忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
花まつり釈迦様が生まれた日です。


DSC_1535.jpg

お釈迦様はお生まれになると、七歩あゆんで天と地とを指し示し
「天上天下、唯我独尊」と言われたと伝えられています。

天に地にも、二つとない、尊い命
生命はこの地球上でただ一度、ただ一つしか生まれてこない。
私達自身がその命の表れなのですね



DSC_1519.jpg

お母さんは、命を宿した時にツワリが始まります。
この命は自信の分身では無く、尊い一つの命という事を身体が
自覚するのでしょうか。
そして、産みの苦しさからかけがえの無い命を感じるのでしょう★

ある産婦人科の先生が、
「母は私が産まれた時に、私に向かって自然に手を合わせて
 拝んだそうです 
 私が母の分身ではなく、尊い一つの命と悟って行ったのでしょう。
 その話を聞いて、私はこの道を選びました。」と講演会で話していました。

しかし、本来支えあうべき家族のなかで痛ましい事件が起きています。
当たり前の事ですが、今、命の尊厳を見つめなおしたいものですね。


7d6a2b9d.jpeg

イエスを抱くマリア様です。

母の温もりの中で、心を養うのですね。
1(歳)で自己を知り、2で自他を知り、3で心がめばえるそうです。
その成長の支えが母の愛でしょう

お釈迦様は、親を亡くした弟子に、
「心がめばえる三歳まで育てて頂いた感謝の気持ちで
三年間はご供養しなさい。」と教えたそうです。
子供は三歳になるまでは特に手がかかりますよね。

日本では「母の背中の温もり」と言いますね。
抱っこよりも、おんぶの方が大切と考えられたようです。
母の背中の温もりを感じながら、母と同じ視線で物を
見る事で、自然に母の心が伝わるのでしょう


DSC_1370.jpg

花梨の花です
小さな花ですが、大きな実がなります。

沢山の花を咲かせますが、その中で残って実が付くのは
わずかです。

それでも無駄な花はありません。
一生懸命咲いているのですからね

人間も花も一緒ですよね


DSC_1544.jpg

今日は花まつり
花御堂に祭られた誕生仏に甘茶を注いで、お釈迦様の
誕生日をお祝いします


DSC_1352.jpg

誕生したときに甘露の雨が降ったという言い伝えが甘茶を
注ぐ風習となったそうです。
甘茶は山紫陽花の仲間で、飲むと柔らかい甘みがあります。

甘茶で墨を磨って字を書くと上達するそうです。
また家の周りに撒くと虫が寄らないと言われています。


今日は母の愛にも感謝しましょう!!

拍手

PR

今回のいい寺は・・・『涅槃図』についてです★

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」

沙羅双樹は平家物語で知られていますね。
朝咲いても夕方には散ってしまうこの花の特徴が、
人生のはかなさ』 を表します。
元々は仏教説話の中で語られる花です。


0718b646.jpg

説話画『涅槃図』です。
仏教では、自分の寿命を悟ったお釈迦様は
形あるものは必ず壊れ、生あるものは死ななければならない
と最後の説法をして沙羅双樹の下で涅槃に入った(亡くなられた)
とされています。


99d78b62.jpg

その瞬間にお釈迦様の身体は黄金色となり沙羅双樹
木々も黄金色に変わっていきました

bc356422.jpg

如来も菩薩も羅漢さんも皆さん泣いています
悟った者でも別れる事は悲しいものです。

923d55db.jpg

勇ましい姿の金剛力士も皆さん泣いています。

9a838171.jpg

お釈迦様のお母さまも悲しみのあまり、お地蔵様に導かれて
極楽より降りてきました。
お母様は息子を何とか助けようと薬師如来の薬壷を下界に
投げました
そこから「投薬」という言葉が生れました
 
9ec2a944.jpg

 
残念ながら薬壷の付いた杖は沙羅双樹の枝に引っ掛って
しまいました。
神や仏の力をもってしても寿命を延ばすことは出来ません

496b237b.jpg

お釈迦さまの足にすがるお婆さん
若い時にお釈迦さんの噂を聞き、一目お会いしたいと後を
追いかけてきましたが、やっとお会いできた時には
亡くなられていました。
長い年月を掛けてここへたどりつきましたが願いは
叶いませんでした・・・


75b18a9c.jpg

倒れているのは弟子の阿難尊者です。
お釈迦さまの身のまわりの世話をして、
いつも側で法話を聞いていました。


倒れているのは、別れの事実から目を背け悲しみから逃げている
姿を表しています。
他の弟子が目を覚ますようにを掛けていますね。
「あなたも仲間ですよ 起きなさい 一緒に悲しみましょう」と
言っているようです。
現実から逃避した阿難尊者は、お釈迦様の1番近くにいながらも
悟りを開く事ができませんでした。

お釈迦様の死後、そばにいた阿難尊者の記憶をもとに多くの
経典が作られました。

阿難尊者の尽力でお釈迦様の教えが経典に残り、
世に広まりました。
 

涅槃図の中にはお釈迦様の教えが凝縮されているのですね★


タイの有名な寺院にある黄金の涅槃仏を見た時は、お釈迦様が
ただリラックスしている様子を表しているのだと思っていました

しかし、涅槃図をよくよく見るとナゼ黄金なのか・・・
それから、亡くなる直前まで(そして死をもって)弟子達に教えを
説いていた事を知りました。

だから、お釈迦様はとってもやさしいお顔をされているのですね

 

拍手

今回のいい寺は・・・
名古屋徳源寺にある涅槃堂です★

寺院の御堂では、地元に根付いた信仰が行われます。


dd0d7f65.jpg

信仰に『垣根』は無いので、色々な方がお参りに来るそうです

徳源寺は名古屋東区の『徳川美術館』の近くにあります。
御堂には『涅槃に旅立つお釈迦様』が祀られています。

ここは散歩コースになったり、子供の遊び場になったり・・・
近所の方の憩いの場のもなっているようです

涅槃とは、仏の浄土(寂静な世界)の事です。

お釈迦様は入滅(亡くなる)して『涅槃』に旅立たれました。

★生身の人間釈迦は死んだけど、仏としての釈迦は『涅槃』で
  生きているので【涅槃に旅立つ】と表現するようです。



2c8ca544.jpg

釈迦涅槃像』です。
涅槃に旅立たれた時のお顔です。
ふくよかなお顔でお参りする方を安心させてくれるようです
お釈迦様のように安らかに旅立てますように・・・
2月15日が、お釈迦様の命日です

067eba0e.jpg

涅槃像の後ろには五百羅漢が祀られています。

a111058a.jpg

色々な大きさの羅漢さんです。
中には女性の羅漢さんもいます。
時が経ってほこりをかぶっていますが、衣の色彩が鮮やかです。

99c7215b.jpg

涅槃像の台座に2人のお弟子さんがいます。
左が阿難(あなん)尊者です。
カッコいい人だったそうです。
お釈迦様に付いて身のまわりの御世話をしました。



9950cfb7.jpg

右が迦葉(かしょう)尊者です。
対照的に年老いてやせこけたお弟子さんです。
この迦葉尊者が、お釈迦様の下で悟りを開いて
跡を継ぎました。
悟る』とは、お釈迦様の心と一体になる事だそうです。



お釈迦様に付いていながら、阿難尊者にはお釈迦様の心が
伝わりませんでした・・・

やせこけた迦葉尊者より艶のある姿の阿難尊者の方が
知的に見えますが・・・

お釈迦様の台座に対照的なお弟子さんが祀られているのは、
人は見かけでは判断できません』と教えてくれているようです。

後に、阿難尊者は迦葉尊者の下で悟りを開いたそうです。

6068b6a2.jpg

境内にはお地蔵さんもいます。
毎年7月24日の『地蔵盆』には多くの参詣者が来ます。

4b5db0e8.jpg

境内には大相撲・名古屋場所九重部屋・宿舎があります。
地蔵盆でちゃんこが振舞われるので、それ目当ての方も
多いようです

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]