忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
イタリア《革の学校サンタクローチェ教会》です♪


教会は地域のコミュニティの中心的役割を担っています
今、この世界で生きている人々を如何に正しく導くか・・・
宗教の本来の意味は、この部分にあるのでしょうね!



c2a824e6jpeg

イタリア・フィレンツェ中心部から少し南東、アルノ川に近い
サンタクローチェ教会》は、13世紀にフランチェスコ派の
修道士が建てた教会です

昔から教会で使う本・物入れ・靴・袋物など色々な革製品
作っていました。
この修道士達は革工芸の専門家集団として、かなり知られた
存在で、技術も一流だったそうです


ba1b3d3bjpeg

サンタクローチェ教会を訪れると、奥には昔の修道院から
技術と伝統を受け継いだ工房《革の学校》があります。
ここは観光客が自由に見学できる工房と売店になっています



94f9e009jpeg

《革の学校》が出来たきっかけは・・・
第二次世界大戦後、戦争によって残された戦争孤児たち
でした。

教会の中にある工房《革の学校》とは、実はこの戦争孤児
たちに技術を身につけさせ、そして世の中で独り立ちできる
ようにと、戦後間もなく開設された施設でした。



30b43aafjpeg

経営にあたったのは神父さんの他、一般から募集した
革職人たちが先生となって働いていました。
マエストロ》と呼ばれるような優秀な人材ばかりだった
そうです。



b7c19767jpeg

戦後、《少年の町》というものが作られました。
少年たちに一つの自治区を与え、彼ら自身でそこを治めて
いくということにより、健全な社会生活のルールを身に付け
させるといった趣旨のものです。

混乱した戦後社会の中で行き場を無くしたり、非行に
走る戦争孤児たちを救い、健全な成長を助けるための
場として評価され、たくさんの子供が参加しました。

しかし、将来本当の社会の中でどうやって自立させる
べきかという大きな問題が発生しました。



98c83d61jpeg

そこで、修道院が持っている革工芸の技術をもとに、
徒弟学校を作り、子供達に革職人の技術を身につけ
させ、自立させようとしました。

一人前になるのには、4~5年かかりましたが、結果は
大成功でした。

フィレンツェにある有名な革製品会社・グッチ
フェラガモなども、卒業生を採用してくれるようになりました。

中には自分で店を開き、今では立派な経営者になっている
卒業生もいるそうです。



a0fe0d4fjpeg

80年代になると、イタリアでは、手工芸に従事する
職人の世界を大きく変えるような出来事が起こりました。

法律が変わり、若者をほとんど無給に近い形で働かせ、
その代わりに仕事を覚えさせるということが出来なく
なりました。

見習いに給料を払わなければならないのは、採算に
合わないと、徒弟をとる工場が急激に減っていきました。
また一方で、この時代になると、イタリア経済の急激な
発展とともに若者の職人離れが目立ってきます。
技術の継承が難しくまりました。


319196e2jpeg

革の学校》も、経営は教会の手を離れ、徒弟養成工房
から、授業料を取って革工芸全般を教える私立の
革細工技術者養成学校になりました。

地元のイタリア人はほとんどいなくなり、世界中から
生徒が集まってくるようになりました

先生たち、つまり『マエストロ』たちは、毎日せっせと
仕事に励み、作ったものは売店で売る。
バッグ類と革製の箱が主たる製品であり、その製作を
手伝ったり見習ったりするのが授業です。


d60ed3b8jpeg

学校には『マエストロ』=先生がいました。
デザイナーも兼ねているので、型紙も自分で起すそうです。
しかし、デザインのことばかりを考えるのではなく、
部品となる革の性質を知り尽くしていなければ、
いざ組立というときにうまくいかないそうです。
ハンドバッグ一つでも、何十という革や金具の部品を
寄せ集めて作らなければならないからです



85bd829fjpeg

自分たちは職人だから何かを創造する、ひとつの物を
作り上げていくという過程に満足感があるのだ。

だそうです。
決して同じ仕事の繰り返しではないそうです。



3cebbdddjpeg

機械は作業を助けてくれるけれど、機械を全面的に取り入れて
いるような工場は、例えば財布を作るにしてもある人は裁断、
ある人はポケットばかりを担当することになります。
そこで働く若者は、仕事全体を習わないことになります。



6542b78ejpeg

革の質を見分けるのも革職人の大切な仕事です
最近は革製造の技術が進み、良いものと悪いものとの
見分けがとても難しくなったそうです。

革の良し悪しを判断するには、見て、手で触れてみて、
経験で判断する・・・方法はこれしかないでしょうね。


『仕事を覚えるのは難しいよ。
パッシオーネ、つまり熱心にやることが必要なんだ。
熱心に、熱心に、熱心に。』




次はイタリアの職人街を散策したいと思います

拍手

PR
≪  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  ≫
HOME
Comment
なつみさん♪
なつみさんおはようございます^^

こちらこそコメント頂きとっても嬉しいです♡

韓国・釜山シリーズの後はまたフィレンツェの歴史などのシリーズを書こうと思っています♪

フィレンツェは本当に美しい街ですし、ローマ、バチカンも近いのでステイするにはいい街だと思いますよ~!

あんなキレイな街で勉強できるなんて羨ましい!!!

私がローマ、バチカン、フィレンツェを訪れたのもちょうどクリスマスでしたよ^^
チエ URL 2010/12/14(Tue)10:00:32 編集
無題
過去の記事にも関わらず、お返事ありがとうございます♪

私はまだフィレンツェには行ったことがありません。ですが、本当に伝統のある素敵な街なんだろうなと想像しています!

もし、またチエさんが訪れる機会がありましたらブログで紹介してくださると嬉しいです!!
なつみ 2010/12/10(Fri)20:38:58 編集
なつみさん♪
なつみさん 初めまして!
コメントありがとうございます♡

何かに夢中になれるって本当に羨ましいです。

この学校のあるフィレンツェに行かれたことはありますか??
私がこれまでたくさんの場所を訪れましたが、
このフィレンツェはいつか必ず再び訪れたいと思っています!!!

街を空気を感じながらここで学び、いつか夢を叶えてくださいね^^
チエ URL 2010/12/10(Fri)16:25:57 編集
せっちゃん♪
せっちゃん初めまして^^

自分のブランドですか!!!
ステキですね♡

いつかきっと夢が叶いますように人^^
チエ URL 2010/12/10(Fri)16:22:36 編集
無題
こんにちは!記事見させていただきました。
私は本気で将来革職人になりたいと考えています。
こちらで紹介されている皮の学校は前から興味があったのですが、この記事を見てますます行きたくなってしまいました!!
職人の生き方って本当にすばらしいと思います。

思わずコメントしてしまいました、本当にすてきな記事ありがとうございました!
なつみ 2010/12/10(Fri)00:14:57 編集
こんにちは
来年から大学を卒業してこの学校に通います。
一流の革職人になってまた日本でブランドを立ち上げたいと思っています。今はまだ目標でしかありませんが、コメント失礼しましたm(_ _)m
せっちゃん 2010/10/19(Tue)14:36:12 編集
>まめチャン♪
まめちゃんもクリエイティブな仕事をしていたのだから、同じことの繰り返しではなかったと思うよ!!
だって、料理ってさ、おんなじように作ってもまったく同じにつくるのって難しいじゃん。
ほんのちょっとの事で変わってきたりするでしょ。
でもプロの料理人は常に最高の味を作り出さなきゃいけないじゃん♪
食べる人の事を考えて一皿を創りあげるって素敵だよね!!!
イタリアの職人街は絶対行きたかったんだ~~~♪
チエ URL 2008/05/24(Sat)22:25:24 編集
>genサン♪
genサンもイタリアに行かれましたかーー♪
私はイタリアは初めてでしたけど、見るもの全てが美しくて感動してしまいました(≧з≦)♪

他国の文化を学ぶことによって、自国の文化を大切にしなければならないという気持ちになりました。

大きなお寺も小さなお寺も《いい寺》がたくさんあると思います★
自分目線のいい寺になってしまいますが、そんなお寺をひとつひとつ紹介していけたらいいな~と思っています(^o^)v
chie URL 2008/05/20(Tue)23:50:43 編集
>向日葵サン♪
クレモナの町並みをネットで調べてみました
とてもキレイで、イタリアには職人の町がたくさんあるのですね!
私も訪れてみたくなってしまいましたよーー!!!

先日クローズアップ現代で、海外の安い製品に押されて、職人の技術を伝承する人が減っているというのを見ました。
その中でイタリアの職人の制度を学んで、日本の力をもう一度世界に向けて羽ばたかせようとするのをやっていました。
フェラーリの車体をデザインしていた日本人がいたのですが…
日本の片田舎の工房で匠の技術を駆使して車を作り出し、海外のモーターショーで絶賛されていました。
その工房の人たちにとって大きな自信となり、世界市場へ優れた技術を発信していくようになりました。
まだ日本にもそのような匠たちがいるのですね。
伝統的なものだけでなく、新しい形で後世に伝えていくことも大切ですよね!


私もそのとき歴史が動いたで岡倉天心を見ました~~~♪
chie URL 2008/05/20(Tue)23:43:01 編集
>たろーサン♪
サンタクローチェ♪
最高でしょう!!!
革の聖地ですよwwwwww!!!
革製品大好きなので興奮してしまいました(≧з≦)!!
ベッキオ橋の上に沢山あった工房も悪臭や騒音で郊外に引っ越さざるを得なくなたそうです。。。
フィレンツェの職人街には今でも小さな工房が沢山あって見ているだけで楽しかったです♪♪
chie URL 2008/05/20(Tue)23:39:54 編集
>yamatoサン♪
yamatoサンも匠じゃないですかーーーー!!
例の《書》(*^o^*)!!!
達筆というか書道家かと思いました(笑)
yamatoサンのお仕事にもとーっても興味がありますよん♪♪
chie URL 2008/05/20(Tue)23:36:54 編集
>なおサン♪
なおサンは技術屋さんとおっしゃっていましたね!
私もものづくりに携わっているので、なんとなくわかりますよ!!
しかも世界にうちだけのものを作っています。
モノを一から作りだすのって本当に難しいことですよね!
いつも技術屋サンには頭の下がる思いです。。。
私も相手も妥協はしたくない、納得のいくものが出来上がるまで、市場には出したくないですもんね♪
chie URL 2008/05/20(Tue)23:33:54 編集
>フォレストロさん♪
そうです!
日本のお寺も地域密着型でないと、存在が薄れていくような気がしますねー特に若い世代からは!
私も京都など有名寺院のお庭やステキな建築などに心惹かれますが、近所のお寺に行くという事はあまりありません。。。
お盆にお墓参りに行くくらいでしょうか(。。)

フォレストロさん!マエストロって素晴らしいでしょう!!
イタリアに行ったらバチカン、そしてフィレンツェの職人街を訪れるというのがこの旅の目的でしたもん♪
もちろんショッピングの時間も確保しましたが(笑)!!
女子にはたまらん街でした(笑)!!

フィレンツェの革の学校を訪れて、ここには色々な歴史があるのだな!と心が躍りました♪
最近は職人が少なくなってきているとはいえ、やはり職人サンが手作りで心を込めて作った革のバッグは本当に使い心地がいいです!
とてもやわらかい革で肌になじむ感じがとても不思議です(^o^)

苦の境地から努力と真心で培ってきたものは、既製品には到底叶わない美しさがあるのですね!

使う人の事を想いひとつひとつの作品(製品ではなくて作品なのだと思います♪)を仕上げる・・・私達も使ってくださる人の事を思いながら製品作りをしなければなりませんね!

いい記事だなんて、ありがとうございます!!
私もフォレ様を始め皆さんからのコメントから学ぶ事が多いです(笑)!!
人生、逆風の時にこそ知恵を絞って一生懸命に頑張んなきゃいけないんですね。それが、後の財産になる…おっしゃる通りですね!!
ありがとうございます♪
chie URL 2008/05/20(Tue)18:02:38 編集
感動した!!
自分たちは職人だから何かを創造する、ひとつの物を
作り上げていくという過程に満足感がある

決して同じ仕事の繰り返しではない

↑感動したよ。。。σ(・д・*)私、調理師してる頃は同じ事の繰り返しな気がしてた。。でもそうではなかった気がする。入り込みすぎて見えなくなってたのかもね。

素敵だな。。。すごいな。。。

日本の伝統工芸も後継者離れが問題視されてるよね。古き良き時代の物や考え方。受け継いでいきたいよね。
こんな背景があったなんで知らなかった。イタリアのまた別の一面を見た気がした。
ありがとう、チエちゃ
まめ 2008/05/20(Tue)16:16:09 編集
無題
イタリアいいですね。
数年前に旅行に行きましたが、革製品はすばらしいと思いました。
文化を持ち続けるすばらしさを痛感しました。
看脚下ですね。
とても楽しみに拝見させていただいております。
これからも色々なお寺さん等をご紹介下さい。
gen 2008/05/19(Mon)22:59:39 編集
無題
革の学校!
こんなものがあるのですか?
いつも思います日本も世界に誇るすばらしい伝統工芸や下町の小さな技術屋さん、個人の努力で繋がっていますけど、消えてしまった物の多さに外国のマエストロ制度をうらやましいと。
先日TVで岡倉天心が、明治政府の西洋主義に意を唱え日本の芸術、文化(歴史を含め)は西洋に劣らず素晴らしいものと保存活動に、朽ち果て焼却されていた仏像を復元してその技術が今の学術院の基礎となっているそうです。
鹿鳴館華やかな頃のこと、茨城の五浦(いづら)海岸に、横山大観、下村観山らと拠点を置き伝統を繋いで・・・
故郷に近く何度か行きました、六角堂「亜細亜はひとつなり」の碑があり、きっとチエさんには面白いと思いますhttp://burari2161.fc2web.com/okakuratensin.htm
クレモナのバイオリン工房もいつか訪ねたいと、あのFフォールはクレモナを流れる川から来ているとか・・あ~ぁ長くなっちゃった m(_ _)m次回を楽しみにしてまーす
向日葵 2008/05/17(Sat)12:08:02 編集
無題
サンタクローチェ!
革の聖地ですね!革好き好きな僕には最高の記事でございます!
最近は環境汚染問題で大変みたいですねー。タンナーも。
革の学校、ぜひ見てみたいなぁ。
たろー URL 2008/05/17(Sat)11:37:50 編集
最高です!
サンタクローチェ!
たろー URL 2008/05/17(Sat)11:34:38 編集
無題
私も、こういう職人技を持ちたいものですねぇ。
自己流ではない、マエストロたちの踏襲した技には、何百年という歴史の英知が刻み込まれていますからね。
いい話ありがとう^^
yamato 2008/05/17(Sat)00:41:17 編集
職人
物を作ると言う喜びって良い物ですよ。私も技術屋なので解る気がします。常に自分を厳しく律し、自分の満足する仕事をする。それを成し遂げることで喜びで充実した人生を送る。シンプルだと思いません。今の日本ではこういう生き方ってなかなか難しいのかな〜。もっと簡単に大金を得ている人居ますものね〜。払った努力の分だけ報酬を得る。努力した者が報われるそんな当たり前のことが実現できないのですよね〜。
なお 2008/05/16(Fri)22:41:27 編集
無題
「自分たちは職人だから何かを創造する、ひとつの物を作り上げていくという過程に満足感があるのだ。」決して同じ仕事の繰り返しではない・・・
ホントに一流の職人の言葉なんだろうと思います。イタリアの1流ブランド革製品には興味ありませんが、この言葉にはグッときました。よく調べましたね!!
イタリアの1流職人のあり方やルーツを初めて知りましたが、戦後のそういう状況の中から職人も生まれ、そして、職人達によってブランドが高まっていったんですね。
苦衷の最中に取り組んだ事が後の財産になるって事でしょうか。そんなイタリアの職人と関わる会社の発展は、安逸に生きないで様々な事に挑戦して生きる苦労の中にこそ、将来の希望が見出せるという事を教えてくれていて、とてもいい記事でした。
「苦」の中から始まった事も、結果として後にそれが「楽」になるんでしょうね。
人生、逆風の時にこそ知恵を絞って一生懸命に頑張んなきゃいけないんですね。それが、後の財産になる!勇気がわいてきます。

あと、教会が地域のコミュミニティーの中核になっていたというとこも、納得させられました。発展する文化や宗教は「地域密着」なんでしょうね。地域の人間の中に根づいてこそなんでしょう。今日も勉強になりました
フォレストロ 2008/05/16(Fri)15:15:20 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]