忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
浄瑠璃寺門前を散策です


DSC_0609.JPG

浄瑠璃寺の前には新鮮な野菜の直売所がありました



ed783a61.JPG

たまたま通りがかったそば屋さん《吉祥庵
浄瑠璃寺秘仏・吉祥天から名称が付いたのでしょうか。
雰囲気がとても良さそうなので入ってみることにしました



c18e5d58.JPG

せいろ蕎麦》を頂きました。
浄瑠璃寺の湧き水と、北海道や福島のそば粉を使用
した細麺はこしがありとても美味しいです



DSC_0582.JPG

看板があまりにも味わい深かったので《くずきり》も
頂くことに


DSC_0599.JPG

もちもちとしたくずきりはやはり《吉野葛》を使用されて
いるそうです。
なめらかな口当たりとつるんとした食感がたまりません!
蜜も甘くてとろとろでした

ご主人は
「そばも葛も素材の良し悪しで決まる。
 あとは手を加えなくても美味しいものが出来るよ。」
とおっしゃっていましたが、材料はお金を出せば手に
入りますよね。

しかし大事なのは、それを調理する料理人の技量であり
であり、であると思います

人を喜ばそうと懸命になって調理する・・・
心を込めて作れば人を感動させることができる
ものですよね!



638d40af.JPG

テーブルの脚がユニークですね
廃校になった学校の工作室から譲り受けたもの
だそうです。


DSC_0594.JPG

温かくどこか懐かしい雰囲気のたたずまい



DSC_0573.JPG

築120年以上という奈良の古民家を譲り受けた建物です
移築先を探すのに困ったそうですが、浄瑠璃寺の和尚さんの
ご好意により門前の土地を借りているそうです。



DSC_0568.JPG

茶室の床の間にはかわいい小手毬が活けてありました
土と一緒に練った藁が模様となり、すすけた感じと
合わさって味わいのある壁になっています。
そして壁が花の白さを引き立たせていますね

今朝摘んだ瑞々しい花が、あちらこちらに活けて
ありました。

お客様を『』で迎える、こうしたちょっとした気遣いが
日本古来の《おもてなしの心》なのでしょうね。
私達も商売をしているわけでなくても、このような
おもてなしの心を持って豊かな心で生きていきたい
ですよね



DSC_0575.JPG

にじり口から見える緑が爽やかですね



DSC_0584.jpg

お店のご主人が作られた花入れに飾られた一輪の花が
なんともかわいらしいですね
素朴な味わいの器には野花がよく似合いますね!

ここにも、ご主人の温かいおもてなしの心を感じられます。
先日新聞で、あるファッションデザイナーが日本人が
昔から大事にしてきている《おもてなしの心》について
語っていました。

《おもてなし》とは「わざわざ・いちいち」といった事だそうです。
それを、大変と思わず、自然に行うことができたら
良いですね

このように生活に根ざした「美しい日本の文化」は
しっかりと受け継いでいきたいですね。



DSC_0600.JPG

お店の中には骨董の目利きとして知られている
白州正子さんとのお写真が飾られていました

この建物を譲り受けても移転費用が無かったそうです。
そこで、友人と建てているときに職人と間違えて声を
かけた人との縁で焼き物の世界に入っていったのだ
そうです
その方の所有していた信楽焼の水差し《鬼桶》に
魅せられて陶芸の道に入られたそうです。

そこから白州正子さんに認められて、今はご主人の
作った骨壷の中で彼女は永遠の眠りについて
いるそうです


e7368bed.JPG

団扇の飾りが涼しげですね♪



DSC_0586.JPG

土間まで箒の目がついてしっかりと掃いてありました。



DSC_0581.JPG

飲み易そうな口元の黒樂茶碗ですね
手びねりというシンプルな工程で作られています。
人の手にすっとなじむようなデザインですね!
シンプルだから作者の心が茶碗に出やすいのでしょうね。

黒い器というのは日本にしかないそうです

薄暗い茶室の中で、黒い茶碗を手にしたら、茶碗の
存在は消え、お茶そのものを手で頂いているような
錯覚を起させますね
茶のみを際立たせ、その他一切のものを消し去ろうと
するのでしょう。



d0ac9328.JPG

黒樂茶碗の箱には浄瑠璃寺の和尚さんが付けた銘「遠霞」と
書いてありました。
「遠霞」は春の季語です。
春の山々が霞がかって見えるという意味です。
この黒樂茶碗でお茶を頂きながら、その情景を思い浮かべて
ください、と銘が付けられたのでしょう

私は、ふと春に訪れた臼杵からみえた島を思い出しました。



5596512b.JPG

ご主人の守田蔵さんです。
気さくな方で、器のこと、花のことなど色々と教えて
頂きました。
「茶道具は選ぶときりがないので《道楽》でやっている」
とおっしゃっていました。
樂茶碗の黒が一番好きだそうです。
数ある茶道具の中でも《茶のための道具黒樂茶碗
魅了されてらっしゃるのではないでしょうか。



DSC_0604.JPG

吉祥庵から見える
浄瑠璃寺の三重塔も綺麗で眺めが良いでしょう。」
と教えてくださいました。
境内を散策したときも、自然が多い境内だなと感じ
ましたが、離れた場所から眺めてみてもまさに自然
囲まれたお寺だという事がよく分かりますね

境内はみなさんのものであり、御堂に上る時にだけ
 拝観料を頂く

浄瑠璃寺はそうゆうお寺ですよ、とやさしい目で話して
くださいました。



DSC_0528.jpg

若い和尚さんがお花を活けていた話をすると、最近では
フラワーアレンジメントが流行り、華やかに活躍する
華道家がみえますが、
本来お花は本尊さんにお供えするものですよ。
とも教わりました。



DSC_0446.jpg

自然に囲まれた場所にある奈良のお寺散策は、とても
気持ちがいいものでした
浄瑠璃寺は境内を通して自然の見方や恵み
教えてくれました。



次は、自然と共生をテーマにした2005年愛・地球博
の跡地 モリコロパーク、サツキとメイの家に行ってみます








拍手

PR
≪  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  138  ≫
HOME
Comment
>フォレ塔さん♪
「世界1おいしい料理とは、お母さんの作った料理」!!
素敵な名言ですね><!!
料理って食べてくれる人の喜ぶ顔が見たくて
作るものですよね♪
私はそう思います(*^o^*)b
心のこもったものって料理に限らず受け取った人の心に響きますよね♪♪
チエ URL 2008/07/28(Mon)16:39:02 編集
>まめちゃん♪
まめちゃんは相手が元気なかったりするとね、
敏感に感じ取ってくれて心配してくれたりするよね!
そうゆうのって凄く大事なことだし、私もまめちゃんに救われてることって多いんだよ!
温かいコメもそう、ゲスブ荒しもそう(笑)!
でも、気付いて揚げられる人ってとても素敵だよ!
私も見習わなくちゃね(*^o^*)
このお店の蕎麦はもちろん美味しかったんだけど、何といってもくずきり><!!!
タブン今までで一番美味しかったと思うよ~
お店の雰囲気もとっても素敵でバシバシ写真撮らせてもらっちゃったよ♪
チエ URL 2008/07/28(Mon)14:32:15 編集
>向日葵さん♪
こちらのお店のご主人は小さなところにも
心遣いを感じられ、とても気持ちの良いお店でした♪
さりげなく飾られたお花にはご主人のおもてなしの心を感じる事が出来ました(*^o^*)v
《おもてなしの心》…大事ですよね!!
お茶のお稽古頑張ってください♪
そして楽しんでくださいね!
私はかわいい茶菓子が楽しみですけど(笑)!
チエ URL 2008/07/28(Mon)14:27:40 編集
無題
心を込める・・・か。
今日もステキなキーワードがありましたね。

心を込めたおいしい料理。
「世界1おいしい料理とは、お母さんんの作った料理」と言ったのは、日本フランス料理海の重鎮であり先駆者であった帝国ホテルの先代総料理長「ムッシュ」の言葉です。
私も同感です。料理に限らず心を込めたものって心を打ったり伝わってきたりしますよね!!

亡くなったオカンの真心料理の味が染み渡ります。
なんにつけ、心を込めたおもてなしやしつらえには心打つ感動があるものですよね。

フォレ塔!? 2008/07/19(Sat)11:19:41 編集
無題
野菜の直売所とかって、新鮮な野菜が買えるし、作った人の温かさを感じながら買える気がするよね。
それにしても素敵なお店だね!!
内装や活けてあるお花、インテリアまで何をとっても素敵。素朴で飾り立てるんじゃなく良さを引き立て合ってる感じの空間がとっても好き!!お蕎麦大好きだしね、食べたいな!くずきりも喉越し良さそうだね(〃▽〃) ポッ

《おもてなし》とは「わざわざ・いちいち」といった事だそうです
↑ちえちゃ。。。これに救われたよ。私。。
以前、いちいち反応するのがチョットね。。って言われてね、、、凹んだ事があったんだよね…私は普通に話したり行動してた事だったんだけどね。。。その人にはおもてなしとか分からない人だったのかもね^^;
まめ 2008/07/16(Wed)00:54:20 編集
無題
お茶に、お花!
おもてなしの心で、大切なことですね
さり気ない気配り、沢山のスナップから感じ取れました
自然の山野草のように!
土曜日はお茶のお稽古があります
茶道と言われるように、茶の道を受け止めてきますね
向日葵 2008/07/12(Sat)03:07:30 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  138  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]