忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
春の徳川美術館です♪


これから徳川美術館の周りは、行楽客で賑やかになります。
徳源寺で桐の花→徳川美術館で牡丹の花
→西本、新明亭、川本で昼食→芳光でお土産
これが名古屋の定番日帰りコースとなっています。

DSC_0003.jpg

徳源寺桐の花です。
色をしています。
「女の子が産まれたら桐を植えて、嫁入りの頃に箪笥の材料に…」
と言われるほど桐の成長は早いのです。
切っても根が残っていれば直ぐに芽が出て大木になります。
生命力が強いですね


DSC_0825.jpg

桐の生命力にあやかる意味で紋に採用されたのでしょうか。
桐の紋には、花の房の数の違いで五・三桐、五・七桐の
2種類があります。
醍醐寺の紋には、真ん中が7房で左右が5房の五・七桐です。
実際の桐にはもっと沢山の花が付きますね。


DSC_0011.jpg

徳源寺から徳川美術館は徒歩で5分ほどです
周辺の道も整備されています。


DSC_0021.jpg

徳川園の門を潜ると、見事に咲いた牡丹が目に飛び込んできます。
園内には色々な種類の牡丹が、春を彩るように咲いていました。


DSC_0015.jpg

美術館の他に尾張徳川家の書物を所蔵した蓬左(ほうさ)文庫
があります。
蓬左は、蓬莱の宮(熱田神宮)の左の町の意味で名古屋を
示します。
そこで、名古屋城を蓬左城ともいいます。
和風建築の文庫が牡丹園に合っていますね


DSC_0018.jpg

大きな花ですね 牡丹は『花王』と呼ばれています。
単色の花も良いですが、濃淡のある牡丹は華やかです。
牡丹はシャクヤクを台木に接ぎ木して育てます。
植えた翌年は、花芽を落として2年目に期待すると良いそうです。
夏に休眠するので葉を落とし、秋に肥沃な土を加える・・・
育てるのも大変ですね!!


img-417173347-0001.jpg

徳川美術館では『桃山・江戸文化展』が行われています。
太平の世の優雅な生活や、花鳥図が極彩色豊かに描かれた
作品がありました。
桃山時代にもこのような華やかな暮らしがあったのでしょうか。
ここには、徳川家の歴史が凝縮された文化財や寄贈された
貴重品が多数あります。
時間を掛けてゆっくり見学すると良いですね♪


img-417173406-0001.jpg

桃山時代の女性です。
着物の帯がとてもシンプルなことに驚きました。
江戸時代になって帯が太くなり、現在のような帯になり始めた
そうです。
きっかけは歌舞伎の流行により、女性らしさを強調するため、
太い帯で華やかな結び方が生まれたと言われているそうです!


img-417173427-0001.jpg

室町時代に描かれた紅白の牡丹です。
昔から牡丹は、日本画の題材によく使われていますね。
それだけ魅力のある花なのでしょう!


DSC_0016.jpg

紫の牡丹です。
紫色には、何か不思議な魅力を感じます。

紫は色の位では最高位だそうです。
ローマ皇帝が紫の礼服を使ったのが始まりで「ユダヤの王」と
言われたイエス・キリストはその死に際して紫の衣をまとわされた
そうです。

※カトリック教会では、四旬祭に司祭が紫の帯をまとい、
 受難の日には、イエス像を紫の布で隠します。

日本でも聖徳太子の定めた冠位十二階では、紫は最上位の
大徳の冠の色とされました。

そして紫といえば紫式部ですね。
徳川美術館には、国宝の源氏物語絵巻が収蔵されていて
特別展の折に見ることができます。


京都のイメージカラーも紫です。
Jリーグの京都サンガは「パープル・サンガ」の名称でした。
サンガにはサンスクリット語の『僧』の意味と『山河』の意味があります。

京都は山に囲まれ、桂川、鴨川が市内を流れ、山河の「気」を
頂いている都だそうです。

次は『気』 風水の都について探ってみます♪



拍手

PR
≪  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  ≫
HOME
Comment
>向日葵さん♪
そうですね
バチカンのクリスマスミサでもローマ教皇は白い衣装を着てらしたような気がします…

桃山時代の女性の着物は浴衣かと思ったほどシンプルですね!!
シンプルですが、とても女性らしさが伝わってきますね(^o^)v
chie URL 2008/04/29(Tue)15:43:53 編集
>フォレストマンプクさん
私もブルーは好きですよ♪
歴史の中で紫はなんとなく高貴なイメージがありました。
行事の際、お坊さんも紫色を着ているイメージが強いです!
洋服としてのパープルも綺麗な色だと思いますよ(^o^)

桃山時代の帯がとてもシンプルなので、
浴衣姿かと思いました(^з^)
衣服の流行を探るのも面白いと思います♪
名古屋市博物館の小袖展に行ってみようと思っています!!
chie URL 2008/04/28(Mon)18:21:23 編集
無題
法曹界では紫が最高位と聞いてはいましたが、キリスト教の学校に行っていながら聖衣が紫は知らないことでした
桃山時代の女性の着物はたおやかで美しいですね
向日葵 2008/04/26(Sat)02:23:47 編集
そうなんですね・・
紫色の由来、とっても勉強になりました。
紫色は私の生活の中で縁のない色でした。
私はブルーが好きなんですが、これから紫をチョイスする機会を作ろうって思いましたよ。
桃山時代の女性の帯についても全く知りませんでした。文化ってその時代時代にすごい影響されてて探求すると面白いですよね
勉強になりました。ふ~満腹(笑)
フォレストマンプク 2008/04/22(Tue)14:18:53 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  ≫
HOME
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]