忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
虎渓山・永保寺です♪


DSC_0101.jpg

新緑が眩しい多治見の山間部に虎渓山・永保寺
あります。
山号は夢窓疎石がこの地に築いた草庵に掛けた扁額に
《古渓》と称したことに由来します。



21810094.jpg

現在の《虎渓》は、この地が中国江西省九江の南にある
廬山の虎渓』に酷似していることから付けられました。



DSC_0151.jpg

境内の臥龍池観音堂です。
夢窓疎石は観音堂を建立した後に作庭に取り掛かりました

この地が修行の場となるように、自然の地形や景観を巧みに
利用して築造されています。
夢窓疎石の庭は、京都・天龍寺西芳寺山梨・恵林寺
鎌倉・瑞泉寺など各地にあります



DSC_0194.jpg

観音堂に祀られた聖観世音菩薩坐像です
この観音菩薩は室町初期の作と伝えられています。
観音菩薩のを納めた厨子は、土岐川の流木を寄せ集めて
作ったそうです


DSC_0148.jpg

観音堂の隣に岩肌が見えていました。
この岩・梵音巌の上から落ちる水瀑を《梵音の滝》といいます。

梵音仏の声という意味があります。
岩肌を浸みるように落ちる滝の音が観音菩薩の声となるの
でしょうか


DSC_0197.jpg

観音堂を近くから眺めてみました。
建物は、真言宗の東寺のような力強さは感じませんが
シンプルながらも屋根の四隅が天に突き刺さるように
そり上っていて、特徴的ですね。

禅宗は中国から伝えられた宗派ですから、屋根の反り方が
中国風なのでしょうか。



b4529cf6.jpg

観音堂から修行僧が出てきました。
禅宗では修行僧のことを雲水(うんすい)と呼びます。
《雲が行くが如く水が流れるが如く自然に従って歩んでいく》
のでしょうね!!


DSC_0121.jpg

禅堂です。
雲水が修行と日常の生活を行う場所です。
訪ねたときは修行中だったのでしょうか?
観音堂で読経していた雲水以外、人の気配を感じません
でした。


b8e0df2f.jpg

臥龍池の中ノ島には弁財天が祀られています。
この池と山並みがひとつになって、見渡す限り虎渓山の
境内であるかのように思えました

ここは下界と離れた《仙境の地》という雰囲気ですね
爽やかな空気の中で散策したら、雑多な日常を忘れて
気分が晴れ晴れとしました


DSC_0212.jpg

観音堂の杮葺きの屋根の端が傷んでいました。
最近、アライグマが屋根をかじって悪戯をするそうです。
仙境の地として開いた虎渓山が、今はアライグマの
生息地となっています。



DSC_0137.jpg

池泉回遊式庭園の中心に掛かる《無際橋》です。
観音堂側の彼岸(観音浄土)此岸(私達が住む世界)とを
結ぶ橋です。

この橋の真ん中に屋根が付いています。
ここで交われば、彼岸も此岸も無くなるという事でしょうか。

ここから梵音の滝の音を聞くように耳を澄ませると
自然の声が聞こえてくるような気がしました

見渡す限りの自然と一体になることが《夢際橋》の意味
なのではないでしょうか・・・
『心にしみる自然の声』それが梵音の滝の音なのでしょう。

聞く耳を持ち、相手の気持ちを察する心があれば、
仲たがいすることも、仲間はずれにすることもないですよね!



多治見市にはカトリックの修道院もあります。
次は、多治見修道院に行ってみます




拍手

PR
≪  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  ≫
HOME
Comment
>まめちゃん♪
なんか心が洗われそうでしょーーー!!
多治見は暑さ日本一だけど、この季節とっても気持ちが良かったよん♪
私はキレイなお庭や、あとは建築とかスキだな♪
屋根とか見るのスキかも!!
モダンは建物も大好きだけど、年月が絶ってちょっと朽ちた感じのものもスキだな@@
chie URL 2008/05/14(Wed)15:25:10 編集
>空殻サン♪
こんにちはーー!!
コメントありがとうございます♪♪
お寺巡り楽しいですよねーー!!
写真は上手ではありませんが、面白いなーなんて思ったものを写真に収めたりしています★
どうぞ仲良くしてくださいね(^o^)v
chie URL 2008/05/14(Wed)15:22:28 編集
>向日葵さん
そうです!
このお寺はたまーーーにですが、TVで取り上げられたりもしているようですね!
私は今回が初めてでしたけど(^o^)v
観光寺院とはまた異なる、修行道場らしい厳粛な雰囲気もありました!
境内はというと、自然が豊かで訪れた人の心を和ませる、そんなお寺でしたよ♪
chie URL 2008/05/14(Wed)15:19:51 編集
>yamatoサン♪
夢窓疎石の作ったお寺やお庭は全国に沢山ありますね!
私も《聞く耳を持つ》ということがなかなかできていなかったりします。。。
相手の話をしっかり聞くとともに、相手の心を心の目で見る・・・大事ですね~~!!
chie URL 2008/05/14(Wed)15:16:25 編集
>なおサン♪
新緑のキレイな季節ですよね!!
永保寺は徳源寺と同様に修行道場です。
緑に囲まれたなかで坐禅し、目を閉じたら
何かパワーを得られそうな雰囲気ですね~~♪
chie URL 2008/05/14(Wed)15:13:36 編集
(゚∇゚*)(。。*)フムフム
素敵な庭園のある所だね!!そして新緑綺麗!!
《梵音の滝》聞いてみたいな。。。何か心が浄化されそうだよね。。。
このブログを見ただけでもちょっと行った気分を味わえる。。(*´∀`*)タハー 
いつか行ってみたいな。
まめ 2008/05/13(Tue)22:50:59 編集
はじめまして!
はじめまして、空殻といいます。
僕もお寺が大好きです(^_^)
安らぎに満ちたお写真の数々、感銘しました。
今後も楽しく読ませていただきますね☆
空殻 URL 2008/05/11(Sun)02:11:51 編集
無題
新緑の美しい季節ですね!
この臥龍池と観音堂はTV番組で、境内に一歩踏み込むと世界が変わるんですね
池を渡る橋の上で風、水のながれに自分を置いてみたくなりました
向日葵 2008/05/11(Sun)02:11:38 編集
無題
少し調べてみたんですが、夢窓疎石ってずいぶん偉いお坊さんだったようですね。
激動の時代において、東奔西走し多くのお寺を造っている。まだまだ、知らない偉人がいるもんですねぇ。。。
ほんとに、チエさんには、教わることが多いです^^;
私の場合、そういう意味では、目もとても大事です^^ 
聞く耳はいささか不安なので、耳もかっぽじらなければなりませんがね^^;
yamato 2008/05/11(Sun)01:40:28 編集
新緑綺麗ですね
虎渓山の新緑綺麗ですね。
前に虎渓山行ったのですが、こんなにじっくりとは見てないな〜。
虎渓山は数年前に火事で本堂だったかな焼けてしまったはずです。ここは、この辺では花見の名所だったのですが、それからは火気厳禁になってます。修復したのかな?
なお 2008/05/10(Sat)22:36:22 編集
>フォレさん♪
ありがとうございます♪
聞く耳を持つ
相手の心を察する
・・・なかなか難しいことですね!
でも、人対人、それぞれに心があるのですから、
相手の事を思いやれる心の余裕を持ちたいものですよね(^o^)
chie URL 2008/05/10(Sat)17:04:16 編集
いい事書いてあります!
最後の、「聞く耳を持ち、相手の気持ちを察する心」があれば、仲たがいも仲間はずれもない・・・ホントにその通りですよね。世界の紛争も同じ方程式なんでしょうね。
その心になるのがむしろ難しいのかもですね。
理屈や無いですもんね。
心に、今ある想いって「想ってる事」であって、理屈的に「わかってる事」と違いますしね。
この問題(そう思えるようになれるか)が、本来宗教が為さなければいけない役割なんでしょうね。
フォレ梵天 2008/05/10(Sat)16:20:55 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]