忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
和宗本山・四天王寺です♪

四天王寺は聖徳太子によって創建されてから今日まで
太子信仰舎利信仰浄土信仰を大衆教化の柱にしてきました。

四天王寺には平安時代から鎌倉時代に起きた宗派の開祖が
こぞって参籠(一定の期間こもってお祈りする)した事でも有名です。




DSC_1298.jpg

特に最澄がここに借住してから天台宗との関係が深く、
戦後まもなくまでは天台宗に属していました。

現在は「聖徳太子の寺」の原点に戻り、天台宗から独立しています。
そこで、聖徳太子の十七条憲法の第一条
和を以って貴とし、忤(さからう)ことなきを宗とせよ
から《和》の一字をとって『和宗』本山となっています



DSC_1299.jpg

亀井不動です。
聖徳太子が亀井の水を覗かれるとそこには不動明王の御姿
映っていたため、ここに不動尊を祀ったのが起源とされています。
みなさん水をかけてお参りしていました。
台座に付いた深い緑の苔が信仰の深さを感じさせますね



DSC_1392.JPG

境内には、聖徳太子にご縁のある仏様以外にも、四天王寺に
参籠した各宗派の開祖が祀られていました。
和宗とは、日本の仏教の『和』という意味もあるのでしょう。

伽藍内の講堂では、天台宗・最澄、真言宗・空海、時宗・一遍、
融通念仏・良忍、浄土真宗・親鸞、臨済宗・栄西の法要を順番
に行っています。



DSC_1351.jpg

境内では、写生会の人たちが作品について談笑していたり・・・



DSC_1354.jpg

参詣者が弘法大師に向かって般若心経を唱えていました
四天王寺は四国八十八ヶ所の番外です。



DSC_1356.JPG

同行二人」八十八ヶ所の巡礼は弘法大師と一緒に歩む事です。
弘法大師の杖から伸びる紐を通して、それを感じるのでしょう
弘法大師空海はここに借住して、西門で西の海に沈む夕陽を
拝して、西方極楽浄土を観想する(思い浮かべる)日想観》と
呼ばれる修行を行いました



DSC_1385.JPG

四天王寺の西に建つ《極楽の門》です。
この門への参道がメインストリートとなっています。
門の向こうに鳥居が見えました
写真は境内から見た極楽門の裏側ですが、西方浄土を観想する
時には、こちらが入口になり、表側となるのでしょう。

昔はこの近くまで海で、春、秋の彼岸・中日には鳥居の方向の
水平線に太陽が沈みました
彼岸の中日には日想観の法要が行われ、多くの参詣者が
西に向かって手を合わせるそうです



DSC_1386.JPG

西門・石の鳥居の扁額には『釈迦如来転法輪処 当極楽東門中心
と記されていました。
空海の後、最澄が借住してからは天台浄土思想とも結びついて
極楽浄土の東門として四天王寺は浄土信仰の中心となりました。
鳥居も境内に入るときは手前の門ですが、拝むときは奥の門という
ことになりますね。




DSC_1340.JPG

中心伽藍の北に鐘楼があります。
このお堂の鐘は《引導の鐘》といいます

鐘の音は遠く極楽まで響き、彼岸には先祖供養のための
鐘の音が絶えないそうです。
極楽に導く鐘の音は、鳥居の向こうの浄土に響くのでしょうか。
それとも五重塔に祀られた先祖に向けて響くのでしょうか・・・
四方に響きわたる鐘の音は私達の心も含めて、全てに届くの
でしょうね



DSC_1348.jpg

掲示板には聖徳太子の御言葉が書き記してありました。
今の世の中、垣根を作ったり、仲間を区別したりすることが
多いですね。
以前に「勝ち組」「負け組」と線引きする言葉もありました。

賢い愚かは丸い輪に端がないように決められません

人生は勝ったり負けたり、賢かったり愚かなことをして反省したり…
ただ、過去を引きずらずに前向きに歩みたいですね。

今度は、四天王寺の西、茶臼山に行ってみます







拍手

PR
≪  125  123  124  122  121  120  119  118  117  116  115  ≫
HOME
Comment
>フォレ太子さん♪
仕事をする上でも、プライベートでの人との付き合いにしても言えることですが、
「もっとああしておけば良かった」
「こうやって伝えていればこんな事にはならなかったのにな」
なんてマイナスな反省をしてしまう事も多いです。
ですが、そんな反省を糧にして成長していけたらいいですよね♪
また、今の現状に満足せずに
「もっとこうなりたい!」という強い気持ちを持つことも大事ですよね(^o^)b
チエ URL 2008/06/14(Sat)13:31:58 編集
>yamatoサン♪
しびは字によって魚の尾も表すそうです。
四天王寺は火災に何度もあって、再建を繰り返していますから、魚=水でおまじない的に東西の門にもしびが屋根に飾ってあるのでしょうね~
あまり詳しくないので、すみませんm(。。)m
チエ URL 2008/06/05(Thu)10:31:19 編集
無題
人生は勝ったり負けたり、賢かったり愚かなことをして反省したり…
ただ、過去を引きずらずに前向きに歩みたいですね。

↑いつも、含蓄のある言葉で結ばれていて感心させられます。
人生は勝っても、それに奢って負けの因を作ってしまったり、負けてもそれを糧に次の勝利の因を作っていたり、一時期の状況では決して図れないものですよね。
でも、人は多くがその今の一時に翻弄されてたりしますし、面白いものですよね!
でも、過去をいい方向に生かしていくっていう記事にあった言葉が、一番、賢明な生き方なんでしょうね。

今日も、いい勉強をさせていただきました。
ありがとうございまいた。
フォレ太子 2008/06/02(Mon)23:15:43 編集
無題
チエさんの四天王寺の画像を拝見すると、金堂や鐘楼、極楽門に鴎尾(しび)が見えますよね。
奈良時代以前にはよく見られた形らしいですが、あれも、浄土信仰の象徴らしいですよ。
東大寺や唐招提寺にある鴎尾は、正確に東西を指し示していると言われています。(ちなみに、法隆寺には鴎尾はありません)
おそらく、四天王寺金堂の鴎尾もそうだと思いますが、不思議なのは、東西の門まで鴎尾がついていることです。
そうなったのは、何か理由があるんでしょうかね?
それに、どうしてカモメのしっぽなんでしょうねぇ?
yamato 2008/05/29(Thu)00:23:13 編集
>まめちゃん♪
門から見る鳥居いいでしょーーー!!
私もこの眺めお気に入りなんだ~
昔は門の向こうが海になっていて、鳥居のところに夕日が沈むのが見えたんだってさ!!
スピリチュアルな感じがプンプンしません~??
大阪で買い物も楽しいよね~
たこやきは外せないッ(≧∀≦)♪

弘法大師が持ってる杖から伸びてる紐を握ると、弘法大師サマと一緒~~♪ってことになれるんだってさ@@!!
チエ URL 2008/05/28(Wed)13:13:31 編集
無題
四天王寺って四国八十八ヶ所の番外なんだね~。
門の向こうに鳥居が見えるショットがお気に入りだ!(´^ิ ౪ ^ิ)モフ♡大阪。。。行きたくなったな。。。
買い物もいいけど、お寺もいいね!
まめ 2008/05/27(Tue)14:10:19 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  125  123  124  122  121  120  119  118  117  116  115  ≫
HOME
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]