忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
名古屋大須から新年のごあいさつです♪


DSC_0079.jpg

新年明けましておめでとうございます



ef17d022.jpg

初詣といえば熱田神宮などの神社に参詣しますが、
名古屋では大須観音も有名です

私も大須観音に初詣に出かけましたよ~



9882afa2.jpg

一年の無病息災を祈願する方もいらっしゃいました

さて、「息災」とは災いに遭遇せずに無事に過ごす
という意味で使われますが、実は仏教用語
「天才、病気、犯罪などの一切の災害を消滅させる」
ということを意味しています。

そして、消滅させるのは仏様の力だそうです



DSC_0083.jpg

もちろん近所の氏神様にも新年のご挨拶に
伺いましたよ~

私たち日本人にとって神仏は心の中になんとなく
持っているものだと思います

新年には氏神様仏様一年の無事をお願い
しに行きましょうね




c3cbf877.jpg

さて、大須観音の門前には大須観音通商店街が
あります



cc68a327.jpg

ちゃんちゃんこを着た少年がおだんごに熱い
眼差しを送っていました

正月三が日は多くの人で賑わったようです




9e4476ea.jpg

大須観音の近くには成田山萬福院もあります
名古屋栄の成田山といわれみなさんから親しまれて
います!



DSC_0091.jpg

雪がちらつく中、手と口を清めて



75656c75.jpg

今年はたくさんのことにチャレンジし、実り多き一年
になりますように



e23a03cc.jpg

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り
申し上げます

拍手

PR

今回のいい寺は・・・
名古屋・大須観音節分会です♪


DSC_0107.JPG

正式には福の神鬼追いの儀式」といいます。
室町時代には殿中で行われた儀式です★



DSC_0179.JPG

大須観音の節分会では、寺社奉行が福の神・七福神
引率して福の神宝船で栄から大須へとパレードします



DSC_0176.JPG

大須観音に到着してから、福の神・七福神が捲く福豆笑い声
赤鬼青鬼は慌てふためいて退散しこの儀式は終わります

福の神・七福神は地元財界のトップの方々が務めます。

 

DSC_0181.JPG

皆さんにご利益がありますように
知恵が授かりますようにと大黒さんは小槌を頭にあてていました。



DSC_0175.JPG

かっこいい毘沙門天さんも登場です★


fc1ed82a.jpeg

も登場しました!!
ここからが、他の節分の豆まきとは違う風景になります



DSC_0187.JPG

DSC_0188.JPG

なんと鬼が豆まきをします!!


DSC_0112.JPG

普段はこの香炉にお線香がたかれていますが、今日は節分会
メラメラと燃える炎に厳粛な気持ちになり本堂の中を覗くと・・・



DSC_0117.JPG

堂内の本尊は秘仏なので、お前立ちの観音様がみえました。
ここには、伊勢神宮の神人より授けられた鬼面が寺宝として
納められています。

この鬼面を本尊御宝前に祀って加持祈祷を行い、参詣者の
厄難を払い、「七難即滅、七福即生」を祈ります


DSC_0195.JPG

このありがたい鬼面に因み大須観音では「鬼は外」は唱えません
福豆と笑いで邪気追い払います



DSC_0130.JPG

豆をまくのは、邪気をはらって春をよぶためです



DSC_0137.JPG

豆まきは追儺の行事としておこなわれます。
豆は魔目、魔滅に通じるので、豆まき後に豆を年の数だけ
食べてみたり、寺社に奉納したりします



DSC_0136.JPG

一般の方も豆まきをする事ができます♪


DSC_0154.JPG

「福はうち~!福はうち~!」

DSC_0145.JPG

豆まきの後は、本尊の千手観音菩薩に手を合わせます

難を追い払う力を頂いた事を感謝し、今年も支えとなって
下さいとお願いします。
 
爆笑問題の学問のススメで、ある教授が言っていました
「人間は自然にたいする謙虚さがたりない、
 人間が生まれてから600万年、植物が生まれて40億年、
 もっと人間は自然にたいして謙虚でないと・・・」
 
温暖化や天災は私たちの謙虚さが足りないせいでしょうか・・・
福の神に足りない分を助けてもらって幸せが訪れますように


いい寺【大須観音】についてはこちら↓↓

大須観音①→ e-tera.net/Entry/27/

大須観音②→ e-tera.net/Entry/28/
 








拍手

今回のいい寺は・・・
東別院界隈②です☆


6f98f93d.jpg

東別院から大須観音に向かう道に仏壇・仏具の問屋街
あります。


751ca563.jpg

ビルの間には昔ながらの建物も点在しています
天満屋でランチを食べました


eb293892.jpg


メンチカツ定食はボリューム満点ですね~
お店は近所の人で賑わっていました☆



821f7ba6.jpg

天満屋の向かいにはこぢんまりとしたお寺がありました。
七面山 妙善寺です。
通称橘町の七面さまと親しまれています。


a41138e2.jpg

昭和20年の空襲で焼失した摩利支天堂と、増築した
内陣一棟を合わせて本堂・七面堂となっています。
違う造りの建物が合わさっていても妙に一体感があります。



792d3206.jpg


山門を潜ると右側の樹木の後ろに石碑が並んでいました。


17f49e62.jpg


本尊七面女神像徳川光友の腫物平癒のために
彫刻されたものです。
平癒後一度名古屋城に祀られましたが、
「城下の人々にもご利益があるように」と
この地に七面宮を建立して遷されたそうです
先日訪れた矢場地蔵も同じように徳川光友により
城内から遷されましたね。
七面宮の額は光友の自筆だそうです



76641c8d.jpg

参道の石碑の中に観音様が祀られていました。
左手に浄瓶を持ち愛嬌のある顔立ちです。



8dfb0097.jpg


石碑には三代目 中村翫雀、妻 妙 碑
と刻んでありました。
子孫は中村雁治郎中村玉緒林与一etcです。
中村家は上方を代表する歌舞伎の名門ですね
手前の線香立てには中村家の屋号「成駒屋」と
刻んでありました。
中村翫雀の詳細は↓
www.kanjaku.com/




cbb7ae2e.jpg


こちらは三世・富士松魯中と書かれています。
邦楽の新内節家元のお墓です。




7aa5dc3a.jpg


そして上方の落語家 林家正三の碑です。
徳川光友により建てられた橘座は、徳川宗春によって
空前の賑わいを呈し、上方役者が毎月興行を行って
大盛況となったそうです。
この石碑が歴史の証として境内に並んでいました。



e39e093f.jpg


石碑の隣に並ぶお稲荷さんで先客万来の願を掛けたのでしょうか。
今では御園座が名古屋一の興行場となっていますが、
昔はこの界隈が娯楽の中心地で商売も繁盛していたそうです。


c7706c40.jpg


欄間屋のご主人に今の大須界隈についてお話を伺いました。
仏壇は中国からの輸入が増えて職人が減っているそうです。
店の跡地は駐車場かマンションになっています。
「仏壇と同じようにマンションも箱物で、造るのには色々な
職人の手が必要だからそちらの職人が増えていくよ。
でも畳も欄間も需要が減ってしまった・・・。
昔ながらの職人も良い材料も要らなくなった。
昔の建物は棟梁が一手に引き受けたが、今ではデザイナー、
設計士、棟梁の順番で規格通りの物を造らされて、応用が
利かないので腕を磨く事ができないのだよ。」と。
ご主人はどこか寂しそうに話してくれました。


586f5ac0.jpg


十分に乾燥させた銘木が立てかけてありました。



3b310045.jpg


欄間以外に木製の家紋や建物の飾りなど色々な
仕事の注文があるそうです。


40c6035d.jpg


空き地が点々とありました。
長谷川仏具店でもお話を伺いました。
寺院用の仏具を造る若い職人が育っているよと
教えてくれました。


6fa475c1.jpg


「是非こちらの作業風景を見なさい」と隣の塗装店
紹介して頂きました。
残念ながら時間が間にあわなかったのでまた今度
訪れたいと思います。
大須では塗装が臭うと近隣の住人に嫌がられて、
ほとんどの塗り師が郊外に移っているそうです。



62564186.jpg


仏教は元々インド中国から伝来しました。
最近は仏具なども中国からの輸入が多いそうです。
これも時代の流れなのでしょうか。
しかし職人を育てないと日本が失うものは大きいでしょう。
戦国時代から江戸時代、そして現代と大須の移り変わりを
見てきました。
今度は大須の町を形成する原点となった街、清洲
行ってみます♪




拍手

今回のいい寺は・・・
東別院界隈です☆



fbc8a385.jpg

東別院の北側に新しい門のお寺があります。
浄土宗西山派尾張藩主徳川光友公が創建した
栄国寺
です。
切支丹遺跡博物館の石碑もあります。




8925e2c7.jpg



石畳の参道の両側に本堂と御堂があります。
お参りしながら通り抜けていけるので、誰でも
境内に入りやすいですね☆




8c83f530.jpg


地蔵堂と釈迦堂の横に切支丹塚の入口があります。








cc106dee.jpg



この地で切支丹弾圧の幕府命令により、二千余りの
信徒が殉教したそうです。
その後、藩主徳川光友はこの跡地に
冥福を祈る場所として栄国寺を建立しました。




cf2958a5.jpg


この顕彰碑には、尾張切支丹の殉教の歴史が
刻まれています。
三千人余りの受難者を思うと深い悲しみに自然と
手が合わさりますね。
1997年にカトリック名古屋教区が建立したそうです。



39436948.jpg


切支丹に寛容であった徳川光友も幕府の命に従うしか
ありませんでした。
ご本尊は「火伏(かぶせ)不思議の弥陀」と呼ばれ
防火にご利益があるのだそうです。
昭和20年の空襲でも、落下した焼夷弾が不発だった
のでこの一帯は火災を逃れたそうです。



d42e6c33.jpg

西側から見た本堂の正面です。
中のご本尊は南側の側面から拝む事ができました。
左手の建物に「踏み絵」など展示して当時の歴史を
伝える博物館があります。



573a69bc.jpg

こちらが正面だったようです。
正門から外に出ると橘町の町並みとなります。
この地名は徳川光友によって建てられた
芝居小屋「橘座」に由来するそうです。
今では橘座の跡地にある愛産大高校の講堂で、
定期的に落語会が行われているそうです。




16c19cc8.jpg

この一帯は古い建物が多く仏具職人の町となっています。
大須の仏壇街問屋街職人町に分かれているそうです。



31abc7ac.jpg

水野仏壇屋さんで位牌の戒名彫りの工程を
見せてもらいました。
今は機械彫りが主流ですが、ご主人は今でも
手彫りをするそうです。
書家に習って鍛錬したとの事です。

機会があればこの界隈の職人さんを訪れてみたいです☆

拍手

今回のいい寺は・・・
東本願寺名古屋別院です☆

ここも大須門前町を形成する寺ですね。


82e07aee.jpg

真宗大谷派の別院としては全国最大規模で、
尾張門徒には「東別院」 「御坊(ごぼう)さま」
と呼ばれ親しまれています。


f5373e44.jpg

尾張藩第二代藩主・徳川光友より織田信長の居城「古渡城」の
跡地約1万坪の寄進を受けて建立されました。
この城で信長が元服したそうです。


a3936e6f.jpg


とにかく広くて大きいですね。
昔の本堂も名古屋城と並ぶほどの大建築だった
そうです。
この本堂は第二次世界大戦の戦火で全焼し1962年に
再建されたものです。


45746f0d.jpg


手洗い場の石鉢には漱水(そうすい)と彫ってあります。
「すすぐ」「口を洗う」「うがいをする」という意味だそうです。
仏教では人間の行為(はたらき)を身(からだ)口(ことば)
意(こころ)の三つで表します。
浄水で手や顔う事によって身を清め、口をすすぐ事によって
言葉を、そして身体を落ち着かせる事で意を清浄にするとの事です。


b71c060e.jpg


昔の本堂を図面通りに再現したそうです。
中に入って静かに手を合わせました
本尊は阿弥陀如来です。



cac3bac5.jpg


本堂の隣には対面所という建物があります。
ここで定例法話が行われているそうです。
今日もお話を聞きに門徒さんが集まっていました。


0c836e4f.jpg



この東門が一番古い建物です。
別院の東側には名古屋テレビがあります。



61f1d8f0.jpg


名古屋テレビの玄関前から東別院の参道が
始まっています。
きれいに歩道が整備されています。
この標識はインド玉石で出来ています


8f093689.jpg


参道の所々にお釈迦様の生涯のモニュメントが置かれて
います。
「誕生」、「降魔成道」、「初転法輪」、「涅槃」、「伝教伝来」と
一生が描かれています。



cfcc3711.jpg


お釈迦様が悟りを開かれた場面が描かれています。


51f7343d.jpg


東別院界隈は境内の裏側に徳川光友が建立したお寺や、
仏壇街で形成されています。
ここにも色々な歴史がありそうです♪

拍手

 1  2  3  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]