忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大友宗麟の蒔いた種です


e857aa88.jpeg

大友宗麟が家督を息子に譲って丹生島城(臼杵)へ
隠居した時に府内(大分)の多くのキリスト教徒臼杵
移りました。
当時、大友宗麟のキリスト教への信仰心は揺るぎない
ものでした。
その強い意志のもとキリスト教の国を創るために日向
攻め込んだのは翌年のことでした。



d160e1a1.jpg

大友宗麟は島津氏との合戦の直前に洗礼を受けて、正式に
キリスト教徒となったのです。
洗礼名「ドン・フランシスコ」
欧州でキリストの聖地を取り戻しに十字軍が遠征したように
大友宗麟もキリスト教の国を創るという信念を持っていた
のでしょう。

合戦に負けて夢は叶いませんでしたが、キリスト教への
支援を積極的に行いました。
そして、臼杵に祈りの場としての教会と養成の場としての
修練院が出来ました
大友宗麟の庇護のもと臼杵は豊後のキリシタンの中心地
なっていきました。




tensho.jpg

大友宗麟が亡くなってすぐに、豊臣秀吉がバテレン追放令
出しました。
九州地方のキリシタンは大慌てとなり、宣教師の間では比国・
マニラ王に海軍の派遣を願おうという話まで出たそうです。
そこで、天正遣欧使節が豊臣秀吉に謁見したときにヴァリニャーノが
インド副王の使いとして随行し、宣教師が日本に残れるよう尽力し
成功しました。

九州地方には多くの宣教師が残り、信者も増えたそうです。
徳川時代になるまで、臼杵はキリシタンの国として安泰でした。



DSC_0535.JPG

徳川幕府のキリシタン弾圧は徹底的なものでした。
臼杵も稲葉藩の領地となって、厳しい取締りが行われたそうです。
その関係か、町の中に当時のキリスト教を偲ぶものが見当たり
ませんでした。



6e58c1e7.JPG

臼杵から完全にキリスト教の信者が消えてしまった
のでしょうか?
市内を巡るうちに、隠れキリシタン墓と推定される墓が
残っていると聞き二王座を後にし、探してみることにしました

しかし、なかなか見つけられず、地元の方に尋ねても、
役所の方に聞いても分かりませんでした・・・。



DSC_0419.JPG

臼杵の観光協会に電話したところ
「ちょっとわからないけど、調べて折り返し電話をしますね。」
と言ってくださいました

そして待つこと20分・・・
観光協会の女性はキリシタン墓の場所を調べてくれました。

名古屋から遠く訪れた九州の地で思いがけず触れた人の
温もり
顔の見えない電話の向こうの相手に「わかりません」と答えて
しまえばそれで済む話なのですが、この女性は真心を持って
相手に接することが出来る方なのだなと感じました



DSC_0680.JPG

やっとの思いで探し当てたキリシタン墓
畑の脇道に小さな小さな看板を見つけました。



DSC_0679.JPG

うっそうと茂る樹木の中にひっそりと祀られている墓
教えてもらわなければたどり着く事が出来なかったでしょう



DSC_0678.JPG

キリシタンの多かった臼杵市の中でも掻懐(かきだき)地区は、
江戸時代初期においても庄屋以下全員がキリシタンでした。
幕府のキリスト教弾圧によってこの地区は危機に立たされ
ましたが平清水の大橋寺の第6世道上人が、
この地区の民は仏教徒である』と
宣言したことによってその弾圧から逃れられました。

現在に至っても彼の命日には、この地区の人々は野菜を
持ち寄り報恩供養を行っているそうです。

信じるものが違ったとしても、相手の気持ちとなり
手をさしのべる事が、人間本来の姿なのでしょうね




DSC_0665.JPG

16~17世紀に造られた2基の墓です。
側面に彫られた十字架が確認できますね
しかし、2基とも十字架の他に記銘は見られませんでした。
キリシタン禁止令の中、ひっそりと信仰は受け継がれてきた
のでしょう。
近所の方の気遣いでしょうね、青葉が供えてありました

このように整備されて守られたお墓を見ると、受難の時期を
乗り越えても受け継がれた信仰の力の大きさを感じました。

今は府内(大分)に大友宗麟伊東マンショの像があり、
臼杵よりも当時を偲ぶものがあるようです。



DSC_0443.JPG

大分駅近くにある大分カトリック教会を訪れてみました
外観はシンプルな感じで、鐘楼がありました



DSC_0421.JPG

女性信者がミサの準備をしていました。
朝日が差し込んで堂内はとても明るかったです
コンクリートで出来た建物ですが温もりを感じました。



DSC_0429.JPG

両側のステンドグラスには、イエスの生涯が描かれていました。
誕生から受難、そして復活・・・
日本でのキリスト教の歴史もイエスの生涯と似ていますね。

フランシスコ・ザビエルが日本を訪れて、イエズス会を中心に
布教活動が行われました。
当時は、ポルトガルが主導権を握り、インド、マニラ、マカオを
中継地として宣教師が日本に派遣されました。
南蛮貿易を通して、日本各地に出向き教えを広めました
そして、江戸時代の禁止令という受難期を迎えました。
その間250年、密かに隠れキリシタンとして教えが受け継がれて
きましたね。


宣教師が命に及ぶ迫害を受けていく中で耐え忍び、
純粋な気言動によって地道に広めてきました。
どの宗教にしても、そういった人達の弛まぬ努力によって
受け入れられて、定着していくのでしょう!



DSC_0435.JPG

明治の開国を迎えた時、キリスト教再布教の主導者は
パリ外国宣教会に移っていました
彼らはフランス植民地政策をバックに日本における明治以降の
カトリックの基礎を創りあげました。
彼らによって、日本のカトリックは復活しました。
そして、プロテスタント教会ギリシア正教が日本に進出して
キリスト教は新しい時代を迎えました。




DSC_0438.JPG

開国後の布教は教育活動を中心とし多くのミッション系の
学校が生まれました。
大分カトリック教会も幼稚園を運営していました。
戦国時代は貿易を通して、今は教育を通して教えの種
蒔いていますね。

大友宗麟を通して、日本におけるキリスト教の歴史を探る
ことができました
機会があれば長崎も訪れてみたいですね

拍手

PR
≪  144  143  142  141  140  138  139  136  135  134  133  ≫
HOME
Comment
>通りすがりさん♪
こんにちはーー!!
掻懐出身の方ですか@@!!
このお墓を見つけるのには結構時間がかかりました><!!
でも地域の方のおかげでたどりつく事が出来ましたー(*^o^*)v
ちゃんと整備されて、お供えの青葉を取り替える人がいるのですね!
通りすがりさん★懐かしい気持ちになってくれましたか?♪♪
チエ URL 2008/07/28(Mon)13:19:09 編集
無題
実家がキリシタン墓の近くの者です。

長いことキリシタン墓に行ってないですが、画像を拝見するときれいに整備されてますね。

僕が子どもの頃はこんなにきれいでもなかったし、飼ってる牛が鳴くのが子どもながらに怖くて、近寄りがたいものがありましたw

あと、墓まで上がる細い道は部活のトレーニングでよく走ったのをふと思い出しました。
通りすがり 2008/07/24(Thu)02:39:55 編集
>向日葵さん♪
プロテスタントはカトリックと違って質素な感じですよね。
私は特定の信仰はありませんが、教会を訪れたりするとステンドクラス等に感動したりします。
純粋な気持ちで祈りをささげている方を見ると、なぜか厳粛な気持ちにもなりますね。
大分でたまたま見つけて立ち寄った教会ですが、ぶらり旅って色んな発見があって刺激的ですよね♪
大分は食べ物もおいしいし、自然も、風情ある町並もたくさんあってハマり中です!!
チエ URL 2008/07/09(Wed)14:46:19 編集
>まめちゃん♪
7/3★穏やかに過ごせたかな??
手をさしのべるって結構難しいことだよね!
でもね、こうやって旅先で触れた人の温もりは忘れられないよね!!

最近ね、これ書きながら自分にいい聞かせてるってのが多いな(笑)!!
自省しなくちゃ(^o^)
チエ URL 2008/07/09(Wed)14:35:34 編集
>フォレスト教徒さん♪
そうですね。
確かに殺戮の歴史もあり、キレイな部分ばかりではありませんね!
私は「これが全てだ」という考え方ではなく、それぞれの宗教から学ぶべき点を見つけていけたらいいなって思っています★

臼杵の観光協会の方には感謝していあmす!
だって見つけるのにホントに苦労しましたから@@
こうやって見ず知らず、しかも顔を見えない相手に対して真心で接することができるなんてとても素晴らしいなと感激しました!
九州の人はあったかいっちゃねーー♪♪笑
チエ URL 2008/07/09(Wed)14:32:29 編集
無題
私もキリスト教の学校出身ですが、プロテスタントでしたので簡素でこのような受難の歴史など皆無でした(宗教学の時間に!)
人々の信仰の深さが流れる土地柄なんでしょうね暖かさの伝わる逸話ばかりで、とても癒されながら読みました

厳しい封建時代に一日の作業を終えて、神の御前にぬかずき感謝の祈りをささげられる喜びは本当の信仰と言えるでしょうね
何もなくシンプルで感謝の毎日、何か大切なものを忘れていたように思います

日々の生活の中にもっと感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいと思いました
久しぶりに教会に行ってみたくなりました

大分とっても良いところですね

今日も、すてきな「いい寺」ありがとう!

向日葵 2008/07/04(Fri)17:34:38 編集
無題
素敵だね。。。お寺や教会を巡って、人の温かさに触れる事が出来たなんてね。。。ホント、臼杵観光協会の方、素敵な方ですね。
どんな事にも自分の出来る精一杯な事を。。私の目指す所だなぁ。
信じるものが違ったとしても、相手の気持ちとなり、手をさしのべる事が、人間本来の姿なのでしょうね
↑ 深い!!本日2回目。
相手の気持ちを考えて手を差し伸べる事が出来るのって本と人間本来の姿だよね!
でも、今のご時勢、コレができない人が多くなってきてるよね。。。
私は↑コレを実行し過ぎて、しんどいなって思う事もあるけど、見て見ぬふりができないんだよねぇ(´∀`; 不器用です(爆)

なんか今日は穏やかに過ごせそうだ♪
まめ 2008/07/03(Thu)16:13:02 編集
無題
臼杵観光協会の方がそんなに親切にしてくれてキリシタンの墓に出会えたっていうのは、人の温もりに支えられての事でさぞ感激の場所になったことでしょうね!
田舎の人は温かい人が多いですからね・・
都会の人はそれがウザいと感じたりする事もあるんでしょけど。

キリスト教の布教に関しては記事中にありました・・・
「宣教師が命に及ぶ迫害を受けていく中で耐え忍び、純粋な気持ちや言動によって地道に広めてきました。どの宗教にしても、そういった人達の弛まぬ努力によって受け入れられて、定着していくのでしょう!」
↑まさにその通りで、すごいことだなって思います。
ただ、キリスト教の国が辿った歴史は案外、過去も現在も殺戮、侵略行為が非常に多いですよね。
そういう2面性は、怖いなって思います。
仏教はホントに平和主義だなって歴史を辿っても感じます。
その指導者が重要なんですかね・・
フォレスト教徒!? 2008/07/03(Thu)12:09:23 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]