忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都・化野念仏寺の灯りです♪

hou202.jpg

お盆休みが終わりましたね
皆さんは故郷に帰ってお墓参りをされましたか?
お盆のお墓には、真っ赤なホオズキが飾られますね



028.jpg

昔、奉公に出た人やお嫁さんは、正月と盆月の16日に
里に帰ることができました
この休暇を「藪入り」といったそうです

地獄でも閻魔さんの「藪入り」があって、その間は
地獄の釜の蓋が開くそうですよ

蓋が開くのがお盆の時期で、その期間には地獄も
極楽もなく先祖がこの世に帰ってくるそうですよ~

お盆に蓋が開くといっても地方によって新盆、旧盆、
地蔵盆と時期も様々です。


3646c699.jpg

大分の国東半島では、節分の日に岩戸が開いて
先祖が鬼となって帰ってくると聞きました
そういえばホオズキを「鬼灯」と書きますね
先祖がこの世に向かうときに、真っ赤なホオズキの
実が闇夜を照らす「灯り」の役目をするのでしょうか


37059322.JPG

考えているうちに、ホオズキの形が提灯
見えてきました

迎火、提灯、送り火とお盆には「灯り」が必要
ですね!


54f77d97.jpg

8月24日には京都・化野(あだしの)の念仏寺で
地蔵盆の千灯供養が行われます
境内に集められた無縁仏のお墓に「灯り」のお供えを
します



e080a1b6.JPG

嵯峨野の夜道は暗いのですが、念仏寺に向かう
途中に提灯が置かれていて、足元を照らして
くれます



baa0b04b.jpg

店先にも



5dfe9002.JPG

嵯峨野の提灯の形は独特で面白いですね




2f7b8d7f.JPG

化野の地は昔、亡くなった方を自然のままに葬る
風葬の地でした
風葬の仏さんは、長い年月の間に無縁仏となり
無縁墓が至るところにあったそうです。
そこで、明治時代になって無縁墓を集めて念仏寺
一緒に供養されるようになったそうです



DSC_0997.jpg

当日は、境内に祀られた無縁の仏さんに御縁の有る、
無しに関係なく手を合わせ



DSC_1027.JPG

境内には和尚さんが唱える念仏が響きます



94437a9e.jpg

お地蔵さんにお参りしたり



ed199ec5.JPG

先祖供養の塔婆に戒名を入れてもらいます



28f3e843.jpg

小雨の千灯供養は出足も少なくて、境内の雰囲気に
浸りながら静かに手を合わせることができましたよ

先祖の供養をするお盆に無縁仏サンにも手を合わせる。
みんなみんな安らかにと!

自分のこと以外にも目を向けられるそんな心の余裕
持ちたいですね 




※楽しい子供たちが主役の地蔵盆はコチラ↓
 e-tera.net/Entry/152/

拍手

PR
今回のいい寺は・・・
京都 嵯峨野にある「落柿舎」です☆

150.JPG

「実るほど頭をたれる稲穂かな」
落柿舎(らくししゃ)の前には長閑な風景があります。

148.JPG
落柿舎は遠くから眺めても絵になりますね。

149.JPG
常寂光寺の近くに落柿舎があります。
芭蕉の門下生であった向井去来の住居跡だそうです。
ここも茅葺で雰囲気がいいですね~
1691年4月18日~5月4日の間に芭蕉がここを訪れ
嵯峨日記」を書きました。

851c9934.jpg
門の中に見える蓑と笠が建物に合っていますね


86d15d5b.jpg
芭蕉が晩年に訪れた時に詠んだのが、大悲閣 千光寺の
六月や 峰に雲おく あらし山」の句です。
落柿舎にいる時に嵐山を上り大悲閣を訪れたようです。

aba2c74f.jpg
大悲閣千光寺に貼ってありました。
※写真をクリックすると大きくなります

戦国時代の武将上杉謙信の家訓だそうで、住職が気に入ったそうです。

a4d6dc15.jpg
7b7abf6d.jpg
般若心経をたたえる言葉ですが、私には大悲閣を表す言葉に思えました。

先日訪れた大悲閣千光寺の住職にお話を伺いました。
2013年に大悲閣を建てた角倉了以の400年忌が催されますが、
御堂が10年に1cm傾いているそうで、2013年まで建物がもつかどうか心配なのだとおっしゃっていました。
この御堂は了以の300年忌の時に建てたもので、新しく立て替えるために寄付を募っているのだそうです。
100年も前にあの断崖に、しかも木造建築で建てたものですから、貴重ですね!
檀家のいない山の上のお寺で大変ですが、皆さんのご好意でここからの眺望が残ればいいですね。

※大悲閣を訪れた時のことはこちら↓↓
 e-tera.net/Entry/15/

拍手

今回のいい寺は・・・
京都 嵯峨野にある「常寂光寺」です☆


嵯峨野の自然を満喫したいと思います♪

d2a031de.jpg
大悲閣 千光寺で嵐山を一望した後は、再び山を下って、
大堰川沿いを歩き、渡月橋まで戻ります。
川下りの船が見えました。
後ろに付いているのは屋台船です。
流れの穏やかなところで、乗客にくず餅やビールやイカ焼きを
売っています。

07f25aef.jpg
竹取物語の雰囲気ですね

0fec57dc.jpg
晴れた空 木漏れ日 竹垣・・・ 絵になりますね♪
お釈迦様もインドの竹林精舎に滞在して、よく教えを
説かれたそうですから、竹林内は、心にも体にも良い空気が流れているのですね!

79f3b743.jpg
竹林を抜けると小倉山の「常寂光寺」の門に着きました
小倉山という場所が幽雅閑寂で、「常寂光土」と言われる
仏の住む永遠の浄土のようである事から常寂光寺の名前が
付けられたそうです

前回ご紹介した大悲閣千光寺を建てた角倉了以がこの
小倉山の土地
を寄進したそうです

d444ea86.jpg
仁王門です
南北朝時代の藁葺きの門です
仁王さんというと強いイメージがありますが、
藁葺き屋根はやわらかい感じで自然に溶け込むようで
いいですね!

35038868.jpg
藁葺き屋根を下から覗いてみました
草鞋が横に掛けてあります。

5570a8c3.jpg
多宝塔が見えてきました
ここには釈迦如来と多宝如来が祀られています。
日蓮宗では三宝尊(多宝如来、「南無妙法蓮華経」の題目、釈迦牟尼仏)を祀ります。

4917b2c2.jpg
ここからの景色はよく雑誌で見ますね

c5ba6e85.jpg
小倉山からの眺望です
大堰川に大悲閣に小倉山、嵯峨野が観光地になったのも
川の開削に力を尽くした角倉了以のおかげですね!!

拍手

今回のいい寺は・・・
京都 嵐山の「大悲閣 千光寺」です☆


浅草寺の聯(れん)には
荘厳な飾りで表す観音様と、自然の中に見る観音様
二つの表し方を示していました。

今日は自然の中の観音様を求めて嵐山まで来ました。
私が訪ねる大悲閣は嵐山の奥にあります。

33537379.jpg
嵐山といえば渡月橋ですね。
亀山上皇が曇りない夜空に月がさがなら橋を渡るようなさまをみて
「くまなき月の渡るに似る」と感想をもらしたことから「渡月橋」と
呼ばれるようになりました。

31b1d3da.jpg
この橋はどこからみても絵になりますね!
嵐山のアクセントになっていますよね~

91dd7152.jpg
嵐山は新緑紅葉雪景色・・・と一年中楽しむ事が
出来るため舟遊びが盛んな場所です。

f6cbeedf.jpg
大悲閣までの道なりにゆったりと流れていく舟を見て、
のどかな気持ちになります。

cf655234.jpg
渡月橋の南岸を歩いてみると夏でも涼しくなれます。

e6973513.jpg
しばらく歩いて小高い丘に差し掛かると大堰川が
エメラルドグリーンに輝いて見えました
空気も澄んでいます。

ed560943.jpg
川に沿って約30分進むと大悲閣 千光寺への参道の
目印があります。
芭蕉もこの道を通って大悲閣を訪れたそうです。
そのことをつぎのように詠んでいます。
花の町 二町のぼれば 大悲閣

28edc8cf.jpg
門柱に到着です~
この寺はすごく高い絶壁に建っていて、綺麗な絶景が見えます。
了以翁という人は、溢れる川を治した中国の有名な帝王 禹という人に似ている・・・という内容が書かれています。

86b12849.jpg
石畳の階段をひたすらのぼります。

d5b3bbdc.jpg
なかなかいい景色が見えて来ましたね~

6ae5e137.jpg
六月や 峰に雲おく あらし山
これは芭蕉が晩年「落柿舎」で詠んだ句です。
炎天の六月、新緑がうっそうたる嵐山の山頂に、
雄大な入道雲がどっかりと居座って動かず、
万象寂として静まり返っている・・・という意味です。

b3382e27.jpg
五色ののぼりがいい感じにたなびいていますね♪

851f8208.jpg
途中にも観音様です

b6233446.jpg
やっとの思いでのぼってきました。
大悲閣の山門まであと少し!

26dbb6e5.jpg
山門をくぐるとそこには・・・


1198a4f7.jpg

大堰川が見えます

88de4793.jpg
まだまだ上があります↑↑

914afea8.jpg
昔の本堂です。

今は仮の本堂にご本尊がみえます。
形あるものは、いつかは無くなりますが、
自然の美しさが十分にそれを補っていますね!

朽ちていくものにも味わいがありますよね、
これが詫び寂びの世界なのでしょうか。

f155c92a.jpg
ご本尊の観音様です
両脇には不動明王と毘沙門天です。

b876783c.jpg
本堂の横には御堂があります。

外観はだいぶ傷んでいますが、中は角倉了以(すみのくらりょうい)の像が祀られ整理された空間に、直筆の教えや案内文が置いてあり、眺望を楽しむ望遠鏡もありました。
(行楽地だと100円玉がいりますよね)
和尚さんの人柄がうかがえます
立派な伽藍でも閉ざされたお寺より、訪れた人を迎えてくれるお寺がいいですよね!

31b45ff5.jpg
このお寺を建てた角倉了以の像です。
岩だらけの大堰川を開削して船が通れるようにし、
丹波・山城間の物流に大いに貢献しました。
今、保津川を観光船が下っているのも、了以の
開削のおかげだそうです。

b89e61df.jpg
お堂の全景です。
断崖にせり出すように建っています。

d4a9b663.jpg
大きな窓があり、緑が眩しいですね

bcdce981.jpg
目の前には広大な自然が広がっています
比叡山から京都市内まで一望できます

6b055b84.jpg
この鐘の音が嵐山の山々にこだまします。

1f886d6b.jpg
ここで座禅をしたら自然と一体になれそうですね!

84ea96c3.jpg
この色紙に目が留まりました。

普段生活している環境とは違い、
の中で心の疲れがとれた
ような気がしました。
この場所からみた眺望のすばらしさ、自然に触れる清々しさが
そのまま私の観音様体験でした

拍手

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]