忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大阪の信仰の中心地四天王寺》です。

四天王寺は聖徳太子によって建立された寺院です。
飛鳥時代に建立した寺院で《太子の寺》として代々権力者が
帰依してきました。

大阪の中心にあるため度々戦火に見舞われて焼失して
しまいましたが、その度に直ぐに再建されました
度重なる災難に遭いながら、多くの信仰を集めたことが
うかがえますね

江戸時代に焼失した折には、幕府の力を借りずに大阪町人の
財を集めて再建されました。
そのことから大阪庶民の寺大阪の仏壇》といわれています。



b6ad836f.jpg

四天王寺は三門、五重塔、金堂が一直線に配置され、
周りを回廊で囲む飛鳥時代の伽藍形式をしています。

全国には聖徳太子に関係した寺院が沢山ありますが、
聖徳太子が建立した寺院は四天王寺と奈良・法隆寺
2ヶ寺です。
法隆寺は、世界最古の木造建築物として当時の伽藍を
遺しています。
四天王寺は、度重なる焼失と再建を繰り返しながら
当時の伽藍を伝えています。

その歴史の違いから法隆寺は文化財として守られ、
四天王寺は時代に合った形で身近な信仰の場所
なっています。


DSC_1390-1.JPG

伽藍の講堂です。
静かに、そして一心に手を合わせて拝む方がみえました
ここは、歩んだ歴史の違いから、法隆寺のように観光で
訪れる人よりも、家族の幸せや先祖の冥福を願う参詣者が
多いですね


DSC_1364-1.JPG

伽藍中央の金堂です。
堂内には救世観音を中心に四天王が祀られていました。
ここで塔婆(とうば)による祖先供養が行われます
四天王寺の僧侶が、戒名を唱え先祖のご供養をしていました。



DSC_1368-1.JPG

ここでも信者さんが、一心に手を合わせてお参りしていました。
皆さんの思いが先祖に伝わると良いですね

塔婆の語源は、インドのサンスクリット語で「ストゥーパ」です。
ストゥーパは、お釈迦様のお墓で《仏舎利塔》とも言います。
ストゥーパには「積み重ねる」という意味もあります。
この塔婆に戒名を書いて追善供養を積み重ねて亡き人の
冥福を祈ります。
※《仏舎利》とはお釈迦様の遺骨のことです。



DSC_1361-1.JPG

五重塔です。
最初の建立から八代目の塔です。

お釈迦様は《私ではなく、私の教えを信じなさい》と言って
亡くなりました
それから500年間、お釈迦様の姿を形で表す事はありませんでした。
その代わりに《仏舎利塔》や仏足跡蓮の花でお釈迦様の
存在を感じ、信仰の支えや心のよりどころとしました。

そして仏舎利塔は、中国から日本に伝わり五重塔などの
塔になったそうです




0169dc09.jpeg

塔の中は螺旋階段になっていて最上階まで上れます。
壁には塔の形をした位牌が祀られていました。
木造と鉄骨の建物の違いは、外観からでは分りませんが
内部は全く違いますね!



DSC_1377-1.JPG

最上階に仏舎利が祀られていました。
聖徳太子が創建したときには、塔の礎石心柱の中に
仏舎利六粒自らの髻髪(きっぱつ)六毛を納めたそうです。

仏舎利は紀元前2世紀、阿育王(アショカ王)が仏教を世界的
宗教にするため、王舎城大宝塔から仏舎利を八万四千
分けて各地に派遣された僧が仏教伝播とともに広めました。

日本では東京・浅草寺名古屋・日泰寺などにも仏舎利が
祀られています




9227ff19.jpg

亀井堂の井戸です。
この井戸は聖徳太子の時代からあるそうです。
金堂の基壇下の青龍池より引いた清水が亀の口から出ています。
金堂で供養した塔婆をここに持ってきます。
塔婆をこの水で清めてこの世の垢』を流しているようでした。



DSC_1302.jpg

水供養により亡き人が清められて安楽往生するのでしょう
亀の甲の水盤の中に入れた塔婆は直ぐに浮いてきます
それを見て家族は「ああ、これで浮かばれた」と思うそうです。



5ee4df52.jpg

ロウソクの灯りが幻想的でした
闇路を照らす灯明で、道に迷わない様にとの願いでしょうか…



DSC_1307-1.JPG

亀井戸の本尊・地蔵菩薩は私たちが困っているときや、
亡き人が迷っているときに救いの手をさしのべる仏様です。


DSC_1306-1.JPG

ここでは、女性職員が一生懸命に塔婆の供養をしていました。
地蔵菩薩に代わって、この役を務めているようですね。

寺院にお参りするときは、自分の事よりも先ず先祖の供養や
亡き人の安楽往生を願いますね。
それが仏教の良いところで、相手を敬う気持ちが自然に
芽生えてきますね



四天王寺の散策は続きます


※浅草寺《仏舎利塔》についてはコチラ↓
 いい寺「浅草寺①」
 e-tera.net/Entry/6/

拍手

PR
≪  124  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  ≫
HOME
Comment
まめちゃん♪
グッと来ましたーーーー??(´^ิ ౪ ^ิ)モフ♡
観光寺とは違う庶民の寺ってのもいいでしょ!
先祖供養の塔婆が水に浮かんできたら「浮かばれた!」って思うのって面白いというか興味深いよね!
まめチャンのおばシスターズのお墓参り!!
家族で行けてみなさん嬉しそうだったね!!
家族ってイイよね~~♪
お盆にはお墓参り家族でしてるんだけど、今年は難しそうだな(><)
チエ URL 2008/05/28(Wed)12:49:46 編集
四天王寺
大阪に住んでいたのに。。。。( ▽|||)サー行った事ないな。

なんか、いいね、庶民の寺!!
寺院にお参りするときは、自分の事よりも先ず先祖の供養や
亡き人の安楽往生を願いますね。
それが仏教の良いところで、相手を敬う気持ちが自然に
芽生えてきますね
↑これ、、、グッときました。相手を敬う気持ち。。。今の時代に忘れかけられてる所かなって思う。
ここに来て、立ち止まって思い返せる時間がもてた、この記事に感謝♡
まめ 2008/05/25(Sun)23:00:27 編集
>向日葵サン♪
《額縁職人》のところで他の方へのリコメで書かせて頂きましたが、
四天王寺を訪れた時、軽トラで土を運ぶ職人さんを見かけました。
百済より渡来して四天王寺と法隆寺を建立した宮大工の集団・金剛組があるのですねーー!!

四天王寺が幾度かの焼失の難を乗り越えて現在に伝わるのも金剛組のお陰かもしれませんよね!!

世界最古の企業でしたが、最近倒産して職人は新・金剛組に移り、宮大工の原点に戻りましたが、技術は受け継がれているそうですね。

四天王寺…(3)まで続いてしまいます~~m(_ _)m
チエ URL 2008/05/25(Sun)01:16:16 編集
>hiroサン♪
四天王寺…庶民のお寺でいいですよね~~♪

ご家族は日蓮の信徒さんなのですね(^o^)b
ご先祖様がいたから今の自分がいるのでしょうね!!
私の父も家族が旅行に行く前など、何かある前には先祖に向かってお願いしていますね~~「お守りください~」なんてね☆

亀井堂の井戸では一番下の写真の女性が塔婆の供養をしているところを見せてくださいました♪
とってもスピリチュアルな空間でしたよ!

放浪も楽しまれたようでよかったですね♪
私も旅雑誌を見ての《妄想旅行》…行った気分になれるのでスキですよ(笑)!!
チエ URL 2008/05/25(Sun)01:06:14 編集
>yamatoサン♪
大陸産と純国産!!
おもしろいですね~~~(≧з≦)♪

今は、ビルに囲まれていますが昔は西側の極楽門の近くまで海だったのですね。

彼岸の中日には極楽門の中に見える水平線に日が沈んだそうです@@

その水平線の向こうから韓国や中国の方々が船に乗って文化と一緒に来たのでしょう(^o^)b

その歴史を伝えるのが《四天王寺ワッソ》なのですね♪
興味深いです~~~!!!

大阪の歴史を調べながら街を散策してみたいなーなんて思います♪
チエ URL 2008/05/25(Sun)00:45:02 編集
>なおサン♪
このブログは最近、本当にたくさんのみなさんが読んでくださっているので、私もちょっと張り切っています(笑)
始めた事を遣り通すのって難しいのですが、大切なことですよね~~!!
せっかくの日本の《美しきものたち》ですから、みなさんに知ってもらいたいし、私も勉強したいですもん♪
大人になってからのお勉強も楽しいものですね(笑)…興味のある事なら勉強も苦にならないのかな(笑)!!!
チエ URL 2008/05/24(Sat)23:58:00 編集
無題
世界最古の企業「金剛組」は聖徳太子がこの寺、四天王寺を建立する為に当事百済から棟梁を呼び寄せたのが始まりとされてますね。
創業1426年の企業が始めてたてた、四天王寺!
とても興味深く読ませていただきました
ありがとう!
向日葵 2008/05/24(Sat)23:42:05 編集
放浪の旅
四天王寺!
とっておきの立ち寄りスポットを紹介していただき、チエちゃんありがとう~★

日蓮の信者の祖母や母が「世の中には科学や医学の力で解けないことがたくさんある。ご先祖さんのお陰で今の自分があるのだ」と毎朝、仏壇の前で経を唱え寺院に足を運ぶのを怠りません。
チエちゃんの言ってることと似てるな~と、何度も読んでる内に四天王寺のホームページにアクセス~。

亀井堂には、聖徳太子が井戸にお姿を映され楊枝で自画像を描かれたという、楊枝の御影が安置されているそうで見てみたいですね。
五重の塔から大好きな海を眺めてみたいな。
「四天王寺ワッソ祭り」にも行こうかな~なんて11月のカレンダーを見てワクワク~。

ワッソから「こしの都千五百年物語」へと。
世阿弥によって作られた謡曲「花筐」から、
上村松園の作品「花筐」~書棚に全集あったゾ!と、素敵な美人画に感動し訳のわからぬ3時間の放浪の旅を終えました。
チエちゃん楽しかったよ~(=^・^=)。
hiro 2008/05/24(Sat)17:54:26 編集
無題
おっしゃる通り、聖徳太子の建てた二つのお寺は、まさに陰と陽ですね。
方や、賑やかな大阪の庶民の寺。方や静けさが似合う世界遺産の古寺。
方や海。方や山に囲まれた盆地。
四天王寺のイメージは、なんとなく大陸産な感じ、法隆寺は純国産。
聖徳太子が2寺を建てた時の心のありようが繁栄しているのかもしれないし、それとも、あなたがいうように、2寺それぞれが経験した変遷によるものなのかもしれませんね。
戦勝記念に建てたといういわれは好きじゃありませんが、現在の大阪では、庶民に愛され大切にされているお寺のようですね。
四天王寺ワッソなるちょっと変わった行事があるのも面白いしねぇ^^
しかし、ここの仏舎利についてはまゆつば気味です^^;
なんとなくですが、法隆寺の仏舎利に近いものがありそうですからね。

いづれにしても、日本書紀にも出てくるらしいこの古いお寺が、何度も焼けては再建され残ってきたのは事実です。
焼けずに残るのもすごいけど、いくら焼けても残ってるのも、またすごいことですよね。

昔は、海がすぐそばにあったらしいですが、五重塔から望んだ海はどんなだったんだろう?なんてもとも気になることのひとつです^^
yamato 2008/05/23(Fri)23:54:28 編集
>フォレシャリさん♪
インドでは挨拶をするときに「ナマステ」と言って手を合わせます。
「ナマス」を音写すると「南無」になります。
「南無」とは《帰依する》という意味です。
《帰依》とは敬い心の拠り所とすることです。
「南無」と手を合わせるという事は、仏様の心と同じになるという事でもあります。

仏様と一体になるという事でいえば…
お不動さんに手を合わせるときは、お不動さんのように強い意志を持ちたいと願うため。
観音様に手を合わせるときは、観音様のように相手を思いやる心を自分自身持つため。
ともいえるのではないでしょうか(^o^)

祈るほどの強い気持ち・・・
そんなキモチで何事にも取り組みたいものですね!!
chie URL 2008/05/22(Thu)22:34:48 編集
四天王寺
四天王寺は行ったことないです。
しかも、建立したのが聖徳太子とは知りませんでした。
勉強になりました。
チエちゃん忙しいのに頑張ってますね。
感服しました。
なお 2008/05/22(Thu)20:32:50 編集
無題
四天王寺って聖徳太子の建立だったんですね!?知りませんでした。
また、何度も消失してそのたびに再建された事も、江戸時代の再建は庶民の浄財で再建されて事もしりませんでした。
よく調べましたね!

信仰って、庶民の渇望するものでなんでしょうね!
つまり、「自分の存在のルーツである先祖を敬う心」。
こういう心は、本来人間に備わった心なんでしょうかね。仏教文化で生きてる私たちには当たり前の感覚になっちゃってますよね。
でも、そういう心が大事なんでしょうが、私は先祖の事もそうですが、自分自身が自分の事に関しても願い・祈る事は大事なことかと思いました。なぜなら、祈るほどの強い気持ちの中に力強く生きる原動力もあるのかと感じました。
フォレシャリ 2008/05/22(Thu)12:11:58 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  124  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]