忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
高山の色です♪


0d1f1a7e.JPG

高山の冬は厳しいです



d84dd2f7.JPG

商売繁盛の大黒さんは深々と降る雪の中
小槌をかざしていました



b48a0de0.JPG

鍛冶屋橋の欄干ではスサノオノミコトの
義父・足名稚(アシナヅチ)を具象化した足長
が寒さに凍えて固まっていました




dce8cc6f.jpg

そんな高山冬景色には赤色が映えますね

赤色は生命力を表し、物事を行動に移して
積極的に前進する『』の色です

ポジティブな意味では「生きる喜び」だそうです

この町には赤色のモノがたくさんあります♪



aa40a27a.jpg

昔からの高山名産・赤カブ



0a8df676.JPG

国分寺高申堂の「さるぼぼ」は猿の子供のお守り
です

災いがサル(猿) 家内エン(猿)満と縁起が良い
です



DSC_0310.jpg

高山ラーメンの赤い暖簾も目立っていました
ご当地ラーメン、B級グルメのファンは不動です



01104259.jpg

夏に巡回していた赤色の二階建てロンドンバス

思わずシャッターを切りました



6fa40d48.JPG

そして商店街で見つけた馬頭組の赤提灯



4a7f82b6.JPG

ここには山桜神社があります

神社の祭神・山桜は江戸時代初期に高山藩主に
献上されたの名前です
 
藩主が江戸詰めの時、江戸屋敷が大火に包まれ
ました
 
その火中を名馬・山桜が藩主と家臣を乗せて一飛び
 
見事救出したことから晩年は高山の厩舎で余生を
過ごしたそうです

 
 
 4f52faa6.jpg

社殿には大きな絵馬が奉納してありました
 
家内安全、無病息災、交通安全 商売繁盛・・・
地元では、「馬頭さま」と呼んで8月1日~15日まで
「馬頭の絵馬市」が開催されます。

 

7041469b.jpg

そして、神社一番の御利益が鎮火、火の用心です。
商店街には、江戸時代に活躍した火消しの馬頭組
人形が飾られていました。
 
高山の町は、密集していたので火が付くと
大きな火災になってしまったそうです



ba5d0077.JPG

高山の町では、秋葉神によく出会います
宮川沿いでも秋葉様が祀られていました

古くから火伏せの神様として信仰されてきました

度々の大火の際にも秋葉様が焼け残った例が
たくさんありました!

高山祭の屋台蔵にも秋葉様が祀られ守られて
きたそうです
 
みなさんこの町が真っ赤なに包まれないように
お参りしています


縁起が良いに染まった高山の町

災いの炎に包まれないように!

拍手

PR
今回のいい町は・・・
強く生きる中村久子さんです♪


a32af354.JPG

高山は観光地として四季を通して多くの人が訪れます

昔は天領の中心地として職人が住む町でした。



dc15be47.JPG

生きていくために誰もが必死だった時代に、
中村久子さんも家計の足しにと裁縫の内職をしました。

ただ、内職がお金にならないことから、義父は久子さんを
厄介者として扱いました

家族には久子さんを支えるゆとりもなかったのです。


d4a4900c.jpg

ある日、そんな久子さんに見世物小屋の住人になる
誘いがありました。

不自由な体でも家事全般ができる技を披露する話
でしたが・・・

それは客に自分の姿をさらけ出すことだったのです



294d362a.JPG

女性としても、育ててくれた家族に対しても大変悩み
ましたが、

「私が家にいなければ母の気苦労も去り、巡業中
に別れて、行方の知れない弟に再会できるかも」
と考えて見世物小屋の住人になる事を決心したそうです。



3f515c5e.JPG

周りの反対を押し切っての旅立ちでした

家を出て4日目に名古屋へ到着し、大須の宝座で
手足の無い達磨娘」として興行に参加しました。

自分の姿を公衆の面前にさらす恥ずかしさは相当な
ものだったでしょう。

久子さんは見世物小屋の主人や周囲の温情に助けられ
ながら巡業の生活を送ったそうです



42f218e1.JPG

ある日、久子さんは巡業先で弟がいた育児院の方に
会いました。

そこで弟の所在を教わり、手紙での再会を果たす
ことができました

姉弟は手紙の上でようやく肉親の情愛を交わしました。

「私が一人前になったら姉さんを引き取って
お世話しますから今しばらく辛抱して下さい」

久子さんは手紙を抱えて、涙したそうです
姉弟のをしっかりと感じたのでしょう。




621be301.jpg

故郷を出て5年目、母が大病を患い帰郷の催促が
ありました。

しかし久子さんは巡業を途中でやめるわけにいかず、
僅かながらの見舞金を送り、帰郷の遅延を侘びました

そこへ突然「弟が危篤」という知らせが届きました



f3ddd89c.jpg

驚いた久子さんは明け方一番列車に乗って弟の
元へ向かいました

幼いときに別れて以来の再会です。

しかし、弟は病気のために目が見えなくなって
いて、姉の姿を見ることが出来ませんでした

悲しみの中での最愛の弟との再会に胸が張り裂け
そうになり、暫く涙も言葉も出なかったそうです。



05d9f15a.JPG

弟は姉の顔を一度見たいと懇願しましたが、願いは
叶うことなく久子さんが巡業へ戻った数日後に息を
引取りました

数ヶ月後に母も弟を追うようにこの世を去りました



5c47096b.jpg

孤独の身となった久子さんでしたが、巡業仲間の
男性と所帯を持ち小さな命を宿しました
 
子供が生まれた時
私のような体にも、人並みに母の喜びを与えられた
と喜んだそうです



23c90b24.JPG
 
しかし、久子さんの幸せは束の間のものでした
 
夫が病気で倒れ、久子さんは見世物小屋から
独立し、夫の看病をしながら巡業を行うことに
なりました。



dc4fcd9f.JPG

そんなときに祖母が危篤の知らせが
 
高山に戻ってみましたが、親類や周囲の冷たい目を
感じたそうです
 


95371ac0.jpg

大変な時には、大変な事が重なります
 
帰郷中に関東大震災がおこり夫が横浜で被災して
しまいました
なんとか焼け跡で生きていましたが看病のかいなく
夫は亡くなり、前後して祖母も息を引きとりました
 
それでも久子さんには悲しんでいる暇がありません
 
生活のため、興行を続けていくために再婚しました
 
翌年に次女が生まれましたが、またまた不幸が久子
さんを襲ったのです。
再婚した夫が急性脳膜炎で亡くなってしまいました。
 
一人で興行はできないため三度目の結婚をしましたが
今度は放蕩もので女、酒、勝負事に明け暮れて
興行の収入にまで手を出す厄介者だったのです
 
そして、二人の間に産まれた三女も麻疹で亡くして
しまいました
 
障害による不幸より、もっと大きな人生の不幸が続き
自分の運命に「これも宿業か・・・」と悩んだそうです。



aa6d58d3.JPG

しかし、生きる力は確実についていました
 
それは、久子さんの母親と同じように強い力
なっていました。
 
興行を行う為に8年間連れ添った夫と別れ
一人で生き、夫の連れ子2人と実子2人を養う
決意をしたのです
 


img-312122634-0001.jpg

そんな久子さんに本当の幸せが訪れました
 
生涯を共にする夫、中村敏雄氏と出会ったのです
久子さんは「中村久子」として一生を送ることが
できました
 
久子さんは生きる糧とした小屋をたたみました
 
そして、彼女は自分の幸せだけでなく自分と同じ
苦しみの中にいる人々の為に立ちあがりました
 
誰もが経験したことが無い人生を歩んだ久子さん
だからこそ皆さんの大きな励みになったと思います。

久子さんの笑顔に多くの人が救われたのでしょう

私も久子さんのことを本で知り、是非もっと知りたい
と思い高山を訪れました

自由で楽しい社会を求めて発展してきた日本ですが
まだまだ色々な問題があるように思います
まず一歩を踏み出さないと始まらない事も
たくさんあるでしょう
「人生、山あり谷あり嵐でも歩んでいける
そんな自信を久子さんからいただいた様な気がしました

いまの時代だからこそ沢山の人に
中村久子さんの事を知ってもらいたいですね
私も素晴らしい女性に会えてよかったです

拍手

今回のいい町は・・・
中村久子さん 苦難を越えてです♪


1244040245_photo.jpg

バンクーバーオリンピック
真央ちゃんは銀メダルは残念でしたが、帰国した
ときの笑顔がとても素敵でしたね

オリンピックの後は、身体障害者を対象とした
世界最高峰のスポーツ競技大会「パラリンピック
が開催されます。

今回ノルディック競技に参加する選手の話題を
テレビで見ました

有望な選手でしたが、事故で足を失い希望を
失っていたとき母親の
ただ失くしたというだけでなく、それを活かす事
を考えないと

という一言に奮起し、パラリンピックに臨むことに
なったそうです



209.jpg

同じように障害を持ちながら、明治から昭和の
時代に力強く生きた女性がいました

その女性、中村久子さんの一生を伝える顕彰会が
岐阜・高山にあります。

中村久子さんは幼い時に凍傷が原因で脱疽
という病にかかり、わずか4歳で両手両足を失い
ました



beee8f90.JPG

中村久子さんの顕彰会事務局の方からお話を
伺いました

当時は手足の無い久子さんの事を「ダルマ娘」
という人がいたり心無い誹謗中傷があったそう
です。
障害者には厳しい時代でした

彼自身も子供の頃は偏見の目で見てしまった
ことがあったそうです。

しかし、今、このように中村久子さんのことを
伝えようとボランティアで活動されているとういう
ことは、久子さんの生き方や活動を知ることが
できたからこそだと思います



760a0842.JPG

久子さんが仕立てた着物を見せて頂きました
両手両足の無い不自由のなかでこんなにも
見事な着物をと驚きました





4d22ab8f.jpg

中村久子さんの家は畳屋を生業としていました。
幼い彼女は、切断した箇所がなかなか癒えず
泣き叫ぶ日々でした

そして、近所からは冷たい目で見られ一家は
高山の町を転々として暮らしていました



DSC_1051.jpg

それでも家族は久子さんを家に隠すことは
ありませんでした。
父は久子さんをに連れていき、
祖母は近所の子供たちと遊ばせました

元マラソン選手の松野明美さんは、障害を持つ
子供を最初は人目に触れさませませんでした。
しかし子供の頑張る姿を見て、自分の間違い
に気付いたそうです。



04122163.JPG

久子さんの父は、病気平癒のために天理教に
入信して神にもすがりました

しかし、一生懸命育ててくれた父は病に
倒れ、幼少の久子さんを残して逝ってしまい
ました



zasou.jpg

父が亡くなったとき、母は久子さんの治療のために
多額の借金を抱えていました。

母一人では子供二人を養えず、久子さんを祖母へ、
弟を親類へ預けて諏訪の製糸工場へ稼ぎに出ました



b427ab42.jpg

父親を亡くしても道を開こうと頑張る家族

そこへ追い打ちをかけるような不幸が起こります。

久子さんは病気が目にもうつって失明して
しまったのです

絶望した母は久子さんを背負って宮川の上流へ
死に場所を求めて行きました



bd3b5211.JPG

「ひさ、堪忍してなぁ」

激流の音がして、恐ろしさと寒さのなか
「かか様、こわいよー」と母の背中で泣く
久子さんに
「泣かんでなぁ 何でもないの 帰ろうなぁ」
久子さんの涙が母を正気に戻しました

数ヵ月後、久子さんの目も奇跡的に治りました



cd848ba0.JPG


死まで覚悟した母は生きていくために後妻として
子供を二人かかえる畳屋に嫁ぎます。

久子さんも新しい生活が始まりました。

しかし、義父は久子さんを人目につかないよう
2階へ閉じ込めてしまったのです



3921214c.JPG

障害者という理由だけで学校にも通えませんでした。

一年が経ち、義兄の使い古した教科書を与えられ
ました

それでも喜んだ久子さんは部屋の中で教科書を
風呂敷に包んで通学のまねをしてから開いたそう
です

久子さんがどれほど学校へ通いたかったかが
分かりますね



DSC_0095.jpg

離れて暮らす祖母から筆記用具を買ってもらい、
独学をする久子さん。
分からない漢字は、紙切れに書いて近所の子供
に渡しました

そして学校で先生にふりがなをつけてもらい
覚えました

近所で成績の悪い子供は夜な夜な久子さんに
教わりにきたそうです



ce6fb966.JPG

祖母は江戸時代に何代も続く医者の家に生まれ
非常に厳格でありながら、優しい性格の人でした

久子さんにも優しく接しましたが、不具の子として
特別扱いはせず、来客に対しての礼儀から
日常全般に関しては厳格にしつけをしました



DSC_1087.JPG

母も自分が死んだ後の久子さんの人生を心配し
少しのことでも自分のことは自分でできるように
厳しくしつけをしました。



Image145.jpg

「働くために生まれてきた人間だ、働いて生きて
いくのが当たり前です。」
と毎日のように母に言われ、おかげで裁縫を覚え
編み物を覚え、何もかもできるようになりました!



cc6e3312.JPG

障害を持つ苦しみ
理不尽なことを強いられる苦しみ
家族と別れる苦しみ

多くの苦しみを乗り越えて生きていく力

その中村久子さんから大きな力を感じました

服飾専門学校の生徒さんも久子さんの仕立てた
着物を見るため訪れることがあるそうです


色々な困難に出会うのが人生でしょう。

その困難がただの苦しみや悲しみで終わるのでは
なく、自分の人生に大きな益をもたらすものに
変えられるよう、前に向かって歩いていきたい
ものですね

ここを訪れると中村久子さんから、大きな勇気
いただけそうです!
 

拍手

今回のいい町は・・・
飛騨古川の渡辺酒造店です♪


6e0e474d.jpg
雪深い飛騨古川の町では雪をかき分けてお寺を
お参りしたり




DSC_0116.jpg

みなさん雪かきに勤しんでいました



fa1898a4.jpg

こちらでも雪かきをされているのかと思ったら
杜氏の銅像でした




5eefb84d.jpg

杉玉を見つけたので渡辺酒造店に入ってみました♪

杜氏の仕事は、蔵の管理や仕込みですが、日本酒造りの
作業を行う職人の総監督のような立場だそうです



DSC_0124.jpg

手間をかけるから愛情が伝わる・・・
酒造りを子育てと同じだと考えているそうです



dea9ade1.jpg

精米師の方が「無口です。その分、腕で語ります。
とおっしゃっていたのがとても印象的でした



DSC_0463.jpg

禁断の大吟醸ケーキが絶品です!

3年かけて開発された究極の酒スイーツは
モンドセレクション金賞受賞の大吟醸をたっぷり
染み込ませてじっくり寝かせた熟成ケーキです

きめ細かいスポンジからふわっと香る大吟醸の爽やか
な香りとしっとり感がやみつきになりそうです



1990aefe.jpg

このケーキにも使用されている渡辺酒蔵の蓬莱

蓬莱は仙人が住むという桃源郷の名前です

ここに住む仙人は、みんなお酒好きだそうです

飛騨の桃源郷で醸造されらお酒は仙人もきっと
満足するでしょう



3f7654fa.jpg

天井を見上げると籠が置いてありました。
これにお酒を載せて仙人の元へお酒を届けるので
しょうか♪

作り手の愛情が詰まったお酒を囲んで家族や
友達と語らうのも良いですね

拍手

今回のいい町は・・・
飛騨古川の三寺まいりです♪


OSK201003010045.jpg

オリンピックといえば聖火

ギリシャのオリンポスで採火された聖火は
開催地まで人の手から人の手へ受け渡されて
届けられます

最近は、聖火台も点火方式も最終ランナーも
趣向を凝らした演出で、私たちを楽しませて
くれますね

バンクーバーオリンピックでは、聖火台の一つが
故障して点火できないというハプニングがありま
したが、閉会式には修理した聖火台が現れて
点火することができました

セレモニーの中でその一連のストーリーを
見ることができました。

失敗しても最後には笑って終わらせる演出
が素敵だと思いました



d98dccc3.jpg

宗教にとっても「」は欠かせないものです
ギリシャ神話ではプロメテウスが人類に
「火」を伝えたといわれています。

日本でも灯明は重要な役割をしています



cca2a269.JPG

飛騨古川には、人々がろうそくを手に持って
お参りする「三寺まいり」という行事があります

浄土真宗の真宗寺、本光寺、円光寺の三寺を
巡拝する行事です



2cf665e7.JPG

浄土真宗の寺院では、宗祖・親鸞聖人の御遺徳を
しのび、報恩講が行われます。
御七昼夜」ともいわれ、正月9日より命日までの
7日間、門徒さんは「聞法」にいそしみます



387bde5e.jpg

聞法とは、「法にわたしの姿を聞く」という意味です。
法(お経)はに喩えられ、私を知り、私たちの
あり様をうつし出します



3199afeb.jpg

「御七昼夜」の中で特に親鸞聖人が往生する
前夜が重要な日です!

各お寺では徹夜の読経や説教が行われます

この日は門徒さん以外の人々もお参りをします。

三ヶ所のお寺を巡ることから「三寺まいり」と
いわれています



1f51be94.JPG

三島和ろうそく店には本堂内におかれる大ろうそくが
ありました

この大きな炎の中で夜を徹して多くの熱心な信者に
よる読経が御堂に響き渡ります



DSC_0108.JPG

当日は、屋台も出て、道沿いには雪でつくられた
大ろうそくが並びます

そして、近くの瀬戸川沿いには千本のろうそく
灯されて、雪化粧の古い町並みを幻想的に彩り
ます



b25ff326.JPG

「嫁を見立ての三寺まいり
   まげを結わせて礼参り」

その昔、野麦峠を越えて信州へ仕事に出ていた
娘さんは、おめかししてお参りしたそうです



e62b06a3.JPG

千本ろうそくに白いろうそくを立てて、良縁を願って
手を合わせるのです

人生の春が訪れる日を思い・・・



DSC_0152.JPG

雪深い飛騨古川も三寺まいりが終われば
あとは春を待つのみです



1407a974.jpg

こんなゆったりとした時間って良いですね

季節の変化と関係なく社会は動いています。
このスピードに自分を見失わされないように、
聞法のように自分を見つめなおしたいものですね



9bababf1.JPG

昔から伝わる行事には、私たちの歩みに合わせた
流れがあるような気がします。

一度立ち止まって、自分を見つめ、自分を知ること
が大切ですね!

拍手

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]