忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都 大徳寺・瑞峯院です♪


戦国時代のキリシタン大名大友宗麟》の菩提所です。

キリシタン大名の菩提寺・・・
高桐院の灯篭墓とクリスチャン細川ガラシャのように物語が
ありそうですね!


DSC_0751.JPG

瑞峯院」の寺名は大友宗麟の戒名瑞峯院殿瑞峯宗麟居士
から付けられました。
そして大友宗麟が、わずか5歳のときに自身の菩提所として
創建したそうです。

大名としての元服名は義鎮です。
宗麟は得度(仏弟子となる)を受けた際に授かった名です。
その後キリスト教に改宗して、洗礼名《ドン・フランシスコ》
なりました。



DSC_0809.JPG

大徳寺参道の土塀が、雨に打たれて傷んでいました
これは、風雨にさらされて侵食することを想定した塀だそうです。
雨水に洗われてザラザラした部分、雨が当たらずに変わらない
部分、そして苔が付いて変色している部分と、変化が楽しめる
ように造られています。




DSC_0810.JPG

瑞峯院に向かう途中には石碑がありました。
石碑には《独坐庭》と彫ってあります。

世の中に流されることなく、静かに坐る
独坐庭》そんな場所でしょうか・・・・



DSC_0742.JPG

瑞峯院・方丈の前庭《独坐庭》です。
荒々しい波が押し寄せてくるような枯山水の庭ですね。



DSC_0745.JPG

粒が大きい砂利の波紋が立体的で、波打つ音が
聞こえてきそうです
松風にしても波にしても実際に聞こえない音を表現されると
想像力が掻き立てられますね



DSC_0755.JPG

立てた石組みで蓬莱山をあらわしています。
「独坐、大雄峰」波が打ちつける険しい峰に悠然と坐る・・・
これが独坐庭の由来です。
ここに坐っている主が大友宗麟で、打ちつける波が戦国の世
という事でしょうか・・・


DSC_0759.JPG

波が入り江の奥まで入ってきますが、こちらは静かな浜辺を
連想させます。
動から静への変化を楽しむ庭ですね

大友宗麟は、心の安らぎを宗教に求め
キリスト教への信仰が深まっていきました。


DSC_0775.JPG

方丈の裏には、縦4個、横に3個の石で《十字架》を表す
閑眠庭」があります。

独坐庭」「閑眠庭」は現住職が造園家の重森美玲さんと
大友宗麟の思いをくんだ「現代の庭」を造ろうと考えて
出来たそうです。
仏教寺院の庭にキリスト教の象徴が存在する斬新な庭
ですね



DSC_0764.JPG

「人格の完成という目的に向かうため、キリスト教を選んだ
 宗麟の心を尊重し、万民の霊を弔うために造った」

仏も神も同じように世界を大きく包み込んでくれる。
 排他的ではいけない。
 人間同士がけんかする事がいかに小さなことか、
 この庭から感じてほしい


住職の願がここに示されています


DSC_0786.JPG

閑眠庭」を眺めながら広間でお茶を頂きました
ここには表千家家元の扁額《坐忘》の二字が飾ってありました。
静かに坐って無念無想の境地になれば、自分の存在すら
忘れて十字架と一体となるでしょう。


DSC_0781.JPG

薄茶と大徳寺納豆が入った落雁、そして壷に入った
自家製の大粒の大徳寺納豆を頂きました。

大豆を発酵させた芳醇な味わいは奥深く、お茶請けから
中華料理のアクセントまで幅広く使えます。
甘いお菓子の後に食するのも一興ですね



DSC_0774.JPG

方丈と庫裏の間の中庭には、キリシタン灯篭があります。
地中に埋まっている部分にはマリア像が彫られているそうです。

閑眠庭」の十字架は、この灯篭を基点にしています。
灯篭の影がのびて十字架を映し出す
それは宗麟の心をつつむマリア様の愛でしょうか?
色々と想像したくなりますね



DSC_0808.JPG

高桐院の細川ガラシャ、瑞峯院の大友宗麟・・・
禅宗は他の宗教に寛容なのですね。

瑞峯院を訪ねてキリシタン大名・大友宗麟に興味を持ちました。
次は九州六ヶ国を治めた大友宗麟について九州へ飛んでみます
















拍手

PR
≪  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  ≫
HOME
Comment
>まめちゃん♪
この壁!!
拾ってくれてありがとう~~!!

風雨にさらされて侵食することを想定して作られてるんだよ@@

雨水に洗われてザラザラした部分
雨が当たらずに変わらない部分
苔が付いて変色している部分
それぞれ変化が楽しめるように造られているなんて
私結構感動しちゃったよ(*^o^*)

考えられて造られているんだねーー!!
作り手の想いがつまったモノって素敵だよね!!
それは庭でも塀でも建物でも住居でも料理でもね!!

大徳寺納豆気になるでしょ~
甘納豆をイメージして食べたらね(^皿^)

…しょっぱかった(笑)!!
料理にも使われるそうだよん★
チエ URL 2008/06/26(Thu)11:25:11 編集
>フォレしたんサン♪
そうですねー!!
私は自分が写真を撮るようになって
写真を見る事がとてもスキになりました★
会社帰りにみる町のギャラリーが最近の
お気に入りです♪
色々な方が撮った色々な街の風景や人、目に留まったモノ・・・
私結構釘付けになってます(笑)!!
文化を共有できる…とはちょっと話がずれてしまいましたが、自分がそこにいなくても、同じように《ステキだな》と感じられるのも文化を共有できてるのかななんて思います。

大友宗麟については、彼の足跡をたどりながら、なぜキリスト教を信仰することになったのかなど、発見があったらいいなーと思っています。
九州人の方々!!九州もチョイチョイ(笑)出していきますよん~~♪
チエ URL 2008/06/26(Thu)11:20:14 編集
うぅぅ。。
深いね。。。変化が楽しめるように造られてる壁って。。素敵は発想だよね!!現代の人はいかに綺麗に保つか考えてものを作るけど、変化を楽しめるってホント素敵だ!!

枯山水の庭。。。イイね。ホント実際には聞えない音まで聞えてくるような想像力を豊かにさせてくれるよね!!人間の表現力って凄いね!
表千家家元の扁額《坐忘》。。これまた深いね。ヤッパリ無念無想の境地になれば、どんな事も受け入れられる気がする。。。なかなか難しいけどね。。
いやぁぁ大徳寺・瑞峯院。深いね見所たっぷりだ!!

豆家|・ω・`)チラ 大徳寺納豆。。かなり気になる(爆)
まめ 2008/06/18(Wed)23:44:50 編集
無題
「仏も神も同じように世界を大きく包み込んでくれる。排他的ではいけない人間同士がけんかする事がいかに小さなことか、この庭から感じてほしい」
↑その通りですね。
美しい庭園もそうですが「文化」に共通して言える事で、人間と人間が美しいものを見て共感・共鳴し合える事は小さなエゴや争いを乗り越えていける重要なポイントだと私も思います。
しかも、美しいと感じるものに国境はなく、人種や国境やイデオロギーを超えられる訳ですから、「文化」を共有できる、そんな文化が日本にはたくさんあるって素晴らしいですよね!!

戦国大名は戦を繰り返してたわけですから、どちらかといえば弱々しい生き方ではなかったと思うんです。
その戦国大名が信仰に熱心だったって結構ありますよね!
よくわかりませんが、心の安らぎなどの内面的な充足を求めていたってことなんでしょうかね・・・

九州人として大友宗麟を取り上げてくださり、興味津々です。
フォレしたん? 2008/06/17(Tue)09:50:37 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]