忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
庶民の寺・四天王寺です♪

ここは聖徳太子が建立した寺院ですが、格式ばった
ところがなく、人々が思い思いにお参りできる雰囲気が
ありました


DSC_1468.jpg

中之門から入る参詣者です。
四天王寺には、南大門、東大門、極楽門、中之門、乾門
とたくさんの入口があります。
それぞれの門に歴史や意味があるのでしょう。
中之門の左の建物は、四天王寺中・高等学校です



DSC_1397.JPG

聖徳太子をお祀りしている六角堂(天王寺のご廟)です。
聖徳太子は四天王寺を建立するにあたって
四箇院の制》を作りました。

四箇院とは次の四院です。
敬田院・・・仏法修行の道場
施薬院・・・病者に薬を施す場所
療病院・・・病気の者を収容し、病気を癒す場所
悲田院・・・身寄りのない者や年老いた者を収容する場所

ここは修行と施しの実践の場として建てられたのですね。



DSC_1323.jpg

中央伽藍の北に六時堂と石舞台がありました。
堂内には薬師如来が祀られています。
手前の石舞台は、日本三大石舞台(住吉神社、厳島神社、
四天王寺)の一つで、聖徳太子の命日には、この舞台で
雅楽が行われます

聖徳太子が四箇院を建てた遺志は、現在、四天王寺学園、
四天王寺病院、四天王寺福祉事業団として受け継がれて
います。
キリスト教の宣教の精神と通じるものがありますね



DSC_1337.JPG

六時堂から僧侶が出てきました。
昼夜6回に亘って諸礼賛のお勤めを行い「六時礼賛堂
と呼ばれています
ここが四天王寺の中心道場となっています。



DSC_1416.JPG

極楽浄土の庭がある五智光院では・・・
大阪歯科大学解剖体慰霊祭が行われていました。
より良い医師・歯科医師になるために、自分の身体を使って
十分に勉強してください。

という願いを込めて無条件・無報酬で献体された方々に
感謝する慰霊祭です

学生は人体解剖学により知識の習得と同時に責任と自覚
持ち、大きな精神的教育を受けるそうです。
ある宗派の管長から医学生に転職した方が、
初めての人体解剖学の授業で、顔と手にメスを入れるのが
辛かった


人体解剖学を境に、同級生の取り組む顔つきが変わった
と述べていました。

献体という崇高な理念の上に医学が存在しているのでしょうね



DSC_1443.jpg

重要文化財の湯屋方丈が、慰霊祭の参詣者の休憩場と
なっていました。
お茶の準備が何気ない心づかいを感じますね。



0f56f062.jpg

湯屋方丈の前庭です。
補陀洛の庭」と名づけられています。
観音菩薩のみえる《補陀洛浄土》をあらわしています

極楽浄土の庭園は、廻りながら教えを学びます
季節の花が咲き乱れるこの庭の美しさから《極楽浄土》へ
往生したような感動があるそうです



DSC_1432.jpg

極楽の池に浮かぶ三石は、阿弥陀三尊を表します。
園内を散策すると阿弥陀三尊に招かれて極楽浄土
到達します。

ここの庭は、池泉回遊式庭園になっていました
夏には、キレイなが咲くそうです



DSC_1421.JPG

釈迦の滝です。
この流れが二手に分かれて瑠璃の池・極楽の池に注がれます。
その二つの流れを、貪りを表す「水の河」怒りを表す「火の河」
といいます。



DSC_1428.jpg

この真ん中の道が極楽の池へと導かれるように続いています。
この道が極楽浄土への道《中道》となります。
貪りも怒りも水に流してあゆみましょう
色々と囚われた物を捨てながらの散策ですね



DSC_1423.JPG

火の河」ではすずめが何も知らずに水浴びをしていました。
すずめには、神も仏も教えも関係ないのでしょうね。
本来、生きる智恵は学ばなくても備わっているものなのでしょうね

世の中がもっと平穏であったら、このスズメのように過ごせるでしょうね
教えを学ばなくても自然に助け合い、分かち合うことができれば
どんなに素晴らしいことでしょう


もうしばらく四天王寺の境内を散策してみます



拍手

PR
≪  123  124  122  121  120  119  118  117  116  115  114  ≫
HOME
Comment
>まめちゃん♪
大人のお勉強部屋!!
そうかもね~~(笑)
学校の勉強とは違う、お寺のHPとはちょっと違うところにもふれてみたりしたいよね!!
大阪のお寺は初めてかもしれないな~
普段京都ばっかり行っちゃうからさ(><)
京都や名古屋だけじゃなく、九州や東北や北陸のお寺も巡ってみたいな~~~♪♪
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:27:13 編集
>向日葵サン♪
人体の不思議展。。。
そんな展覧会があったのですか@@
知りませんでした(。。)
命って本当に尊いものですよね!!
いつか私も命を授かって、人を育てていくという事をしてみたいなー♪
なんて思ったりもします(*^p^*)
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:23:39 編集
>フォレ献体さん♪
学ばなくても備わってる知恵というのは言い回しがちょっと適切じゃなかったかもしれませんね(笑)。。。
本能的に、潜在的に備わっている知恵もあれば、生きていく中で備わっていく。。。
おっしゃる通りです(^o^)
生きていく中で、人との付き合いの中で、相手を思い遣り、自分を高めていく。。。それも大事なことですよね(^o^)v
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:21:48 編集
>なおサン♪
聖徳太子★
秀でた人だとは学校で習いましたが、
病人や身寄りの無い方のために創建するだなんて。。。
素敵な方ですね!!
チエ URL 2008/06/05(Thu)15:05:17 編集
無題
なんか、いいね♪
学校では習わない様な事がここでは教えてもらえるね(●ノ∀`)゚o。大人のお勉強部屋だな(爆)
もうちょっと勉強してればよかったなぁぁ聖徳太子が立てたんだって今知ったよ。ってか忘れてるのかね(´∀`;A
広島にもきっとこんな風にお寺が存在してるんだろうな。。。
ちょっとお散歩したくなってきたよ♪
まめ 2008/05/27(Tue)14:13:02 編集
無題
一昨年になるかしら
人体の不思議展をみました全て献体された方々の実物の人体です
網のように流れる血管は驚くものでした
その精巧な人体を見て、医学生の意識が変わるお話よく解ります
人類がこの世に誕生し、困難な時代や戦国時代を潜り抜け今の私達に繋いできてくれた「尊い命」は先祖の誰がかけてもここに無かった命!奇跡の命ですね
感謝して生きていきたいです
聖徳太子についてもまた色々と知りたくなってきました (^o^)
次回も楽しみにしてます
向日葵 2008/05/24(Sat)23:55:46 編集
無題
解剖に取り組み始めると学生の姿勢が変るという事には納得させられます。
無傷の人間の体にメスを入れるなんてして、尊い使命感が沸いてこない方がおかしいですよね。
献体という尊い志と、それに対して厳粛な気持ちで人間の為の向学心として生かされる。
尊い事だと思いました。

動物に生きる知恵が備わっているっていうのは本当にそうですよね。正確には生きていく中で備わっていってる。
でも、一方で様々な能力を備えた人間はその能力故の蛮行により自分達の生活・安穏・そして環境を破壊するような事になってしまっている事は非常に皮肉な事ですね。
動物もそうなんでしょうが様々な身の回りの出来事を通して生きる知恵を学んでいる部分もあると思います。
私達人間ももっといろんな出来事を通して学ばないといけないと、記事の最後のくだりを読んで感じました。
フォレ献体 2008/05/24(Sat)11:16:01 編集
こんにちは〜
天王寺は元々病人や身寄りのない人のために聖徳太子が創建したのですね〜。今もその考えは受け継がれているのですね。すばらしいことです。
なお 2008/05/24(Sat)09:54:55 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  123  124  122  121  120  119  118  117  116  115  114  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]