忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
イタリア グッチ家《家族の支え》です♪


700.jpg

GUCCIはイタリアの老舗高級ブランドです
海外セレブはもちろん、日本でも多くの方から愛されていますね。




6a55792d.jpg

グッチの創設者グッチオ・グッチは1922年にフィレンツェ
革製品の店を開きました
当時の革製品は馬のサドルが中心でしたが、革製旅行用鞄を
一流職人に作らせるようになると、フィレンツェを訪れた旅行者
の心をつかみ評判になったそうです



c1cc9c2a.jpg

グッチを世界的ブランドに築き上げたのは、二人の息子アルド
ルドルフォでした。

アルドはGUCCIの二つの(グッチオ・グッチのイニシャル)を
かたどったマークを考え、ブランドの付加価値を高めることに
努めました。

ルドルフォは映画俳優になることを夢見ていましたが、挫折して
しまい、父の救いの手で家業を手伝うことになりました。
そこで、俳優時代の伝を頼って、オードリー・ヘップバーン
ソフィア・ローレンに頼んで顧客になってもらいGUCCIの名を
高めました。




gucci.jpg

当初は順調に業績を伸ばしていきましたが、同族経営の中で
考え方の違いや、優劣の関係でお互いに足を引っ張るように
なり、経営権はグッチ家のもとから離れていきました

会社が小さいうちは助け合うことが出来ても、大きくなると
助け合い支えあうことが難しいのでしょうか。
いつの時代でもそのような話がありますね。

ルドルフォは妻に殺され、アルドは息子に裏切られ一族はどん底に
落ちてしまいました。
その中で一筋の光明がさしました
アルドのもう一人の息子ロベルトとその家族がグッチ家を再興しようと
新しいブランド「Hause of Florence ハウス・オブ・フローレンス」を
立ち上げたのです。




192bd5d9.jpg

ロベルトにも苦悩がありました。
兄弟の裏切りもありましたが、自分たちが作る製品にグッチの名が
使えない
ということでした

そんな失意のロベルトを支えたのが彼の家族でした。
若い息子たちは新しいブランドを立ち上げて、もう一度父ロベルトと
共にグッチ家の再興を願ったのです
その姿がNHKスペシャル「家族の肖像・失われたブランド」で
取り上げられていました。




fbc97d31.jpg

ロベルトを支える家族の中で長女だけがシスターの道に入る
場面が印象的でした。
兄弟からは、「何故一人だけ家族から離れて違う道に行くのか」
と非難を受けていました。

しかし番組の最後にロベルトが娘のいる修道院を訪ねて
娘の懐に抱かれて神に祈る場面で彼女の思いを理解しました。

父を温かく抱きしめる娘。
グッチ家の再興は弟達に任せて、彼女は家族の心の支
なるためにシスターの道を選んだのでしょう

南山大学の司祭も物質的な豊かさの中で、心が疲弊している
現代社会において宗教者のなす役割について述べていました。

多治見修道院のマリア様のように私たちを全身で受け入れて
くれる存在、心のよりどころとなる家族や信仰が必要なのでしょう。



83f9c093.jpg

ローマで出逢ったシスターマリアです
クリスマスイブにバチカン市国サンピエトロ大聖堂
ローマ法王により執り行われる《クリスマスミサ》に
参加したいと思い、色々と調べました

クリスマスミサに参加するには、整理券が必要だという
事は分かったのですが、肝心の管理事務所が見つからず
色々なところへ国際電話をかけました

あるイタリア人の方が電話で事務局の連絡先を教えて
くれました。
巻き舌の英語だったので聞き取るの難しかったです

教わった番号に電話をかけるとシスターマリアが出て、
興奮したのと同時にほっとしたのを覚えています。

詳細をメールで頂き、そこには
「楽しくて、実りの多い旅になりますように!」
そして見ず知らずの私に向かって
「あなたの幸せを祈っていますよ」と書かれていました。

ローマに着き、地図を片手に教わった住所を見つけ彼女に
会えたときは大げさかもしれませんが、感激してしまいました。
「日本からよく一人できましたね。あなたを待っていましたよ!」
と素敵な笑顔で私を迎え、ハグをしてくれたからです

人の温かみってこういうものなのだなと感じることが出来ました。



次は「信仰する人々」について大阪の街に行ってみます



※日本にも宗教の道で生きる事を貫いた女性がいます。
  いい寺《道を貫くこと》はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/75/

拍手

PR
≪  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  ≫
HOME
Comment
深イイ話
本当に深くて良い話ですね!
家族を取り巻く栄光と挫折の中で
バラバラにならずに父を助ける家族の愛情
これが本物の絆というものですね。
9・11で励ましながら抱き合う人々の姿と
懐に父を抱いて心の支えとなった長女が
重なって見えます。

シスターマリアのお導きでバチカンの
クリスマスミサに参列しとのですね。
彼女の笑顔も深イイです(^^)
ゆう 2009/04/20(Mon)23:36:51 編集
まめチャン♪
グッチから学ぶ事があるとはね~~
私も驚いたさっ♪
でも自分が訪れた街で創業って事を知って、
勉強してみました~
シスターあったかそうな顔してるでしょーー???♪♪
グッチは靴がスキよん★
やっぱり靴大好きだな(笑)!!
新作の白いボストン可愛いよねっ(^p^*)

チエ URL 2008/05/28(Wed)12:44:47 編集
>hiroサン♪
尾張地方では、家族の中から宗教の道に入る人が一人でもいると、一族は栄えるといういわれがあり、昔から仏門に入る人がいました。
今回のGUCCIの話を知ってその意味がなんとなく分かりました。

いい寺《道を貫くこと》でも書きましたが、家族のためだけではなく、訪れる人みなに同じように温かい心で接してくれる尼僧の方がいました。
そのような心が大切なのでしょうね♪

こちらこそ、hiroサン★いつもありがとうございます!!
chie URL 2008/05/22(Thu)23:10:04 編集
>フォレッチさん♪
神がいて、それに仕える人々がいて宗教は成り立っているのでしょう。
神の存在も大切ですが、近くの《人の温もり》も必要ですよね。
人の温もりを肌で感じる事ができたときに人は幸せを感じるのではないでしょうか!!

とても素敵な笑顔で迎えてくれたので、写真を撮らせてもらいました♪
やさしさがにじみ出ているでしょう??

お寺めぐりをする中で、キリスト教にも興味を持ち、キリスト教の国イタリア、バチカンを訪れました。
思いがけず人の温かみに触れ、たくさんの人の心を動かす宗教には何か輝く魅力があるのだろうと思いました。
キリスト教も仏教もそれぞれ学ぶべき教えがあると思います。
ひとつひとつ探っていけたらいいなと思っています♪
chie URL 2008/05/22(Thu)22:49:43 編集
一蓮托生
グッチ家に歴史に残るこんなドラマがあったことを初めて知りました。
何度も読みましたが、切なくも心温まるお話ですね。
結果のいかんにかかわらず、大切なのは運命をともに共有するプロセスかな~。

シスターマリアの博愛精神が、年輪を重ねた笑顔に表れていて素敵で~す。\(@@)/
チエちゃん、運命の出会いでしたね。

9年前、トレビの泉・コロッセオ・システィーナ礼拝堂・バチカン美術館・ベネチアグラス工房を訪れましたが、一夜漬けでイタリアに飛んだことを反省~(笑)。
次回は、こちらで日本や外国の歴史・文化・宗教を学んでから外国を訪れたいと思います。

チエちゃん、いつもありがとう~ハグ~★
hiro 2008/05/21(Wed)10:26:58 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]