宝塔、三重塔、五重塔、
九重塔と
仏教の伽藍が建ち並ぶ神仏融合の聖地でしたemoji

安楽寺を守る別当(僧侶)は、菅原道真の子孫
代々務めたそうですemoji

千年近く続いた安楽寺天満宮でしたが
明治政府による廃仏毀釈仏教関係の
建造物は瞬く間に
取り壊されて跡形も
なくなってしまいましたemoji

名称も安楽寺から大宰府天満宮
変わりましたemoji

今では、安楽寺の名を伝える史跡は
この古石塔 だけとなっていますemoji

 

 

 

明治維新を境にがらりと様相を変えてしまった
大宰府天満宮

私たちが昔の天満宮を想像できないように
当時の人々も今の姿を見たら驚くでしょうねemoji

 

 

 

安楽寺天満宮大宰府天満宮へと変わりましたが
紫藤の滝との関係は続いていますemoji

大宰府天満宮秋の御神幸式大祭で、
神具や神事に
携わる方の
浄めや祓いに使うお潮井砂この滝の
砂を使用しますemoji

菅原道真が自身を清めた由緒のある滝の砂です
お潮井砂に一番ふさわしいのでしょうemoji

拍手

≪  1  2  3  4  5  6  7  8  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]