忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大友宗麟の夢見たキリシタン王国です。


大友宗麟は九州六ヶ国を手にいれたときには、出家して
休庵宗麟と名乗りました。
その後、家族との不仲から心の安らぎを求めてキリスト教
傾倒していきました
領地の拡大と南蛮貿易で富を得ましたが、自分勝手な
振る舞いから人心を掌握することが出来なかったようです


77230b08.jpg

大友宗麟は出家して仏門に入ったときも宣教師には
府内での布教活動を許可していました。
自身が洗礼を受けて《ドン・フランシスコ》となった時には
領内に多くのキリスト教信者がいました。



647fd8a8.jpg

大友宗麟は信仰を深めるあまり、キリシタンの理想郷
建設する名目で寺社仏閣を破壊したそうです

信仰は自由で皆平等ですよね。
自分が信仰する宗教ではないからといって、他人の
信じるもの壊しても良いということはありませんね!

このことで家臣の不審をかってしまい、大友宗麟の夢は
頓挫してしまいました
求めてやまない人々の信仰心を力によって破壊し強制
するような行為は、たとえそれが正しい理想であっても人々
の信任を得ることはできませんよね!

自らが信仰によって人格を磨き、発言や行動で模範とされる
ような行いを指導者自体が示さないと、新しい信仰は新しい地に
根付いていかないものでしょう




3c5025af.jpg

大友宗麟の考えた理想郷とはどんなものだったのでしょうか。

南蛮貿易のなかで西欧諸国がキリスト教を国教として国を
統治していることを知り、宗教の力によって領内を治めようと
考えたのかもしれませんね。

そこに理想郷を創るチャンスが訪れました
当時の九州は、大友氏島津氏の二大勢力が領地を
二分していましたが、日向国(宮崎)は大友氏の親戚に
あたる伊東氏が治めていました。

その伊東氏は島津氏との合戦に敗れてしまい、大友宗麟の
元に落ち延びてきました
大友宗麟は、伊東氏が助けを求めたことを口実に日向
攻入りました。
日向にキリシタン王国を創る」という夢を叶えるために
四万の大軍を率いて・・・




RIM00069.jpg

大友宗麟は南蛮船に乗って日向に向かいました
船内では同乗した宣教師のもと、欠かさずにお祈り
行いました
日向の北、延岡に上陸してからは、仮設の教会を
造り家臣や側室とともに毎日ミサを行ったそうです

夢の実現のため、神のご加護を・・・
大軍を率いた大友宗麟は、家来が戦果を挙げながら
南下する状況に勝利を確信していたのでしょう



6d5076ee.jpg

ところが、大友宗麟が到着する前に家臣は島津軍と合戦を
始めてしまい大敗北を喫してしまいました
耳川の合戦と呼ばれていますが合戦の地は高城川でした。
耳川は、敗走する大友軍の兵士が川を渡りきれずに
多くの死者が出た場所です。
大敗北を象徴する場所が、合戦の名前になっています。

大友宗麟の落胆も相当なものだったでしょうね。
二度と理想郷を創るチャンスは訪れませんでした



DSC_0944.jpg

大友宗麟の元に逃れた伊東一族の中には、8歳の伊東マンショ
いました。
伊東マンショは豊後でキリスト教と出会い、入信し司祭になる
ために神学校に進みました

当時宣教師の布教活動は財政難から思うようにいきませんでした。
そこで布教事業の立て直しと次代を担う邦人司祭育成のために
使節をローマに派遣することになりました。
大友宗麟は、神学校にいた伊東マンショを派遣することに
しました。



d5916a5e.jpg

天正遣欧少年使節の正使として、伊東マンショはローマ
向かいました
キリシタン王国創造に失敗した大友宗麟にとって伊東マンショが
一縷の望みだったかもしれませんね。



f0b212de.jpg

使節一行はポルトガル、スペイン、ローマと渡り、ローマ法王に
謁見
ローマ市民権を与えられました。
フィレンツェではメディチ家による舞踏会にも参加したそうです
多くの収穫を得て、一行は日本に戻りました



DSC_1640.JPG

見聞を広めた一行が日本に戻ったときには、日本の情勢が
変わっていました
大友宗麟は亡くなり、豊臣秀吉によってバテレン追放令
出されていました。
キリスト教には逆風が吹いていましたが、使節団は聚楽第
豊臣秀吉に謁見することが出来ました。
西洋楽器の演奏などをして豊臣秀吉に気に入られたそうです

その後伊東マンショは大友宗麟の遺志を継いで九州を中心に
布教活動を行って教えを広めました



50984f9b.jpg

大友宗麟は、天正遣欧使節団の帰りを待ちわびていたでしょう。
キリスト教の国という夢は儚く散ってしまいましたが、
信仰による真のキリシタン王国を
最後の夢を彼らに託しながら天に召されたと思います。

大友宗麟が理想という形にこだわらなければ、そして人々の心の
なかに根付く王国
を創ることに気付けば彼の夢は叶ったことでしょう!

本来、宗教は形を造り上げるものではなく、を蒔いたら自然と
実っていくものではないでしょうか
形に残さなくても、に芽吹いたものは決してなくなりません。

それはキリシタン禁止令が出された受難の時期を過ぎても
信仰の芽が残ったという歴史が証明していますよね



次は大友宗麟の蒔いた信仰の芽を探してみます

拍手

PR
≪  143  142  141  140  138  139  136  135  134  133  132  ≫
HOME
Comment
無題
大分市で大友宗麟の像が合ったので調べていたらこのHPにたどり着きました。
ちなみに
いろいろ調べた結果、私の地元は大友宗麟の寺社神社破壊の軍を唯一撃退できたと伝説が残っている所でした
NO name 2013/07/19(Fri)00:18:37 編集
>まめチャン♪
ローマ行きたいっ行きたいっ!!
もっかい行きたい!!!
クリスチャンでもないけど、バチカンのクリスマスミサは感動的だったよ!
クリスマス前にアップしなくちゃ♪


心に芽吹いたものとはちょっと違うけどさ・・・
心に残ったものって忘れられないよね!
心の目で見た風景、心で感じた人の温もり、何を食べたかじゃなくって「誰と食べたか」が大事だもんねっ★
チエ URL 2008/07/09(Wed)14:25:25 編集
>フォレンシスコさん♪
ありがとうございます!
何の理想を伝えるのも、どんな想いを相手に伝えるにも、《誠実》に向き合うことが大切ですね!
真心で向き合える人間になりたいです★
チエ URL 2008/07/09(Wed)14:14:19 編集
無題
信仰か。。。

私、自分の気持ちを伝えるだけでも精一杯で苦労してるよ(´∀`; 伝える術を見つけられなくて。。。

形に残さなくても、心に芽吹いたものは決してなくなりません
↑ 深いねぇぇぇ 好き!! ^^☆

あの時代にローマまで行くって結構勇気がいっただろうね!あぁぁイタリアにまた行きたくなってきた!

今日も歴史にどっぷり浸かって賢くなった気分です ( ▽|||)サーお馬鹿コメントでゴメンね!!
まめ 2008/07/03(Thu)16:03:57 編集
無題
大友宗麟に限らず、自分が絶対コレだって言う確信を得たらそれを人に語りたくなるのは心情でしょう。
でも、宗麟は不幸にも(?)権力者だった。が故に、力でそれを広めたくなった。
ここに、「キリスト教国」という理想が実現しなかったポイントがあるように思います。
仏教寺院を破壊したりして広めようとしたキリスト教は家臣からも不興を買ってる訳で、それが耳側の戦いの敗北の原因である「団結できなかった」事にもつながってます。
仏教の歴史上で権力者(国王)が信仰を基調とした善政を行ない大変、栄えたという歴史もありますから、不可能ではないと言いますか為政者次第だと思うんですよね・・

何の理想を人に伝えるのも、「誠実」な人間性が「必須条件」なんでしょうね。
大友宗麟は力による性急な布教で失敗しましたが、キリスト教が日本に広まったのは、やはり宣教師たちが文化や習慣の違いを乗り越えてその国の人たちの為に共に汗を流し涙し、思いやりを持って誠実に人間関係を築いていったからだと私は思います。
広まり栄えた宗教(寺院)に共通するものだと思います。

どんな理想や哲学を広めるにあたっても、普遍的な原理原則ではないでしょうか!

青年の主張みたいになっちゃいました(笑)

チエさん、最近、ホントにいい事書いてますね。頑張ってください!!
フォレ・フランシスコ 2008/07/03(Thu)11:21:03 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  143  142  141  140  138  139  136  135  134  133  132  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]