忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
天竜川の流れる信州伊那街道・飯田の山寺です。



DSC_0223.JPG

JR天龍峡駅から見た天竜川です。
諏訪湖を水源とする天竜川は侵食によって伊那谷を
形成して静岡県から遠州灘へと注ぎます


DSC_0225.jpg

天竜川は木曽山脈と赤石山脈に挟まれて、昔から
暴れ天竜」と呼ばれ、流域では水害に悩まされて
きました
特に伊那谷の出口付近(JR天龍峡駅)で川幅が
狭くなり、頻繁に洪水の被害を受けたそうです。



DSC_0306.jpg

天竜川の侵食により河岸段丘になった平地には
田植えを終えた水田が一面に広がっていました。
太陽に照らされて、稲の緑が自然の恵みを
頂いている感じですね



DSC_0235.jpg

斜面には飯田特産のリンゴ園
土地を有効に使っていますね。
長野のリンゴは蜜をたっぷり含んで美味しいです。



DSC_0296.jpg

夕方でもみなさん畑仕事に精を出していました。
昔は何処でも見かけた風景ですね。
「暴れ天竜川」共存して大地の恵みを頂いて暮らしていく
エコな生活の原点ですね。



53c10192.JPG

秋の収穫に向けてリンゴの木を育てています。
作物を育てるには、最初に手間を掛けること
それが肝心ですね。



DSC_0311.jpg

おばあさんも元気に野良仕事をしていました。


8fb06062.JPG

伊那谷の街道沿いには、昔ながらの農家が点在して
います。
塀や土蔵の《なまこ壁》がとてもいい雰囲気ですね。

※なまこ壁は平瓦を貼り付け、格子型になった目地の
  部分を漆喰や馬乗り型や四半型に盛り上げて塗ります。



DSC_0308.jpg

水田と屋敷
絵になる風景があちらこちらにありました。



DSC_0303.JPG

地域の環境や歴史によって建物に特徴がありますね。
屋敷の門や蔵、住居の造りが同じような農家が
多く見られました。

山間部では日照時間が短いため、生活空間に日が
当たるように工夫してあるのでしょう
そして、土地を有効に使うために住居は谷に並行した
向きに建てられていました


DSC_0293.jpg

この天竜川の東岸に陽徳山・東照寺があります。
東照》は東から昇る朝日を表します。
陽徳山は、作物が太陽の恵みで育つように私達の
心にも陽が当たり徳を頂きましょうという意味でしょう。

また、東の方角には薬師瑠璃光如来がみえるそうです。
1日の始まりに瑠璃光に照らされて日々の健康を願う
そんなお寺でしょうか!



DSC_0291.JPG

鐘楼門は鐘楼部分の屋根の軒が深いため小さいながらも
立派に見えます。
自然災害と闘いながら土地を開いてきた先祖を祀る寺院。
この鐘を鳴らせば、先祖にも私達にも同じ音が響き、
この音を介して心がつながるのでしょうね



DSC_0323.JPG

東照寺から山を登った所に立派な鐘楼門が建つお寺が
ありました。
蒼龍山・保壽寺です。
鐘楼門の扁額には「返照楼」と書かれていました。
《返照》とは夕日のを表します
向返照』という仏教用語では、外に向かって探求しようと
する心を自分の内側に向け返して自分を照らすと説明
してありました。
一日を終えて自分自身を見つめなおそうという意味ですね!



DSC_0333.jpg

鐘楼門には今にも跳びかかりそうな獅子。
愛嬌のある顔の彫り物がありました。



DSC_0317.jpg

山に囲まれた境内でドウダンツツジの緑が浮雲のようです。
庭の手入れが大変でしょうね。
いつ訪れても変わらない境内・・・
維持することは、変えていく事よりも難しいでしょう。
そのおかげで、境内に入ると心が落ち着いて清々しい
気持ちになれます


DSC_0336.jpg

苔むした境内には六地蔵が祀られていました。
長い年月のなかで風雨にさらされてきたのでしょう
風化して輪郭がわずかに残るだけですね。
この姿が、お寺の歴史の古さを感じさせます。


DSC_0313.JPG

こんなお地蔵さんの方が、温和な感じで良いですね。
時間とともに苔むして変化していく姿。
私達も同じように一日一日、変わっていくのですね。




DSC_0331.JPG

お寺から見える伊那谷と木曽山脈の風景です。
山の向こう、西の彼方には先祖がみえる《西方浄土》が
あります。
ここの梵鐘は、伊那谷の人々と西方の先祖に響き渡る
のでしょうね。

そして、伊那谷の西側に沈む太陽を眺めて、
一日の無事を感謝して先祖に手を合わせる場所なのでしょう


東照と返照・・・二つの光を頂けばご利益がありますよね。


次は、変わりゆく時代のなかで寺を守る姿についてです








 






拍手

PR
≪  133  132  131  130  129  128  127  126  125  123  124  ≫
HOME
Comment
>まめちゃん♪
そそ(@@)
女子として体型維持は頑張らなきゃだよねー(●ノ∀`)゚o。アヒャ。
ステキ女子になれるかなー(´^ิ ౪ ^ิ)モフ♡

こことってもいいところでしょー!!
谷もいい感じだし、農村(?)のおばちゃんものどかでさ~(≧∀≦)
癒されちった♡ 

そうだよね~
日が昇るのも沈むのも当たり前だし、毎日一日の業務、やる事をこなしたら、あっとゆうまに夜中だもんね><
なんていいつつ遊びもちゃっかりしてますがね(´艸`)♡
九州のおっきな吊り橋を渡ったときね、滝を上から見ることができたのよ!
自然ってすっごいな~@@って思い知らされたよ♪
チエ URL 2008/06/20(Fri)17:58:09 編集
深いなぁ
いつ訪れても変わらない境内・・・
維持することは、変えていく事よりも難しいでしょう
↑ここの部分が一番印象に!!維持するってホント難しいよね。体型も(●ノ∀`)゚o。アヒャ。
ゴメン!真面目にコメントします。(o*。_。)oペコ

私は、留学した時に、変わらない事の大切さも教えてもらいました♪
変わる事も大事、変わらぬ事も大事だと。。。
どちらにも良さがありますよね。
当たり前のように日が昇り、沈んでいく。。。
昔の人はその事にも感謝してたんですね。。ホント今は平和でそれを当たり前のように見過ごしてるけど、とっても幸せな事なんだな。。って思います。

コメントしたい事満載の記事で¥なのに。。。なのに一部分だけのコメントだ(爆)(´∀`;A 私らしいかね?!
まめ 2008/06/18(Wed)23:17:51 編集
>向日葵サン♪
かわいいお地蔵様には心が和みますよね~
なんか自分でも本当に不思議です。。。
chiemimodeもいい寺.netもどちらも私ではありますが、こんな風に苔むしたもの、朽ちたものに美しいななんて思える心が私にもあったんですね@@(笑)!!
侘びちゃの神様・千利休に影響されすぎでしょうか(笑)!!
信州にお友達がいらっしゃるのですね(^o^)
信州は自然が残されていて、とてもスキです♪
子供の頃、スキーや温泉に家族で行った思い出があります(^o^*)
向日葵さんは川くだり体験済みですか@@!
私はやったことないんですよ~
いつか機会があったらやってみたいですけどねっ♪

一日の終りにふっと自分を見つめなおす瞬間があってもいいですよね!
そうしたら、気付くこともあるでしょう、明日もがんばろうって思えるでしょうね~~♪
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:53:36 編集
>なおサン♪
なおさんのブログも里山でしたね!
素敵なお写真でした♪
全てのものは必然なんだろうなーって思いますよ!

先日九州の田舎(…なんて言ったら失礼かもしれませんが)の風景を見て、心から素敵なところだなって思ったんですよ(^o^)b

自然と人間の共生…
最近はお金を払って《田舎体験》をする人や、リタイア後を田舎で過ごすという人が増えてきてはいますよね。
ビジネスとは関係なく、人の心の中に潜在的にある《ふるさと》を思う心…大切にしたいですね!
私は写真を撮るようになって、自然が大好きになりましたよ♪♪
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:47:12 編集
>フォレ返笑さん♪
文化遺産を守っていくためにたくさんの思いや汗、地道な努力があることを忘れてはいけませんよね!

私は支えてくれる人達がいるからこそ、毎日笑って過ごせるのだと思っています♪
支えてくれる人の想いに気付いたときには、素直に感謝の気持ちをことばにして伝えたいって思います(^o^)b

ところでフォレ様・・・
返照と返笑をかけましたなっ(笑)!
…笑って右から左へ受け流しておきますね~~(-o-)v
チエ URL 2008/06/14(Sat)11:42:52 編集
無題
苔むしたお地蔵様は穏やかで柔和!田や畑に道祖神を沢山見ました、とても親しみ深く農業の傍らでも手を合わせていたのでしょうね
信州は友人が何人かいるせいかとても親しみがあります、天竜川の川下りもしましたよ。
お寺も沢山ありますね

一日を終えて自分自身を見詰なおそう!

本当にそうですね。
ありがとう、チエ姫!
向日葵 2008/06/14(Sat)02:38:12 編集
山寺
京都の華やかな風景とは違った趣がありますね。山寺がそこにあるべくしてある。必然性があるって感じですね。なまこ壁も風景にびったしはまってますね〜。今、こういう里山の自然が危機にあるんですよね〜。里山って人間界と自然界の境界なんですよね〜。真っ先に開発の影響を受けるところなんです。そういう所に驚くほどの種類の生物が生息していて、それが今絶滅の危機にある。メダカまで絶滅危惧種になっている現実があるんです。仕事柄ちょっと複雑な思いがあるんですけどね。里山残してなんとか人間と自然の共生が実現させたいですよね。
なお 2008/06/12(Thu)23:50:26 編集
無題
『いつ訪れても変わらない境内・・・
維持することは、変えていく事よりも難しいでしょう。
そのおかげで、境内に入ると心が落ち着いて清々しい気持ちになれます』





↑確かに仰るとおりですね!
日本の文化遺産やたくさんの寺院や庭園は、「維持していく」為にどれだけたくさんの人の想いと汗と地道な努力があることでしょうか・・

家庭や会社など様々な組織でも、そいう陰で支えてる人がいて成り立っていますよね。
私達はともすればそれを忘れてしまったりします。
そういう意味では、「回向返照」という、一日を終えて自分自身を見つめなおそうというのは、人間にとって必要な事でしょうね。
しかし残念ながら、仏教の実践は現代の日本の多くに人の生活の中に根づいていませんよね。模範的な僧侶や寺院がない事も要因の1つだと私は思います。


それはともかく、人間は陰で支えてくれる人の思いや努力が見えなくって、逆に自分本位でしか世の中を見る事が出来なかったりする時はあると思いますし、それにまずは気づく事、そして、気づいたら感謝する事が大事だと思いました。
寺院や庭園を見て、そういう陰の労苦を感じれるって、人間としてすばらしい事だと思います。


ところで、今朝早朝に、うちの社員の奥さんが初の出産を無事に終えたようで母子ともに健康だそうです。
夫である社員の子に、日頃の感謝をこういう時に支えて返してやりなさい!と言ったんですが彼は、昨夜、徹夜で見守ったそうです。
陰の労苦や思いを日頃の生活の中でも分ち合えるような人間関係ってステキだと思いませんか!?

記事とはあんまり関係ない話題になっちゃいましたかね・・
笑って返してごまかすしかない(笑)
いや、ちょっと記事にかすってますよね!
フォレ返笑!? 2008/06/11(Wed)12:04:46 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  133  132  131  130  129  128  127  126  125  123  124  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]