忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
徳川家と真田幸村です。


DSC_1561.JPG

今は市民の憩いの場として整備された茶臼山周辺♪
のどかな風景で、ここが合戦の舞台だったとは
思えませんね



DSC_1566.jpg

茶臼山も深い樹木に覆われて、当時を偲ぶものは掲示板と
六問銭》(ろくもんせん)の旗があるだけでした



DSC_1568.jpg

《六問銭》は真田家の家紋です。
この六問銭、徳川家康・秀忠親子は痛い目にあいましたね。

関ヶ原の合戦では、徳川秀忠が信州上田で真田昌幸・幸村
親子の作戦で足止めされ、徳川家本隊が合戦に遅延して
しまいました

関ヶ原の合戦は、徳川家康を討とうと石田三成が豊臣家の
家臣に号令を掛けたのが始まりでした。
しかし、人望が無かったのか、徳川方につく家臣も多かった
ですね。
徳川家康はこの戦に勝って豊臣家を追い詰めようと考えた
のでしょうが、徳川家本隊の遅延により西軍・石田三成対
東軍・反石田三成の豊臣家家臣の内輪もの形になって
しまいました。

徳川秀忠は、父家康にそうとうお灸を据えられたそうです



DSC_1286.JPG

そこで、大阪冬・夏の陣で徳川秀忠は、関ヶ原の合戦
徳川家康が本陣をかまえた大垣市・岡山と同じ地名の
場所を探し出しました
現在の生野区・岡山古墳を本陣としたのです。
「今度こそ名誉挽回!」という気持ちの表れでしょうね。


DSC_1262.jpg

地元の銘菓《御勝山》です。
大阪夏の陣で勝利した後、岡山(おかやま)は徳川秀忠の
命で、《御勝山(おかちやま)》と地名が変わりました。

現在この地域は生野区勝山町になっています。
大垣市の岡山も徳川家康によって「御勝山」と地名が
変わりました。


DSC_1667.jpg

大阪夏の陣の徳川家康です。
古文書を調べると茶臼山も「御勝山」と記されています。
冬の陣では徳川家康の本陣となった茶臼山は、夏の陣では
真田幸村の陣となりました。



DSC_1567.jpg

真田幸村は冬の陣では大阪城の南側に攻撃の拠点となる
真田丸を築いて徳川方を打ち負かしました

夏の陣では、大阪城の堀が埋められて防御力が
無くなったので城を出て茶臼山に陣をかまえました。



DSC_1653.jpg

勇猛果敢に敵を攻める真田隊。
ただ、豊臣家の存続を願い・・・



029.jpg

六問銭》は本来、亡き人の三途の川の渡り賃です。
三途の川の渡り口に「脱衣婆さん」がいて白装束以外の
すべてを奪ってしまいます。

その代わりに《六問銭》だけは持たせてくれるそうです
「地獄の沙汰も金しだい」と言われますが、余分なものを
捨てた証にもなりますね。

真田家の《六問銭》は、地位や領土の欲を捨てて戦い抜く
意気込みを表しているのでしょう



DSC_1663.jpg

大阪夏の陣でも真田幸村は活躍しました。
数的に劣勢だった真田隊でしたが、《六問銭》の旗のもと、
高い戦意と捨て身の攻撃で徳川家康を三度追い詰めました。

あと一歩というところで討ち死にしてしまいましたが、
十字軍の十字架のように《六問銭》が真田幸村と真田隊に
力を与えたのでしょう

自分の身を捨ててでも守ろうとするものがあったとき…
人は想像以上の力を発揮しますね




次は、自分の命と引き換えに、家を守った《細川ガラシャ》に
ついてです。






拍手

PR
≪  128  127  126  125  123  124  122  121  120  119  118  ≫
HOME
Comment
>まめちゃん♪
守るべきものがあると人ってホント強くなれるよね!
大切な人がいると心が穏やかになるよね!
幸せになろーね(^o^)b
チエ URL 2008/06/14(Sat)13:07:19 編集
無題
自分の身を捨ててでも守ろうとするものがあったとき…
人は想像以上の力を発揮しますね

↑分かる気がする。
一匹狼の強さと、守るべきものがある人の強さは全然違うと思うんだよね。

守るべきものがあるとホント人は強くなれるよね。。。
(´∀`;A アセアセ 歴史に触れてないこのコメント。。
豆家||・ω・`)チラッ ごめんよ(爆)
まめ 2008/06/10(Tue)09:36:50 編集
>なおサン♪
なおさん☆歴史小説がお好きですか~???

非情な面を持つ徳川家康ですから、秀忠の遅延も、戦略と取られるのかもしれませんね。

太平洋戦争の時も、開戦時にハワイでアメリカ軍が負けたのは、日本を悪者にして、本国の士気を高めるためだったという話もありますね!!

現代は平和ですね~
平和すぎて、過去の悲しい歴史を知らない世代が増えているかもしれませんよね!
高校の修学旅行で原爆ドーム行きましたよ~
チエ URL 2008/06/04(Wed)01:03:29 編集
>フォレ様♪
フォレ様~~共感してくれてありがとうございます!!
そして《ポチ》まで(笑)!!
傑作ボタンが無いので…お気持ちだけ(笑)

愛する人のためなら。。。
家族を守るためなら。。。
何だって出来る…そんな人ってステキですよね♪

あんまり関係ナイですね(笑)
チエ URL 2008/06/04(Wed)00:58:45 編集
>YAMATOサン♪
長く続いた戦乱の世ですから、皆天下人になる事よりも、平和な世の中を望んでいたかもしれませんね。。。
徳川方についた大名の中には、《天下太平》を願った武将も多かったのではないでしょうか♪

三成は官僚タイプ(笑)
YAMATOサンの見方面白いですね~~!!!
チエ URL 2008/06/04(Wed)00:53:52 編集
>takaサン♪
タカさんこんにちはーーー!!!
真田幸村があと一歩のところで負けたから、私達の幸村に対する思いが増すのかもしれませんよね~@@

なんとなく、負けている方を応援したくなる、判官びいきのような考えが私達の心のどこかにあるのかもしれませんよね(^皿^)
チエ URL 2008/06/04(Wed)00:49:54 編集
>向日葵サン♪
真田家が兄弟で分かれてしまった事は、色々と解釈がありますよね~!!

関が原の合戦後も真田幸村が死罪を免れたのは、兄が懸命に家康に懇願したからだそうです。
せっかく助けてもらったのに、大阪の陣に向かっていく幸村はさすが武将ですね。。。

そこには「六問銭」を掲げて徳川家康に挑む気持ちしかなかったのでしょうね(^o^)
チエ URL 2008/06/04(Wed)00:46:06 編集
この頃って
この頃の日本って何か儚さ感じます。多くの人の血が流れ、幾多の野望を持った人々が盛衰を繰り返した。これを繰り返せば国が疲弊する家康はそのことを人生の中で悟ったのかもしれませんね。家康は、それで厭離穢土欣求浄土の旗印を揚げ、信長、秀吉の犯した過ちを反面教師としてこれから300有余年の長きにわたる徳川幕府を築いたのでしょうね〜。
関ヶ原から以降の戦い、豊臣家の滅亡までは本当に空しさも漂う戦いですね。
真田は結局兄弟で徳川と豊臣に別れ、家を残した戦略ですね。
家忠の遅参も実は家康の徳川家存続を期し立てた戦略ではないでしょうか?関ヶ原は諸大名を試し、たとえ負けたとしても徳川本体を温存し、最終的には天下統一を家忠にさせることを考えたのではないでしょうか〜。ははっ、小説に影響されすぎかな。(笑)
なお 2008/06/02(Mon)22:48:09 編集
無題
自分の身を捨ててでも守ろうとするものがあったとき…
人は想像以上の力を発揮しますね

↑最後のこのコメントに共感です!!
若き日に読んだ司馬遼太郎の城塞で、深く感動したのをこの記事は思い起こさせてくれました。
真田幸村の勇猛さ。その源泉となったのは地位や名誉欲を捨てて、「高い志」の生きる美しくも気高い男の生き様でした。
真田家の家紋(旗印)が六問銭で、六問銭にはそんな意味があったとは知りませんでした。

いずれにしても、高邁な理想に生きる男は岩をも砕くような可能性を大きく広げていけるという事を歴史のロマンとともに思い起こさせてくれました。
ありがとうございました。ポチ!!
あっ、ポチはないのか・・!?(笑)
フォレ六問銭 2008/06/02(Mon)21:17:41 編集
無題
夏の陣、戦略的に完全に不利だった幸村が、戦術を以って、家康をあと一歩まで追い詰めることができたのは、その忠誠心と家臣からの信頼の厚さゆえだったのでしょうね。
幸村勢が、あと100人でも多かったら、歴史は変わっていたかもしれないぐらいですからね。
家康は、多くの武将を退けて、天下統一を果たしましたが、これは必ずしも彼が傑出した才能を持っていたからではない気がします。
謙信や、信玄は思い半ばにして病で倒れ、信長は謀反の末の自刃、正宗は時至らず徳川に下るしかなかっし、三成は、もともと官僚タイプ(言うなれば現日本国首相のような人)であり全軍をまとめる武将としての器はなかった。
結果的に、家康が天下を獲ったことで、戦国の世は終わりを告げるわけですが、もし、武勇の優れた幸村や他の武将が家康を討っていたら、平和の時代はもっと後になっていたかもしれませんね。
yamato 2008/06/02(Mon)00:27:26 編集
六問銭
真田の六問銭は有名ですよね。
「地獄の沙汰も金しだい」まさにその死人のような心が、徳川方を打ち負かしたのかもしれませんね。
関ヶ原の合戦・大阪の陣といい、戦国の最後のヒーローかもしれませんね。
真田家がもう少し前から、大名だったら、この合戦も変わっていたかも知れませんね。
taka-9 URL 2008/06/01(Sun)21:44:09 編集
無題
真田家は親子、兄弟で生き方が違い其々の主君に対する思いが日本人の「男の美学」を感じますね
天下をと思うことは無かったのでしょうか
この人を天下人にという思いと,仕えてきた主君にたいする思いと難しい選択で道を違えても家族の絆はお互いに深く結ばれていたのでしょうね。
真田の名前は天下人に引けをとってない事がその証しですね
向日葵 2008/06/01(Sun)13:56:24 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  128  127  126  125  123  124  122  121  120  119  118  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]